プロが教えるわが家の防犯対策術!

デザイン会社に勤めております。
クライアントより会社パンフレットのデザインを頂き作成しておりました。
クライアントにPDFでデータを見たいからと言われおくったら
仕事をキャンセルされました。
暫くしてクライアント先に行ってみたら、そのデータを編集して独自で作成していました。
これは罪にはならないのでしょうか?
クライアントからは大小いろいろな仕事を頂いておりましたので、その都度、個別契約などは結んでおりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

私はデータではなく刷り物から盗用されたことが何度かあります。


見た目やカタチ、コンセプトがまあ~そっくりなモノが店頭のパンフレットやリーフレットにあるのです。
いわゆるバッタモノチックな盗用の仕方です。
その場合はあきらめてるんですが……。

>うちの社長には怖くていえません・・・
私がPDFでデータをおくっちゃったのが悪いので会社を首になったらと思うと・・・
1ヶ月もかかったモノを……ひどいですね。
皆さんの意見のように逆に社長に相談すべきです。
PDFで送ったことが悪いのではなく、データをそのまま改ざんして使用する行為が一般的な理念としておかしいです。
ネット全盛の世の中、盗用しようと思えばできるデータはいくらでもあります。
会社からすると社員に給料を払ってるんですから、単純に損益を与えられたことになりますので、社長からなにか先方に言ってもらうべきです。

ただ、社長が「波風たてたくない」という場合もあるでしょうが
いずれにしても今後のこともありますから、社長に相談すべきです。

私も最近ではPDFで送ることが多いですが、それ以前に入校の際には生のデータを送ることもあります。
お互い(企業同士)信頼関係で仕事をしているのですから
あなたに責任はありません。
コンプライアンスの問題です。
    • good
    • 0

立証は難しいですが、厳密には「罪」だとは思います。


しかし、著作権はデザイン会社帰属なので、自社の上役・管理職など発言の出来る立場の人間でないと、クライアントに対してのクレーム(告発)は無理でしょう。

クライアント側の意見としては、「他に仕事をあげているだろ?」等の馴れ合いがあると思います。以前にクライアントから他社のプレゼン案を渡され、「これに似たデザインでプレゼン案を出して」という話がありました。自社の営業とクライアントで水面下の取引があった様で、受注しました。印刷がらみで、かなりの売上額の仕事だったと思いますが、同業他社のデザイナーの事を考えると、正直、気分は悪かったですね。

結局、広義の意味でのデザインは「サービス業」なので、私は「仕方が無いか…」と考え、いやな気持ちで仕事してました。

hhhtttkkkさんの質問に対しては「罪です」と言いたいですが、現実は「デザインを盗む(参考にする)」行為が横行していると思います。

防衛策としては前出の回答にあった様にpassをかけるか、その様なクライアントへのpdfは低解像度の画像のpdfで対応。
pathを残す形式でしたら、全ての線・オブジェを拡張→レイヤー統合、等を行い「徹底的に編集の難しいpdf」にしてしまうのも、有効かも知れませんかねぇ。
    • good
    • 1

PDFは編集できる状態で送ったのですか?



校正としてなら、最低限Acrobatでセキリュリティーをしっかりかけて、編集できないようにして送りましたか?
    • good
    • 0

#3です。



私はjpgで渡しています。
ただ相手にイラレ等使える人間がいたら、もう仕方ないですね。
「盗用しないでください」なんて言えませんから、それこそ相手の常識を信じるしかないです。

ただ、私も以前盗用というか流用されたことがあるのですが、デザインの目的がわかってない人間が触ったので、完成品はまったく別モノになってました(^^;
しかもものすごく素人臭くなってまして、逆に「ザマーミロ」と思いました
よ。
相手はタダで出来てラッキーと思っているかもしれませんが、出来上がりの質を落としているのは確実です。
まさに「安物買いの銭失い」です。
    • good
    • 0

デザイン会社の者です。

いやはや・・・酷いですね・・・
あなたが窓口で進めていた案件でしょうか?営業やAI、ディレクターが窓口でしょうか?
クライアントとはある程度お付き合いが続いていたようですが、
そこまでいくと信頼関係の問題ですね。もしくはその担当者の人間性・道徳性というか・・・

でも近いことは何度か経験しています。
(今でも私のデザインをいじって堂々とwebで公開されている人もいます・・・)
でもデザイン制作を行うこちら側と、デザインに関しての素人であるお客様との間では、
デザインに対する価値観がだいぶ違う場合も多いです。その事はいつも肝に銘じていなければなりません。
日本は広告やデザインに関してはいちいち契約をしないことがほとんどなので(大きな案件、大きな媒体の場合は別ですが)、
営業等窓口となるの人間は、クライアント担当者によってはかなり慎重に事を進めなければなりません。
又、ソフトのおかげで誰でも簡単にある程度のデザインができてしまいますからね・・・。

私の会社でも初めてのお客様の場合は、とにかく会う、話す。
デザイン提案の場合もプリントアウトで見せる。
納品後もデザインの流用についてはきちんと話し合いをします。
信頼関係がもてそうになければ(デザインや著作に関する事を軽視している場合など)
こちらからお付き合いをお断りすることもあります。

とにかくこれは会社 対 会社の問題です。
他の方もおっしゃっているように、社長に判断を委ねましょう。
もしかすると担当者として甘い、などの指摘を受けるかもしれませんが、
そんなことでクビにはなりませんよ普通。
勉強になったと考え、次につなげてください。

>どのようにしてみせているのでしょうか?
※初稿はできるだけプリントアウトを見せますが、急ぎの場合はPDFやjpgですかね。
 使われるのが心配な場合は解像度を低くするのはいかがですか?
    • good
    • 1

NO.2です。

登録商標の件なのですが、一般的にはクライアントが、
貴方の会社のデザインを買って、独自 自社のものとしてそのデザインを使用するのですから、クライアント側が登録商標をします。
しかし、今回の件につきましては 貴方がクライアントにそのデザインを盗まれたのですから、貴方がそのデザインをどうしてもクライアントに使用されたくないと思う場合、貴方がそのデザインを登録商標すれば、クライアントはそのデザインを使用できなくなるもしくは、その
デザインを購入しなければなくなるということです。
    • good
    • 0

デザイン盗用はプロの世界でも結構あります。


しかもどこからどこまでとはっきりいえない場合もあり、泣き寝入りすることもあるようです。
パンフレットやポスターなどのデザインに意匠登録など普通しませんから、著作権侵害で押すか、道徳心に訴えるしかないでしょうね。
ただ著作権については先にも書きましたが、どこからどこまでと線引きするのが難しいですが…。

私なら社長に報告して、社長から先方にクレームを入れてもらいます。
しかし社長が「放っておけ」というなら、もうこの件は忘れてください。
悔しくても会社間の話になりますので、社長があきらめたらあなたもあきらめる必要があります。

なにはともあれ、まずは報告です。
あなたのミスは甘んじて受けれなければいけませんが、こんなことでクビになっていたらクビが何個あっても足りませんよ(^^;)
次からは同じミスをしないと肝に銘じておけばよいと思います。

ちなみに盗用したのは現場の人間か、クライアントの会社ぐるみかで今後の付き合い方も変ると思います。
そこは確認しておいたほうがいいかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確なご意見ありがとうございます!
担当者に送ったPDFがそのままデータとして使われている事が
一番辛いです。
社長にはキチンと報告してみます!
車屋さんで試乗車をそのまま持って帰ったら窃盗になるのに
現状をみるために送ってくれといわれたPDFを盗まれても
窃盗にならないとは、この業界は結構、邪悪なんですね・・・

皆様はクライアントに鮮明な状態の見本をみたいといわれた場合
どのよにしてみせているのでしょうか?
うちの会社をPDFで送っています

お礼日時:2008/10/31 12:30

貴方がそのデザインを独自のものとして登録商標した場合、そのクライアントは罪になります。

そのデザインをもうその人に譲るという気持ちで登録商標しなかった場合罪になりません。クライアントが罪になるのは貴方がそのデザインを独自のものとして相手より先に登録商標する必要があります。登録商標しさえすれば自分のものだと言い張ることもできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当社はデザインの依頼を請けて印刷物を作成したり、パンフレットやポスターなどを作成しておりまして、クライアントからの依頼に応じたデザインを作成します。
ですので登録商標などをする事はほとんどありません。
他のデザイン会社さんは作成したデザインを商標登録するのが普通なのでしょうか?
であれば社長にいってみようと思います。

お礼日時:2008/10/31 01:13

契約結んでないなら著作権侵害になるんじゃない?


だって「契約によってそのデザインを譲渡」したわけじゃないんだから。
体よくタダでデザインさせて使ってるって事だよね つまり。

ただ、具体的な訴状はどうなるのかは専門家じゃないのでよくわからない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うちの会社は、大口のクライアントからのお仕事は都度契約を取り交わさずに月末にまとめて請求書をつくるといった流れでした。
一ヶ月くらい相手の担当者とやりとりして一生懸命作ったデザインで先方も喜んでくれていました。
うちの社長には怖くていえません・・・
私がPDFでデータをおくっちゃったのが悪いので会社を首になったらと思うと・・・
今の会社が好きなので・・・
本当に悔しいです。

お礼日時:2008/10/31 01:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサイトのデザインやコンテンツを盗まれた

個人でウェブサイトを作って公開しています。ある日、自分のウェブサイトとデザインがほとんど同じサイトを発見しました。

レイアウト、案内などの文章、デザインはほとんど同じでわずかに配色だけ変わっていました。CSSはそのままコピーして(著作権コメントだけ消されて)使用されていました。また画像はデザインはそのままに作り直されていました。
どこかで「HTMLなどは著作権法が適応されないが、画像は適応される」という文章でもみたんだと思います。

また「サイトポリシー」や「ローカルルール」などはほとんどの文章がそのままコピーされていました。このサイトのほぼすべてのページが僕のサイトのデザインをコピーした物で、律儀にもオリジナルのエラーページまでそっくりそのままコピーされていました。

またこのサイトを発見した次の日アクセスしてみたところ「Forbidden」エラーでサイトが見られなくなっていました。公開PROXYを利用したところ正常にみられたようなので、おそらくコピー元サイトの管理人に気づかれたとわかり、アクセス拒否したのだと思います。

著作権法違反うんぬんという類の話はしません。ただ、人のコンテンツを盗んで作られたサイトを閉鎖し、本人に反省してもらいたいのですが、どのような方法で、どのような内容で、どこにアクションすればいいのでしょうか。アドバイスいただきたいです。

個人でウェブサイトを作って公開しています。ある日、自分のウェブサイトとデザインがほとんど同じサイトを発見しました。

レイアウト、案内などの文章、デザインはほとんど同じでわずかに配色だけ変わっていました。CSSはそのままコピーして(著作権コメントだけ消されて)使用されていました。また画像はデザインはそのままに作り直されていました。
どこかで「HTMLなどは著作権法が適応されないが、画像は適応される」という文章でもみたんだと思います。

また「サイトポリシー」や「ローカルルール」な...続きを読む

Aベストアンサー

これはあくまで私見ですのでお気を悪くなさらないで下さい。

ネットと言うのはそもそもデジタルデータのみが存在する世界です。
このデータというヤツは、いくらでも複製・変造が可能な代物ですので,ネットに自身の著作物を公開する際は,こうしたリスクがある事を承知の上で行う必要があると私は考えます。
ましてネット上ではお互いの顔を見る事は出来ません。顔を見なくて済むと分かると,こうした輩は増長するのが基本の対応です。何せWinnyなどのファイル交換ソフトが大流行する時代ですから,他人様のデザインをそっくりそのままパクってしまう事など、彼らにとっては日常の所作の延長に過ぎないのです。

事実,以前に私が公開していたサイトが,とある個人のパソコン内に取り込まれていたことがあります。
そのサイトにはアクセスログをとるタグを仕込んであったのですが、ある日,明らかに私のマシン以外のローカルマシンからのアクセスの記録が残っており,ホスト名からアクセス元を割り出し,メールにて「これは何だ?」と問い合わせた事があります。
アクセス元は,とある教育現場の生徒のパソコンからで,何でもその生徒さんが「Web制作の資料用にダウンロードしたものらしい」との事でした。

こういう事がありますので,例えば掲示板などで会員を募り,募った人にだけID+パスワードを知らせ,これによるアクセス制限をかけるとかでもしない限り(方法は知りませんが),このような事態を防ぐ事は不可能と考えても良いでしょう。

この手の輩は反省などしません。する気もありません。未来永劫に渡り,生きている限りはまた同じ事を繰り返すでしょう。不特定多数を相手にWebにサイトを公開すると言う事は,残念ですが必然的にこうした輩も招いてしまうと言う事です。

余談ですが、現在私のサイトは自宅サーバにて運営していますが,運営開始直後から,明らかに「踏み台探し」と思われる不審なアクセスが散発的に来ています(その殆どは中国や台湾などからです)。

まだまだネットは安全な世界とは言えないようです。

これはあくまで私見ですのでお気を悪くなさらないで下さい。

ネットと言うのはそもそもデジタルデータのみが存在する世界です。
このデータというヤツは、いくらでも複製・変造が可能な代物ですので,ネットに自身の著作物を公開する際は,こうしたリスクがある事を承知の上で行う必要があると私は考えます。
ましてネット上ではお互いの顔を見る事は出来ません。顔を見なくて済むと分かると,こうした輩は増長するのが基本の対応です。何せWinnyなどのファイル交換ソフトが大流行する時代ですから,他人様の...続きを読む


人気Q&Aランキング