色々なケースがあると思いますが、人を殺すとどれほどの罪になるのでしょうか。正常な判断力があると認められた場合です。例えば、母親や肉親が、子供や兄弟をどうしようもなくて(暴力等)思いつめて殺してしまった場合です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

船橋 病院」に関するQ&A: 船橋の動物病院

A 回答 (4件)

以前は、子供は親の所有物という考えもあり、家庭内暴力や障害者を不憫だと思って殺すケースは、執行猶予の判決が多いかったですが、今はほとんど、3年~5年の実刑が言い渡されている様です。



富里 5年
http://www.chibanippo.co.jp/news-box/2000/12-16/ …
船橋 3年6月 
http://www.chibanippo.co.jp/news-box/2001/1-11/s …
金属バット 3年
http://www.minaminippon.co.jp/syasetu/sya980418. …

でも、子供が親を殺す場合は少し重いようです。昔は尊属殺ですから。
 神戸 心神耗弱で6年
http://www.kobe-np.co.jp/2000/05/22/kobenews12.h …
    • good
    • 0

その状況によると思いますが、基本的には社会的に落ち度のない人(社会人で他人には迷惑をかけてない人かな?)を殺意を持って殺害する場合は、執行猶予はつかない判決になるのではないでしょうか。



もし、その肉親が暴力やアル中・薬物中毒などならば、殺害などの方法をとるのではなく、精神病院などの医療施設への収監という方法をとるべきだと、裁判官などは思うのではないでしょうか。

そういった手続きをとらず殺害におよべば、厳しい判決もやむおえないのではないかと、思います。
    • good
    • 0

 殺人罪の法定刑は「死刑又は無期若しくは三年以上の懲役」ですが、量刑の範囲が非常に広い犯罪のひとつです。

人の命を奪うという、非常に重大な犯罪ですので相当重い刑罰が下されることは間違いありません。
 ただ、ご質問のように、非難の程度が比較的小さい殺人(最近では介護疲れによる殺人が多いですね)の場合には、稀に執行猶予がつくこともあります。不可効力的な、精神が減退した状態での殺人、ということで(周りの人の同情の声もあり)軽めの刑罰となるようです。
    • good
    • 0

刑法



第26章 殺人の罪

第199条(殺人)
人を殺した者は、死刑又は無期若しくは3年以上の懲役に処す

となっています。情状酌量により、刑期が異なります。
また尊属殺人は、削除されています。

刑法全文は下記URLからどうぞ。

参考URL:http://www.law.hiroshima-u.ac.jp/jobun/keiho/2he …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人を殺してそれが正当防衛だと認められても人殺したことにはかわりないです

人を殺してそれが正当防衛だと認められても人殺したことにはかわりないですよね?

Aベストアンサー

>人を殺してそれが正当防衛だと認められても人殺したことにはかわりないですよね?

「人を殺す」の言葉の定義の問題ではないですか。

私の考えでは、「殺す」という言葉には実行者に「相手の生命を奪う」いう意思が伴っていると思います。
交通事故で他人を死亡させた場合には過失ですから、「殺す」という言葉は不適切になります。法律でも「致死」という言葉になります。

正当防衛の場合は上記と同様に、自分への身の危険を回避するための行動の結果であり、「相手の生命を奪う」という意思がありません。「殺す」という概念とは違うでしょう。


なお単に「他人の命を奪ってしまった」ということを、「殺してしまった」というならイエスです。

Q兄弟に暴力を振るわれた場合

主人と主人の実家に帰省した際、遊びに来ていた義兄(主人の兄)と主人が言い合いになりました。
お酒も入っていたため、義兄が主人をかなり叩いたり、殴ったり、突き飛ばしたりしました。
主人は、目の周りが赤黒くなっていて、腕に数箇所あざもできています。
結局、義兄は暴力を振るったことをわびることもありませんでした。
主人は、診断書をとって警察に被害届を出すと言い出しています。

そこで質問なんですが、
・兄弟間での暴力で警察に被害届を出すことはできますか?
・被害を受けた場所を管轄する警察署に被害届を出さなければいけませんか?同じ県警ですが、所轄(?)が違う警察署に出すことは可能ですか?
・まだ診断書をとっていないんですが暴力をうけてから3,4日後に診断書をとっても有効ですか?
・被害届を出すのは暴力を振るわれてから○日以内といった規定はありますか?

色々とわからない事だらけですみませんが教えてください。

Aベストアンサー

 こんばんは。

>・兄弟間での暴力で警察に被害届を出すことはできますか?

 勿論出来ますよ。そうでないと、殺人でも被害届けが出せない事になりますよ。

>・被害を受けた場所を管轄する警察署に被害届を出さなければいけませんか?同じ県警ですが、所轄(?)が違う警察署に出すことは可能ですか?

 管轄する警察に出してください。所轄が違えば受理してくれないです。

>・まだ診断書をとっていないんですが暴力をうけてから3,4日後に診断書をとっても有効ですか?

 所見があるんでしたら、取られればいいと思います。後日、症状が出てくる場合もありますから。

>・被害届を出すのは暴力を振るわれてから○日以内といった規定はありますか?

 刑事事件の時効には2種類あり、ひとつが刑事訴訟法250条の公訴時効、もうひとつが刑法31条の刑の時効です。
 公訴時効とは、犯人が逮捕されずに、ある一定期間を過ぎてしまうと犯人を起訴することができない時効のことで、一般に時効といえばこちらを指しますが、時効の期間は罪状によって異なります。
 暴行など、5年未満の懲役・禁錮または罰金にあたる罪は3年です。

 こんばんは。

>・兄弟間での暴力で警察に被害届を出すことはできますか?

 勿論出来ますよ。そうでないと、殺人でも被害届けが出せない事になりますよ。

>・被害を受けた場所を管轄する警察署に被害届を出さなければいけませんか?同じ県警ですが、所轄(?)が違う警察署に出すことは可能ですか?

 管轄する警察に出してください。所轄が違えば受理してくれないです。

>・まだ診断書をとっていないんですが暴力をうけてから3,4日後に診断書をとっても有効ですか?

 所見があるんでし...続きを読む

Q暴力団等でない一般人からの民事暴力を受けた場合の対処は

暴力団や政治団体などではなく、法律に詳しく悪知恵を駆使した一般人から
いわゆる民事暴力を受けた場合は、どのように対処すればよいでしょうか?

あいまいな民法の解釈を利用して悪用され、ねじこまれて困っています。

このような場合、相手よりも腕の立つ弁護士を探して、大金を積んでお願い
するしか方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

>「民法の悪用拡大解釈で敏腕弁護士を立てて横車を押す行為」
そういう罪は刑法の規定にはありません。完全に警察の管轄外です。
どういう解釈をしようと問題はありません。解釈の正当性は裁判によってのみ明らかにされます。

>刑法の違反で警察管轄の範疇になるわけですね?
刑法に規定してある罪に該当すればそうなります。
しかし他の方への補足を読みましたが、それでは刑法違反を問うのは難しいですね。警察の言うとおりです。

声を荒げる位では脅迫にはなりませんし、そういうものを民事暴力とは言いません。

ご質問者がどう考えるかは別に法律上の根拠を持って請求している以上はごく普通の請求です。
その法律解釈が妥当かどうかはともかくとして。
当事者間で結論が出なければ、請求する側は提訴し、裁判となり、どちらの主張が正しいかを判断します。

弁護士費用は相談の場合は、30分5000円です。
正式に依頼する場合は、着手金15万程度で後はその相手からの請求額(労力でも賠償金でもなんでも)によります。請求額が過大でなければ数十万です。
適当な弁護士をご存じなければ弁護士会に相談してください。
また、非常に収入の少ない人であれば、法律扶助が受けられます。

詳細は不明だし、あまり明らかにしたくないという事情がおありのようですから、この場ではご質問者の主張と相手の主張の違いなどについてはコメントしないことにします。
まずはご質問者自身が多少は費用がかかってもよいから弁護士に相談された方がよいと思いますよ。

>「民法の悪用拡大解釈で敏腕弁護士を立てて横車を押す行為」
そういう罪は刑法の規定にはありません。完全に警察の管轄外です。
どういう解釈をしようと問題はありません。解釈の正当性は裁判によってのみ明らかにされます。

>刑法の違反で警察管轄の範疇になるわけですね?
刑法に規定してある罪に該当すればそうなります。
しかし他の方への補足を読みましたが、それでは刑法違反を問うのは難しいですね。警察の言うとおりです。

声を荒げる位では脅迫にはなりませんし、そういうものを民事暴力と...続きを読む

Qドラマ「氷点」のような、自分の子を殺した殺人犯の子を養子にするのは本当に認められるの?

ドラマ、また小説を見て(読んで)思ったのですが、三浦綾子の「氷点」。
自分の子がある日殺され、そのとき妻が不貞をしていたことを夫は知り、復讐するかの如く、実の子を殺した犯人の子を引き取り、養女に・・・
非現実的な話ですが、実際、法律上はこんなことは許される(認められる)のでしょうか?だって、被害者と加害者が同じ家族になるんですよ?
誰か教えてください。できれば、その道の方、お答えください。

Aベストアンサー

ANo.#3のDrStrangeloveです。

>この小説では、犯人は獄中で自殺しました。母親は、よくわかりませんが、いないでしょう。

獄中にいたということは刑が確定しているので、養女の父親が誰を殺したかは家庭裁判所の知るところとなるでしょう。
家庭裁判所では養子先と養女の関係を知った以上、その養子縁組の真意を明確にしないと、養子縁組の許可は出来ません。聴聞と言って、関係者を家庭裁判所に呼びだして事情を問いただします。

このとき、父親だけが家庭裁判所に行けば母親には分からないと思うかも知れませんが、家庭裁判所は母親の方が父親より子供の成長に多大な影響を与えると考える傾向にあるので、養子先の母親に事情を聞かずに許可を出すとは考えにくいです。
家庭裁判所に母親が呼び出されれば、「氷点」のような養子縁組を母親が了承するとは思えません。

ただ一つ気になることがあります。
「氷点」が書かれた時代がいつ頃かで事情が変わります。
家庭裁判所は昭和24年に新たに設けられた裁判所で、それ以前の時代では今までの話は通用しません。
また昭和22年の民法改正で家父長制度が廃止されるまで、日本では家父長、つまり父親がその家の全ての権利を掌握して、独断で物事を決められることが法律で認められていました。

だから、これらの制度が整う以前の話なら「氷点」の養子縁組は可能です。

また、人間は法律が出来たからと言っても、意識まですぐに変わるわけではありませんので、昭和24年以降でも家父長制の名残がありましたから、昭和30年頃まで(正確にはわかりませんが)、家庭裁判所が父親の意見を鵜呑みにすることがあったかもしれません。

ANo.#3のDrStrangeloveです。

>この小説では、犯人は獄中で自殺しました。母親は、よくわかりませんが、いないでしょう。

獄中にいたということは刑が確定しているので、養女の父親が誰を殺したかは家庭裁判所の知るところとなるでしょう。
家庭裁判所では養子先と養女の関係を知った以上、その養子縁組の真意を明確にしないと、養子縁組の許可は出来ません。聴聞と言って、関係者を家庭裁判所に呼びだして事情を問いただします。

このとき、父親だけが家庭裁判所に行けば母親には分からないと思うかも...続きを読む

Q兄弟の再会を認めさせる審判はありませんか?

私は高一で15歳。4歳の時に父母が離婚し母に引き取られましたが、母は働く会社の社長に物心両面とも世話になりました。実父からは一銭の養育費ももらえなかった私も、社長からいろいろ買ってもらったり連れて行ってもらったりしました。そのときは、あくまでよその家の援助者に過ぎなかったので、社長は私を怒ることもなく優しかったです。

それが私が小六のときに母が社長の子を産み、母と社長の再婚が現実的になった頃から、社長は私の「父親」であることを意識したのか、しつけや教育などがきびしくなりました。
私は実質的に社長の経済力で私立中に入れてもらいましたが、私の母が定時制高校卒なのを筆頭に、親類縁者は教育と縁のない者ばかりで、私も向学心がなく、勉強やしつけの厳しさがうっとおしくなって、母の姉のところに家出してそのまま住みついています。

母の姉(つまり伯母)は母と仲が悪く、実の姉でありながら、なんと私の実父の方を応援しており、私が家出すると、強引に私の親権を実父に移す審判まで起こし私を遠ざけました。しかし、父は既に再婚して新しい家庭を築いており、私を引き取れるはずがなく、私は伯母の所で暮らしています。

私は母を困らせたかったのでそれには賛成しました。また、自分の家出を正当化するため、当時、あることないことを児童相談所と警察に相談し、社長に虐待の疑いをかけて名誉を傷つけてやりました。

そんな私が、今さら弟に会いたくなりました。母に対しては複雑な気持ちですが、年月が経って、どうなったか見てみたい気持ちはあります。しかし、社長と母は、私や伯母をいない者として弟を育てていくことを決めたので、いまさら出てこられても弟の人格形成や家庭の和という点から迷惑だと言われています。とくに、自分の婚期を犠牲にしてまで「あしながおじさん」をしてくれた社長は、私と刺し違えても許さないと言われています。
先方の怒りはわかるので、ここは法的に権利を行使する形で再会できる方法はないかと思っています。再会を認めさせる審判や調停は起こせないものでしょうか。

私は高一で15歳。4歳の時に父母が離婚し母に引き取られましたが、母は働く会社の社長に物心両面とも世話になりました。実父からは一銭の養育費ももらえなかった私も、社長からいろいろ買ってもらったり連れて行ってもらったりしました。そのときは、あくまでよその家の援助者に過ぎなかったので、社長は私を怒ることもなく優しかったです。

それが私が小六のときに母が社長の子を産み、母と社長の再婚が現実的になった頃から、社長は私の「父親」であることを意識したのか、しつけや教育などがきびしくなりまし...続きを読む

Aベストアンサー

何処にも起こせません。
前提となる権利侵害や不法行為がありません。
トラブル以前なのですから司法に持ち込まず自主的に解決した方が平和的解決できます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報