私は若くして卵巣がんになり、両卵巣、子宮を摘出しました。
そのため、20代にして更年期障害による精神不安定、将来的には骨粗鬆症や動脈硬化を引き起こす可能性があります。

この治療法としてホルモン補充療法がありますが、病理上、私はその治療を受けることが禁忌とされてしまい、できません。

少しでも若々しく、健康にいたいし、気休めで大豆食品をたくさん摂るようにしています。

そこで質問ですが、卵巣から出るホルモンを100%補うにはどういうサプリや食品が効果的で、その場合どの程度の割合まで補えるのでしょうか。
できれば数字的なことが知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

知り合いの豆腐屋の女将が云っていました。

「若いころから毎日、朝・昼・晩と豆乳と湯葉を食べてきたお陰で(か?)、更年期障害は70歳になる今でも一度も経験していませんよ~」・・って。大豆イソフラボンを食べるのは大切かも知れません。

>(女性ホルモンが激減し)将来的には骨粗鬆症や動脈硬化を引き起こす可能性
・・とのことですが、子宮・卵巣摘出=将来的な骨粗鬆症・動脈硬化の原因ではありません。

骨粗鬆症は、骨の器質であるタンパクの欠乏と、カルシウム(Ca)の摂取不足が長年続くと発症するものです。
カルシウム不足になった時、甲状腺から骨吸収(骨Caを抜くこと)させ、Caが血中に満ち足りると、卵巣から出る女性ホルモンが副甲状腺に働いて骨吸収を止めます。
つまり、閉経で女性ホルモンが出なくなり、Caを食べ足りない場合には骨吸収が止め処もなく続くことになるのですから、しっかりCaを食べ続ければ良いのです。

世界一のカルシウム学者と云われる藤田拓男先生は、更年期以降の女性は1500mg/日のCaを食べた方が良い、と云っています。

そしてタンパク質は、毎日、体重1Kg当り1.1g以上は食べる必要があります。体重50Kgの人は毎日55gのタンパク質を食べる必要があります。

動脈硬化については、LDL-コレステロールを酸化させないこと。LDLが血管内皮を通過するたびに活性酸素が発生して、血管壁を傷つけ、血小板細胞が凝集して傷を塞ぐメカニズムがあります。
この血小板凝集を、白血球のマクロファージが異物として認識して、食べ尽くします。その結果、泡沫細胞となって血管壁を肥厚させるのが、アテローム性動脈硬化症です。
と云うことは、LDLが血管内皮を通過した時に生まれる活性酸素を消去してあげれば、血管壁に傷を作らず、血小板凝集も起こり難い為にアテローム性動脈硬化は防げます。ビタミンEと魚油のEPAは大切です。

Ca不足になった時、骨吸収された高濃度のCaは柔らかい組織や血管壁に沈着します。その為に尿管結石やCa沈着型の動脈硬化症を引き起こしますので、やっぱりCaはたくさん摂る必要があります。

女性ホルモンが少なくなったからと云って、必ず懸念されている病気になるわけではないのです。藤田拓男先生の「カルシウムの脅威」と云う本には、その辺りのこと、しっかり書かれていますので是非お読みになって下さい。
知識が安心を生み、安心がストレスを減らします。先の長い人生を、不安なく過ごされることをお祈りします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどですね。
>知識が安心を生み、安心がストレスを減らします。
確かにそうですね。いいのか悪いのか20代での更年期障害です。今からでのCaたくさん意識して摂り、健康でいられるよう頑張ります。

お礼日時:2008/10/31 11:38

大豆イソフラボンは、女性ホルモン作用(エストロゲン作用)があり、安全性を考慮して大豆イソフラボン(アグリコンとして)30 mg/日が健康食品やサプリメントの上限量と決められています。



大豆イソフラボンは、乳がんや前立腺がんを予防する報告もありますが、がん発症、再発の可能性もあり、安全性も不明です。
乳がん、子宮がん、卵巣がんなどホルモン感受性のがんのリスクがある人はサプリメントなどの濃縮されたものの摂取は控えるべきという見地です。また更年期の不定愁訴への効果についても有効性は不明です。

独立行政法人 国立健康・栄養研究所 http://hfnet.nih.go.jp/
が提供する健康食品の素材としてのデータベースです。
現時点の有効性、安全性が公開されています。
「すべての情報を表示」をクリックすると全文が読めます。
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail832lite.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

かなり詳細なデータですね!
ありがとうございます。
とても参考になりました。

お礼日時:2008/10/29 10:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薬品扱いの経腸栄養剤と食品扱いの経腸栄養剤。 どういう基準で薬品扱いら食品扱いに振り分けられるのです

薬品扱いの経腸栄養剤と食品扱いの経腸栄養剤。
どういう基準で薬品扱いら食品扱いに振り分けられるのですか?

Aベストアンサー

ざっくりと言って、
きちんと効果が認められ、重篤な副作用が起こらないことが分かっているもので、法律による管理を必要とするもの→医薬品
きちんとした効果があるかどうか、副作用が起こるかどうかが確かめられてもおらず、禁止もされていないもの→食品

Q乳癌再発・圧迫骨折で骨粗鬆症と診断されています。

現在64歳です。昨年の7月に再発した乳癌の治療は終了していますが、腰椎5ケ所骨折の為、骨粗鬆症のプラリア注射・カルシウム剤の服用をしています。乳がん患者には牛乳は飲まない方が良いと言う本を読んで、数年間は飲んでいませんでした。豆乳ヨーグルトを食べるなど気を使っていましたが、最近また骨の為に牛乳を飲んだ方が良いのではと思う様になっています。乳癌を経験した方・医療関係者の方情報があれば教えてください。

Aベストアンサー

乳がんは骨に転移する可能性も大きいです。
骨に転移した場合、骨が新たに出来る部分が癌に成る可能性が大きいので、積極的な骨の入れ替わりを制限する事が有ります。
お医者様と相談の上、プラリア注射やゾメタなどの点滴を受けながら、経過観察をしてください。
素人判断での治療や食品摂取はあまりお勧めできません。

Qフルーツは、アルカリ食品にあげるのを、除き酸化とありますが、ブドウも、アルカリ性食品では、ないんです

フルーツは、アルカリ食品にあげるのを、除き酸化とありますが、ブドウも、アルカリ性食品では、ないんですか?

Aベストアンサー

>ブドウも、アルカリ性食品では、ないんですか?

その昔、酸性食品・アルカリ性食品という区分けが使われましたが、その意味でブドウはアルカリ性食品です。
この酸性食品かアルカリ性食品かの区別は含有されるミネラルバランスで決まります。
野菜、果物はアルカリ性ミネラルが多いのでアルカリ性食品。肉、魚、玉子、穀物などは酸性ミネラルが多いので酸性食品と言われます。

>フルーツは、アルカリ食品にあげるのを、除き酸化とありますが、・・・

この文章の意味が良くわかりませんが、私なりに解釈して回答します。
よく「食品が酸化する」とか加工食品に「酸化防止剤」が使われていたりしますがこの「酸化」の酸は酸素の酸の意味です。
食品成分が酸素と化合して風味が変わったり、有害な物質になるような状態を「食品が酸化した」と言います。
因みに、アルカリ性食品も酸素と化合して酸化しますが、酸化してもアルカリ性食品であることには変わりありません。
つまりアルカリ性食品が酸性食品にに変わるという意味ではありません。
従って酸性食品だって酸素と化合すれば酸化します。

ミネラルは元素ですので、酸性食品・アルカリ性食品は煮ても焼いても、あるいは腐っても、
酸性食品・アルカリ性食品に変化はありません。(腐ったら食品とは言わないかもしれませんが)

なお余計なことかもしれませんが、肉、野菜、穀物、魚、玉子などまんべんなく食べていれば、酸性食品かアルカリ性食品かを
心配する必要はありません。人間は大体酸性に傾いた食事を好む傾向にあり、仮にそうであったとしても
酸性ミネラルは尿や汗で体外に排泄され、体液は常に弱アルカリ性に保たれるようになっています。
酸性食品・アルカリ性食品ということが最近言われなくなったのはそんな理由があるからです。

>ブドウも、アルカリ性食品では、ないんですか?

その昔、酸性食品・アルカリ性食品という区分けが使われましたが、その意味でブドウはアルカリ性食品です。
この酸性食品かアルカリ性食品かの区別は含有されるミネラルバランスで決まります。
野菜、果物はアルカリ性ミネラルが多いのでアルカリ性食品。肉、魚、玉子、穀物などは酸性ミネラルが多いので酸性食品と言われます。

>フルーツは、アルカリ食品にあげるのを、除き酸化とありますが、・・・

この文章の意味が良くわかりませんが、私なりに解釈して...続きを読む

Q成長ホルモン

18歳、女、157センチです。
これから成長ホルモンを打ちたいと思っています。実はFTMで、身長がコンプレックスなのです。
18からでも170センチになれた人がいると聞いて、打とうと思いました。
その人の記事に、顔が若干大きくなった気がするとあったのですが、成長ホルモンで顔の骨も成長して顔が大きくなるということはあるんでしょうか。
先端巨大症はホルモンの過剰分泌でなるというのでとても怖いです。
また成長ホルモンを病院でお金をだして打ち続けても効果がなかった場合、お金をドブに捨てることになるんでしょうか。

Aベストアンサー

GID当事者です。
FTMであっても、簡単に成長ホルモン打ってくれる病院などないと思いますが、正規の病院でしょうか。
GIDを理由に成長ホルモンを投与してくれる病院やケースは聞いたことがありません。
親戚に専門の開業医がいるなどでない限り、かなり難しいと思いますよ。
正規の病院でないのであれば、絶対にやめてください。

また男性であれば伸びる可能性もあると思いますが、女性の場合成長が止まるのがかなり早い、初潮を迎える頃にはもう止まってしまうため、今から伸びるのか疑問です。
また、レントゲンをとると分かるようですが、骨に成長できる伸びしろのようなものが残っている人でなければ、成長ホルモンを投与しても伸びません。
のびしろは成長とともに消えていきます。
保険が利かず、伸びなかった場合高額なお金をどぶに捨てることになります。
1回ごとに数万はかかると聞きました。
正規の病院であれば、副作用についても説明があると思いますが、どんな薬にもリスクがあり、リスクによっては不可逆だということを理解してください。
不可逆というのは、治療や薬を辞めても元には戻らないということです。
成長ホルモンで、背が伸びて成長痛で体が痛い=可逆なので薬をやめれば元に戻る。
成長ホルモンで背が伸びた、顔が大きくなった=不可逆なので薬をやめても元に戻らないし、戻すことは医学的に不可能ということです。

GID当事者です。
FTMであっても、簡単に成長ホルモン打ってくれる病院などないと思いますが、正規の病院でしょうか。
GIDを理由に成長ホルモンを投与してくれる病院やケースは聞いたことがありません。
親戚に専門の開業医がいるなどでない限り、かなり難しいと思いますよ。
正規の病院でないのであれば、絶対にやめてください。

また男性であれば伸びる可能性もあると思いますが、女性の場合成長が止まるのがかなり早い、初潮を迎える頃にはもう止まってしまうため、今から伸びるのか疑問です。
ま...続きを読む

Q完全食品について

牛乳や卵は、ビタミンCを加えれば、完全食品なのですか。

Aベストアンサー

そこそこ良い線は行っていますが、それだけでは食物繊維が全く含まれてないので、便秘がちになる人も出るでしょう。やはり、なるべく多くの食材を食べるように心がけるのが良いですね。

Q完全食品について

クロレラやスピルリナは、ビタミンCを加えれば完全食品なのですか。

Aベストアンサー

完全食品というのは「ある」と言えばあるし、「ない」と言えばありません。

例えばウシ。ウシは草しか食べませんが、あれほどの巨体に育ちます。ウシにとって草は文字通り「完全食品」です。
しかしウシが草だけで生きていける理由は、ウシの胃の中に共生微生物がいて、草を分解・発酵し、必要なアミノ酸や脂肪酸を分泌してくれるからです。ウシは共生微生物そのものと、共生微生物が分泌したアミノ酸、脂肪酸を体内に取り込んで生きています。

人間でも稀にそういう例はあります。例えば、
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E9%A3%9F%E3%81%B9%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%80%81%E3%82%84%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%8D%E2%80%951%E6%97%A5%E9%9D%92%E6%B1%811%E6%9D%AF%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%A7%E5%85%83%E6%B0%97%E3%81%AB13%E5%B9%B4-%E6%A3%AE-%E7%BE%8E%E6%99%BA%E4%BB%A3/dp/4837670903
のような人にとっては「青汁」が「完全食品」になります。おそらくこの人の腸には共生微生物がいて、ウシと同じようにこの人にとって必要な栄養素を分泌してくれているのでしょう。

腸内細菌はほとんどの人の体にいますが、種類や数は個人差があります。そして腸内細菌の働きを抜きにして、たった一つの食品で必要な栄養素を全てまかなうのは絶望的に難しいです。

でも腸内細菌の助けを借りられる人ならば、そうではないということです。クロレラやスピルリナも同じ。腸内細菌の助けを借りられない人にとっては、こんなものじゃとても生きて行けません。でも世の中には、腸内細菌+クロレラやスピルリナで生きていける人もいるでしょうね。そういう人にとっては、これらは完全食品であると言ってよいと思いますよ。

完全食品というのは「ある」と言えばあるし、「ない」と言えばありません。

例えばウシ。ウシは草しか食べませんが、あれほどの巨体に育ちます。ウシにとって草は文字通り「完全食品」です。
しかしウシが草だけで生きていける理由は、ウシの胃の中に共生微生物がいて、草を分解・発酵し、必要なアミノ酸や脂肪酸を分泌してくれるからです。ウシは共生微生物そのものと、共生微生物が分泌したアミノ酸、脂肪酸を体内に取り込んで生きています。

人間でも稀にそういう例はあります。例えば、
http://www.amazon.c...続きを読む

Q健康食品、サプリ

今、キューピーコーワゴールドをほぼ毎日飲んでいます。
身体が軽くなるのはすぐに実感しますが、やめればすぐに元に戻ります。
値段も値段なので、多くを求めすぎかも知れませんが、その場限りで鎮痛剤みたいです。毎日飲むには適していません。

誤魔化すのではなく、身体そのものが健康になるためのものはないでしょうか?

まだ20代でどうしてもないとやっていけない訳では全くありませんが、一時期疲れて上記の薬を飲み、こんなに直ぐ効果が出る薬があるのかと知ってしまったという感じです。
知ってしまってから、飲む、飲まないでは身体の軽さに違いがあるな...と。

サプリは薬よりはいいですが、抵抗がないとは言えなくて、青汁とかならもっといいなとは思いますが、もし何かありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

前の方が仰られているように、キューピーコーワゴールドはOTC医薬品だと思います。
成分など見ても、着色料(黄色五号)や添加剤なども入っているので、根本的に体にはあまり良くないと思います。

私も仕事上、拘束時間も長く、帰りも遅いので自炊出来ずに体調を崩しがちで慢性的に疲労を感じていましたが、お医者さんからは「ストレスだから生活を改善しろ」と・・。
仕事を変えるわけにもいかないしどうしようも無くて、自分で色々調べた結果サプリメント(海洋ミネラルとマルチビタミン)で栄養を補っていますが、今のところそのおかげで快調です。
特にミネラル(亜鉛)は疲労回復や免疫力アップに役立ってくれるのでおすすめです。ただミネラルもビタミンも単体で摂ると、過剰摂取で逆に危ないものもあるらしいので天然でバランスの優れたものを摂るようにしています。
もちろんサプリメントの成分などきちんと調べないと怪しいものもありますので、しっかりと成分表は確認された方がいいと思います。特に安すぎるものや高すぎるものなどは注意して下さい。

サプリメント嫌いな方々やお医者さんは、「生活習慣を改善するべき」や、「自炊して栄養バランスに気をつけた食事を摂れ」などと言ってきますが、それが難しい状況の人もいることを理解してくれていないと感じます。
もちろん気を付けられるところ(自炊はしなくても食事の栄養バランスは考えるとか、添加物の入ってるものは出来るだけ摂らないとか・・)や、出来ることはやるべきだと思いますが、なによりそれがストレスになってはいけないと思うので、マイペースに続けられる方法から試していけば良いと思います^^

前の方が仰られているように、キューピーコーワゴールドはOTC医薬品だと思います。
成分など見ても、着色料(黄色五号)や添加剤なども入っているので、根本的に体にはあまり良くないと思います。

私も仕事上、拘束時間も長く、帰りも遅いので自炊出来ずに体調を崩しがちで慢性的に疲労を感じていましたが、お医者さんからは「ストレスだから生活を改善しろ」と・・。
仕事を変えるわけにもいかないしどうしようも無くて、自分で色々調べた結果サプリメント(海洋ミネラルとマルチビタミン)で栄養を補っています...続きを読む

Q食品の塩分表示について

去年心臓を患ってから毎日の食品管理に気を使ってます。
特に塩分ですが、1日に取る量が決められてるので気になります。
最近の食品には成分の表示が多いですが、そのなかで食塩相当とかいう表示がありこれはたすかってるんですが、ものによってはそれがなく代わりにかナトリウムの表示になってるものもあるようで、これの判断はどのようにすればいいのか悩みます。
こういう表示では塩分を知るにはどう考えればいいのでしょうか。

Aベストアンサー

http://gen-en.net/sio-kansan.html
これによると
塩分1g = ナトリウム約400mg だそうです

面倒臭いから、1g=0・5 で良いのではないですか?

Q食品の栄養成分表の計算

自己栄養管理しております。
食品のラベルにミネラルの「%」表示があります。
何に対しての%なのでしょうか?
たとえば、ある商品の重量50gに対して「ビタミンA15%」と表示がありました。
ビタミンAは何mgになるのですか?
どのように考えて算出すれば良いのですか?

Aベストアンサー

あまり自信はないのですが、1日の摂取目安量に対する割合を%表示することがあるみたいですね。目安量が分かれば量も分かるのではないでしょうか。

http://www.caa.go.jp/foods/pdf/syokuhin467.pdf

Q加工食品の酸化防止剤について

ご覧いただきありがとうございます。

 加工食品の包装紙や容器に成分表示が書かれていますね。
 それらの中で、酸化防止剤として「アスコルビン酸(ビタミンC)」がありました。
 「酸化防止」のために「酸」を使っているのに驚きました。

 質問は、
 酸化防止のために「酸」を添加する理由を知りたいのです。 
 
 宜しくお願い申しあげます。

Aベストアンサー

ビタミンC (L-アスコルビン酸)の水溶液は酸性を示すことはご存知の通りです。しかし酸化防止の「酸」は酸性の酸ではなく
酸素の酸の意味です。(酸素は微量水に溶けますが溶液は中性です)

多くの食品は時間の経過とともに水中・空気中の酸素と化合して変質してゆきます。しかしビタミンCはそれら食品よりも酸素と化合しやすく
デヒドロアスコルビン酸と言う成分になります。このため瓶、缶、パック内の酸素を他の食品よりも先に取り込み化合することで本命の食品を
酸化から守ります。化合して生成されたデヒドロアスコルビン酸は人体に無害であるばかりでなく、良い働きもすることが知られています。
その様な理由で、ビタミンCが酸化防止剤として使用されます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報