年金受給者でも150万円程度を融資してくれる、ローン会社または、銀行って知りませんか?
ちなみに、もと教師なので月30万程の年金は受け取っていると思います。借金は住宅ローンだけだと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは、参考までにどうぞ。



年金受給者でも借りられるローンはありますが、金利が非常に高いんですよ。
信販系(たしか三洋信販だと思いますが)のローンなどを提供している銀行、信用金庫に行かれるといいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってすみません。
結局、共済年金?(私もよくわからないのですが)
そこから、借り入れできるようになって、今は手続きをしている最中だそうです。
返済は、年金からの天引きで支払われるそうです。
soggenさん、ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/04 09:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人年金保険の税金

個人年金の受取に税金がかかるとのことなのですが
個人年金保険 税金 をキーワードにネットを検索したところ
雑所得の金額=総収入金額-必要経費として計算された
雑所得の金額に税金がかかるとの事でした

個人年金保険は、年末調整で戻ってくる分がある分、定期預金より有利と聞いていたのですが
定期預金は利子に対して、税金はかかりますが元のお金には税金かかりませんよね
(既に所得税が引かれた給与から貯金しているのだから・・・)
ではそのお金を個人年金保険にしたら給与をもらう時に税金を引かれ、年金を受け取る時に
さらに税金を引かれ2重に引かれるような感じになるという事ですね
それでも定期預金しているより有利なのかどうか知りたいのです

具体的に年金に対する税金てどれぐらいかかるのでしょうか?
公的年金で150万円+個人年金保険で100万=250万円の年間収入があるとした場合
で税金でどれぐらい引かれてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

>雑所得の金額=総収入金額-必要経費として計算された雑所得の金額に税金がかかるとの事でした
お見込みのとおりです。

>個人年金保険は、年末調整で戻ってくる分がある分定期預金より有利と聞いていた…
そうですね。
払った保険料は、生命保険料などと同様、一定額(払った保険料全額ではありません)を所得から控除できその分、所得税や住民税が安くなります。
定期預金の控除はありません。

>定期預金は利子に対して、税金はかかりますが元のお金には税金かかりませんよね
お見込みのとおりです。

>ではそのお金を個人年金保険にしたら給与をもらう時に税金を引かれ、年金を受け取る時にさらに税金を引かれ2重に引かれるような感じになるという事ですね
いいえ。
二重には引かれません。
個人年金の払った保険料の額は「経費」としてひけます。
税金がかかるのは、「年金額-払い込んだ保険料」に対してです。
利子に対して、課税される定期預金と同じです。
所得税も住民税も、”儲け”に対してだけ課税されます。

なお、「給料をもらうときに税金を引かれ」という意味がよくわかりませんが、それを言うなら定期の元本も年金も同じです。
どちらも、税金を引かれた後のお金が元ですから。

>それでも定期預金しているより有利なのかどうか知りたいのです
個人年金は利率も定期預金よりいいものが多いですし、前に書いたとおり税金上も有利です。

>公的年金で150万円+個人年金保険で100万=250万円の年間収入があるとした場合
で税金でどれぐらい引かれてしまうのでしょうか?
65歳以上とした場合
公的年金 150万円-120万円(控除)=30万円(所得)
個人年金 100万円-払い込んだ保険料=所得

所得税 30万円(公的年金所得)+(個人年金の所得)-38万円(基礎控除)=課税される所得
    課税所得×5%(税率)=税額
    なお、復興特別所得税もかかりますが大した額ではないので省きます。
住民税 30万円(公的年金所得)+(個人年金の所得)-33万円(基礎控除)=課税される所得
    課税所得×10%=税額

なお、生命保険料や国民健康保険料を払っていれば、その分を所得から控除できます。

>雑所得の金額=総収入金額-必要経費として計算された雑所得の金額に税金がかかるとの事でした
お見込みのとおりです。

>個人年金保険は、年末調整で戻ってくる分がある分定期預金より有利と聞いていた…
そうですね。
払った保険料は、生命保険料などと同様、一定額(払った保険料全額ではありません)を所得から控除できその分、所得税や住民税が安くなります。
定期預金の控除はありません。

>定期預金は利子に対して、税金はかかりますが元のお金には税金かかりませんよね
お見込みのとおりです...続きを読む

Q住宅ローンで2500万円とカードローンで300万円借りています。なんと

住宅ローンで2500万円とカードローンで300万円借りています。なんとか自宅は残せませんか?

Aベストアンサー

多分、カードローンの返済だけで月々10万円程度払っていませんか?
まずは、法律の専門家(弁護士・司法書士)に依頼して、カードローンの債務整理をすることです。
場合によっては過払い金が発生していて過金請求することができます。住宅ローンに関しては支払い期間の延長や借り換え等で月々の負担を軽くすることもできます。
住宅ローン研究会では弁護士やローンアドバイザーなど各専門分野のスタッフが揃っています。
http://adviser-the-home-loan.com/
一度、住宅ローン研究会に相談してみてはいかがでしょうか?

Q見つかった厚生年金の税金について

見つかった厚生年金の税金について
84歳の父は現在、国民年金を年間756000円もらっています。
ところが今回、若い頃2年ほど勤めていたときの厚生年金が見つかり、過去5年分の年金742000円が支払われることになりました。これにより、今年度の年金額は約150万円となり、公的年金の雑所得が生じてしまいます。
本来きちんと支払われていれば、120万円以内だったのにと思うと納得できません。
今後もさらに遡って支払われると思われます。
このような場合、税金はどのように計算されるのでしょうか?

Aベストアンサー

これまでもらっていた年金にさらに追加分の年金額で合計し、課税計算されます。

年金額が増えたことで、過去3ヵ年遡って納付書が届きます。
後期高齢者保険料(健康保険)・介護保険料・市県民税などが請求されることとなります。
自治体によって納付方法は様々でしょうが、納付書で一括支払いになります。(3ヵ年分)
74万くらいもらった…とあるので、総計算で10万程度の追加支払いになるかも知れません。
(自治体により計算が違いますので、詳しい数字は市役所へおたずねください)

またこれまで非課税世帯(所得145万以下)だったことで、減免できていたものがあった
かも知れませんが、それらの減免が対象外となるかも知れません。
(健康保険での入院費の減免・介護保険の食事代減免などがその対象です。)

詳しいことは市役所で計算してもらうのがいいですよ。私の周囲にも同じ方がいて、
一括での支払いに四苦八苦しておられました。まとまった現金をもらっても、結局は
税金として追徴されるので…。

Qご融資残高とはなんですか? 銀行のローンセンターからハガキが来ています ご利用限度額△△円 ご融資残

ご融資残高とはなんですか?

銀行のローンセンターからハガキが来ています

ご利用限度額△△円
ご融資残高〇〇円 29年1月〇日

29年1月31日現在

ご融資残高は残りの返済額ですか?それとも借りる事が出来る額ですか?
隣にある日付は借りた日ですか?

Aベストアンサー

>ご融資残高は残りの返済額ですか?
>それとも借りる事が出来る額ですか?
いいえ。どちらでもありません。

強いて言えば、前者に近いです。
現在借りている額です。

>隣にある日付は借りた日ですか?
いいえ。
29年1月〇日時点で、
あなたが借りている金額です。

今後返済していっても、利息が
付く等して金額が変わっていくので
返済額にはならないのです。

Q色々な税金、保険、年金について分かりやすく書いてある本を探しています。

色々な税金、保険、年金について分かりやすく書いてある本を探しています。


こんにちは、僕は26歳男子です。

身近な雇用保険や社会保険、所得税から厚生年金や国民年金など

保険や税金、年金について意味や計算式など分かりやすく書いてある本を探しています。

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>身近な雇用保険や社会保険、所得税から厚生年金や国民年金など
こうしたものを広く浅く勉強したい、とお考えでしたら、
ファイナンシャル・プランニング技能士検定という試験があります。

ご質問内容を拝見して、興味を持っておられる範囲と、試験範囲が大分一致するような気がします。

試験を受験しなくとも、この試験用の入門テキストなどが意外とハマるような気がします。

試験概要
http://www.kinzai.or.jp/ginou/fp/index.html

'10~'11年版パーフェクトFP技能士入門3級用
http://store.kinzai.jp/book/11576.html

Q住宅ローンで借りてない建物分の融資額の抵当と保証料

知人Aさんは、自宅建設用の土地を2000万円で先行取得し、3000万円で家を建てる予定で5000万円の住宅ローンを組み、先に2000万円の融資が実行され土地を取得しました。
ところが建築着工が諸事情で1年以上遅れた後、Aさんが脱サラをしたため、銀行は当初の審査と状況が変わったので、一括返済か再審査となるが、再審査しても独立してまだ所得が無いため、建物部分の融資は事実上ゼロになると言いました。
しかし、Aさんは土地分も一括返済すると建築資金が足りなくなるため、土地分の2000万円の融資はそのままで、残り3000万円は退職金などの自己資金で建てることを提案したところ・・・
銀行は、家が建ったら登記とともに建物にも同額(3000万円の融資残高)の抵当権を設定し、住宅ローンとして完結させ土地分の融資は一括返済しなくてもよいことに合意しました。

但し、この場合:
住宅ローンとは土地と住宅がセットに担保されると言われ、当初から評価額2000万円にも満たない土地に5000万円の抵当権設定され、5000万円分の保証料を前払いしていますが、

Q1 2000万円と5000万円分の保証料との差額は返却してもらえるのか?

Q2 土地に付けられた5000万円は2000万円に訂正するはずだが、その方法は数字の書き換えで簡単にできるのでしょうか?
一括返済してから借り直すとか、司法書士への費用はどれくらいかかり、又どちらが負担すべきなのでしょうか?

Q3 上記1と2は、家の登記が終わる時点でなく、融資の総額が2000万円に減額と双方で合意した時点で修正すべきではないのか?

保証料の償却は精算時に実行融資額2000万円分(5000万でなく)の日割り計算との銀行の回答は得ています。
保証料とか抵当権とは実際に融資した額を融資された日に、計算、設定されるものではないのでしょうか?
住宅ローンは建物も担保しないと完結しないので・・・との説明ばかりで、この銀行さんのやり方は正しいのでしょうか?

知人Aさんは、自宅建設用の土地を2000万円で先行取得し、3000万円で家を建てる予定で5000万円の住宅ローンを組み、先に2000万円の融資が実行され土地を取得しました。
ところが建築着工が諸事情で1年以上遅れた後、Aさんが脱サラをしたため、銀行は当初の審査と状況が変わったので、一括返済か再審査となるが、再審査しても独立してまだ所得が無いため、建物部分の融資は事実上ゼロになると言いました。
しかし、Aさんは土地分も一括返済すると建築資金が足りなくなるため、土地分の2000万...続きを読む

Aベストアンサー

書かれている事実関係が正しいものとして、
Q1.5000万円の予定の借入額が2000万円で留まったなら、差額3000万円部分に相当する保証料は返金される筈。5000万円借りて3000万円繰上げ返済したのと状況は同じと考えるしかない。当初は双方とも5000万円の借入をする前提で進めた案件であり、その後軌道修正が生じたという考え方をするしかない。

Q2、借入証書を5000万円として、分割実行として土地代2000万円を借りていた状態で、5000万円で担保設定したが最終的に追加借入が発生しなかったのであれば、担保が抵当権の場合には、借入債務の実際残高が減っても借入額の表示は変えない。(これも繰上げ返済の場合と同じ) 担保が根抵当権なら極度減額という扱いは可能で、登記にかかる費用は司法書士の手間賃位。(というより、抵当権・根抵当権どちらでも設定時点で余計な登録免許税を払ってしまっている・・・3000万円部分で12万円)

Q3 上記の通り抵当権であれば、登記の修正をしようがない。当初契約条件の変更が生じた部分についても、(銀行側の対応は)客観的には已むを得ない状況と理解できる。この銀行の対応が正しいかどうかではなく、最終的になにをどうすることで両者が合意したのなら、その合意内容の状態に両者がするだけの話。2000万円で契約を結び直し登記自体をやり直せば、もう一度担保設定にかかる費用(登録免許税8万円+司法書士報酬)が加算される。

書かれている事実関係が正しいものとして、
Q1.5000万円の予定の借入額が2000万円で留まったなら、差額3000万円部分に相当する保証料は返金される筈。5000万円借りて3000万円繰上げ返済したのと状況は同じと考えるしかない。当初は双方とも5000万円の借入をする前提で進めた案件であり、その後軌道修正が生じたという考え方をするしかない。

Q2、借入証書を5000万円として、分割実行として土地代2000万円を借りていた状態で、5000万円で担保設定したが最終的に追加...続きを読む

Q年金の税金について

年金が「雑所得」になるのは知っています。
で、税金の計算をする場合の計算率も分かっているのですが、この場合は、受給年額から損害・生命保険料控除額や支払う健康保険料の年額を差し引いての計算で良いのでしょうか?
(給料を貰っていた時のような感じ)
そう言うモノは一切認められないのでしょうか?
又、年金の健康保険は、普通の国民健康保険とは計算が違って、ある程度安いらしいのですが、本当でしょうか?

Aベストアンサー

雑所得:公的年金等の収入金額-控除金額(計算式で)-控除額合計=課税所得
・控除額(第二表記載分):社会保険料控除-国民健康保険、介護保険
     生命保険料控除、損害保険料控除
     寡婦控除、雑損控除、医療費控除、寄付金控除等
・控除額(第一表記載分):配偶者控除、扶養控除、基礎控除等
(上記は平成18年度分からです)

>年金の健康保険は、普通の国民健康保険とは計算が違って、ある程度安いらしいのですが、本当でしょうか?
 ・お住まいの、市町村のHP等で確認して下さい、65歳未満と、65歳以上で計算の仕方が違うようです:保険料の計算は各市町村で違いますので正確なお答えが出来ませんので



     

Q6件も消費者金融から借りてるのにこれ以上融資可能な消費者金融会社ってありますか?

いつもお世話になります。
私の後輩の話なのですが、6件の消費者金融会社から合計で300万円近く借りてるのに、まだこれ以上借りようとしています。しかも支払いが遅れているそうです。私はそれ以上は無理だと彼に断言したのですが聞きません。
それどころかまだ貸してくれるところを探している模様です。こんな馬鹿な後輩の面倒は見たくないのですが、実際に貸してくれるような(ヤミ金を除く)ところってあるのでしょうか。彼に教えるような事はしませんがなんとなく私も気になるので質問してみました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

騙してでも弁護士の所へ連れて行って、
自己破産手続きをさせましょう。
ヤミ金に手を出したら人生終わります。
彼のためです。
一肌脱いでみては?
               

Q年金にかかる税金

現在61歳なのですが、来年退職する予定です。
62-64→160万・65-69→275万・70以降→235万の年金が支給されるとの事。
+企業年金が120万/年+保険70万/年程もらえます。
毎年、税金はいくら位掛かるのでしょうか?

いろいろとショセンパイ方から聞いているのですが、計算するたびに・・・(泣)

Aベストアンサー

年金たくさんもらえていいですね。

62~64
(160万円+120万円)×0.75-37.5万円=1725000円(年金所得)
70万円-(経費。保険料)=保険金所得
(1725000円+保険金の所得)-社会保険料控除(国保の保険料)、生命保険料控除、扶養控除-基礎控除(38万円)=課税所得

所得税 課税所得が195万円未満なら、その所得×5%           
    課税所得が195万円以上なら、その所得×10%
住民税 課税所得×10%

65~69
(275万円+120万円)×0.75-37.5万円=2587500円(年金所得)
70万円-(経費。保険料)=保険金所得
(2587500円+保険金の所得)-社会保険料控除(国保の保険料)、生命保険料控除、扶養控除-基礎控除(38万円)=課税所得

所得税 課税所得が195万円未満なら、その所得×5%           
    課税所得が195万円以上なら、その所得×10%
住民税 課税所得×10%

70以降
(235万円+120万円)×0.75-37.5万円=2287500円(年金所得)
70万円-(経費。保険料)=保険金所得
(2287500円+保険金の所得)-社会保険料控除(国保の保険料)、生命保険料控除、扶養控除-基礎控除(38万円)=課税所得

所得税 課税所得が195万円未満なら、その所得×5%           
    課税所得が195万円以上なら、その所得×10%
住民税 課税所得×10%

年金たくさんもらえていいですね。

62~64
(160万円+120万円)×0.75-37.5万円=1725000円(年金所得)
70万円-(経費。保険料)=保険金所得
(1725000円+保険金の所得)-社会保険料控除(国保の保険料)、生命保険料控除、扶養控除-基礎控除(38万円)=課税所得

所得税 課税所得が195万円未満なら、その所得×5%           
    課税所得が195万円以上なら、その所得×10%
住民税 課税所得×10%

65~69
(275万円+120万円)×0...続きを読む

Qローンが残っている住宅を担保にして、事業者ローンを借りることは可能でしょうか?

ローンが残っている(あと20年程)住宅を担保にして、事業者ローンを借りることは可能でしょうか? 自己資金はないのですが・・。
また、現在無職なので、なおのこと不可能でしょうか? よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

事業ローンを借りたいということは、新たに開業するということですね?国金や、信用保証協会で無担保で利用できる開業資金の融資制度があります。保証協会は金融機関でも相談できますが、市町村の商工会の方が相談しやすいと思います。
いずれにしても、開業の事業計画・収支計画がしっかりされていることが前提です。借りても返済しなくてはなりません。利益が出せる事業でないと返済不可能ですから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報