パトレイバーの画集で「eyes」というものを探しています。
CD-ROM2枚組らしいのですが、どこから発売されたのか?
価格はいくらなのか?今でも購入できるのか?
ということが全く判りません。
ぜひ購入したいので、知っている方教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

benjaminさんがおっしゃったとおりで、1996年10月25日発売です。

Win/Mac の hybrid CD-ROM 2枚組、定価9800円でした。バンダイビジュアルからの書籍扱い(?)で ISBN 4-89457-000-9 です。初回版にはマウスパッドなどのオマケがつきます。さすがに店頭では見なくなりましたが、Yahoo Auctionなどでは時々見かけます。

ついでながら、発売記念の展覧会はパトレーバーにちなんで、東京湾近くで催されました。
    • good
    • 0

高田明美さんの画集ですね。

「eyes~AKEMI TAKADA PATLABOR ILLUSTRATION WORK」というのが名称で、イラストライブラリー&データ集等が収録されてます。
1996年にバンダイビジュアルから出たもののようです。当時、原画展も行われたようです。ただ、バンダイビジュアルでの現在発売中の製品検索で出てこなかったので、生産は中止されているか、限定のようなものだったのでは?

参考URL:http://www.cri.co.jp/cap/a-takada/works/works4.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1996年ってかなり前ですよね・・・。
中古ショップとかで根気よく探してみます。
回答ありがとうございました!

お礼日時:2001/02/25 09:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電子書籍端末の仕組み

いま流行りの電子書籍に非常に興味がありますが
わからないことがたくさんあります。


1、端末がいろいろありますが、端末メーカーに対して書籍メーカーが専用に決められており
その中からしか書籍ラインナップが選べないのでしょうか?
それとも端末と書籍メーカーは別々でいくつもの書籍メーカーの中から本を探し歩くことが
できるのでしょうか?

2、書籍は書籍メーカーのサーバーにオンライン上で閲覧しにいくタイプなのでしょうか?
それとも書籍をダウンロードしてオフラインでも楽しむことができるのでしょうか?

3、購入した書籍はメーカーのサポートや販売が中止した後でも読むことができますか?
(つまり購入した書籍を永久的に自分のものにすることができるのでしょうか)

4、端末が故障した際、一度購入した書籍は別端末に無料で再ダウンロード等できるのでしょうか?


電子書籍に詳しい方、ご存知の項目で結構ですので教えてください。
またおすすめの端末等もあれば教えていただければと思います。。

Aベストアンサー

私はソニーReaderを利用していますので、ソニーReaderについてだけ説明します。

1)ソニーの場合は専用サイトとして「Reader Store」がありますが、他の電子書籍サイトの書籍も購入し、Readerで閲覧が可能です。
 私の場合Reader Storeの他、「パピレス」「ビットウェイブックス」「PDAbook」を利用しています。以前は他のサイトも利用していましたが、専用ビューワでないと閲覧できなくなったため、利用を止めています。

2)ソニーReaderは書籍をダウンロードする方式のため、購入の時以外はオンラインにする必要がありません。

3)永久的に自分のモノになります。ソニーReaderはダウンロード方式ですので、販売サイトの閉鎖とは無関係です。

4)ソニーReaderの場合は機種により扱いが変わります。Readerには下記のような種類があります。

  a.端末そのものに無線通信機能がないモノ(PCとUSB接続して書籍を送信)
  b.端末にPCとの無線通信機能があるモノ(書籍の購入はPC経由になる)
  c.端末に「3G」通信機能があり、PCを経由する必要が無いモノ

このうち「a」「b」の機種については、書籍の購入の際にPCへもダウンロードしますので、端末本体が壊れても、同じシリーズの機器を使うことで、端末へ再送信は可能と思います。
「c」の機種については、PCへのバックアップを怠ると再購入ということになります。
販売サイトの中には再ダウンロードが可能になっている場合がありますが、大抵は期限付きですのであまりアテにしない方がいいと思います。

私はソニーReaderを利用していますので、ソニーReaderについてだけ説明します。

1)ソニーの場合は専用サイトとして「Reader Store」がありますが、他の電子書籍サイトの書籍も購入し、Readerで閲覧が可能です。
 私の場合Reader Storeの他、「パピレス」「ビットウェイブックス」「PDAbook」を利用しています。以前は他のサイトも利用していましたが、専用ビューワでないと閲覧できなくなったため、利用を止めています。

2)ソニーReaderは書籍をダウンロードする方式のため、購入の時以外はオンラインにす...続きを読む

Q機動警察パトレイバー

小さい頃からすごく好きで、いままたビデオを借りて観ているのですが、記憶と違うんです。
えーと、野明の初めて(←これは気のせいかもしれませんが)の出動で、桜が咲いてて、赤いタコかカニみたいなレイバーと戦って、遊馬が、「知恵と勇気でしのげ、何とかなる」って言って、敵レイバーの下に野明が回りこんで投げてやっつける! というような話がテレビシリーズの最初の方にあったと思うんですけど、ビデオでまだでてこないんです。
私の記憶違いなんでしょうか。
このビデオで観られるよっていうの、知ってる人がいたら教えてください。
わかりにくい文章でごめんなさい。ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

テレビシリーズ以前に、サンデー連載当初にOVAが作成されています。
現在それらが入手可能かは知りませんが、作品の順などは下記URLを参照してください。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/5283/patlabor.html

Q電子書籍ってどういうモチベーションで使うのですか?

読書される方に質問です。
僕は、新しい本だけでなく、古本などもたくさん購入し読んでいます。
もちろん、紙の書籍は電子書籍にはかないませんし、本の装丁など文字以外でも楽しめるところがたくさんあります。
しかし、最近では楽天やAmazonなどが電子ブックリーダーを発売するようになり、電子書籍もかなり充実しています。
たしかに書籍は部屋に溜まる一方で、置き場にもこまります。中には「ちょっと読んでみたい」程度の本もあり、そういう思い入れの少ない書籍は、ブックリーダーでも十分だなと感じています。

しかし、、、、電子書籍ってたしかに新品の紙の書籍よりも安いけど、半額になるくらい安いわけではありません。たとえば三谷幸喜の「清須会議」は紙の書籍で1,420円ですが電子書籍だと1,120円です。 それほど安くはありません。
値段を安くしたいとなると、少し待って古本屋にいけば800円くらいで買えると思います。

つまり、、エコのためには電子書籍。値段を安くしたいなら古本屋。となります。
僕は両方の気持ちがあり、こまっています。
電子書籍を利用したいのですが、数百円安いくらいなら、紙の書籍がいいかなとも思いますし、
でもあまり安いと、本の出版社や本屋さんがつぶれてしまうとか、いろいろと考えてしまいます。

電子書籍ってどういうモチベーションで使えばいいのでしょうか?
「紙の書籍みたいに邪魔にならない。新品の紙の書籍より安いから問題なし!」
という感じなのでしょうか?

貧乏人の僕は、少しでも「古本屋の方がもっと安いから。・。」などと考えてしまい、煮えきれません。
こういう考えの人は電子書籍は向かないのでしょうか?

読書される方に質問です。
僕は、新しい本だけでなく、古本などもたくさん購入し読んでいます。
もちろん、紙の書籍は電子書籍にはかないませんし、本の装丁など文字以外でも楽しめるところがたくさんあります。
しかし、最近では楽天やAmazonなどが電子ブックリーダーを発売するようになり、電子書籍もかなり充実しています。
たしかに書籍は部屋に溜まる一方で、置き場にもこまります。中には「ちょっと読んでみたい」程度の本もあり、そういう思い入れの少ない書籍は、ブックリーダーでも十分だなと感じていま...続きを読む

Aベストアンサー

失礼します。無理やりモチベーションを高めて電子書籍を使う必要はありませんので、ご心配なく(笑。

私の場合は、以下の理由で電子書籍に魅力を感じています。
1. 英語の本がすぐに(安く)買えること
2. 電子書籍の方がエコであること
3. 本棚が必要なくなること

英語の本に限らず、すぐに本を購入して読めるということは、非常に魅力的です。紙の本であれば、Amazonで申し込んでから1日~数週間待つ必要があります。特に英語の本の場合は長くかかることが多いです。しかし、AmazonでKindle用の本を探し出し、購入し、ダウンロード完了するまで数分でできて、すぐに読み始めることができます。実際に体験してみると、紙の本がやって来る待つという状態に戻る気にはなりません。とは言いつつ、英語の本以外は図書館で借りて読むので、待つこともありますが(笑。

本を読む値段を考えると、図書館が最もお勧めです。そして図書館の多くは利用者増加に注力しているので、利用者になることは歓迎されることです。
またアメリカにおいては、多くのKindleの本が紙の本の半額や90%OFFで売られています。Amazon Prime会員になれば、多くの本が無料で読めます。いづれ日本においてもそのようになる可能性があります。

電子書籍やPCが電気を使うので、エコとは考えにくいという話がありますが、紙の本を読むためには、木を切り倒し、印刷機を回して印刷し、木や本を車で運び続け、本屋等で販売する必要があります。一連の作業を考えると、電子書籍の方がはるかに環境負荷は低く、エコでしょう。もちろんより正しい議論のためには、実際上の数字が必要ですが。

著者や出版社から考えると、電子書籍の方がはるかに利率が良いので、電子書籍をメインにする方が好ましいです。ただ、大きな出版社であるほど、印刷会社や本屋との関係等、様々なしがらみがあり、電子書籍に移行しにくい事情があるのでしょう。

本屋から考えると、現状としては電子書籍と共存することは難しいため、潰れる可能性は高まっています。しかし、新たな本屋として進化して、人々に新しい便利さを提供すれば、電子書籍によって売上があがるようになることでしょう。逆に、現状のまま本屋が維持されて、不便な場所として存続すると、多くの無駄を生むことになり、社会的に好ましくないでしょう。

最後に、まだそれほど大きな魅力にはなっていませんが、電子書籍の大きなメリットは、出版する敷居が非常に低くなることです。そのため、今は有名ではないが、非常に素晴らしい作家に出会える可能性が高まりつつあります。ソーシャルメディアでも同様のことが言えますが、素晴らしい作家との出会いや交流の可能性が高まるのは、非常に魅力的なことです。

お気軽にご検討下さい。

失礼します。無理やりモチベーションを高めて電子書籍を使う必要はありませんので、ご心配なく(笑。

私の場合は、以下の理由で電子書籍に魅力を感じています。
1. 英語の本がすぐに(安く)買えること
2. 電子書籍の方がエコであること
3. 本棚が必要なくなること

英語の本に限らず、すぐに本を購入して読めるということは、非常に魅力的です。紙の本であれば、Amazonで申し込んでから1日~数週間待つ必要があります。特に英語の本の場合は長くかかることが多いです。しかし、AmazonでKindle用の本を探し出し、...続きを読む

Qこのパトレイバーのイラストは何?

毎度どうもです。先日、このようなイラストを見つけました。パトレイバーのパロディのようなものらしいのですが、これはどういうものでしょうか。掲載されている本屋サイトはあるのでしょうか。宝島別冊シリーズや、バンダイエンターテインメントバイブル1~3にも載っておりませんでした。ご存知の方、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

OVA版の封入冊子についていたウソ企画らしいです。

https://twitter.com/BSJokerT2CRX/status/581153592003842048

Q書籍の見極め方について質問です。

書籍は良いですね。

私は専門職ですので、勉学のためよく書籍を購入します。

最近は電子書籍などがもてはやされていますが、やはり書籍は紙が良いと思います。

しかし残念なことに、間違いが多く書かれてる書籍が大半です。

私は書籍を購入する際は、まず疑ってかかります。

本当の事が書かれてるか、お金を出して購入する価値があるか、、、

著者や編集者などの学歴や実績を調べ、十分に考慮した上で購入していますが、それでもはずれを引くことがあります。

良い書籍の見極め方をご教授いただけたらと思います。

ご回答お待ちしてます。

Aベストアンサー

私も本好きで、家にはうん千冊の本があふれかえっています。
DPRpig2のように専門的な本かどうかはわかりかねますが・・・。

確かに、本のタイトルと内容がてんでばらばらな本。
有名な大学の教授が記した文献にも多くの誤りを発見します。
また、客観的なデータを提示せずに、
平気で根拠のない結論を出している本。
何年も前の資料や文献に基づいて論述している本。
細かい話では、抜けや漢字の誤りなどの誤植や文法上の誤りのある本。

様々ではありますが、本屋にある本には数に制限があり、
ネットで買える本はロングテールで数はあるもの内容がわからない。

私も、ある意味、そういう、買って「得をした」本、買って「損をした」本の
情報を集めるサイトがほしいと思います。
但し、これも投稿者の主観的な判断に委ねられることになり
そのサイトを見ている人にとって得をするのか、損をするのかは
定かではないでしょうし、難しい問題ですね。

答えになっていないので、申し訳ありませんが、
No1の方の投稿が少し冷たい感じがしたので
賛同者の一人として投稿しました。

Q今週水曜発売の週刊週刊マガジンはもしかして水曜より前に発売されてますか

今週水曜発売の週刊週刊マガジンはもしかして水曜より前に発売されてますか?

Aベストアンサー

17号ですよね。 予定では

>No.17 2010年03月24日(水)発売
>定価260円(税込)

のまま変わってませんが...
http://kc.kodansha.co.jp/magazine/index.php/02065/next

発売日前に手にできる関係者は存在するので、作者、編集者、印刷関係者以外にも
流通関係で「手にした人」はいるとは思いますけど。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%B0%91%E5%B9%B4%E9%80%B1%E9%96%93%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%AC+%E7%99%BA%E5%A3%B2%E6%97%A5+%E5%89%8D&lr=&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=

Q書籍名の著作権の所在と扱いについて

書籍名の著作権の所在、その用途についての範囲について分からずに、困っています。
例えば、何かの書籍を発行する場合、何々を書いた誰々の書籍、というような販促に関わる宣伝文句はどの程度、またはどの範囲まで使えるものなのでしょうか?

Aという書籍があり、その出版契約が切れた後に別の出版社からAを書いた誰々ということを、書籍の帯や媒体の広告(例えば新聞など)で使用するのは著作権上問題があることなのでしょうか?
仮に、そのAという書籍タイトルを出版契約が切れた出版社が著者との間でやり取りを行い、最終的には出版社側の案が採用されたものであった場合、その書籍タイトルをやり取りがあったとはいえ最終的決めた出版社サイドには、何らかの著作権の権利が存在し、その書籍名を別の出版社から出すBという書籍の宣伝のために書籍の帯や媒体での広告には使うのは少々問題があるのではと言われました。

そうなると、出版契約が切れても、そのAという書籍に対する著作権利者には書籍のタイトルは除かれ自由に使えないということになり、腑に落ちなません。
ちなみに、出版契約が切れるほうの出版社と交わした出版契約書は、
http://www.jbpa.or.jp/contract.htm
上記のURLにあります社団法人日本書籍出版協会の出版契約書の雛形とほぼ内容は同じものです。

よく、書籍とか他のメディア(CDなどの音楽や映画など)では、前作のタイトルを出し、それを手がけた誰々の作品、というように使われているのを見かけますので、書籍はまた何か特別なルールがあるのでしょうか?
また、タイトル(のみ)に関する著作権というのは存在するのでしょうか?

どうかお知恵を拝借させてください。よろしくお願いいたします。

書籍名の著作権の所在、その用途についての範囲について分からずに、困っています。
例えば、何かの書籍を発行する場合、何々を書いた誰々の書籍、というような販促に関わる宣伝文句はどの程度、またはどの範囲まで使えるものなのでしょうか?

Aという書籍があり、その出版契約が切れた後に別の出版社からAを書いた誰々ということを、書籍の帯や媒体の広告(例えば新聞など)で使用するのは著作権上問題があることなのでしょうか?
仮に、そのAという書籍タイトルを出版契約が切れた出版社が著者との間で...続きを読む

Aベストアンサー

 sunset2002さん、こんにちは。
 結論を先に申し上げれば、≪書籍のタイトル≫には著作権法の保護は及びません。
 確か、著作物の構成要件を満たさない、≪単なる言葉を組み合わせたもの≫と解釈されるのでしたか。
 言葉そのものに著作権を認めれば、言葉自体が自由に使えなくなり、著作権法の目的のひとつである≪文化の発展≫を却って阻害するから……です。
 他には、≪登場人物の名前≫や≪キャッチフレーズ≫などが、非著作物とされています。

 このサイトには著作権法にお詳しい方が何名かいらっしゃるので、その方々がお答えになるまでのつなぎということで(笑)。

Q劇場版 機動警察パトレイバー WXIII グッズ

現在、WXIIIの公開が終了しておりますが、
映画館へ足を運べずに終わってしまいました。

本編の方は後日DVDを購入する予定なのですが、
映画館へ行きたかった理由のもう一つがグッズの購入です。

映画によってはパンフレットの後ろの方などに、
公開終了後のグッズの通信販売の紹介などがありますが、
今回、そのような物はありますでしょうか?
またはグッズの通信販売を行っているHPなどはありますでしょうか?

あるようでしたら詳細を教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

映画館で鑑賞しました。

ご推察の通り、本作でもグッズはありました。
Tシャツ、テレカ、トレカ、ピンズ、キーホルダー、ストラップなどなど、
下に公式サイトのグッズ紹介のページを書いておきますね
(このサイト結構分かりにくいです)。

ちなみにパンフは800円と少々お高め。
「ミニパト」のは、別売りで600円となっています。

参考URL:http://www.bandaivisual.co.jp/patlabor/main.htm

Q電子書籍について

何故、本よりも売上が圧倒的に少ない電子書籍を出版社は販売するのですか?
また、電子書籍を販売する事による制度のことや、電子書籍の問題点を出来るだけ詳しく教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

回答は著作隣接権を得るために先行事例として刊行している。です。

なぜこのような回答になるのかは以下長々と書きます。

まず、書物は今後何十年か後には電子化されていくものという共通認識が業界の中にあります。
この電子化時代を迎える際に問題になるのが、そのデータを売った時の分け前がどうなるのかについてです。

今までは書店、各取次、出版社、作者の間で分割されてきました。
今後は販売者、作者の二社のみとなります。
また、販売コスト(印刷・配送・保管)が大きく下がるため作者の取り分が大きくなります。

この見通しを受けてAmazonは販売金額の7割を作者に還元するというキャンペーンを始めました。楽天Booksも5割程度が印税として還元されるようです。
#実際は7割ではなく、ここから通信手数料等引かれて5割前後になるようです。

現在、一般的な作者が出版社から貰っている印税は10%未満です。
500円の本が売れて50円とか30円程度が作者に入ります。
Amazonが今後も7割の印税保証を続けるのであればどんどん作者は電子書籍に移って来るでしょう。
今後は電子書籍のみといった独占販売も増えてくる可能性があります。

出版社が今まで囲い込んで、少ない分け前で働かせていた作者が電子商取引業者に引き抜きされるのを恐れた出版社側が持ち出したのが「著作隣接権」です。
要するに作者じゃないけど校正などを手伝ったから俺らにも権利があるよという事ですね。

この著作隣接権については以下リンクが詳しいのですが、要約します。
・作者側は書籍化された作品の電子化刊行権を持っています。
・作者は電子化刊行権を使って他社から電子書籍として発行可能です。
・いやいや、電子書籍刊行権は出版社側にある著作隣接権ってのもあるんやで、電子書籍出すならウチの会社から出して!

といった形で使われています。

著作隣接権について問題及び現在の状況
http://kenakamatsu.tumblr.com/post/19395239269/rinsetsu

日本は大手会社がルールを作って党派に働きかけるとそれが法律になり、今後の流れになるという事例が多いです。
B-CASなんかはその顕著な例ですよね。

その今後の動きのため、著作隣接権を持っているよという事例及び電子書籍も出版社が発行するよという先鞭付けのために発行されているのが現在の電子書籍となります。

また、実際に収益を上げている電子書籍会社もあります。

以上参考になれば幸いです。

回答は著作隣接権を得るために先行事例として刊行している。です。

なぜこのような回答になるのかは以下長々と書きます。

まず、書物は今後何十年か後には電子化されていくものという共通認識が業界の中にあります。
この電子化時代を迎える際に問題になるのが、そのデータを売った時の分け前がどうなるのかについてです。

今までは書店、各取次、出版社、作者の間で分割されてきました。
今後は販売者、作者の二社のみとなります。
また、販売コスト(印刷・配送・保管)が大きく下がるため作者の取り分が大き...続きを読む

Qトラブルの画集について

単刀直入に言います。
トラブルの画集って18禁ですか?

Aベストアンサー

年齢制限はありません。
だいたい、画集の中身は本誌においても掲載されていた絵が多いので、もし画集がR18になれば本誌もR18にせねばなりません。
しかしそのようなことはありません。
また、Amazonでは成人向け作品はそうであると書いてありますが、トラブルに関してはありません。


人気Q&Aランキング