大切に育てていたパンジーにアブラムシがついてしまいました。いつもなら市販のスミチオン・オルトラン・サプロール混合殺虫・殺菌剤をスプレーしているのですが、これはカビには効かないようで・・・。
くもの巣のようなカビが根元に生えたり、枯れた葉とその下の土にも白いカビが。
そこでカビに効く殺菌剤も撒こうと思っていますが、混合殺虫・殺菌剤と一緒に散布しても大丈夫なのでしょうか?
それとカビの予防法なのですが、枯れたものはすぐ摘み取る、風通しを良くする等気をつけてはいるのですが、どうしても発生してしまいます。
最近のコンテナガーデンのように密植して植えると根元は蒸れやすいですよね?皆さんはどのようにして防除してますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

スミチオン・オルトラン・サプロールの混合殺虫・殺菌剤ですが、


スミチオンは殺虫剤で主にアブラムシの農薬
オルトランは殺虫剤で主にアブラムシ・アオムシの農薬
サプロールは殺菌剤で主にウドンコ病・シラサビ病の農薬ですね。

殺菌剤を一緒に散布する場合は、その殺菌剤の種類によって混合できるかどうかは変わってきます。代表的な殺菌剤、ダコニール・ジマンダイセン・ベンレートなどは混用はできます。
しかしながら、農薬の混用(一緒に混ぜる事)でよく言われることは
「農薬の種類を多く混ぜるほど、農薬の効きは劣ってくる」
ということです。
すでに、お使いの殺虫・殺菌剤で3種類の農薬をお使いなので、その上に、殺菌剤を加えるのは、あまりおすすめできません。できたら、2,3日おいて殺菌剤を散布されたらどうでしょうか。

また白いカビですが、パンジーの葉にできたものと、土の上にできた物は、種類が違うと思います。パンジーの葉にできたものは病気の可能性がありますが、土のうえにできたカビは、肥料が分解している途中のものか、有機物の分解途中だと思いますので、影響無いと思われます。
 
カビにも多くの種類があります。
湿ったところが好きなカビ・・灰色かび病など
乾燥したところが好きなカビ・・うどんこ病など
カビの予防は、農薬ではなくて天然の殺菌成分を含む、木酢液とかキトサンとかヒノキチオール入りの液などを散布したらどうでしょうか。(たぶん市販されています)
そうすれば、人間に害が無く、病気・虫を予防して、パンジーも元気になると思います。わたしは、ヒノキチオールという成分がはいった栄養剤を使用しています。
まあまあ調子良いようです。時々ダニが発生しますので、これは農薬散布して退治しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的な薬剤名等でとてもわかりやすくアドバイスを下さいまして、ありがとうございました!!
混用できるものや、混用を避けた方が良い理由等、とっても納得です。
また、カビの予防法でも今まで使ったことのないものを知ることができました!天然成分と言うところが良いですね!!早速試してみようと思っています。

お礼日時:2001/03/01 17:52

お話の内容ではカビは特に生育に障害を与えていないようです。

カビは胞子として身の回りに無数に存在しますし、土壌微生物の一群を担いますから、培養土に配合された腐葉土に繁殖するのは当然ですし、有害なものと決めつけるべきではありません。カビが生えるのは土にとっては健全な証しともいえるのです。殺菌剤は活動している菌には有効かもしれませんが、その子実体である胞子は熱にも薬品にも強いのが通例です。そこで、対策ですがカビの栄養になる枯れた古い葉をこまめに取り除き、培養土の表面にパーライトなどを敷き詰めて目立たないようにしてはいかがでしょう。
アブラムシの駆除ですが、株元に撒く浸透移行性の粒剤が良いと思います。樹液を吸って死滅します。しかし根本的には、蟻を駆除する必要があります。アブラムシは蟻の力を借りて移動するからです。その方法ですが、プランターや鉢ならばそのまま水に浸績する方法(半日ぐらい)がありますが、蟻を殺す訳ではありませんので室内では難しいかもしれません。もっとも一般的に使われるのは、蟻が餌として食べたり巣に持ち込んで幼虫に与えたりするタイプの薬剤が売られています。巣穴のそばに置いていくタイプです。(商品名:アリメツなど)。最後になりますが、薬品の混合については説明書を参照するしかないのは、pankonyanさんの通りです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!全部が全部有害なカビとは限らないということですね!!確かに葉や茎は特に変わりないようでしたし…。
tanigawa9さんのカビ対策は大変勉強になりました!カビについてもとても良く解りましたし、表面にパーライトを敷き詰める方法は始めて知りました。
アブラムシについても…そうなんです。いつもは発生してから殺虫剤を撒いていたのですが、アブラムシってちょっと見逃すとあっという間にびっしり!!これを防ぐにはやはり予防的に固形剤を撒いておいた方が良さそうですね。
大変参考になりました!ありがとうございました!!

お礼日時:2001/03/01 17:43

混合殺虫・殺菌剤とカビ用の殺菌剤を混合してよいかどうかはわかりませんが、たいていの薬剤には混合してはいけない薬品等の使用規定が書いてあると思います。


アブラムシは暖かくなってくると発生しやすいです。予防はやはりこまめな手入れと密植を避けることでしょうね。
薬に頼っても株がムレていれば原因を改善しない限りまた虫は発生します。どうしても沢山植えたい場合は、多少枝をすかしてあげるとか...でしょうか。
株間は本によっては、65cmプランターに3株、それ以上は植えないなどと書いてあるものもあるようです。2列8株植えると豪華...という人もいて、株間は人によってマチマチですが、株のためにはかなり余裕をもった方がムレないです。
カビがはえるのは湿気が多いためと思います。土は水はけのよいものを使用しているのでしょうか?
水のやり過ぎか、土が古くなって水はけが悪くなってきているのか、単純に天候のせいなのか、判断できませんが、古い残土を再利用されている場合は、雑菌が繁殖していたり、前の植物の病原菌が残っていたりする場合もあるようです。残土を利用する場合は日光消毒して腐葉土などを足してあげるとよくなります。
水やりが原因の場合は、葉っぱが少ししおれるくらいまで水やりを我慢するとより丈夫に育ちます。
アブラムシはある程度自然現象でしょうがない...といえると思いますが、ムレと過湿は、株間と水やりと土、あとは日頃のお手入れで回避できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいアドバイスありがとうございました!!
手持ちの薬剤には混合についての規定が何もなかったので、ちょっと怖かったのでお聞きした次第です。
その後、カビの生えた枯葉を取り除き、取りあえず手持ちの薬剤を散布したところ、今現在カビは消えているように見えます。ありがとうございました!!
やっぱり、日頃のお手入れですよね。気をつけているつもりなのですがなかなか…。雑誌に載っているような、こんもりボリュームのあるハンギングは相当難しいですね!

お礼日時:2001/03/01 17:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパンジーの育て方

最近、パンジーの苗(花が咲いているもの)を購入しました。
購入する時に売り場の人から、植え付けして1週間くらいして根がついたら花を茎から全て切り取ると、来年の春にはたくさんの綺麗な花が咲きます。と教えてもらいました。でも、その後にネットでパンジー栽培方を検索しても、咲いている綺麗な花を切るとは載っていなかったので
花を切ることに躊躇しています。
パンジーの育て方、ご存知の方どうか教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは!
毎年,パンジーを植えている者です。
この時期のパンジー上のコツはただ1つです。
寒くなってくる時期なので,本格的に寒くなる前に完全に根付かせて,根を充分に張らせることです。そうすれば,雪が降っても,氷点下の温度になっても大丈夫です。あとはときどき水を与えれば,来年の6月ころまで楽しめます。春になると大きくなるので,植えるときは,その大きくなる分を計算して,株と株の間隔を充分空けておいたほうが良いです。
それから有機肥料とか売ってますが,お金がかからない方法で効果が充分あるのは,魚を食べたあとに,魚と頭とかを根の近くに埋めておくと良い肥料になりますよ。根に直接付けないのがコツです。
ですから,花を切るのは関係ないと思います。

Qオルトラン 水和剤の代わり

いつもオルトラン 水和剤を散布しているのですが、同じ薬剤ばかりだと効き目が悪くなると聞いたのですが、代わりに何を使えばいいでしょうか?

キャベツやブロッコリーのアオムシやミカン、いちじくなどに使っています。

Aベストアンサー

このような場合に、代品を探す方法ですが。
1.そこそこお金を払ってもいい時は、
 本で出版社:農山漁村文化協会(農文協)関係
 A-1.作物別 適用農薬便覧1 食用作物編
  http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_4540061836/
 A-2.作物別 適用農薬便覧2 野菜編
  http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_4540061844/
 B.農薬便覧 第10版 CD-ROM付
  http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_4540032585/?ctid=01111303
 同じく本で出版社:全国農薬協同組合
 C.農薬安全適正使用ガイドブック
  http://www.znouyaku.or.jp/info/guide.html

2.1に挙げた本を地元図書館で探す。

3.地元の旧農業改良普及所・・現在の名称は農業改良普及センターなどですの探して聞いてみる。

4.Webで探す。
  今回はオルトランですからまずそれを探す。
  GreenJAPAN:http://www.greenjapan.co.jp/greenjapan.htm
  農薬メーカーが共同で管理しているサイトです。

  この中のオルトラン水和剤
  http://www.greenjapan.co.jp/orutoran_s.htm
  そこで代品を探すには日本の南北や都道府県で推奨農薬が違いますが、
  キーワード:都道府県に 防除指針、防除基準などを加えて検索します。
  その結果のリンク集
  http://wiki.tenteki.org/index.php?%A5%EA%A5%F3%A5%AF%2F%C5%D4%C6%BB%C9%DC%B8%A9%CB%C9%BD%FC%B4%F0%BD%E0
  *注意*どのサイトもPdfファイルやエクセルなどのアプリケーションで表示されます。

  例えば高知県
  http://www.nogyo.tosa.pref.kochi.lg.jp/byoki/boujosho/boujosisin/index.htm

  これで表示される代品を再検索してみてください。

  もしくは、作物名 害虫名 防除基準 OR 防除指針
  または、作物名 害虫名 回 などで農薬名がほぼ表示されます。
  「回」を入れるのは、使用回数の制限が必ずあるので。

このような場合に、代品を探す方法ですが。
1.そこそこお金を払ってもいい時は、
 本で出版社:農山漁村文化協会(農文協)関係
 A-1.作物別 適用農薬便覧1 食用作物編
  http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_4540061836/
 A-2.作物別 適用農薬便覧2 野菜編
  http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_4540061844/
 B.農薬便覧 第10版 CD-ROM付
  http://shop.ruralnet.or.jp/b_no=01_4540032585/?ctid=01111303
 同じく本で出版社:全国農薬協同組合
 C.農薬安全適正使用ガイドブック...続きを読む

Qパンジーの育て方

パンジーを花壇で育てています。(初めてです。)パンジーは一般的に寒さに強いと思うのですが、夏場はどう育てればよいのでしょうか?夏の暑さにはやはり弱いでしょうか。経験のある方教えていただければと思います。

Aベストアンサー

パンジーとビオラは、花の少ない冬場に目を楽しませてくれるお花ですよね。

私も大好きで、だいたい年末くらいに買って植え、5月あたりまで楽しんでいます。
冬は凍り付いても大丈夫な、強い花ですよね。
春になるとどんどん株が大きくなり、花の盛りを迎えますが、その後は茎が徒長して、雨が降るとペターッと真ん中が倒れて穴が開いたかのようになってきます。
残念ながら、そうなったら初夏から秋に向けて楽しめるお花に交代しています。
ビオラはたまに、こぼれ種から芽が出て、翌年も楽しめたりします。

我が家では、日当たりの良い場所は、そろそろ徒長してきました。
それに伴って、こぼれ種から出てきたワスレナグサやノースポールが大きくなってきていますし、ミリオンベル、サフィニア、マリーゴールドなど、このあと楽しめる花の苗が出始めていて、少しずつ買ってきています。

苗を買われた時期が遅かったり、日当たりによっては、初夏まできれいな姿を保てるみたいです。

Q牡丹の殺菌・殺虫

牡丹の殺菌・殺虫剤は何を使うといいですか?
予防として使えるものを教えてください。
また、どれくらいの頻度で散布したらよいのでしょうか?
回答お願いします。

Aベストアンサー

ボタンはキンポウゲ科の落葉低木ですが、発生する病気としては炭疽病
(たんそびょう)や褐斑病(かっぱんびょう)などが主ですが、他にも
発生する病気がありますから、それらの病気に有効でボタンに作物登録
がされている殺菌剤なら使用する事が出来ます。
炭疽病は糸状菌と言うカビの一種で、菌の胞子が飛散して広がる病気で
すから、これらが発生した植物は放置しないで可燃ゴミの袋に入れて口
を固く縛って指定日に出して下さい。ボタンの周辺に炭疽病が発病して
居ない事を確認する事が予防になります。
褐斑病も糸状菌と言うカビの一種で、雨が多くて高温になると発生しや
すくなります。処分に関しては炭疽病と同じで、やはり胞子を飛散させ
ない工夫が必要です。

確かに予防策として薬剤散布は必要ですが、だからと言って薬剤を頻繁
に使用するのは避けるべきです。ボタンに適した環境にする事も予防策
になりますから、なるべく薬剤を使用しないで済む事を考えられた方が
いいと思います。書店に行けば病害虫の本が販売されているので、一家
に1冊はあった方が便利ですから、購入されるようにして下さい。そし
て良く読まれて下さい。困ったら人に聞けば良いと考えないで、多少は
自分で勉強しないと栽培に苦労をしますよ。

ボタンはキンポウゲ科の落葉低木ですが、発生する病気としては炭疽病
(たんそびょう)や褐斑病(かっぱんびょう)などが主ですが、他にも
発生する病気がありますから、それらの病気に有効でボタンに作物登録
がされている殺菌剤なら使用する事が出来ます。
炭疽病は糸状菌と言うカビの一種で、菌の胞子が飛散して広がる病気で
すから、これらが発生した植物は放置しないで可燃ゴミの袋に入れて口
を固く縛って指定日に出して下さい。ボタンの周辺に炭疽病が発病して
居ない事を確認する事が予防になりま...続きを読む

Qサイネリアの育て方

こんにちは。サイネリアを育てるのですが、サイネリアの育て方がわかりません。育て方や育てるコツを教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

サイネリア(シネラリア)の育て方については下記サイトに詳しく載っていますのでご覧下さい。

参考URL:http://www42.tok2.com/home/kengei/shi_00011g.htm

Qオルトラン粒剤とベニカXスプレー

花壇に植えてあるパンジーにアブラムシがたくさんついてしまいました。

殺虫剤を購入しようと思っているのですが、いろいろ調べたところ、オルトラン粒剤か、ベニカXスプレーというのが良さそうだなと思っているのですが、どちらにしようか迷っています。

オルトラン粒剤の方が、長く使えそうに感じますが、ベニカXスプレーの方が、即効性があるような気がします。
ただ、ベニカXスプレーの注意事項に
「作業中や散布当日は、散布区域に小児やペットが立ち入らないように配慮して下さい。」と書いてあり、花壇が玄関のすぐ脇にあって、3歳の子供がいるので、大丈夫なのかと考えています。
花壇の大きさは、幅3m、奥行き70cmの小さなものなので、「散布区域に立ち入る」訳ではないのですが、すぐ横を通ります。
作業自体は、子供が幼稚園に行っている間にしてしまおうと考えています。

オルトラン粒剤ですと、スプレーなどと比べて効果が現れるのにどの位違いがあるのかも教えてください。

実際にお使いになったことのある方からアドバイスをいただけたらと思うのですが、どうぞ宜しくお願い致します。

花壇に植えてあるパンジーにアブラムシがたくさんついてしまいました。

殺虫剤を購入しようと思っているのですが、いろいろ調べたところ、オルトラン粒剤か、ベニカXスプレーというのが良さそうだなと思っているのですが、どちらにしようか迷っています。

オルトラン粒剤の方が、長く使えそうに感じますが、ベニカXスプレーの方が、即効性があるような気がします。
ただ、ベニカXスプレーの注意事項に
「作業中や散布当日は、散布区域に小児やペットが立ち入らないように配慮して下さい。」と書いてあり、...続きを読む

Aベストアンサー

パンジーの花は脱色しやすいので、水滴などが付くと日光に焼けて斑点が付く事があります。多分水遣りの際に水がかかったか、雨でぬれたせいではないでしょうか。水遣りをするときは根元にだけ潅水して、出来るだけ花に水滴が付かないようにしてください。
灰色カビ病は風通しが悪かったり、湿度が長い状態が長く続くと発生する事があります。予防のために花ガラはこまめに摘み取り、葉にも斑点が付き始めたら注意してください。

ベニカXが灰色カビに効くかどうかはよく分かりません。

芽が小さい頃にアブラムシに吸汁されると蕾が傷ついてちゃんと開かない事がありますが、開いた花そのものにアブラムシが付く事はあまりないと思います。

Qトリカブトの育て方

山登りに行った時に、トリカブトを見ました。
とても美しく綺麗だったので、育ててみたくなり
トリカブトの種子を購入しました。

購入したのはいいのですが、肝心な育て方がわかりません。
ネットで検索したり、お花に詳しいお友達に聞いたりしても
種子からの育て方がわからないのです。

トリカブト自体を育てるのは始めてなので
詳しい育て方が知りたいと思っています。

トリカブトの育て方に詳しい方がおりましたら
よろしくご回答お願い致します。

Aベストアンサー

育てたことはありませんが手元にある「山野草の育て方&楽しみ方事典」によれば、
・種まきは2月から3月初旬、半日陰で
・用土は赤玉土4に軽石4、腐葉土2を混ぜる
・鉢は中鉢の4-6号
・水やりは芽出しの頃は多めに
・水を好むので夏は腰水で育てる
・置き場所は芽出しから休眠までは木漏れ陽が当たる半日陰
・増殖は活発で3月中旬から4月中旬に塊根を分けて殖やす
・肥料は3月中旬から4月中旬に有機性の固形肥料を与える
・根は猛毒なので手袋をはめ、作業後すぐに手を洗う
・1-2年ごとに植え替える
・露地栽培するなら半日陰で、身近への植栽は避ける
・12月下旬から2月までは休眠する
・休眠期にも土が乾いていたら水は忘れずに与える

育て方はやさしいそうです。

Q植物の殺菌・殺虫についてですが、乳剤・液剤など色んなものがありますが、

植物の殺菌・殺虫についてですが、乳剤・液剤など色んなものがありますが、どれくらいの期間をあけてすればいいのでしょうか?
1ヶ月に1回でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

植物名や病害虫名が書かれていませんが、その点は大丈夫なのですね。

どんな薬剤でも同じですが、1ヶ月1回で効果が出る物はありません。
基本的には1週間置きに2~3回で使用します。また散布時期も決めら
れているので、薬剤の容器に貼られているラベルを剥がして書かれてい
る事を良く読まれて使用して下さい。

Qプレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始め

プレゼントで頂いた観葉植物が枯れてしまいそうです。頂いたものなので名前と育て方が分からず葉が落ち始めています。この植物の育て方と名前をご存知の方、助言ください。

Aベストアンサー

サンスベリアの仲間だと思います。結論から言うと枯れる心配はないと思います。

枯れ落ちた葉は葉っぱの新陳代謝で落ちただけで、言うならば葉の寿命を全うしただけです。観葉植物は大きく成長するために古い葉を落として新しい葉を生やします。最近暖かくなってきたので、新しい葉を生やすために古い葉を落とし始めたのだと思いますよ。
写真に写ってる他の葉は元気に見えますので、木の本体はまだまだ元気だと思われます。

育て方ですが、原産地が乾燥地帯なので乾燥に強い種です。寒い時期は水を全くやらなくても良いくらいです。これからの時期は、土の表面が乾いたらたっぷりと水をやり、土が乾くまでは何日も放置でOKです。枯らしてしまう最も多いパターンは水のやり過ぎによる根腐れですので、毎日水をやる必要は全然ありません。窓際に置かれてるようですので日当たりは十分だと思います。

サンスベリアの育て方:
http://sodatekata.net/flowers/page/150.html

Q芝生の根元の枯れ

ガーデニング初心者です。よろしくお願いします。今年の春より、庭の芝生(高麗芝)に挑戦しています。草丈が高くなり、先月より芝刈りを試みた(高さ35ミリ)のですが、刈った後が一部茶色になります。他の刈っていないところの芝を見ると、どうも陽の当たらない根元の葉が枯れているようで、刈った後が茶色に見えているのも、枯れた葉が原因のようです。また、根元の部分は蒸れている感じがあります。このような状態から、高さ20ミリほどの緑の芝生にすることは可能でしょうか?また、可能ならばどのようにすればいいのでしょうか?ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

補足に関して回答します。
急に刈り過ぎて日が当らない部分がでてきて、薄い茶色になってしまったら、その直前までの長さでその1年は刈り込んでいました。
そうすれば、とりあえずは緑色の芝生は保てましたから。。。。
今年は根元まで刈り込んでも一面緑色です。理由は春先に緑化する前にギリギリまで刈り込み、目土で覆いました。すると、その部分から緑化が始まったので、今年はきれいな芝生になりました。維持していく上で、こまめな刈り込みは必要かと思ってます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報