私は大勢の人が見ている前で何か作業をするとすごく緊張してしまい、顔が赤くなって普段なら出来ている作業が上手く出来なくなったりする事があったりするので過度のあがり症なのですが。。。
あがり症を治す良い方法を教えて下さい。><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私も、どちらかと言えばあがり症だと思うんですが・・・。



私自身も色々とアドバイスを受けたり、本を読んで、試しても意識すればするほどひどくなったように思います。
結局は、その場面そのケースに身を晒す自分自身がどう意識し緊張するかの問題であり、治すのは自己流の方策を厳しいけれども編み出し実践するしか根本解決は無く、上がるのも緊張するのも、上がった内容も含め、それらの現象・影響・結果は、すべて自意識と自己責任の領域、そのままの自分を受け入れることだと開き直るのが克服への第一歩だったと思います。
             ↓
私の場合のあがり症の解決?克服?方法は・・・
◇思い切って、あがる場所・機会に挑戦する。
(逆療法・習うより慣れ)

◇自分&実力以上には出来ないのだから、それなりの自分を出せれば良い。
(自分に優しく)

◇大勢の人でも少数でも、自分と相手に差はない!
 俺も知らない下手だが、相手も同じ!
(潜在的な自己中心・自己満足で己を鼓舞する)

◇あがってるのは、あがりの程度も含め自分しか分らない!
 その対策も結果も、結局は自己責任である!
(開き直り・素直な自己表現)

◇あがるのはプライド・コンプレックス・準備不足と戒め、自己啓発人間成長へのチャンスと考え、今、持てる力で試そう!
(プラス思考・自分は自分の謙虚さと矜持)

最後に、「一期一会」、「我以外みな師なり」、「人生全てが己を磨く修行」と3回唱え、今、主役は俺だ!今の緊張は自分以外には分らないし、誰も代わったり助けてはくれない→と、開き直って、目標への挑戦の意思を強く持ち、事に全力で臨む。
    • good
    • 0

 大勢の人の前で何かのスピーチをするとか、何かのパフォーマンスをすることを日々の本業(生活の糧を得る職業)にしてみてください。

やがて慣れてしまい、あがることなどなくなります。
 私はそれを職業として、大勢の人を相手に仕事をするのがふつうになってしまいました。演台上でスピーチしても、大勢の人の一人ひとりの表情や反応をよく観察できるまでになりましたよ。むしろ大勢いないとやる気が出なくなっています。
    • good
    • 0

心療内科等で症状を伝えて、少し安定作用のある薬を処方してもらうとかね。

薬そのものの効果もそうですが、そういうものを飲んでいるんだから前よりは大丈夫だという気持ちの持ち方、自己暗示によっても全然変わってきますから。ただ魔法のように急には良くなりませんからね。
貴方の受け止め方や心理的な要素も絡む部分ですから☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/28 15:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング