同居している50歳になる義母が、2週間ほど前に道路を横断中車に跳ねられ、左鎖骨骨折、頭部打撲(左側面)の怪我を負いました。事故のあったその日だけ入院し(総合病院)、その後は家で療養しています。骨折のほうはだいぶ痛みも取れてきたようなのですが、未だに頭痛、めまいがひどいようです。また、何か物事を考えようとすると、頭の中がパニックを起こして何も考えられなくなる、と言っていました。病院では2回検査をしてもらったのですが、頭部に異常は見られなく、「大丈夫」の一言で、それほど重視してもらえませんでした。しかし、頭のことなので、本人も周りもとても心配しています。もう一度病院できちんと診てもらいたいと思っていますが、それでも異常がないと言われたら自然に治ると信じて待つしかないのでしょうか?また、今後仕事の復帰を義母は望んでいます。よく一度仕事を再開したら保険を打ち切られるという話を聞きますが、また頭痛やめまいが頻繁に起こったら心配です。保険会社との対応で気をつけることがあれば教えてください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

現在も通院されているのでしょうか?


どういう薬を出すかは、担当した医師の経験や哲学によるところが大きいと思いますので、私が軽々しく批判することは出来ません。しかし、きちんと通院されて症状を話されれば、問診と身体所見によってふさわしい薬が処方されるものと信じます(あるいは、薬の考えうる副作用が期待される効果よりも大きいと判断された場合には薬が出されないこともありえます。例えば胃潰瘍の患者さんには鎮痛剤は出せないなど)。また、鎖骨骨折に対しては、通常は鎖骨バンドをつけるのみのことが多いと思われます。湿布も、しないことは結構あります。もちろん患者さんが希望されれば処方されるでしょうが。いずれにせよ、一度ご家族の方も同席して担当の先生と話し合ってみてはいかがでしょうか。
CTは確かに放射線を使って撮影しますが、一回や二回の検査で健康に及ぼす影響は先ず考えられません。また、MRIは磁力を使って撮影するもので、心臓にペースメーカーが入っている方は検査できませんが、放射線は使っていません。このことに関しては、以前別の質問に回答していますので、下記URLをご参照下さい。
お大事にどうぞ。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=42768
    • good
    • 0

ご心配のこととお察しします。


頭痛、めまいは、恐らく頭部の打撲そのものによるというよりも、頭を地面にぶつける際に頸部を振られているせいではないかと推察します(もちろん、頭部をぶつけた際にも首を傷めています)。頭痛は、後頭部を中心として重いような締め付けられるようなものと、何かの拍子に頭頂部や側頭部がズキンとするような痛みではないですか?もしそうだとすると、この頭痛は頚椎捻挫により肩・首・後頭部・側頭部の筋肉が緊張を強めているために起こっているものと思われます。めまい感も、頚椎捻挫による影響かと思われます。
また、「何か物事を考えようとすると、頭の中がパニックを起こして何も考えられなくなる」ということから、事故に遭ったという精神的ショックも相当大きいのでしょうね。
治療の中心は、軽い精神安定剤(これは筋緊張をほぐすのにも役立ちます)、筋弛緩剤、消炎鎮痛剤、胃薬(鎮痛剤で胃があれるのに備えて)、湿布や鎮痛剤入りの塗り薬、そして、もちろん精神的・肉体的な安静とサポートということになります。
事故の際に気を失ったりとか、そのときの記憶をなくしているということがなければ、頭を打ったときの脳に対する衝撃はなかったと考えても差し支えありません。それでもご心配でしたら、軽微な脳挫傷を見落とさないためにはCTよりもMRIを撮ってもらった方がよいでしょう。
ただし、高齢者の場合には、軽微な頭部外傷後一ヶ月以上経ってから、慢性硬膜下血腫という、脳と脳をおおっている硬膜の間に血の溜まった袋が出来、これが次第に大きくなって脳を圧迫していくという病気(けが)が発生することもあります。その際には手術が必要となります。確率的には全人口あたり年間1万人に1人ちょっとくらいですが、一応頭の片隅に入れておいて下さい。
事故の保険については、仕事を再開しても保険会社から一方的にうち切られることは絶対にありません。ご心配なく。
長くなりましたが、最後に、不思議なもので、事故でやられてしまったという意識を持ち続けていると、なかなか良くならないことが多いものです。義母さんがおつらいのはよくわかりますが、ご家族の方としては相手方を憎むよりはむしろ事故のことを忘れるよういろいろ気を使ってさしあげることが重要かと存じます。
お大事にどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事、ありがとうございました。
事故の際に気を失い、記憶も飛んだようなのですが、2日後には全て思い出したと言っています。頭痛は左のこめかみの辺りのようで、今は自分の判断で湿布を張っています。そうしているとだいぶ楽だと言っていました。病院では何もしてくれなく、鎖骨骨折に対しても鎖骨バンドをはめただけで湿布もしてくれなく、湿布も欲しいと要求してやっともらえたのだそうです。精神安定剤等の治療もこちらから言えばしてくれるのでしょうか?(なんだかそれもおかしいような気もしますが…) 
CTやMRIは放射線だから怖いと義母は言っていますが、実際どうなのでしょう?
勝手なことばかり言って申し訳ありませんが教えてください。どうかよろしくお願いします。

お礼日時:2001/02/25 06:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q病院から処方箋を作成してもらい、薬剤店から薬をもらうのが一般的ですが、

病院から処方箋を作成してもらい、薬剤店から薬をもらうのが一般的ですが、もし出張などで薬剤店から薬をもらわなかった場合、その情報は病院へ行くのでしょうか?
つまり、病院の先生から、「あなたは先日、薬を薬剤店へ取りに行っていませんね」といわれるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

できるだけ、「お薬手帳」を持って歩き、最後の手段で、近くにある調剤薬局から医師に電話で処方の確認をして貰います。
お薬手帳に貼るシートは一回\100-ですので、それが嫌なら調剤薬局で渡される説明書、これも一回\100-、をもって歩きましょう。

Q腰椎圧迫骨折の治療方法と病院の対応について

86歳の義母について質問させてください。
昨日、玄関先で義母が転び、かかりつけの医師のところで受診したところ、『第一腰椎の圧迫骨折』と診断されました。安静にしなければならないということで、そのまま総合病院に入院することとなりました。総合病院では入院時外科の医師しかいなくて、「病状については明日整形外科医から説明します」と言われました。
そして今日、私が仕事を終えて見舞いに行きましたところ、義母はコルセットをしていました。簡易的なものでしたが、義肢メーカーの方が直接来られて装着してくれたとのことでした。そしてベッドサイドには3000円の請求書が置いてありました。
それだけではありません。その後、また別の義肢メーカーの方が来て27000円のコルセットを装着するための採寸と、『お立替書』なるものが置いてありました。後日支払うようにと書かれています。
家族に病状を説明してくれることも全くなく、コルセットの請求書だけが、業者から一方的に渡されている状態です。幸いにも今夜主治医が当直の為、詳しい話を聞きに行く予定にしています。
そこで質問です。
このような、業者だけからの販売にも自費で支払わなければならないのか。圧迫骨折にはこのコルセットは絶対必要なものなのか。そして、業者が直接病室まで来て名刺を置き、採寸し、請求書を置いていく(看護士の同席ナシ)のは普通のことなのでしょうか。
不勉強な私に教えてください。

86歳の義母について質問させてください。
昨日、玄関先で義母が転び、かかりつけの医師のところで受診したところ、『第一腰椎の圧迫骨折』と診断されました。安静にしなければならないということで、そのまま総合病院に入院することとなりました。総合病院では入院時外科の医師しかいなくて、「病状については明日整形外科医から説明します」と言われました。
そして今日、私が仕事を終えて見舞いに行きましたところ、義母はコルセットをしていました。簡易的なものでしたが、義肢メーカーの方が直接来られて装...続きを読む

Aベストアンサー

わかる範囲でお答えします。

コルセットの費用については補助金が出ました。業者の方が請求先を教えてくれると思います。

腰椎圧迫骨折には、コルセットは
「絶対に必要です!!!!!!!!!!!!!」
固定しておかないと、折れ方によっては下半身不随になりますよ。
高齢であることもあり、骨量の低下からの骨折かな?と思いますが、早急に直してあげないと寝たきりにさせてしまいます。
それに、上手く直してあげないと、不随にはならなくても背中に一生残る痛みを背負わせてしまいます・・これは本人にしかわからない、四六時中感じる鈍痛です。本人さん苦しいですよぉ。

名刺云々については、分かりません。

貴方が請求された金額が気になるのか、それとも貴方に請求が来るまでの段取りが気に障ったのか、それは分かりませんが、コルセットは早急に付けてあげてください。その方が結局、お義母さまのためになります。

Q京都府で、頭痛外来のある病院ありますか

10年以上、月に1~10度ほどの偏頭痛に悩んでいます。
「京都 頭痛外来」で色々検索してみたのですが
なかなかヒットしません。
近くの総合病院に2軒ほど電話して聞いたんですが
「脳神経外科は頭をぶつけた時などで、偏頭痛でしたら
内科を受診してください」と言われましたが
頭痛専門の医師に診てもらいたいと切に思います。
京都市内で頭痛外来がどこにあるのかどのように調べたら良い
んですか?

Aベストアンサー

京都市内にクリニックがありますよ。
"頭痛大学" のページでお調べ下さい。
普通、診療科は神経内科か脳神経外科になります。
京都市内には2箇所あったと思う。

そのうち1箇所は、通院しているが、予約が取りにくい事がある。
待合いもほぼ満席 (付き添いの方も座っているので) 。
しかし、医師は良いし、少しでも病変があれば、提携病院等で
検査を受けられるよう、コンサルしてくれる。

Q今飲んでいる薬を追加してもらいたいのですが、また病院へ行く必要はあるのでしょうか?

現在、耳鼻科で処方された花粉症の薬を飲んでいるのですがそろそろなくなってしまいます。
前回は初めての薬と言うことで14日分だけもらったのですが、まだ花粉症のシーズンは続くので1ヶ月分くらいもらいたいと思っています。
そこで質問なのですが前回の薬と同様の薬を追加してもらうときは、また病院へ行かなければいけないのでしょうか?
この時期、耳鼻科は混んでいて並びたくないし、診察料ももったいないし、前回の薬で特に副作用もないし、いきなり薬局へ行って前回と同じ薬を追加してくださいと言えばもらえるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

 病院で働いていますので、良かったら参考にして下さい。
 病院で処方された物は、基本的に薬局で普通に買えません。多分院外処方で処方箋を貰って調剤薬局で処方箋と引換えにお薬を貰ったのだと思いますが、調剤薬局は処方箋なしでお薬を貰うことは出来ません。院内処方でも売薬と病院で処方される薬は違いますので、○○という薬と普通の薬局に行っても置いていないことが殆どです。ただどんな薬か分かったら、それを街の薬局(売薬を売っている普通の薬局)で薬剤師さんに相談の上、似た成分の売薬を売ってもらうという事は出来ます。多分処方薬よりも効き目は弱いと思いますが。
 病院によっては電話で薬を作ってもらう事は出来ます。駄目な所もありますし、貰ったお薬によっては長期間処方は無理なこともありますので、絶対出来るとはいえませんが、一応電話してみてはいかがでしょうか?どうしても欲しい場合はこれなら待つ時間は解消されます。ちなみに処方箋は当日を含めて4日間有効ですので、月曜日に電話しておいて火曜日に取りに行く事も可能です。ただし診察料(再診料、処方料など)は含まれます。
 ご参考までにm(__)m。

 病院で働いていますので、良かったら参考にして下さい。
 病院で処方された物は、基本的に薬局で普通に買えません。多分院外処方で処方箋を貰って調剤薬局で処方箋と引換えにお薬を貰ったのだと思いますが、調剤薬局は処方箋なしでお薬を貰うことは出来ません。院内処方でも売薬と病院で処方される薬は違いますので、○○という薬と普通の薬局に行っても置いていないことが殆どです。ただどんな薬か分かったら、それを街の薬局(売薬を売っている普通の薬局)で薬剤師さんに相談の上、似た成分の売薬を売っても...続きを読む

Q病院でもらった整腸剤で下痢に・・・?

ここ何ヶ月も軟便が続き、病院に相談した所、整腸剤として「酸化マグネシウム」を頂きました。
しかし、服用を始めてから更に便がゆるくなり、ついにはひどい下痢になってしまいました。1週間下痢が続き、あらためて医者に症状を訴えたところ、再び「酸化マグネシウム」と、新たにチアトン、ミヤBM、ポリフルといった下痢の改善薬を処方されました。併せて服用を始めましたが、結局下痢は改善せず、3週間ほど続きました。(下痢の方は皆そうだと思いますが、精神的にも肉体的にも、緊張と疲労でとても苦しみました)
自ら「酸化マグネシウム」には効果がないと判断して服用を停止し、その他3種の薬剤のみを飲み始めたところ、段々と元の軟便に戻り、今度は逆に便秘気味になってしまったため、今は薬の服用を一切止めて、様子を見ております。

そんな折、マグネシウムは医療では通常「下剤」に用いられることを知り、もしやと思って「酸化マグネシウム」についてインターネットで調べたところ、いずれもその副作用について、「下痢をする」「下痢の人が服用すると症状が悪化する場合あり」といった説明がされておりました。

自分が下痢になったのは、食べ物のせいか精神的なものと考えておりましたが、どうも病院で処方された「酸化マグネシウム」が原因であるように思われてきました。そこでご質問をさせていただきたいのですが、軟便や下痢の際に「酸化マグネシウム」を処方するというのは、現場では一般的な方法なのでしょうか?現在も定期的に通院しておりますが、医者にこの事について言及すべきかどうか迷っております。
長文失礼いたしましたm(_ _)m

ここ何ヶ月も軟便が続き、病院に相談した所、整腸剤として「酸化マグネシウム」を頂きました。
しかし、服用を始めてから更に便がゆるくなり、ついにはひどい下痢になってしまいました。1週間下痢が続き、あらためて医者に症状を訴えたところ、再び「酸化マグネシウム」と、新たにチアトン、ミヤBM、ポリフルといった下痢の改善薬を処方されました。併せて服用を始めましたが、結局下痢は改善せず、3週間ほど続きました。(下痢の方は皆そうだと思いますが、精神的にも肉体的にも、緊張と疲労でとても苦しみま...続きを読む

Aベストアンサー

酸化マグネシウム。カマグって聞いたことあります?よく使う略語です。基本的には下剤。腸に水分を集めて便をやわらかくする薬として使われます。当然飲みすぎ、効きすぎで下痢します。なので普通は量を調節してくださいといって渡しています。うちではカマグを下痢の人に飲ますことはまずないです。ポリフル、もしくはミヤBMでよいような気がしますが…。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報