平面波の波動方程式と無損失伝送線路の式は似ているらしいのですがどういう点が似ているのですか。

A 回答 (2件)

伝送路の方程式も電磁場の伝搬と考えれば波動方程式で考えれば良いので同じになると思います(電流があっても抵抗が生じないので、電磁場だけで記述できると思います)。

方程式としては、局所的な電圧の変化が容量を通して電流の流れを作りインダクタンスにより磁場をつくり、局所的な磁場の変化がインダクタンスにより電場をつくることから、時間変化の一階微分がある広がりに電位差、磁場の差を発生させるという連立方程式を立てれば良いのではないでしょうか?
解の形としてもtntさんがいっているように実質的に1次元的伝搬しているところが似ていると思います。平面波の場合は伝搬方向に垂直な波面が無限に広がっているので1次元だけ問題にすればよく、伝送路は伝送路にそって電磁界が束縛されているので1次元だけの問題になるということだと思います。
    • good
    • 0

似ているといえば似ているかな という感じです.



どこがと訊かれると、
基準点からの位相と時間を使った三角関数に
振幅を乗じたもので表現されている
ぐらいのところでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報