ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

結婚後、実家から引っ越しをしましたが、
現在、歯周病の治療で、今住む自宅から電車で1時間半かかる場所の
歯科に約2~3週間に一度の割合で定期的に通院しています。
(昔からのかかりつけ医院)

しかし本日、突然、過去に治療していた虫歯の詰め物がとれてしまい、
素人の私が見ても歯の状態が良くなかったため
急遽、近くの歯科に診てもらいました。
(こちらの歯科はかかりつけではないですが、以前、1度診てもらったことがあります)

予想通り、詰め物がとれたあとの歯の内部は、
虫歯の進行が大変ひどく、医師からはすぐにでも治療をするように
言われ、その場で虫歯の治療をすることにしましたが、
1週間後には歯周病の治療で、実家の近くの歯科に
行かなければなりません。

現在どちらの歯科医院も保険治療ですが、
歯科医院のかけもちはよくないでしょうか?

もしくは、先に虫歯の治療を終了させてから、
かかりつけの歯科医院で歯周病の治療を進めたほうが
良いでしょうか?

まだ、どちらの歯科医院にもかけもちをしていることは
伝えてない状態です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.3でコメントした者です。



(1)「虫歯」の方はいかがですか?
 「歯周疾患」は落ち着いている様なので、症状がひどい「虫歯の治療」を
 「まずは第一」に考えて下さい。

(2)A歯科に「愛着がある」のなら事情を話して、多少無理をしてでも「虫歯治療」に通いましょう。
 「予約状況や治療内容」によっては「同時進行」で「歯周病も治療」してくれるかもしれません。

(3)B歯科で「虫歯治療」完了後、A歯科で「歯周病治療」する事は可能だと思いますが

 【短期間に】 A歯科→B歯科→A歯科の場合
 「診療報酬請求の全額」は認められず、A歯科かB歯科、もしくは両方に「損失が出る」でしょう。
 「紹介状が出されて通院した訳でもない」ので、おすすめしません。

  両方に事情を説明して承諾されたとしても(まず、ないでしょう)
  No.4の方が指摘されているように、後々「トラブルになる恐れ」があります。
 「どちらか自費」もしくは「どちらも自費」なら「問題ない」と思います。

(4)とりあえず「かかりつけ医」のA歯科に相談して下さい。


<表現として正しいか分かりませんが>
通い慣れたヘアーサロン → かかりつけ歯科
美容師は髪のコーディネイトに関するプロ → 歯科医は口腔内疾患のプロ
うざい前髪を自分でカットすると必ずばれる → 応急処置は必ず分かる
傷んで伸びきった髪をカットしてからヘアカラー → 痛む虫歯を優先してから歯石除去

美容室bでカットのみ、直後に、美容室aでヘアカラーのみ → B歯科で虫歯治療終了、直後に、A歯科で歯周病治療
シャンプー・ブローが重複するが、代金はそのまま請求 → 短期間に重複した検査は不正とみなされ損失となる 
カットしてから3ヶ月経過したので、またカットする事態になった → 口腔内環境も変化したので検査は必要と認められる

歯科は、美容にも関係するサービス業でよく似ていますが
命を預かる事もある、医療機関なのです。
患者さんの負担を軽くして、公正な医療を提供している健康保険制度と
お客さんの希望を叶えれば、全額請求できるヘアーサロンとはシステムが違う事を理解して下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ご回答いただきありがとうございました。

A歯科かB歯科かをよく考えた上で、
治療をすすめていきます。

お礼日時:2008/11/11 06:31

医科とは異なり、歯科は歯周病も虫歯も一つの治療単位として扱われます。


医科では、耳鼻科と内科を別の病院で受ける事ができますが、歯科は歯科で一つの科目なのです。
従って、抜歯や保険適用の矯正などで紹介した場合を除き、基本的に複数の医院に通うことはできません。
それに国の方針では基本的には歯周病を終えてから虫歯治療に入るように指導しており、複数の病院にかかるという事は歯周病と虫歯治療の両方が同時に行なわれる事になって、不合理です。
国では歯科に関しては、複数の医院にかかる事は、全く想定していないのです。役人にとって想定していないという事は、基本的に認めないという解釈だと考えて良いと思います。

例外的に、急性発作で他院を受診した場合には、応急処置や抜歯についてのみ認められています。でも、受診したから最後まで行かなければならないという制限はありません。
ですから、かかりつけの歯医者に事情を話し、併せて処置して貰うのが適切な方法ですし、歯医者なら急患への対応は説明されるはず(特に歯科医師会では休日急患の制度がありますから)なので、そのことは承知しているはずです。
かかりつけがある事を知りながら、自院での治療を勧める事は常識的に考えておかしいです。
ひょっとしたら歯科医師会や保険医協会に入っていないのではないでしょうか。だとすれば、その辺の対応を知らずに居るのも納得できます。

対応は自治体で異なりますが、厳しいところでは一方の医院の保険請求を拒否したり、保険者(国や会社)が、歯医者に保険料を支払った後に、患者さんに一方の7割分を請求したという例を聞いた事があります。

医院の選択は患者さん本意なので、一方の治療を終えてからもう一方に変える事は可能で、虫歯、或いは歯周病治療を終えた時点での転医は可能です。
転医は必ず一方を終了あるいは中止して換わるものです、

近年では保険診療の締め付けが強くなっており、前の歯医者の治療内容を伝えないと、保険が使えなかったり、後で自費を請求される可能性もあるので注意して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございました。

歯科と保険診療の件でご説明いただき参考になりました。
再度良く考えてから、今後の治療をすすめます。

お礼日時:2008/11/11 06:29

歯科衛生士で受付もやっています。



「かけもち」すると「口腔内検査・レントゲン撮影」などが「重複」して「患者負担」が増えます。
「歯肉だけ歯1本だけ」を診る訳にはいかず「口腔内全体」で診断するからです。
「重複」すると歯科医にとっても「不正」となり「歯科医師会」から「保険請求」を断られます。

「歯周病」の治療をしている「昔からのかかりつけ医」をA
緊急で「虫歯」の治療をしてもらった「歯科」をBとします。

(1)No.1の方と同意見
 Aに行けば、すぐに気付かれ『あれ、とれちゃったんだね?』と言われる程度です。
『飛び込みで他院に行っちゃいました』で、何の問題もありません。
「歯周病」と並行して「虫歯」も治療してくれます。

(2)「引越した為、やっぱり通いきれなくなった」とAに電話して
 近所にあるBで「虫歯」と「歯周病」を治療する。

 春先などは、よくあるケースです。
 本当の理由を告げなくても大丈夫です。
 
 「歯周病」は緊急性がなく「定期的」に治療すればいいので、なんとか「通院」できると思いますが
 実家の近くで都合がいい、とか「歯周病治療」の評判がいい、とか特に「メリット」がなければ
 自宅からは遠いのですから、このまま「転院」しても良いのではないですか?
 
(3)「虫歯の進行」が大変ひどい、という点が、気にかかります。
 Aに電話で事情を話せば「虫歯治療」を優先的にする為に「予約変更」してくれる場合もあります。
 Bは「虫歯」がまた「緊急事態」になった時にも、すぐに対応出来るので「安心感」があります。
 
今後どちらを「かかりつけ医」にしたいか?によって、対応も違ってきます。
「歯科医」は「サービス業」ですから「患者さんの気持ちが第一」です。
「受付」や「歯科医」に気軽に相談して下さい。
それで「むくれる」ような医院には、行かなくて正解です。

この回答への補足

ご意見ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

実は、A歯科での歯周病治療が、残り3回なので(保険治療6回中のうち)
残り3回の治療が終了次第、転院も考えておりました。
A歯科は私の中では、昔から信頼してきた歯科医なので、
残り3回の治療を突然転院するのも、少し気が引ける感じです。


A歯科で歯周病治療。
B歯科で虫歯治療。

という同時治療では保険治療の関係で、
“「保険請求」を断られます”ということですよね?

歯周病の方は、すでに3回の治療と歯磨き方法で
かなり改善されてきたので、とても満足してます。

今は、B歯科で虫歯を治療し、その治療が終了後に
A歯科で歯周病治療というのは可能でしょうか?

個人的な思いのため、
A歯科で歯周病治療を終えたいのですが、
2つの歯科で保険治療が難しいとのご指摘を受けたので
まずは、緊急性のある虫歯治療に専念した方がよろしいでしょうか?

補足日時:2008/11/04 21:44
    • good
    • 0

現在、歯の治療を受けているものです


歯医者にはいろいろとルールがあるようで
かけもちとか、他の医院で治療を継続の場合の変更は3ヶ月後しか受け
られないとか、いろいろと歯科医師会よりと壁に張り出してありますね。
歯医者には技量が付き物ですから簡単に変更できないルールを
決めているようです、それを守っているかどうかはわかりませんが
一度どちらかの医院にお尋ねになったほうがよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/11/04 21:20

律儀な方ですね。


正直に伝えるか、黙っているか。
どちらでもいいのでは?
あちらプロが診れば、虫歯治療でなくても分かりましょう。
確かに気分のいいものではないでしょうが、危急性があった治療だったのですから、
貴方の気持ちが晴れるならその旨申し出ればいいと思います。

歯医者とはいえ客商売です。
消費者(患者)がそこまで気を遣う必要はあまりないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/11/04 21:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング