こんにちは。
私は4年ほど前にかったWIN95の古いマシンを
使っていますが、あまりにも遅くメモリ(DRAM)を増設しようとかんがえています。
が、メモリの適合がよくわかりません。
メーカーのHPをみても古い機種のため適合表にでてきません。パソコンのカタログでは以下の仕様が適合する
とかいてあります。
72ピン、32ビットまたは36ビット、60NS、
スズ・リードコンタクト、高速ページ・モードまたは
拡張データ出力(EDO)、バッファーなし、DRAM
とのこと。
で、某メーカーの製品は

>72Pin・With ECC・EDO DRAM SIMM・60ns・5V
でした。
私のパソコンにこれは適合しますか?

とくにお聞きしたいのが、
某メーカーのHPにはパリティーチェック有り、無しということやバッファー云々のことはなにも書いていないのですが、それらの有無はどちらでもいいのでしょうか?


また「高速ページモード」ってなんなんでしょうか。
EDOには高速EDOと単なるEDOがあるようですが
どちらでもいいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あんまり自信ないです。

メーカーのサポートに電話すると、より詳しくわかるかもしれません。

と、前置きをした上で、多分OKでしょう。
「ECC」の部分がキモですね。
「バッファなしで、32bitもしくは36bitが使える」ということは言い換えれば、ECC(エラー訂正機能)が付いてても付いてなくても動作するってことです。

一般にECC(エラー訂正機能)つきのメモリは価格がより高いので、ECC有りにするかECC無しにするかは懐具合と相談して決めることになります。

バッファの有無については、バッファつきの奴は、「バッファ有り」と明記されているはずですので、何も書いてなければ「バッファ無し」です。(「バッファ有り」の奴は、かなり高かったように記憶しています。)

高速EDOについては、不勉強につき、分かりません(汗)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。

結局、いろいろなサイトでしらべたところ
ECCについてはわかりました。
ECCとはおっしゃるとおりエラー修正機能つきの
エラーチェック機能みたいです。

またなにかありましたらよろしくおねがいします。

お礼日時:2001/02/26 03:29

おそらく問題はないと思います。


パリティ有り/無しについては、カタログ記述の中の「32ビットまたは36ビット」の部分がそれに当たりますから(32ビット=パリティ無し、36ビット=パリティ有り)、両方対応していると考えていいんじゃないでしょうか。

あと、「高速ページモード」というのはDRAMの種類の一つ(FastPage DRAM)のことです。
72pinのSIMMの場合はFastPage DRAMとEDO DRAMの2種類が一般的に使われており、EDO DRAMの方が若干高速だと言われていますが、実際のところ違いを体感することは難しいです。(ベンチマークで数%差が付く程度)

この回答への補足

さっそくの回答ありがとうございます。
>32ビット=パリティ無し、36ビット=パリティ有り
なるほどよくわかりました。
実はパソコンのマニュアルがいいかげんなことが判明し、
あるページには質問でかいたように、適合メモリが
かいてあるのですが、別のページをみると
32ビット(36ビットとは書いていない)で、
バッファーについては何も記載されていませんでした。
この場合、購入すべきメモリのパリティーの有無、バッファーの有無はどうなるのでしょうか?
とりあえず両方とも有りのを購入すれば安全なんでしょうか?
よろしくおねがいします。

補足日時:2001/02/26 03:04
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報