色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

ブランド名と社名が異なっており、ブランド名の方が流通している例はありますか?

過去の例になってしまいますが
パナソニック・ナショナル : 松下電器産業株式会社
ユニクロ : 株式会社ファーストリテイリング
などのような例です。
ブランド名が商品名になっていない例が望ましいです。(ウォークマン、VAIOなどは商品名になっていますね)
できるだけメジャーな例があればよいのですが、なかなか思いつきません。

gooドクター

A 回答 (17件中1~10件)

いくつものブランドをお持ちの企業などはどうでしょうか?


例えばワールドなど…展開されているブランドも有名なものが多々ありますが、ワールドという名前を誰しも聞いたことがあるのではないかと思います。

参考URL:http://www.world.co.jp/brand/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ワールドというアパレルメーカーは知っていましたが、
ブランドに関しては知らないものばかりでした。
たくさんのラインを展開しているのですね。

お礼日時:2008/10/30 15:53

古くからのところでは


金鳥:大日本除虫菊
ムヒ:池田模範堂
ミツカン:中埜酢店(なかのすみせ)
あたりを思い出しました。

新しいところでは、
ミスタードーナツ:ダスキン
ブックファースト:阪急電鉄
あたりを思い出しましたが、現在はブランド名と社名の統一がなされているかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ニュアンスとしては伝わったようでうれしいです。
ミツカンは社名もミツカンになっていました。

お礼日時:2008/10/30 16:00

サッポロ一番・・・サンヨー食品


びっくりドンキー・・・アレフ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
サッポロ一番などはブランド名=商品名ですね。
びっくりドンキーもブランド名というよりは店名の印象が強いです。

お礼日時:2008/10/30 16:14

 質問タイトルと本文で内容が逆になっていますが、本文中が正解でよろしいですか?

この回答への補足

失礼いたしました。本文中の方が私の意図するところです。
ご指摘ありがとうございました。

補足日時:2008/10/30 16:01
    • good
    • 0

ユニクロとファーストリティリングの様な感じだと



「セブンイレブン」「イトーヨーカドー」の株式会社セブンアンドアイホールディングスとか?

あとは「アフタヌーンティー」(生活雑貨・ティールーム)の親会社株式会社サザビーリーグとか?(生活雑貨・ティールームそれぞれ別会社に100%出資。(株)ICLと(株)BLT)

ちなみに松下電器産業はパナソニックに統一したのではなかったでしょうか?

この回答への補足

回答ありがとうございます。

松下電器産業はパナソニックに、ファーストリテイリングはユニクロにそれぞれ社名を変更しています。

アフタヌーンティーは喫茶だけでなく、食品や食器なども販売していますね。

ブランドといっても色々な観点があると思いますが、簡単に言うと「商品群」という程度の意味でとらえていただくと分かりやすいかと思います。

補足日時:2008/10/30 16:14
    • good
    • 0

「ブランド」の厳密な定義に当てはめますと、商品に対してだけでなく、店名も含まれるのではないかと思います。



そこで、ユニクロの事例も挙げてらっしゃいますので、外食産業において店名(ブランド)と企業名が異なるケースを挙げてみます。

ミスタードーナツ(日本:ダスキン、米国:ダンキンドーナツ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B9% …

すき家(ゼンショー)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%99%E3%81%8D% …

ほっともっと、やよい軒(プレナス)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BB%E3%81%A3% …
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%84%E3%82%88% …

牛角(レインズインターナショナル)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%A4% …

オリジン弁当(オリジン東秀)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA% …

ベローチェ(シャノアール)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AD% …
    • good
    • 0

>びっくりドンキーもブランド名というよりは店名の印象が強いです。



これを言い出したら、ブランド自体の定義が揺るぎますよ。

ブランドとは、正確に定義しますと店名も含まれます。
チェーン店名が、そのまま企業名になってるケースも非常に多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ひとつ下の回答と同じ方のようなのでこちらでまとめて書かせていただきます。
たくさん例を挙げていただいてありがとうございます。

仰るようにブランド自体の定義としては店名も含まれるとは存じておりますが、商品群としてのブランド(これも今思いついた表現なので適切なものである自信がありませんが)を想定していました。

説明不足、失礼いたしました。

お礼日時:2008/10/30 16:24

>商品群としてのブランド



上記が勝っている事例では、殆どのケースで社名化してます。

ですから、自ずから現存するケースが少ないと言えます。

”商品群としてのブランド”が、国際的に有名になってくると、イメージ戦略として不利益になるケースが顕著です。
そうならない内に、企業側は先手を打つ形でナショナルブランドを社名化します。
特に、近年はその動きが活発です。

それが後手に回って業績の悪化に繋がったのが、旧松下の事例でしょう。

そもそも、旧松下がやっていたようなブランド展開の方が、世界的に見ると特殊なのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たびたびありがとうございます。

仰る理由で斯様な例が少ないのだと私も思います。
社名とは異なるブランド名が広く流通した場合、既に社名になっているのがほとんどですね。

旧松下ほどの知名度で同様の例があればと思い、質問させていただきました。

なかなか難しそうですが、もう少し回答待ってみます。

お礼日時:2008/10/30 16:43

ベビースター=おやつカンパニー(旧松田食品)



は、イメージに合われますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんよくご存じで、大変勉強になります。

ベビースターも商品群と言えますね。ただ、ブランドというよりもそのものずばりの「商品」としてのイメージが強烈ですね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/10/30 16:52

半ば強引かと思える事例を一つ。



プリンタを中心に展開する「エプソン」。
正式な会社名は、「セイコーエプソン株式会社」です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
元々は社名=ブランド名というパターンからの変化ですね。
面白いパターンが色々ありますね。

お礼日時:2008/10/30 17:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング