ヘマトフィリアってどんな人がなるんですか?
幼児期の虐待とかゲイのように母親のストレスとかですか?
また、カウンセリングして治るものなんですか?
例えば血を飲むとイライラが収まったりし
血を飲めないときは集中力がきれて頭痛がしたりするんですけど 
こんな症状ってヘマトフィリアに当てはまるんですか?

A 回答 (1件)

参考になるものがあると思います。


精神病 or 特異体質
http://ghost.lib.net/deep/black/sick.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あれお礼書いたと思ったのに書いてなかったけ?
じゃ 再び⇒このHP時に行った事あります(^^v
しかも、ここに書いてある女の人みたく危なくはありません(笑)
この質問答えてくれる人いないな~(T_T)
有難うございます(^^b

お礼日時:2001/02/26 18:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q児童虐待でよく、母親が”あんたなんかいらない”とか、”産まなきゃよかっ

児童虐待でよく、母親が”あんたなんかいらない”とか、”産まなきゃよかった”と言う人がいますが、それなら自分の実家や夫の家やそれなりの施設や養子に出すなどすればいいのに、と私は思うのですが、それでも自分で育児をするのはどういった心理なんでしょう?やはり少しでも残っている母性なのでしょうか?それとも単に養育費や子供手当て目当てでしょうか?

Aベストアンサー

同様のことを言う母親が100人いれば100通りの理由・原因のあるケースバイケースのことだとは思いますが、多くは「機能不全家族の連鎖」つまり母親自身が自分を認めて欲しい、分かって欲しいという気持ちの表れでしょう。この場合、何かがトリガーになって出てくる「反応」なので、その言葉を発した母親自体が後で言ったことを覚えていないケースもあります。

自分で言っているのに覚えていないなんて通常の感覚では考えにくいですけれど、カウンセリングの現場にいるとそういうことも珍しくないようです(わたし自身は、身近な人で実際に本人が「覚えていない」状況を経験したことがあるだけで、そんなに多くの事例を持っているわけではないです)。

いずれにしろ、養育費目当てという恣意的な場合を除けば、多くの場合の原因はお子さんではなく母親(の多くは子ども時代に適切な愛情を受けられなかったこと)にあると思いますよ。

Q血のつながった父親がいる家庭と血のつながりがない父親がいる家庭では子供にどんな影響がありますか?

血のつながった父親がいる家庭と血のつながりがない父親がいる家庭では子供にどんな影響がありますか?

Aベストアンサー

関係が良ければいいが、そうでなければ、子どもは自分の捨てられるのではないか、これから結婚しても離婚するんじゃないかとほとんどの子が吐露していたね。ま、グレたほうが素直で普通だからね。

Q上から目線とか見下すとか、が気になる人の性格を教えてください。

上から目線とか 見下すとか、
そんなことが気になる人って
どのような性格の人物なのでしょうか。
また、どのような生育環境から
そのような性格が生じると考えられますか。
お教えください。

Aベストアンサー

こんばんは。
興味深い話題でしたのでちょっと考えてみました。
ご質問の意図とはズレるかもしれませんが、
あっちこっちから眺めてみました。

1.見下す人について
2.見下されていると感じる人について
3.見下されることが気になる人について
4.「見下されていると感じること」が気になる人について


★まず、「見下す」「軽蔑する」「侮辱する」というのは非生産的な行為ですから
そのようなことをする本人が「自分の損得を考えて」「意図的に」しているとは思えません。
何か、本当に自分が求めているもの、したいこと、するべきこと、などの代償として、
方法を間違えて、やむを得ず、しているのではないかと思います。

★本当に求めているもの、というのは、おそらく
「承認」「肯定」「賞賛」、
「自分の存在には価値がある」という感覚
「自分は歓迎されている」という感覚、ではないかと思います。

★では、なぜこのような非生産的な方法を使わざるを得ないのか、というと、
このように「求める」ことを「いけないこと」だと思い込まざるを得なかった、あるいは、
「求めている」ことを「表現する」ことを「いけないこと」だと思い込まざるを得なかった、
ということになると思います。


★ここで少し「コンプレックス」について考えてみたいと思います。
自分が望ましくないと思って抑圧した感情は「コンプレックス」となって心に溜まります。
「コンプレックス」というのは「劣等感」だけではなく、
自分では意識していない心のなかの「わだかまり」「執着」のことをいいます。
ユングの精神分析学では、
「抑圧された感情や欲求は、他者の中に投影される」とされています。
つまり自分ではなく相手のほうがその感情を持っているように感じる、ということです。

たとえばこのような感じです。

ケース1:百合子ちゃんは薔薇子ちゃんを恐れています。
薔薇子ちゃんには話しかけることもできず、声をかけられそうになると逃げます。
でも百合子ちゃんは、自分が薔薇子ちゃんと仲良くなれないのは、
「薔薇子ちゃんがアタシのことを嫌ってるからよ。」と言うのです。
(この場合、アタシ実は薔薇子ちゃんが怖いの....と誰かに話せるとよいのでしょうね。)


★なぜこのようなことをお話ししたのかというと、
「見下されていると感じる人」は、たいてい、自分が「見下している」、あるいは
なんとかして「見下そうとしている」のではないかと思うからです。
「見下す」ことによって、人の価値を下げ、自分の価値を感じるために、です。
他人との差を重視する人の中には、にわか的な優越感に浸らざるをえない
「優越感コンプレックス」に陥って、周囲の誰よりも抜きん出ようとして、
異常なほどの努力をする人もいます。

★では、なぜ他者より優位に立とうとせざるを得ないのかというと、
過去に「劣位」であることを強要され、それが正しいと思い込まされつつ、
そのことを「理不尽」と名づけることもできずに、
「優位」の人に従ってきたからではないかと思います。
このような状態が長く続くと、
「優」でない者は「劣」であり、
「劣」にならないためには「優」にならなければならない、と考えるようになります。


★しかし、ある程度「優でありたい・優になりたい」と望むのは自然なことです。
アドラーは「人間であるということは、自分が劣等であると感じることである」と述べています。
劣等感を持つこと自体は、なんら害はなく、むしろ持っていて当たり前です。
しかし、劣等感を持つことに妙にこだわったり、
劣等感を素直に認めることができないと、
たとえば「怒り」などの別の武器に化けて他人や自分を傷つけることがあります。
これが「劣等感コンプレックス」です。



話があちこちに飛んでまとまりがなくてすみません。

まとめます。
見下されていると、いつも感じている人は、おそらく、
自分が他人を見下しがちな人、だと思います。

こんばんは。
興味深い話題でしたのでちょっと考えてみました。
ご質問の意図とはズレるかもしれませんが、
あっちこっちから眺めてみました。

1.見下す人について
2.見下されていると感じる人について
3.見下されることが気になる人について
4.「見下されていると感じること」が気になる人について


★まず、「見下す」「軽蔑する」「侮辱する」というのは非生産的な行為ですから
そのようなことをする本人が「自分の損得を考えて」「意図的に」しているとは思えません。
何か、本当に自分が求...続きを読む

Q顔と性格に関係はない、とある人に言われたのですが、本当にないのですか? 相貌心理学とか顔相〜だとか調

顔と性格に関係はない、とある人に言われたのですが、本当にないのですか?
相貌心理学とか顔相〜だとか調べればたくさん出てきますが、「関連性はない」と書かれているものはみたことがありません。

Aベストアンサー

> 「関連性はない」と書かれているものはみたことがありません。
★ 海とエベレストとに関連性はないと書かれているものを探すのは大変です。目つきと手先の器用さについて関連性はないと書かれているものを探すのも大変です。

> 相貌心理学とか顔相〜だとか調べればたくさん出てきますが、
★ 外見、体つき、顔貌、表情、目つきなどは、多くの人がまず注目する対象です。優しそう、誠実そう、内気そう、明るく朗らか、陰険・陰湿、きつそう、哀しそう、厳格で厳しそう、意欲的、無気力、理知的と顔貌をみて表現することも多いです。 相貌、顔つきを部位別にみたり、バランスでみたり、緊張度や硬軟、色合いでみたり、関心が寄せられるのも多いです。

> 性格に関係は
★ 性格ってなんのこっちゃ、、、 「性格」ってものに関心が高いのはわかるけれど、何が性格で、何が性格でないか、性格をどう区分できるか、一人の人間には一つの性格が帰属するのか、4つ5つと数種類の性格が帰属するのか。 体重や記憶は日々に変わるし、喜怒哀楽や活動性や気分、外向内向、イライラや優しさのような状態も、数ヶ月同じ状態が続くことはめずらしい。 性格を変える、性格が変わったという表現も多く使われる。 性格について、きちんと表現することは難しい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%A7%E6%A0%BC そんな曖昧なままでは、「性格と関係が(ある/ない)」を述べること自体に無理があるでしょう。

> 顔と性格に関係はない、とある人に言われたのですが、本当にないのですか?
★ 「顔と性格に関係がある」ということを言うのは簡単ですが、《どのように顔を区分し、どのように性格を区分し、ある期間の中で"同じ状態に"顔と性格がなっている》と確認し記述するのは、かなり無理があるし、その記述を読んだ十人が似た理解をしうち5人以上が納得するのは、かなり困難でしょう。 「顔と性格には関係がない」と言うのは簡単ですが、実感や日常で、顔をみて相手について何らかの推定をするというのを止めるのはかなり無理かあります。 
  ~~~  ~~~  ~~~
別に研究したり主張したりする人の行動を貶すつもりはないけれど、、、、
顔つきと実体(実態、態度、対人傾向、行動傾向、思考傾向)とを調査するのは難しいし、ある個人が他人の顔をどう読んでいるのかを確認するのはもっと難しいです。 そうなると、《顔をみて相手の性格が読めるのか》を調べるのは、ほぼ無謀としか言えないでしょう。
http://www.psych.or.jp/meeting/proceedings/72/poster/pdf/3pm172.pdf
https://www.jstage.jst.go.jp/article/fss/25/0/25_0_22/_pdf

> 「関連性はない」と書かれているものはみたことがありません。
★ 海とエベレストとに関連性はないと書かれているものを探すのは大変です。目つきと手先の器用さについて関連性はないと書かれているものを探すのも大変です。

> 相貌心理学とか顔相〜だとか調べればたくさん出てきますが、
★ 外見、体つき、顔貌、表情、目つきなどは、多くの人がまず注目する対象です。優しそう、誠実そう、内気そう、明るく朗らか、陰険・陰湿、きつそう、哀しそう、厳格で厳しそう、意欲的、無気力、理知的と顔貌をみて表...続きを読む

Qすぐに「あいつ、ヤクザ」とか言う人って、どういう人物なんでしょうか?

すぐに「あいつ、ヤクザ」とか言う人って、どういう人物なんでしょうか?

 あと、「筋がいい」とか。「使える」「使えない」とか。

何で、こんな言葉を使ってしまうのでしょうか?

 まさか、その人が、ヤクザ(だった)とか?


 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

確かに私の周りにもそういう方がいます。
単なる極度の偏見の持ち主かと思います。
後は、自己洞察力を周りにアピールをしたい方なのでしょう。
まぁ性格はどちらかというと、悪い。

言葉遣いも、「筋がいい」は良しにしても「使える」
「使えない」という言葉を言う輩は許せませんね。
天罰を与えたいものです。
私もどういう心理状態で言っているか、ききたいものです。
ただ単にいきがってるか、真面目に国語授業を受けなかった
大馬鹿者でしょう。

最近は、言葉遣いを間違っている方々が多く見受けられます。
私自身も人と話すことがあれば、言葉を選んで喋ってますが
なかなか難しいものです。
若者達も流行っているから、皆が使っているからといって、
間違った言葉遣いを多用しています。
そんな時に周りの大人が注意して正せば、なくなるのでしょうが・・・。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報