私は今遺伝学を勉強しているのですが、癌発生過程で出現する染色体変化の役割について、わたしのもっている本では答えがでてこなかったので、どなたかおしえていただけませんか?

A 回答 (3件)

「癌発生過程で出現する染色体変化の役割」との表現の中で、「役割」の意味をもう少し補足してください。


「染色体変化(異常)」⇒「?」⇒「?」⇒「癌発生」
    • good
    • 0

先にいっときます、いつものトンチンカンだったら・・・・とおもいつつこんなのもありましたけど、ぜんぜんおかどちがいのサイト紹介をしてしまっていたらごめんなさい。



『細胞と染色体』と検索かけてみて下さい。
http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/NA_1. …

参考URL:http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/NA_1. …
    • good
    • 0

教えるというほどのものではありませんが、URLはご参考になりますでしょうか?↓



参考URL:http://mcai.med.hiroshima-u.ac.jp/med/med/kiso/i …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q癌の発生率(日本とアメリカ)

先ほど、某番組で癌の発生率は、
アメリカより日本のほうが4倍も多いという結果が
出ていました。
それはどうしてなんでしょうか・・?

Aベストアンサー

全ての臓器の癌死を合わせると 各種統計では日米ともそう変わりないです。
ただ胃癌だけは日本が突出しておおく、これはピロリ菌の蔓延の仕業です。

参考URL:http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2100.html

Q末期癌の過ごし方。抗癌剤は嫌っ!!

73歳の母が喉頭癌になり、末期と診断されました。
診断されて入院。点滴や、抗癌剤。また、数年前に子宮癌を
患い、その後遺症で尿もれの為にオムツを使用したり、管を通しての
排泄を行っている状態です。
また、足にリンパ液がたまり、足がパンパンに腫れる子宮癌手術の後遺症もあります。
そんな状態で喉頭癌を患い、末期の状態。本人も悟っている状態で、現実として、生きていても楽しみや望みより、苦しみの方が多い状態です。本人も延命治療は元気な時から望んでいませんでした。現在も同じです。なので、抗癌剤の使用をはじめ、出来る限り治療の一切を遮断したい考えのようです。私も、本人や連れ合いの父も同じで抗癌剤での苦しい治療や延命は望んでいません。
しかし、その旨を入院先に話したところ「だったら転院してほしい」旨の説得をされたそうです。
しかし、目的は、治療しない。のでは無く「苦しまない為の治療や状況」は必要なのです。実際に今後の治療について医者と話をした父曰く、病院側としては「治療しないのなら転院して欲しい」という感じだった。という事です。
癌を治す為の治療。では無く、癌で苦しまないように。なるべく抗癌剤で苦しまない治療。そんな方法は無いのでしょうか?
年齢も年齢。本人も納得した人生。残された時間を少しでも安らかに過ごさせてやりたいのですが、アドバイスがあれば教えてください。
本当は家庭がいいのかも知れませんが、それも本人にとっては不便で、結果的に苦痛になるようです。

73歳の母が喉頭癌になり、末期と診断されました。
診断されて入院。点滴や、抗癌剤。また、数年前に子宮癌を
患い、その後遺症で尿もれの為にオムツを使用したり、管を通しての
排泄を行っている状態です。
また、足にリンパ液がたまり、足がパンパンに腫れる子宮癌手術の後遺症もあります。
そんな状態で喉頭癌を患い、末期の状態。本人も悟っている状態で、現実として、生きていても楽しみや望みより、苦しみの方が多い状態です。本人も延命治療は元気な時から望んでいませんでした。現在も同じです。なの...続きを読む

Aベストアンサー

9年間特殊な末期がんと闘い52歳の父を亡くした者です。
父は私が高校2年生の時に末期がんになりました9年間告知は家族がすることを望まず知らずに逝きました。
私の父は抗がん剤さえも使えない症例でした、ゆっくりと進行をしていったので付き添う家族も病みました。
数年間大学病院の方にお世話になりましたが、国の医療体制変更で私立病院に転院そこでホスピス病院を紹介をしてもらいそこで静かに(本人は平熱35度が41度で苦しんでましたが)脳死に近い状態で息を引き取りました。
一度目の転院のときは本人納得の上、2度目の転院は本人わかってませんでした。
今の病院側が転院を強要するのであればホスピス病棟などを備えたところに入れるように希望を出すことをお勧めします。

父のホスピス転院は退院=死去を殆どの場合は意味しますが、看護士さんもお医者さんも他の方も親切で付き添いの連泊も可能でした。

Qグラム染色について

学習中の素人です。
細菌の染色法でグラム染色についてお伺い致します。
グラム陽性とはグラム染色法で染まるもの、グラム陰性は染まらないものと非常に漠然とした説明がありました。グラム染色法に向かない菌類、原虫を染色した場合に呈される色がアルコール脱色後、サフラニンによって淡紅色を示さないか、反応しない場合も”グラム陰性”という分類になるのでしょうか?
例えば、原虫でマラリア、トリコモナス等、ギムザや新鮮標本を用いることが基本の検査方法である場合
グラム染色法での結果はどう解釈されているのですか?

Aベストアンサー

グラム陽性はクリスタルバイオレットで紫色に染まり、純エタノールで脱色されない菌、グラム陰性は純エタで脱色されサフラニンで赤色に染まる菌です。これはあくまでも細菌を分別するための染色法で、原虫、真菌などには あてはまりません。
質問に書かれていらっしゃる通り、マラリアなどの原虫にはギムザ染色を行ない、検出いたします。

Q染色体 突然変異

今現在、染色体異常があるとします。半年~一年前は正常でした。正常のときの髪の毛が一本あります。ここからなにかして、染色体異常をなおすことはできませんか?もしもこのような突然変異がおこったらの話です。可能な方法を教えてください!宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ありません。

Q看護過程・看護診断について、教えてください

看護過程を考えるには、看護診断有りきといわれる(上司に)のですが、職場自体、過去に看護過程の考え方を何度も変更し、最近はNANDAの看護診断を使用しています。しかし看護診断を解説している書は色々とあり、解釈も微妙に違ってきます。勉強をしていても、何が正しいのか、わからなくなってきます。私の病院でも、そんなに看護診断に精通している人もなくっていうか、いないような・・自分が立案した看護診断自体正しいのかって思うのです。NANDA自体アメリカに日本の偉い先生が学んできた受け売りでしょ・・世界的に認められているのは解りますが・・そこに日本の国民性はあるのかな・・・とか。そもそも看護協会は何をもって、看護過程を考えさせようとしているのか?看護過程って看護の基本ですよね、なのに、協会の見解もよくわからない・・・看護協会って看護師の中心ではないのですか?私たちが揺るがないように、基礎を作る気はあるのでしょうか???医療の場でDPCが始まり、看護における、看護必要度も診療報酬の加算評価をって考えているみたいですが、看護過程の基礎すら、病院によって違い、こんな状態で、そんな診療報酬の改定がされても、結局忙しいから加算という結果(ハイケアユニットの重症加算)になってしっかり評価もしてもらえないでしょ・・ましてや、学生や新人教育すら、自身がもてません・・・色々の???が有るので支離滅裂になってしまいましたが、部分的にでもいいので、どなたか私の?を減らしてください

看護過程を考えるには、看護診断有りきといわれる(上司に)のですが、職場自体、過去に看護過程の考え方を何度も変更し、最近はNANDAの看護診断を使用しています。しかし看護診断を解説している書は色々とあり、解釈も微妙に違ってきます。勉強をしていても、何が正しいのか、わからなくなってきます。私の病院でも、そんなに看護診断に精通している人もなくっていうか、いないような・・自分が立案した看護診断自体正しいのかって思うのです。NANDA自体アメリカに日本の偉い先生が学んできた受け売りでしょ・・...続きを読む

Aベストアンサー

現場の悩みはいつも深刻で、かつ、次なるステップのヒントですね。看護職ではないのですが一言。看護診断は、我々医師の診断のように、検査結果や診断基準により確定されるものではないのでしょう。それゆえ未だ学問体系としても模索状態なのが現状ではないのでしょうか?しかも、模索する努力を、個々の患者さん、個々のケースごとに深め実践していくということが求められるのだろうと想像します。医療の世界は、現状では様々な制約が強められ、トップダウンで標準化、パス化、基準化が進められようとしています。看護職は、日本ではそうした病院の方針に最も左右され、現場は右往左往される職種であるのも事実でしょう。しかし、大きな視点にたてば、日本の看護が歴史的に変化の兆しを見せてきているのは、まさにここ数年なのではないでしょうか?私はそう思っています。看護協会(医師会も同じ)に期待をかけるのは楽観的過ぎますが、医療の公開がこれほど進みつつある状況は初めてでしょう。若い世代は、こうした状況を水として泳ぎ始めます。私たちの世代は、これからの世代が突き抜けていく新しい時代、新しい価値観、新しい方法論などの土台となる、今日までの到達点と宿題を、情熱を持って伝えていくことだと思います。あなたのその憤り、苛立ちを、若い世代と(できれば理解ある上司とも)共有することが大切だと思います。やってられない、とあなたが思い続けている医療の現場でも、患者さんは自分の命を託し、信頼を探し、安心を求めているのです。私も一人の医療人として、様々な矛盾を感じ、憤りも感じますが、新しい若い世代の胎動を、もっと感じることではないでしょうか?実感しにくい現実もあるとは思いますが。

現場の悩みはいつも深刻で、かつ、次なるステップのヒントですね。看護職ではないのですが一言。看護診断は、我々医師の診断のように、検査結果や診断基準により確定されるものではないのでしょう。それゆえ未だ学問体系としても模索状態なのが現状ではないのでしょうか?しかも、模索する努力を、個々の患者さん、個々のケースごとに深め実践していくということが求められるのだろうと想像します。医療の世界は、現状では様々な制約が強められ、トップダウンで標準化、パス化、基準化が進められようとしています...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報