痔になりやすい生活習慣とは?

源泉税の有無についてわからず困っております。

ある通訳さん(Aさん)にアメリカ国内での通訳の仕事を依頼いたしました。
Aさんはアメリカに一時滞在しておりますが
実際は日本居住者であり、日本居住者として税務処理をされています。

この場合、居住者である為源泉税は発生すると思うのですが…
今回の仕事は日本でなく、海外で行われたものであるので
源泉税は発生しないと意見がわかれて困っております。

国税庁の源泉税のあらましを読みましたが
源泉税が発生!という確たる文面が見つからず困っております。

お手数ですがご意見願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

NO.3の方への補足ですが、平成19年(2007)7月1日以降、国内において


支払われる通訳料については、源泉徴収の対象となっています。
参照されているのが、平成18年の『源泉徴収のあらまし』なので
通訳料は除外となっていますが、平成19年6月の『あらまし』の「税制改正等の内容」をご覧ください。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …
    • good
    • 0

#3です。



済みません。回答がくどいので分かり難いと思います。全面的に書き換えてスッキリさせます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(回答)

居住者であるAさんに支払う「通訳の報酬」は、その報酬の源泉が国内であるか国外であるかに関係なく、源泉徴収の対象になりません。根拠は、次のサイトです。

国税庁HP>>第5 報酬・料金等の源泉徴収事務http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

従って、Aさんに支払う通訳の報酬から源泉徴収する必要はありません。
    • good
    • 1

先ず、



所得税法
(課税所得の範囲)第七条  所得税は、次の各号に掲げる者の区分に応じ当該各号に掲げる所得について課する。
一  非永住者以外の居住者…すべての所得
二  非永住者…第百六十一条(国内源泉所得)に規定する国内源泉所得(以下この条において「国内源泉所得」という。)及びこれ以外の所得で国内において支払われ、又は国外から送金されたもの

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆Aさんが永住者の居住者である場合:

所得の源泉が国内であろうと国外であろうと全ての所得が課税対象になります。

しかし居住者に支払う通訳の報酬の場合は、永住者か非永住者かには関係なく、

国税庁HP>>第5 報酬・料金等の源泉徴収事務
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/g …

にある「1 第204条第1項第1号の報酬・料金」の一覧表では、源泉徴収の対象になりません。

従ってAさんに支払う通訳の報酬から源泉徴収する必要はありません。


◆Aさんが非永住者の居住者である場合:

所得の源泉が国内であろうと国外であろうと全ての所得が課税対象になりますが、ただし、国内で支払われるものに限ります。

しかし、この場合も、上と同じ理由で、Aさんに支払う通訳の報酬から源泉徴収する必要はありません。
    • good
    • 1

税務署の源泉所所得税部門に聞くのが間違いありませんよ。



居住者に仕事を依頼し、給与を支払うのは日本国内の企業ですから、源泉徴収すべきだと思います(私見)。

仕事自体を海外をしたときに源泉徴収しなくていいとなるとですね、極端な事をいえば、南極派遣隊の給与は税金を徴収しなくてよくなるわけです。

そう考えると、源泉徴収すべきだと思います(私見)。

当局に確認してみるのが一番だと思います。
    • good
    • 0

普通は源泉の場合、居住場所でなく仕事場所での税務処理になると思いますよ。


その方が海外で仕事をし源泉が発生した場合、その国の法律にのっとって税金の支払いをすることになります。
ただ その経理処理を日本で行うことも出来ます。
でもアメリカの2倍ですからね 日本の源泉税は なので お金儲けをしてる方々、税率の低いところに事務所持って行きます。
大橋巨泉さんが良い例ですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

遅くなってしまい申し訳ありません。
ご回答どうもありがとうございました。
仕事場所での処理になるのですね、勉強不足でした。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/06 14:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外国の方への謝礼の源泉税

今度、外国の方へ謝礼として20万円支払うことになりました。
この方は、日本在住ではなく海外在住ですので
非居住者となります。
こいう場合も、源泉をひかなければならないのでしょうか?
引くとしたら20%でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

外国人の方への報酬等の支払いに関しては2種類の手続きができます.

1.ご指摘のように20%課税する.
2.租税条約に基づき免税手続きをする.

1はその通りであるからいいとして,2について簡単に説明します.
2は参考URLにある書類の作成が必要になります.
このとき,「謝礼」と書かれているものが,どのような内容のものであるかによって書類や適用条項が違いますので注意が必要です.

また,租税条約の対象国であるか否かについても確認が必要です.
来年から英国が対象外となるなど,これは変動があるものであすから,届出先の税務署(源泉税の支払先として登録してある税務署)に問い合わせてみるといいでしょう.
このとき確認しておくべきことは,受け取られる方の課税国はどこかということです.パスポートに書いてある国籍や現住所としてあるところと課税国が違うこともありますので本人に確認し,課税国が対象か否かを税務署に問い合わせます.

この書類は,支払日以前に受理されていることが必要です.
郵送等で届いただけではダメです.
しかも,本人のサインが必要なので少々やっかいです(通常は当日しかもらえない).
勝手に日付をずらしたりすると,何かのときにパスポートの国内在留期間を確かめられたときに問題になります.

実際のところは,FAXなどで本人の租税条約の書類を受け取り,事前に提出し,後日関係書類原本を出すことで了解してくれる場合もありますので,対象国の確認とともに税務署に確認してみるのがいいでしょう.
もちろん,郵送などで事前に記入済み書類が入手できることがベストです.

なお,20%課税する際には,領収書の入手できない交通費,宿泊費についても一律に課税するようになっていますので注意が必要です(在来線等は除く).

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/mokuji2.htm

外国人の方への報酬等の支払いに関しては2種類の手続きができます.

1.ご指摘のように20%課税する.
2.租税条約に基づき免税手続きをする.

1はその通りであるからいいとして,2について簡単に説明します.
2は参考URLにある書類の作成が必要になります.
このとき,「謝礼」と書かれているものが,どのような内容のものであるかによって書類や適用条項が違いますので注意が必要です.

また,租税条約の対象国であるか否かについても確認が必要です.
来年から英国が対象外となるなど...続きを読む

Q通訳の報酬4万円の場合に源泉徴収は必要かどうか。

通訳の報酬4万円の場合に源泉徴収は必要かどうか。

通訳の報酬として当社役員が通訳さんに4万円支払いました。
この方への支払は当年中は1回きりなのですが、5万円未満でも源泉徴収が必要なのでしょうか。
必要な場合は、すでに4万円を支払済みなので、報酬額は44444円、源泉徴収額が4444円となるのでしょうか。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

税理士です。

はじめに確認。
その通訳(本人またはその所属)は個人ですね。もし法人なら源泉徴収は不要です。

個人であれば報酬がいくらであっても源泉徴収は必要です。

50,000円未満は不要というのは支払調書の提出です。誤解されませんように。

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

Q外国法人への外注で生じる源泉徴収税

外国法人(日本国内に支社等なし)へ業務を依頼する予定です。
日本国内で源泉徴収義務が生じるような業務内容だった場合、業務終了後の代金(外注費)支払時にこちらで源泉徴収をすると聞きました。
※人的役務の提供
この場合、先方へ源泉徴収税額を知らせるための書類などはあるのでしょうか?(支払調書のようなもの?)

実は、先方の経理担当者から、現地で2重課税を受けないためにそうした書類があるはずだと言われたのですが、こちらは海外取引が初めてなものでよく分かりません。

皆様のお知恵を拝借できればと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おそらく租税条約の締結国との取引であると思われます。相手国がわかりませんので、回答できませんが、租税条約上で取り決めておりますので、それを確認されたほうがよろしいと思います。場合によっては課税されますので注意が必要です。
質問から察するに相手国の会社は課税対象として認識しているものと考えます。二重課税を受けないようにするためには例えば事前に届出をすることもあります。
いずれにしても国際取引は同じような取引形態でも源泉するか否かが分かれる場合があります。その都度確認をする必要があります。

Q海外での通訳の謝礼の税金について

 今度ベトナムで現地の方を通訳としてお願いする予定です。

 その際源泉徴収は必要なのでしょうか。

 必要の際は10%か20%と税率がよくわからずにいます。

 (ちなみに1日20,000円程度の支払いを考えています)

 宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>ベトナムで現地の方を通訳としてお願いする予定です。その際源泉徴収は必要なのでしょうか。

所得税法上の非居住者が国外で行う通訳業務の報酬に対しては、所得税は課税されません。従って、源泉徴収する必要はありません。

Q立替経費からも源泉徴収???

よろしくお願いします。

当方自由業で、発注元から依頼のあった仕事を、経費を立て替えて行い、
領収書を添えて請求書を出すスタイルをとっています。
後日、立て替えた経費とギャラが振り込まれるのですが、
先日、ある発注元からの振込明細を見てみると、
立て替えていた経費からも源泉徴収されていました。

何社かと取引をしていますが、こんなケースははじめてです。
経費からも、源泉徴収されることってあるのですか?

Aベストアンサー

請求書には、領収書を添付するだけで、その立替分は請求金額には含めていないですよね?それでしたら、源泉徴収の対象にはなりません。もし、請求金額に含めているようでしたら、対象にもなり得ます。

ただ発注元の経理で、立替費用を請求金額と一括して扱う(簡単に言えば分けるのが帳簿上面倒)ために、総額で源泉徴収してしまうケースもなきにしもあらずです。

いずれにしても、確定申告の際には、源泉徴収される前の収入金額から必要経費や所得控除を引いて税額を計算し、その税額から源泉徴収された税額を差し引いて納めることになりますので、最終的には答えは同じになります。

Q海外居住者へのデザイン料支払の源泉徴収

米国居住の個人(日本人)にイラストの制作を依頼し、デザイン料を支払うことになりました。この場合、源泉徴収は必要でしょうか。支払の指定口座は、日本の銀行の国内支店口座です。ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

(重要な条文を見落していました。)


所得税法第百六十一条では、非居住者に支払う「国内源泉所得」のうち、所得税を源泉徴収すべきものを掲げ、そのうち第八号に「給与等およびその他人的役務の提供に対する報酬のうち、”国内において行う勤務その他の人的役務の提供”(略)に基因するもの」があります。

よって、もし、次の二条件を満たすのであれば、デザイン料の支払において源泉徴収は必要ありません。
(1)その米国居住日本人が非居住者であること。
(2)国内において行われるイラスト制作作業でないこと。

※給与等:俸給、給料、賃金、歳費、賞与又はこれらの性質を有する給与。

Q個別対応方式の「課のみ」「非のみ」「共通」の見分け

経験の少ない経理担当です。

消費税が、いままでは非課税か不課税か課税の3つだったのに、
来期からは、課税の中をさらに3分割して「課のみ」「非のみ」「共通」に分けるそうです。

最終的には、税理士先生がチェックしてくれるとのことで、
わかる範囲で私にわけておいて、と言われました。
しかしネットで調べてもなんだか難しくてサッパリわかりません。

以前はどれを製造原価にしたらいいかわからない、と聞いたら
「工場で使うもの」だけとりあえず製造科目にしておいてくれたらよい、
と言われ、これは出来ました。

そういう風にわかりやすい基準はないのでしょうか。
とりあえずおおざっぱに、というくらいしか指示されないので、だいたいでいいのです。

そのだいたいすら目星がつかず、質問させて頂きました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

H25年の3月決算より売上高が5億円以上の会社は消費税の95%ルールを適用できなくなります。
御質問者さんが税理士に課税仕入を3つに区分してといわれたのはそれが原因になります。
さて、ある程度消費税の計算方法の知識がないと説明するのも難しいのですが、
この区分は(1)「課税売上対応仕入」(2)「非課税売上対応仕入」(3)「共通仕入」となります。

まずは判りやすい(2)から説明すると、
非課税売上として一般的なものは
1.土地の譲渡、貸付 2.住宅の貸付 3.受取利息などがあります。
(他は一般的ではないですが一応調べて目を通してみて下さい)
これらに直接対応する課税仕入は非課税売上対応仕入となります
例えば、貸住宅のエアコンの設置や外部への清掃費用などが該当します。
受取利息に関しては一般的には非課税売上対応仕入というものは発生しません
受取利息しか非課税売上がない会社については非課税売上対応仕入というものは発生しません

次に(1)の課税売上対応仕入ですが、課税売上にのみ対応する仕入となります。
例えば、工場の電気代、家賃、現場作業員の通勤費、原材料の仕入、外注費等あきらかに課税売上にのみ直接対応する課税仕入がこれに該当します。

厄介なのが(3)の共通仕入になります
土地や住宅の貸付等の非課税売上がない会社については非課税売上というのは普通預金
利息くらいしか無いケースというのは非常に多いです
それでもその数百円の受取利息のために仕入れを区分しなくてはいけません。

(3)に該当するものとしては、事務所の電気代、家賃、文具代、事務員の通勤費等その非課税売上を得るために少しでも影響をうけるものについてはこの区分になります。

やってみると非常に手間もかかり面倒なのですが、この消費税の区分を仕訳毎にすることを要求されています。
会社毎に区分の仕方も違うので、顧問税理士の方もこれはこの区分でという指示がまだできかねているのであろうと思います(決算のときに一気に修正をしたほうが効率がいいですからね)
ですので、利益に与える影響もそれほどはないため期中の仕訳の段階では大雑把にわけておいてくれと言う指示をされているのです

これでもまだ説明は足りないのですが、大雑把に説明するとこんな感じです。

これでもよく判らない場合は、消費税の計算の仕方と95%ルールについて調べてみて下さい

H25年の3月決算より売上高が5億円以上の会社は消費税の95%ルールを適用できなくなります。
御質問者さんが税理士に課税仕入を3つに区分してといわれたのはそれが原因になります。
さて、ある程度消費税の計算方法の知識がないと説明するのも難しいのですが、
この区分は(1)「課税売上対応仕入」(2)「非課税売上対応仕入」(3)「共通仕入」となります。

まずは判りやすい(2)から説明すると、
非課税売上として一般的なものは
1.土地の譲渡、貸付 2.住宅の貸付 3.受取利息などがあります。
(他は一般的ではない...続きを読む

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q委員謝金の源泉所得税について

納期の特例の適用を受けている事業所です。
年4回の運営委員会に出席する運営委員(雇用関係なし)数名に、出席謝金を払う際、10%源泉して会議当日に現金を渡しています。1人当たり年間最大14,000円(1年に4回出席した場合)の謝金ですが、委員が出席出来ない場合、欠席または代理が出席するので、事前に出席者を確認し領収書を準備して出席者に謝金を渡します。
この謝金は報酬になると思うのですが、税務署曰く「○○委員」は謝金でも給料扱いで、委員会のメンバーは[給与所得の源泉徴収税額表 月額表の乙欄]適用、代理出席者は[同 日額表の丙欄]適用になると説明されました。
納付書は[給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書]の、俸給・給料などの欄に含めるということですが、何故報酬扱いではないのか根拠が分かりません。
給与扱いだと今の状態は預りすぎで、すでに預かった差額を納付しないで、各人に返金しないといけないのか? 年末には、報酬・料金の支払調書ではなく、給与所得の源泉徴収票を出すのか? ○○委員とつかない人(例えば監事)は日額表丙欄適用? そもそも委員にも日額表丙欄を適用出来ないのか? 疑問が多く処理に大変困っています。
出来るだけシンプルに考えたいのですが、どなたかご教示ください。

納期の特例の適用を受けている事業所です。
年4回の運営委員会に出席する運営委員(雇用関係なし)数名に、出席謝金を払う際、10%源泉して会議当日に現金を渡しています。1人当たり年間最大14,000円(1年に4回出席した場合)の謝金ですが、委員が出席出来ない場合、欠席または代理が出席するので、事前に出席者を確認し領収書を準備して出席者に謝金を渡します。
この謝金は報酬になると思うのですが、税務署曰く「○○委員」は謝金でも給料扱いで、委員会のメンバーは[給与所得の源泉徴収税額表 月額表の乙欄]適...続きを読む

Aベストアンサー

給与といっているのはたぶん所得税基本通達28-7を適用しているのだと思います。ただし書き出し部分からすると、これは国と地方公共団体の場合に限って適用されるように思われますので、質問の事業所に適用されるかどうか疑問ですが。
給与に該当するのであれば原則として乙欄になるでしょう。丙欄の適用はその日だけ採用する人に適用されるものですから、代理としてその日限りの人には適用できるでしょうが、委員や監事として一定期間任命されている人に対する支払いであれば丙欄が適用される余地はないと思います。
預り金をどうするかは、これまで税務署に納めた分をどうするかということにもかかわるので、還付してもらえるかどうか税務署に確認したほうがいいでしょう。少なくともまだ税務署に納めていない分は返すことになるんだろうと思います。

 
所得税基本通達28-7(委員手当等)
 国又は地方公共団体の各種委員会(審議会、調査会、協議会等の名称のものを含む。)の委員に対する謝金、手当等の報酬は、原則として、給与等とする。ただし、当該委員会を設置した機関から他に支払われる給与等がなく、かつ、その委員会の委員として旅費その他の費用の弁償を受けない者に対して支給される当該謝金、手当等の報酬で、その年中の支給額が1万円以下であるものについては、課税しなくて差し支えない。この場合において、その支給額が1万円以下であるかどうかは、その所属する各種委員会ごとに判定するものとする。

給与といっているのはたぶん所得税基本通達28-7を適用しているのだと思います。ただし書き出し部分からすると、これは国と地方公共団体の場合に限って適用されるように思われますので、質問の事業所に適用されるかどうか疑問ですが。
給与に該当するのであれば原則として乙欄になるでしょう。丙欄の適用はその日だけ採用する人に適用されるものですから、代理としてその日限りの人には適用できるでしょうが、委員や監事として一定期間任命されている人に対する支払いであれば丙欄が適用される余地はないと思...続きを読む


人気Q&Aランキング