人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

国産車は外車に比べて、馬力や排気量が同価格帯で比べた場合、大体上回っており、スペックでは確実にいいものであると思うのですが、どうして外車のほうが走りがいいなど、言われているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

「外車」=「欧州車」と認識してみますと、


ヨーロッパでは、地域に拠りますが、有名な「アウトバーン」に留まらず、かなり高速度で走行する地域があります。
また石畳の道も多く、要は悪路が多いのに走行速度が速い地域や、飛ばす人が居て、それに合わせた車造りが必要となります。
そのため、ガッシリとした作りが必要となっています。

 日本車でのヨーロッパ輸出仕様の物はボディー補強がされていたり、ショックなど足回りが強化されていたりします。

 平均的な走行距離は日本では年1万キロくらいと言われていますが、地域にもよりますが、ヨーロッパでは年2万キロくらい乗るようで、長距離を疲れないよう、また退屈しないように、内装の豪華さよりも走行性能(速いという訳ではありません)が重要視されます。

「馬力や排気量」のカタログスペックは、「最高出力」を表しているものであって、実用性能を表しているものではありません。
なお、ヨーロッパではガソリン車よりもディーゼル車の方が多いです。

カタログには、「走りの良さ」に関する「スペック」は殆ど載っていません。
「ボディー剛性のスペック」「サスペンション取り付け剛性のスペック」「ショックアブソーバーのスペック」「シートの出来のスペック」
「ハンドルの遊びのスペック」「ハンドルキックバックのスペック」「ブレーキの踏力に応じた性動力の数値スペック」「サスペンションのジオメトリー変化のスペック」「重量配分のスペック」
などなど、色々な要因があり、表記はおろか計測できないスペックで「確実にいいもの」と言える訳ではありません。

「日本国内専用設計車」は、スペックのごく一部でしかない「カタログスペック」を良くし、内装を豪華にして、それ以外のスペックを控えめにする事により、リーズナブルな価格設定にすれば、売れる♪とい事もあるかと思います。

なお、「同価格帯」といっても、ヨーロッパで同価格帯となると、
ホンダフィットとベンツAクラスは同価格帯ですし、アテンザとアベンシス、VWパサート、ボルボV60、オペルベクトラ、プジョー407などは同価格帯ですし、アウディA4、BMW3シリーズも僅かに高いだけです。
むしろ、日本車は「高価」なので買えない という話もあるようです。

まあ、今は単純に「外国車の方が走りが良い」とは言えないですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
カタログスペックに現れない性能について大変よくわかりました。
納得のいく解説で勉強になりました。

お礼日時:2008/11/08 14:21

他の方のおっしゃっている通りだと思います。


やはり、「走る・曲がる・止まる」のバランスじゃないでしょうか。

おすすめの雑誌は、「AUTOCAR」です。
国産車、外車、大衆車、高級車関わらず色々載っています。車のことがあまり解らなくても楽しめると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
AUTOCARという雑誌もチェックしてみることにします。

お礼日時:2008/11/10 00:38

追記です。



≪加速などの数値がカタログなのでわかればいいんですけど、なぜないんでしょかね?≫
日本のカタログには基本的にはありませんが、特にヨーロッパでは加速性能が表記される事が一般的のようです。

日本でも欲しい所ですが、「全開加速」が速ければ、走りの良い車という訳では無いので・・・・。

なお、日本のカタログ燃費である10.15モード計測は、実際では有り得ないような運転状況での数値なので、多少参考になる程度です。

英国では確か、「市街地モード」「郊外モード」「高速モード」の3種類の状況での燃費データの表示が義務付けれられていたと思います。

≪外車に乗っている人は何を参考にして選んでいるのか疑問ではあります。≫
やはり雑誌などからの情報や口コミそして試乗などと思いますが、「どういった部品を使っているのか?」「サスペンション形式は?」「高張力鋼板の使用率は?」「サスペンションアームはプレス?スチール鍛造?アルミ鍛造?」「空力特性は?」というような事からも思いを巡らせていると思います。

メーカーのHPを覗くと大体、「ボディー」「サスペンション」「エンジン」など、技術的な事の紹介がされており、コストをかけた設計のものであれば、普通は自慢げに紹介しているものです。
そこにあまり説明などが無ければ、その車は、見えない所にはお金をかけていない=走りは期待出来ない車 の可能性が高いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
日本よりも海外のほうが長距離や速度を出す機会が多いためもあってか、海外の人の方が詳しい情報を求める傾向にあるのかもしれませんね。

お礼日時:2008/11/10 00:37

 馬力・排気量というのはあくまでもエンジンの性能を表す数値の一部にすぎませんから。

同じ馬力であってもトルクの出方によって評価はだいぶ変わるでしょうし、排気量が大きければ走りがよいかというとそうでもありません。

 「走りが良い」と言われるためには一般的に「走る・曲がる・止まる」がきちんとできる必要があります。BMWやメルセデスなどはその辺がきっちりしているのだと私は認識しています。

 例えばBMWのM3とレクサスIS-Fとの比較記事を読んだことがあるのですが、M3は前後の重量配分がしっかりとしていて電子制御デバイスにあまり依存しなくてもコーナーをきちんと曲がることができるが、IS-Fは若干フロントヘビーで電子制御デバイスに依存している感が強い、などと書かれていました。

 以上は一例にすぎないのですが、国産車と外車の違いについては「NAVI」や「ENGINE」などの車雑誌を読んでいただければ参考になるのではないかと思います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
実は車雑誌は読んだことがないので、一度読んでみます。
雑誌名、参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/11/08 14:38

外車のほうが走りが良いといわれているのは、


おそらくハンドリングや足回りのことが、主に言われているのではないでしょうか?

エンジン性能だけで比較した場合は、間違いなく日本車の方が良いです。
日本のメーカーは、あまりハンドリングや足回りにこだわってるところが少ないので、
ハンドリングや足回りにこだわってる外車(主に欧州車)が、走りが良いというイメージなんだと思います。
マツダはハンドリングや足回りにこだわってるので、走りの良さについて、欧州車と比較しても引けを取りませんよ。
アテンザとBMWを試乗して比較してみてください。負けてないと思います。
日本の他のメーカーだと明らかに欧州車に負けてしまいます。

アメ車は、たいてい大排気量、トルク大のエンジンが載っているので、
走りが良いというよりかは、低速時の加速が良いだけで、決して走りが良いとは言えないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
国産車といえばトヨタか日産を連想するので、マツダはあまり考えていませんでした。
走りについて評価されている国産メーカーもあるのですね。

お礼日時:2008/11/08 14:30

日本人は平均が好き、中流好みなどと表現されていた時代も有りますが、けしてそんなことは有りません。

有名なCM「隣の車が小さく見えます」や「プラス100ccの余裕」などという表現から見られるように、非常に競争好きでちょっとした数値の大小で優劣を決めたがります。
つまりエンジンで言えば、普通に街中で走行している2~3千回転でのトルク値ではなくピークトルク値を、実際の使用状況での使いやすさを重視した低中回転ではなく、サーキットでしか使い物にならないような(ましてや大排気量の自動変速車なら尚更)極端に高いレブリミットを謳い文句にしたがります。また。それがユーザー側にもウケるのです。それから「世界初!○○構造」なんてのも好きですよね、日本人。

なので、日本車のポテンシャルが高そうに見えるのはスペック上の数値を追いかけた結果、加熱したメーカー側のスペック競争とそれに踊らされたユーザーの両者が生み出した産物だと思います。

ちなみに上記の「無駄な付加価値」はフェラーリや、ランボ、ロールスなど趣味性やステイタス性の高い一部の車両を除きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
スペック競争はわかるのですが、それは外車にもあるのでは?
逆にカタログでわからないことで判断しているのであれば、外車に乗っている人は何を参考にして選んでいるのか疑問ではあります。

お礼日時:2008/11/08 14:27

「走りがいい」という表現は運転者の主観であり、パイロンスラロームやテクニカルサーキット走行のタイム測定をすれば、良い悪いではなく何秒と数値で優劣が解ります。

「走り」の要素の一つ、「加速」は輸入車の場合1車種で1400~2000ccのグレードがあると排気量の大きいクレード(しかもハイオク仕様)が輸入され、これと比較するのですから輸入車が良くなります。「曲がる」「止まる」という要素では操舵系、サスペンション、車体、等の剛性や遊びといった味付けで差が出ます。これを良くするとハンドルやブレーキの反応が敏感になり、振動や騒音も大きくなります。乗り心地とのバランスを考えると日本で販売される日本車がちょうど良くなっているのです。日本の国情に配慮がない輸入車の良い(主観ですが)所だけ言い、悪い所は小さく評価する評論家とマニアの主観です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
加速などの数値がカタログなのでわかればいいんですけど、なぜないんでしょかね?
まあ人が乗るものなので、どうしても誤差や不公平が生まれてしまうからかもしれませんが、カタログサイトにもそういった数値に表れる走りの部分が書いてあれば比較しやすいですね。
「曲がる」「止まる」という要素の話は大変勉強になりました。

お礼日時:2008/11/07 23:26

あなたはドイツのBMWとベンツと日本のレクサスどれがいいですか?


はいドイツのBMWとベンツですね。
日本人は欧米信仰がまだまだ根強い(特にドイツ車)のとカー○ラフィックやNA○I等の外車マンセイ記事の有名な自動車評論家の先生に日本人が毒されるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かにブランドとしては、ベンツやBMWの方に魅かれてしまいますね・・・。
そういった欧米信仰がやっぱり原因なんでしょうか。
ただ、あまりにも外車のほうが走りがいいんだという意見が多く感じましたので、実際に差があるのかなと思いまして。

お礼日時:2008/11/07 23:12

 カタログスペックに現れる部分にしか力を入れていない車と、実車の走りを重視している車造りの違いです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
カタログスペックに現れる部分にしか国産車が力をいれていないという意見はよく聞くのですが、何かそういった経緯などがあるのでしょうか?

お礼日時:2008/11/07 23:09

日本は排気量規制があるので小排気量で高出力のエンジンになっています


これは高速回転でなければ出力が得られません
欧米は排気量規制がないので大排気量低出力なので低速回転で大トルクが得られます
低速での加速性能がいいのです
排気量10リットルで最大出力300馬力の車を運転すれば実感できます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
理論は非常にわかるのですが、例えば、同価格帯の日産フーガとベンツCLKの総排気量を比べた場合、フーガ4494ccに対し、CLKは1795ccと差が歴然としています。
なので、フーガのエンジンのほうが性能がいいのではないでしょうか?
carviewというサイト見て、単純に数値を比べただけなので、もしかしたら比較の仕方が間違っているかもしれませんが・・・。

お礼日時:2008/11/07 23:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国産車と輸入車の最高出力

現在某輸入車に乗っています。
最高出力は1600ccで100馬力なのですが、国産車と比べると低い値ですよね。
他の輸入車をみても1600ccクラスでも90馬力前後の車が多いですが、国産車だと1500ccでもほとんどの車が100馬力オーバーです。
ですが、実際乗ってみると馬力の小さい輸入車のほうが、運転しやすいような気がするんです。
友人に聞くと「国産車は低速のトルクがうすいから」とのことでしたが、ゴー&ストップの多い日本だからこそ、低速で乗りやすいようにした方がいいと思うんですが、何か訳があるんでしょうか?

Aベストアンサー

 クルマの設計屋です。
 御指摘の点に関しましては、現実的な理由があります。

1.特に欧州車に言えることですが・・・欧州は殆ど陸続きなので、どの国のクルマもドイツのアウトバーン走行を考慮しなければなりません。
 このアウトバーン、実はエンジンや駆動系にとっては、サーキット走行より過酷です。(レッドゾーンギリギリの回転数でエンジンが『吹け切った』まま1時間以上も走行する事はサーキットではありませんが、アウトバーンでは当たり前です。)
 エンジンの馬力とは仕事率を指しており、単にチカラが出ているとゆぅワケでは無く回転数が大きく寄与している事はご存知ですね?(中学の物理レベルの話です。)
 回転数を上げるとゆぅ事はピストンスピード(ピストンが上下するスピード)を早める事を意味しますが、この数値はエンジンの寿命にダイレクトに影響します。
 よって、アウトバーン走行を念頭に置いてクルマを設計する場合、耐久性を勘案すると回転数をヤミクモに上げて馬力を稼ぐ事は出来ません。
 実際に日本車でも、欧州向けにはピーク回転数を落として輸出しています。この回転数のちょっとした低さが、表示上の馬力の低さとなって現れます。

2.これは、イギリスの某有名スポーツカーメーカー(ハンドリング技術でドイツのポルシェと並び世界一と言われているメーカです)のエンジニアと一緒に仕事をした時の事です・・・・連中は、日本車の大馬力エンジンを『スロットルに対するリニアリティが低く、高級スポーツカーらしくない』としきりに言っていました。
 彼らは、小排気量の4気筒エンジンを作る時でさえフラットなトルク特性(=どの回転数でアクセルを開けても同様のトルクが発生し、似た加速感が得られることになります)を考慮してエンジンをチューニングする様で、彼等に言わせると、途中の回転数から倍の数のバルブが開いて普通のレッドゾーンの回転数で最大トルクが出るエンジンなどは『面白くない』(!)そぅです。
 その後色々な輸入車を実際にテストしてみると、イギリス車に限らずドイツ車でもフランス車でも、同様のエンジンチューンの傾向がある事が判りました。(イタ車はちょっと違いますが。)
 実際にデータを調べますと・・・リッター100馬力を超えたNAエンジンは、欧州ではコスワース製ぐらいしか思いつきませんが、しかしほぼ10kgf・mというリッター当りトルクは、欧州の量産エンジンでは‘80年代末には実現しています。(ご存知の様に日本車でリッター10kgf・mを超えたのはここ数年ですね。)
 この辺りのエンジン特性の違いが、

>実際乗ってみると馬力の小さい輸入車のほうが、
>運転しやすいような気がするんです。

というフィーリングの違いとなって現れているのでしょう。

3.単純に技術レベルが違う
 バカ馬力を出して、しかし市販車レベルの耐久性を持たせる技術が、欧米のメーカは遅れているとは言えます。もっとも、上記の理由から欧州メーカではそんな技術にカネをかける必要性が無かったから、とも言えそうですが・・・しかしバカ馬力/高回転で有名なイタリア製スーパーカー群は、どれも2~3万km程度の耐久性しかメーカで検証されていないので、ま、本質的にはこの面では日本の方が進んでいる、と考えても差し支えない様に思います。
 

 クルマの設計屋です。
 御指摘の点に関しましては、現実的な理由があります。

1.特に欧州車に言えることですが・・・欧州は殆ど陸続きなので、どの国のクルマもドイツのアウトバーン走行を考慮しなければなりません。
 このアウトバーン、実はエンジンや駆動系にとっては、サーキット走行より過酷です。(レッドゾーンギリギリの回転数でエンジンが『吹け切った』まま1時間以上も走行する事はサーキットではありませんが、アウトバーンでは当たり前です。)
 エンジンの馬力とは仕事率を指しており...続きを読む

Qなぜ国産車(日本車)は輸入車(外車)に比べて車両価格が低価格なのに、故障しにくい(メンテナンスフリー)なのですか?

なぜ国産車(日本車)は輸入車(外車)に比べて車両価格が低価格なのに、故障しにくい(メンテナンスフリー)なのですか?

Aベストアンサー

現実的に、乗ってる人のコメントがどれだけ書かれているのか判らない部分が出てきてしまうと思います。

日本車も壊れますし、輸入車も壊れます。
故障しにくいなんて事は現実的にはありません。

実際にうちで親が乗っていたトヨタ車では、3回燃えましたし、私が乗っていた日産車も壊れました。

今はドイツ車2台に乗っていますが、特に走行不能に陥るような故障は起こっていません。
私の回りだけで見ると、日本車のほうが走行不能に陥る故障の率は高いです。

まぁ、日本車は壊れないというより壊れてても、平気で乗り回している人も多いという現実もあります。
以前に書いたことがありますが、うちの前を通勤で1年くらい1気筒が完全に死んだエスティマが毎日通勤で走っていました。
これも、本人が壊れていないと思えば壊れないになってしまう物ですからね。
日本車がメンテナンスフリーだなんて、言っているメーカーは、存在しませんよ。


日本車よりも部品が高い(数も出ていませんので)事と、整備料金が高い(日本車以上に先進のデバイスが使われているので、設備だけでお金が結構掛かるので)と言う現実はありますが、この部分は仕方の無い所でしょう。

故障率から見たら、そんなに変わりませんよ。

日本メーカーは表に出ないようにしましたが、日本車のメーカー保証は以前、1年しかありませんでした。
これが突然3年に延ばされました。
これは日本車メーカーが品質が良いからと言う事ではなく、
「ベンツ、BMWが3年保証に切り替えたから」なんです。
日本車メーカーのディーラーでは、輸入車は壊れやすいから、日本車にしたほうが良いと売っているのに、日本車メーカーの保証が1年しかなく、壊れやすいから止めた方が良いと言っているメーカーが3年保証では、面目が立たないため、何の準備もせず、突然3年保証に切り替えたという経緯があったのです。

こういう話を知ってる人なら、日本車が特に品質が良いなんて言えません。
私の場合、当時、その揉め事の中に居た物ですから、よく知っています。
無理やり3年保証にした為、大変な物でしたよ。


それと、いまだに勘違いされている方が居るようですが、自動車の輸入に関してとっくの昔に関税は撤廃されています。
したがって、自動車の輸入に関わる関税は掛かっていませんよ。

ちなみに、レクサスの、ディーラーに設置されている引渡しの部屋は、日本ではVOLVOが最初に始めた物を真似したんですよね。

現実的に、乗ってる人のコメントがどれだけ書かれているのか判らない部分が出てきてしまうと思います。

日本車も壊れますし、輸入車も壊れます。
故障しにくいなんて事は現実的にはありません。

実際にうちで親が乗っていたトヨタ車では、3回燃えましたし、私が乗っていた日産車も壊れました。

今はドイツ車2台に乗っていますが、特に走行不能に陥るような故障は起こっていません。
私の回りだけで見ると、日本車のほうが走行不能に陥る故障の率は高いです。

まぁ、日本車は壊れないというより壊...続きを読む

Qグッドイヤーのタイヤの評判ってどうなんですか?

アメリカの会社ということは聞いて知っていますが、日本国内においてグッドイヤーのタイヤの評判はどうなんですか?

個人的には、安くて性能がいいんじゃないか?と思うのですが、客観的にはどうなんでしょうか?
やはり、ブリジストンとかには性能的に敵いません?

Aベストアンサー

ついにHONDAが F1 で念願の 優勝 しましたね~。

ホンダの日本でのディーラー、ホンダカーズ では、交換タイヤにグッドイヤーを取り扱っているディーラー、多いですよね。

オプションの紹介でも、スタッドレスタイヤにブリヂストンに並んでグッドイヤーも選べますね。
(http://search.honda.co.jp/search?sort=date%3AD%3AL%3Ad1&output=xml_no_dtd&ie=sjis&oe=sjis&client=default_frontend&proxystylesheet=default_frontend&site=default_collection&q=%83O%83b%83h%83C%83%84%81%5B)

日本国内ではブリヂストンがダントツトップですが、世界に目を向けますと、
ミシュランのシェアは19.4%と最大
2位はブリヂストンの18.2%
3位はグッドイヤーの16.5%
(http://cache.yahoofs.jp/search/cache?p=%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%80%80%E6%97%A5%E7%B5%8C&ei=UTF-8&fr=top_v2&fl=0&x=wrt&meta=vc%3D&u=business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20060529/103303/&w=%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC+%E6%97%A5%E7%B5%8C&d=VHXb_mP9NNFF&icp=1&.intl=jp)野村証券金融経済研究所が作成した資料(2004年)
と、
この3社が世界のタイヤ業界のビッグスリーです。


たしかにブリヂストンは、現在のF1界に象徴されます通り、技術ではミシュランに次ぐ(同等)の技術を持っている会社ですが、

グッドイヤーだって決してこの2社より劣っている訳ではありません。

F1では、HONDA第1期のうちの2年間(1965・1966)はグッドイヤーでした。

F1 HONDA第2期10年間(1983~1992)全てグッドイヤーでした。

その後のF1 HONDA MUGEN 1993年から1998年まで(1997除く)全ての年でグッドイヤーでした。
(1999年からグッドイヤーはF1撤退。F1はこの年から撤退しても、グッドイヤーは1950年代からずっとアメリカのNASCARにタイヤを供給しています。)


市販車用タイヤとレース用タイヤとは全くの別物と考えるかたもいるでしょう。たしかにその通りですね。市販車用タイヤは日本で売っている全てのモデルかは知りませんが、日本製のものはSRIグループ(住友ゴム工業)が製造したものですね。
よって、DUNLOP GOODYEAR FALKEN は同等の品質と考えてよいと思います。


イギリスのDUNLOPの工場を1909年に日本に誘致して始まったゴム工場は1960~1963年に住友の経営になり、

1999年にグッドイヤー社とグローバル・アライアンス締結
(http://www.rubberstation.com/Grobalalliance.htm)

2003年にはオーツタイヤ(株)(FALKEN)と合併


といった歴史で日本ではきています。

ひと言で言うと、「安い」だの、「性能はベストではない?」だの言うことは、グッドイヤータイヤ(製品)に対して失礼です。

といったところでしょうか。

安売りしてはいけないものが、安売りされている。というのが現状といえます。(つまり、安ければとてもお買い得!)


たしかに、市販タイヤでブリヂストンはダントツぶっちぎった性能を持っています。

よって、自動車競技に出場でもするのでしたら、どうぞブリヂストンをとお勧めしますが、ごく普通に使う分には、わざわざ高いブリヂストンを買う必要はないともいえますよね。

私は、ブリヂストンは、スタッドレスと、ラリータイヤのPOTENZA RE480R だけは非常に信頼して好きですが、サマータイヤはブリヂストンを買う気がしませんね。あえて避けてます。

ブリヂストンは、なんだかグリップが良すぎて私の運転スタイルに合わないのです。(断っておきますが、私は走り屋ではありませんし、公道は安全を最も優先して考えています。)

グリップが良すぎて、普通の市販車では車が{チャシー(chassis)が}負けてしまっている感じがするのです。(「万が一の時にはコントロールが難しいな」といった感じ)

よって、ブリヂストンが良いのか、グッドイヤーが良いのか、といったお話は、個々の好き好き(好み)の問題になってくると思います。

誰かがぜったいにこっちが良いと言ったからといって、ご質問者様も気に入るかどうかは分かりません。

一つ言える事は、グッドイヤーであれブリヂストンであれ、安全性能という点では遜色はありません。

ブリヂストンが最もグリップが良いことも事実ですが、お車のABSと相性が良いかどうかは分かりませんし…、
(一昔前のABS付き車は、なぜか異様にグリップの低いタイヤが新車装着されていますよね。)

ブリヂストンのPlayzは、主観ですがデザインがカッコ悪いですし、REGNOは高い割にすぐにツルッパゲになりますし…。 両方とも一般にはとても良い評判のタイヤですよ。もちろん実際に良いタイヤです。良い(ベストな)タイヤだからこそ多少の悪口も書けるのです。

良いタイヤです。ブリヂストンもグッドイヤーも。

ついにHONDAが F1 で念願の 優勝 しましたね~。

ホンダの日本でのディーラー、ホンダカーズ では、交換タイヤにグッドイヤーを取り扱っているディーラー、多いですよね。

オプションの紹介でも、スタッドレスタイヤにブリヂストンに並んでグッドイヤーも選べますね。
(http://search.honda.co.jp/search?sort=date%3AD%3AL%3Ad1&output=xml_no_dtd&ie=sjis&oe=sjis&client=default_frontend&proxystylesheet=default_frontend&site=default_collection&q=%83O%83b%83h%83C%83%84%81%5B)

...続きを読む


人気Q&Aランキング