アメリカのホームページでホームページ作成用の素材を購入したいと思っています。支払方法としてカード・チェック・及び為替とあります。

カードでの支払いより、為替または、チェックを使いたいと思いますが、どのようにしたらいいのでしょう。また相手先には口座番号などを聞いたほうがいいのですか?住所と電話・FAXはわかっているにですが。どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/24 12:42

国際為替は1回の発行(1度に何個でも作れる)につき2700円の


手数料(変わってなければ)です。
銀行で作ってもらえます。
おそらくですけど、アメリカの銀行の為替でないとダメだという指定があるかもしれないので、
どこの銀行の為替を扱ってるか銀行の窓口で聞いてみるといいですよ。
まぁ、Citibankなら問題ないですが、日本の銀行でも扱ってます。
この場合、聞かれるのは相手の住所と名前だけでいいと思います。
銀行側には為替を作る理由を聞かれると思います。
窓口は外貨取り扱いのところに行って下さい。

チェック(小切手)は自分で値段を書き込んで、誰宛か名前を書いて送るだけでしょう。小切手に相手の口座番号を書くところはないですよ。

ということは、住所と名前がわかっていれば
そこに封筒で郵送してしまい!ということですね。

僕やったら、そっこうカードで買ってるところですが、チェック、為替の方が
安全かもしれません。

良い買い物でありますように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。初めての海外送金なので、チェックを使い買い物してみます。

お礼日時:2001/02/24 12:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qユーロ・ドル・ウォン・元などの為替相場が見られるサイト

ユーロ・ドル・元・ウォンなど世界の通貨の現在の為替を見られるサイトを教えてください。

銀行や証券会社のページのものを見たことがあるのですが、
一つの通貨にいろいろ価格があってどれが一般に言う現在のレートか分かりません。(売る場合、買う場合などで価格が違いますよね。しかもその二つだけじゃなかったような気がします。)

一般にいうレートっていうのは、
よくTVや世間話で出てくる、「現在1ドル~円です」、「あれは今のレートで~円だよ」とかに使われる場合です。

できれば一目で世界の為替相場が見られるものが良いのですが。。
教えてください。

Aベストアンサー

通貨の取引というのは銀行間で相対(つまり直談判)でやり取りしています。
これをインターバンク市場という仮想の市場でよんでいます。
したがって全世界で共通というのは存在のしようがありません。

今、英国銀行とみずほ、ドイツコメルツと三菱UFJ銀行が売り買いをしたとして、
それぞれが独自に取引をしているので同じ値とは限りません。
しかし、通貨の取引は億単位なのでデタラメに取引をしては被害が甚大になります。
現在はコンピュータ制御で銀行は何十億円も投資して高速回線を整備しているので、
為替の値はどこの銀行間でも、ほぼ正確だといわれています。

それに比べると一般投資家がネットで画面をみているのは数秒のロスがあります。
このロスは埋めようがないので、機関投資家などに比べて情報戦で負けるのです。

ちなみに銀行間では売りと買いのスプレッドは極めて狭いです。
しかし、わずかとはいえ売りと買いに差がないと売った方は利益が出ません。
基本的にはこの2つになりますが、銀行が店頭で通貨の売買をするときは中値を取って、
それから1円ずつ足し引きして、TTSとTTLで2円の差がつくように調整します。

通貨の取引というのは銀行間で相対(つまり直談判)でやり取りしています。
これをインターバンク市場という仮想の市場でよんでいます。
したがって全世界で共通というのは存在のしようがありません。

今、英国銀行とみずほ、ドイツコメルツと三菱UFJ銀行が売り買いをしたとして、
それぞれが独自に取引をしているので同じ値とは限りません。
しかし、通貨の取引は億単位なのでデタラメに取引をしては被害が甚大になります。
現在はコンピュータ制御で銀行は何十億円も投資して高速回線を整備しているので...続きを読む

Q支払時の為替の適用?

ハワイでクレジットカード(1か月後に決済)で買い物をした場合、何時の何処の為替レートを適用するのですか。
何時の:購入時、決済時。
何処の:日本(東京)、アメリカ(ニューヨーク?)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>何時の:購入時、決済時
 ・データ・伝票をデータセンターで処理をした日・・・購入から数日後
>何処の:日本(東京)、アメリカ(ニューヨーク?)
 ・日本での為替レート+手数料

実例につては下記に記載がありますから参考にして下さい
http://www.kanzen-creditcard.com/knowledge/exchange_rate.html

Qクレジットカードブラックです。郵貯チェックカードとは

私の友人が借金の整理で任意整理をしました。当然、信用情報機関はいわゆるブラックなのですがインターネット等で使用したいためクレジットカードを欲しいようです。そこで郵貯+セゾンまたは郵貯+VISAのチェックカードというものを聞いた事があります。郵便貯金を担保にするディビット機能のようですが、審査、手続き、機能等の事につきましてお詳しい方教えて下さい。

Aベストアンサー

郵貯セゾンチェックカード

は自分の郵貯口座からカード用にお金を移動させその範囲内でクレジットカードと同じように使えるものです。使った分のお金は即日か1,2日で引き落とされます。カード用にお金を移動させるためにはその度に郵便局にいかなければなりません。

今は一時的に募集していないと思います。セゾンの都合のようですからセゾンのホームページを常に見ておくしかありませんね。

Qcitiカード (ゴールド・master) から citiカード(ゴールド・ワールドパークスVISA)に変更することは可能ですか?

現在、citiカード(ゴールド・master)を持っていますが
最近、よく海外に行くので、
マイルが貯まるcitiカード(ゴールド・ワールドパークスVISA)の方に
変えたいのですが、
citiカード ゴールド masterからワールドパークスVISAゴールドに
変えることは可能なんでしょうか?

ちなみに同じくマイルを貯めるJALカード ゴールドは
citiカード(ゴールド・master)を取った直後に
申し込んだのですが、審査で落ちてしまいました。
(8ヶ月前のことです)

今、会社を辞めてしまったので、新しく申請出したら
現在、持っているcitiカード(ゴールド・master)を
取り上げられてしまう…なんてことないですよね?

Aベストアンサー

カード番号は言わずに問い合わせてみたらよろしいかと思いますが。
私は余所のカードですが、突っ込んでいろいろ聞いたら丁寧に教えてくれましたよ。
キャンペーン情報やらなにやらと。

ただ、再審査が必要となれば、無職だし、厳しいですよね。
(というか、無職では通らないですよね。)
今のカードは取り上げられはしないかもですが、枠が最低額に減らされる可能性はありますよね。

QFX(外国為替証拠金取引)で為替ヘッジする方法

 中国人民元に投資しようと思います。人民元は米ドルに対して上がっていくだろうと予想しています。
 そこで、外国為替証拠金取引を利用して(日本円で)中国人民元を買おうと思うのですが、人民元と米ドルの為替レートの動きはとてもゆっくりです。一方、日本円と米ドルの為替レートはかなり変動が大きく、単純に日本円で人民元を買っても、日本円-米ドルのレートの変動がこんなにも大きくては、意味がありません。日本円が米ドルに対して円高になれば、人民元での儲けなど吹っ飛んでしまいます。
 そこで、ふと思ったのですが、日本円で人民元を買うと同時に、同じくらいの金額の米ドルを(日本円に対して)売ったらいいのではないかと思います。
 こうすれば、日本円が米ドルにたいして上がろうと下がろうと、その部分は両者で相殺されて、米ドルと人民元の関係だけが残ります。つまり、私が予想するように、人民元が米ドルに対してゆっくり上がっていくのを享受できるということになります。
 2種類の売買をしても、手数料はたかがしれていますし、一方の損失は他方の利益になるので、証拠金不足にもなりにくいのではないかと思います。
 もしかして、こういうことが為替ヘッジということでしょうか。

 私の理解は間違っていますか。どなたか、教えてください。

 中国人民元に投資しようと思います。人民元は米ドルに対して上がっていくだろうと予想しています。
 そこで、外国為替証拠金取引を利用して(日本円で)中国人民元を買おうと思うのですが、人民元と米ドルの為替レートの動きはとてもゆっくりです。一方、日本円と米ドルの為替レートはかなり変動が大きく、単純に日本円で人民元を買っても、日本円-米ドルのレートの変動がこんなにも大きくては、意味がありません。日本円が米ドルに対して円高になれば、人民元での儲けなど吹っ飛んでしまいます。
 そこで...続きを読む

Aベストアンサー

これをすると、決済通貨日本円で「人民元/米ドル」の買いポジションを持ったことになります。

実情はどうなるかというと、1万通貨につき毎日600円くらいのお金を支払ってポジションを維持することになります。それでもやりますか?

毎日支払うお金とは、スワップです。スワップ金利という場合もあり、基本は通貨間の金利差の受渡しです。ところが、人民元は日本円より金利が高いはずなのに、買ってもスワップを払う業者がほとんどです。それも1万通貨あたり500円程度のはずです。
米ドル/日本円で売りポジションを持てば、1万通貨で1日169円~150円程度の支払になります。

支払いと言っても、証拠金から差し引かれていくことになるので、長期になった場合、かなりレートが動かないと利益が出ません。

そんなことで、人民元の買いポジションでスワップをもらえる業者を探さないと、苦しいかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報