「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

ほんとにしつこくてすいません・・・

経緯を簡単に申しますと、
DIYの木製の棚に水性アクリルニスを塗ったところ耐久性に問題があったので、油性ウレタンニスに塗り替えようと思っています。
そこで、元の水性アクリルをペーパーである程度剥がしましたが、先の質問では、そのまま上に塗っても問題ないとの回答をいただきました。

そこで、明日にでも塗装にかかろうと思いましたが、たまたま塗装会社のサイトを見つけ、そこでQ&Aを受け付けていたので念のためこちらにもこの重ね塗りが大丈夫かをメールで聞いてみました。
すると、水性アクリルの上に油性ウレタンは、密着性がよくなく剥がれ落ちやすいので、あまりよくないとの回答をいただきました。

というわけで悩んでいます。
先日の回答者様のアドバイスを信用しないわけではないのですが、塗装会社からこのように言われると、ちょっと躊躇してしまいます。
もう少し削ったほうがよいのでしょうか・・・。
すみませんが再度アドバイスをいただけるとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 水性アクリルは、アクリル樹脂塗料・・いわゆるラッカーと同系統・・を界面活性剤---いわゆる洗剤--で水に分散してあるものです。

水が蒸発すると、その後シンナーが蒸発して塗膜を形成します。
 なので、性質としてはラッカーや速乾ニスと同じと考えてよいです。そのうえにウレタンを塗るとガラスの上に塗ったようなもので密着性が悪いので、ペーパーで表面を研削する必要があるのです。(前回の説明で省略しました)
 ウレタンはとても乾きが遅いですが、そのぶん丈夫です。硬度はラッカー系に比べて劣りますが、耐熱性、耐薬品性、耐衝撃性は高い。
 高温のものを置かなければ、ラッカー系は完全に取り除く必要はありません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。
つまり下の塗膜のほうが固く組織自体が結合しないのですね。それで表面をザラザラにして接着面積を上げるとともに、引っ掛かりを良くする・・・ということでしょうか。
ウレタンニスを塗ったとしても高温の食器はできるだけ置かないようにするつもりなので、少しぐらいもとの塗料が残っててもいいかと思っているのですが、一昨日、ためしに裏側の目立たないところを軽くペーパーをかけ、ウレタンニスを少し塗ってみました。
2日経過し、さっきマスキングテープを貼って剥がしてみたら、見事にペリペリと剥がれてしまいました・・・。
もっと削るべきか、もう少し考えてみます。

お礼日時:2008/11/08 09:02

マスキングテープなどで養生した場合、塗料が乾く前にはがさなければいけませんよ。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

マスキングテープは養生のために貼ったのではなく、試し塗りをした塗膜が剥がれやすいかどうか、塗膜に手近なテープを貼って剥がしてみたのです。
そしたら、塗ったウレタン塗膜だけきれいにペリペリと剥がれました・・・。
何度もお相手をしていただいて恐縮です。成功をお祈りください。

お礼日時:2008/11/08 17:09

 すごいですね。

私なら投げ出して、着色塗料でも塗って雑用棚にしてしまうでしょうね。
 たしかにそうして試せば、塗装技術や知識は確実に自分のものになります。
 ウレタンで上塗りするならペーパーの番手を荒くする--120番--とか、ちょっと高度な技術ですがウレタンを本来は使用できないトルエンで極めて薄く薄めて、さっと薄く塗ってウレタンを塗り重ねるという方法も無くはないですが・・・。トルエンでラッカー部を溶かしてウレタンをぬってプライマー代わりにする。
 目立たないところで、ウレタンニスをラッカーシンナーでしゃぶしゃぶに薄めて塗って、それが乾いてからウレタンを塗ってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もうここまできたら意地ですね(笑)めったにやらない工作なので、最後まで納得いくまでやりたいです。
ペーパーは120番ぐらいの荒めのほうがいいんですか。仕上げはツルテカにはしないつもり(刷毛目が少し見える自然な感じにしたい)なので、荒めでも良いかもしれません。
シンナーでしゃぶしゃぶに薄めて、下のラッカー部を溶かすという技も良さそうですね。
今日はホームセンターへオービタルサンダーを買いに(見に)いって、結局高くて買わずにさっき帰ってきました。なのでまだ塗ってません。しゃぶしゃぶ作戦を裏面で試してみます。

お礼日時:2008/11/08 17:04

密着するようにペーパーをかけるのです。


同じ塗料でも2度塗りや3度塗りの場合軽くペーパーをかけたほうがむらはなくなり密着もよくなります。
塗装前にはペーパーをかけてください。
下地を剥がすという理由ではありません。
密着するように表面を荒らすのです。
心配でしたらすべて削ったほうが間違いないでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

先日からお世話になっております。何度もすみません。
いわゆる「足付け」というやつですね。元の塗装を落とすのにすでにペーパーがけ作業の真っ最中ですので、もういいだろうというところで番手を上げていき、240番で下地を整えてから塗ろうと思っています。
今回の重ね塗りの場合でも、下地のペーパーがけをしっかりしていれば大丈夫なんですね。
これで安心しました。明日塗装にかかろうと思います。
いちおう3度塗りするつもりです。今回はしっかり乾燥時間を空けて、失敗の無いようにしようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/07 21:05

水性のアクリルと比しウレタンの油性がどれほどの効果があるのでしょう。


耐久性とは何を指すのでしょう、どんなトラブルがあったのでしょう。
アクリルが完全に膜化していれば剥がれることはないですよ、
塗り方が悪かった場合はなんともいえないでしょうね。

この回答への補足

詳しく書かなくてすみません、先日からこのカテゴリーで何度か質問させていただいてますので、詳細は省きました。
トラブルというほどのトラブルではないのですが、テーブル兼用の木製の棚を作りまして、塗料の種類もよくわからず、とりあえず安い塗料を買って塗ったのです。しかし食器の跡やシミなどが付きやすく、調べてみたらテーブルには被膜が丈夫なウレタン系の塗料を塗るべきであるということがわかり、元の塗膜を剥がしているところです。
塗り方も悪かったのかもしれません。少し厚く塗りすぎたようです。ですのでどちらにしろ失敗塗装だったようで、塗りなおそうとしているのです。

補足日時:2008/11/07 20:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ウレタンでもアクリルとそんなに変わりは無いものなのですか?
そうだとしても、もうウレタンニスを買ってしまってるので、これを塗ることにします。
元の塗装もあらかた削り落としてますし・・・

お礼日時:2008/11/07 20:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDIY初心者です。ニス塗りに失敗してしまいました

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので困っています。

この場合、

1. 同じウレタンニスを薄め液で十分に薄めて塗りやすい状態にし、薄く何回か重ねてムラが目立たないようにした上で、最後に表面をちょっと粗めのサンドペーパーでやすりがけし、ツヤを消す。

2. 今の塗装にざっとサンドペーパーをかけ、不透明のこげ茶のペンキなどを重ね塗りし、ウレタンニスの失敗を隠す。

3.他の方法

のどれが良いでしょうか?
過去に2回位棚を作った程度のDIY初心者なので、家に電動のサンダーなどはありません。置く場所も無いので購入予定も無く、人力で塗装を全部はがすというのは難しく思われます。

現状の塗りムラだらけのツヤツヤの塗装を、濃い色である程度均一に塗られたツヤの無い(弱い)状態に近付けたいです。

お知恵をお貸し下さい!

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので...続きを読む

Aベストアンサー

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくしなくても済むはずです。多分、180♯くらいまでいけば・・・様子見ながらですけど。完全に削り取れずに多少残ってしまっても問題ないです(平滑になれば)。
今回は目止めしたのだと割り切ってしまえばそんなに悔しくないでしょう(笑)

指定の溶剤で少し薄目に割ればムラは出づらいです。
完全に硬化してから中研ぎして上塗りします(2回塗りですね、色見が重くなりますが)。
つや消しにするには(メーカーによっては半ツヤ消しの塗料を出しているところもあるようですが)さらに中研ぎしてから一液性ウレタンのつや消しスプレーを吹けばいいでしょう。
中研ぎは塗膜の層間剥離を防ぐ意味でも必要です。刷毛塗りですと硬化をちゃんと待ってから中研ぎしてください。

ステインは浸透系の着色剤ですから今回の場合はさらに悪いことになってしまう可能性が高く、向きません。

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくし...続きを読む

Qアクリル塗料にウレタン・ニスを重ね塗りしたら?

今、ホオノキの白木の板にアクリル系の水性塗料で
文字を書いています(お店の看板を自作しています)

この白木の板は室外に飾るものなので、字を書き終わったら
ステインかニスで板全体を塗装しようと思っています。

今手元にあるニスは「油性・ドア用ニス・つやけしとうめい」
と瓶に表示してあるニスで、成分表示には「合成樹脂(ウレタン)」
となっています。

このニスをアクリル塗料に重ね塗りしても大丈夫でしょうか?
それとも、にじんだり、塗装出来なくなる等の問題が生じる可能性が
ありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>字を書き終わったら ステインかニスで板全体を塗装しようと思っています。

文字を書き終わってステインを塗るというのは、ちょっと疑問です。
ステインは木が顔料、もしくわ、染料を吸い込んで着色するというもので、
文字の上は吸い込みが無く着色出来ません。
ステインで着色するのなら、文字を書く前に着色するべきです。

基本的には、文字を書いた後、その保護のためにクリヤーを塗るのは有効です。

合成樹脂ウレタンということは、
おそらく1液性のウレタンワニスだと思いますが、
水性アクリル塗料のの上塗装しても問題ありません。

後々再塗装する時は、
多少問題があるのですが、
その時はしっかり研磨してやれば塗装は不可能ではないと思います。

ウレタン系の塗料は、
他の塗料に比べて弾力性があり、
その上に塗装する場合、密着性の問題があります。
柔らかいものの上に堅い塗料を塗ると、
直ぐに剥がれてしまいます。
極端に言えば、
1度ウレタン樹脂のものを塗装すると、
塗り重ねる時は、ウレタン樹脂以外のものは塗装出来ないということです。

ご質問の、
アクリル樹脂の上にニスを塗る事は問題ありませんが、
将来、塗り替えをする時に、
多少問題があるということです。

クリヤーもアクリル系のものをご使用になれば、
塗り替え時にも、問題無く何でも塗り重ね出来ます。

>字を書き終わったら ステインかニスで板全体を塗装しようと思っています。

文字を書き終わってステインを塗るというのは、ちょっと疑問です。
ステインは木が顔料、もしくわ、染料を吸い込んで着色するというもので、
文字の上は吸い込みが無く着色出来ません。
ステインで着色するのなら、文字を書く前に着色するべきです。

基本的には、文字を書いた後、その保護のためにクリヤーを塗るのは有効です。

合成樹脂ウレタンということは、
おそらく1液性のウレタンワニスだと思いますが、
水性アク...続きを読む

Q水性ニスのべたつき

 パソコンデスクを自作しました。
天板を合板にし、水性ニスを塗ったのですがモニターやキーボードをおくとべたつきます。
検索したところ、水性ニスが原因のようですが、べたつきをなくす方法がありますか。
 また、油性ニスだとべたつかないとありましたので、この上に油性ニスを塗ることは
可能でしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

拝見。残念失敗でしたね。私も10年以上前から、大型据置下駄箱・対面キッチンテーブル・長大台等集成材利用で随分作りました。ニスの説明書には屋内では水性をとの説明が殆どのようですが、全て透明油性を利用しています。

長年重いものを置いた下にも跡は付いていません。
台所床・廊下なども檜板張りに先のニスを二、三度塗りですが、今でも剥れも無く艶も変わっていません。歩いてもべたつきは一切無くて、色も変わっていません。

本題です。べたつきをなくす方法は無いと思いますよ。経験則ですが。
今の上に油性も濡れると思います。表面に幕を張るだけですから。(でも不安なら目立たない所で試されると良いでしょう。)
本当は面倒でも細かいサンドペーパーで落として(電動サンダーがあると良いのですが)から塗り直した方が木地に僅かでも沁み込みも考えられますので、良いかも知れませんね。

○油性ニスを塗る時はお天気で湿度の少ない+気温の高い風通しの良い日に。
○薄め液を多い目に使い最低でも三回は。四回五回と回数が多いほど、塗面が均一になり良い物になります。

頑張って良い物に仕上げてください。

拝見。残念失敗でしたね。私も10年以上前から、大型据置下駄箱・対面キッチンテーブル・長大台等集成材利用で随分作りました。ニスの説明書には屋内では水性をとの説明が殆どのようですが、全て透明油性を利用しています。

長年重いものを置いた下にも跡は付いていません。
台所床・廊下なども檜板張りに先のニスを二、三度塗りですが、今でも剥れも無く艶も変わっていません。歩いてもべたつきは一切無くて、色も変わっていません。

本題です。べたつきをなくす方法は無いと思いますよ。経験則ですが。
...続きを読む

Q水性ペンキは、ニス等のトップコートが必要??

現在、飲食店のペンキ塗りをしています。
ツヤ有りの白色の水性ペンキを使用していますが、頻繁に掃除するような飲食店はトップコートが必要だと耳にしました。

缶には多用途と記載しており、鉄・木・プラスチックなど様々に使用できるようで雨に濡れにくい外壁のトタンにも使用しました。

しかし、ペンキのトップコートとは何かさっぱりです… スプレーニスなどで仕上げても良いのですか?
もしくは専用の物があるのでしょうか? 極力コストを削減できる商品を教えてください。

また、ツヤ有りを塗って後悔しているのですが、上からツヤ消しのトップコートを塗っても問題ありませんか? その他のツヤをおさえる方法も教えてください。

Aベストアンサー

プロの塗装業者です。

建築塗装の場合は、一部の外壁用塗料や木に塗るステインなどの場合を除いてクリアのトップコートは使用しません。あなたが使っている塗料はそのようなクリア塗装が必要のないものです。

また、ツヤの調整については同じ塗料のつや消しや半ツヤのものを上から塗ることで調整ができます。ただし、ツヤを調整する時はそれで仕上げとしなければいけません。つや消し塗料を重ね塗りすると、その部分だけ奥艶が出てしまいます。

Q水性ニスの仕上げ方

自分で作った集成材のテーブルに水性ニスを塗りたいのですがどうしてもざらついた凸凹の感じになります。
どうしたら既製品みたいに傷の無いツルツルの塗装仕上げが出来るのでしょうか?。

Aベストアンサー

No3のものです。

第一の工程は、組み立てた家具の表面を100番台のペーパーで均します。

第二の工程は、砥の粉を塗ること。
ここでは完全に乾くまで待つこと。

第三の工程は、300番台のペーパーで砥の粉を落とすこと。
ここでは、砥の粉を100%落とす必要はありません。
木目の凹凸をなくすための砥の粉ですから、凹部に残るのは当たり前です。
ここでは、たとえば天板と足の継ぎ目など、ペーパーが行き届かないところに砥の粉が残りやすいですから、ペーパーをマイナスドライバーなどで巻いて、隅もきれいにこすり落とすこと。

第四の工程はニス塗ですが、前回も書いたように、二度、三度?塗るわけですから、塗り残し、刷毛のかすれは気にしないこと。
返し刷毛もしないこと。

第五の工程は、完全に乾いたら、300番台のペーパーでこすります。
力加減は、塗ったニスの60%ぐらいを落とすという気持ちでいいでしょう。
「毛」が張り付いているかもしれません。それも落としましょう。

第六の工程は、再度のニス塗です。

ふつうはこれで終わりですが、塗り方が気に入らなければ、第五、第四を繰り返してもいいでしょう。

当たり前ですが、最終のニス塗の後は「ペーパー掛け」はしないこと。!(^^)!

No3のものです。

第一の工程は、組み立てた家具の表面を100番台のペーパーで均します。

第二の工程は、砥の粉を塗ること。
ここでは完全に乾くまで待つこと。

第三の工程は、300番台のペーパーで砥の粉を落とすこと。
ここでは、砥の粉を100%落とす必要はありません。
木目の凹凸をなくすための砥の粉ですから、凹部に残るのは当たり前です。
ここでは、たとえば天板と足の継ぎ目など、ペーパーが行き届かないところに砥の粉が残りやすいですから、ペーパーをマイナスドライバーなどで巻いて、隅もき...続きを読む

Qアクリル絵の具で塗装した物を保護するニスは?

アクリル絵の具で塗装した物を保護するニスは?

粘土で作ったものをアクリル絵の具で塗装したのですが
アクリル絵の具は乾いても
塗装した物同士をくっつけておくと、密着しちゃいますよね?

保護ニスとかを塗ればいいのかなぁと思うのですが
どれを選べばいいのかわかりませんのでアドバイスお願いできませんか?

完全に乾いているのですが
触ると少し粘着感が感じられるので
それもなくしたいなと思っています。

どうぞヨロシクお願い致します!

Aベストアンサー

アクリル絵の具専用の保護ニスがありますよ。

大きく分けて2つの種類があります。

1)アクリルメディウムと類似の物で透明な膜を作る。単独で除去できない。
  グロスバーニッシュ、パーマネントマットバーニッシュ

2)油性のニスで専用溶剤を用いて保護層のみを除去できる。
  (表面が汚れたらニスだけ除去して新しいニスを塗る事が出来る)
  ソリューバー・マットバーニッシュ、ソリューバー・グロスバーニッシュ

使用方法は、前者の水性ニスを塗った後に、後者の油性ニスを塗ります。


リンクはリキテックスの物ですが、他社でも類似の製品が出ています。

参考URL:http://www.bonnycolart.co.jp/item/cat14/013/

Qテーブル塗装(オイルステン)後のニスについて

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょうか?
塗らなければ、使用しているうちに塗装が溶けて(暑い部屋に置いていたり)しまう、等になる可能性があるのでしょうか。
また、塗らなければならなくて、下記のような仕上がりにしたいのなら、どのような種類のニス?を使用すれば良いでしょうか?


仕上がりの質感的には、有名な所でtruck furniture(メーカー。使用している木の種類は、自分のとは大きく違うので無理があるかもしれませんがw)のような、あまりテカテカしていない、塗っているか塗っていないか分からないぐらいの木目がしっかり出たような自然な仕上がりにしたいのですが。
自分が使っている木材はカラーボード(芯材=パーティクルボード)です。


お手数ですが、ご返答宜しくお願いします。

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

使った塗料にもよるのですが、一般的にはステインだけだと塗料が固定しにくいので、例えば
椅子やテーブルなら着衣に色写りしたりすることがあります。
また水濡れやアルコール(酒とか)で退色、ムラになる可能性もありますね。

一般的には上塗りした方が塗装としては強固です。

かといってニスをそのまま塗ったら塗膜でテカテカになって、木の風合いが消えてしまいますね。
私もあまりそういう仕上げはスキじゃないです^^

私の場合、上塗りでよく使うのは蜜蝋ワックス、ワシンオイルとかですね。
施工も簡単ですし、風合いもよく残るのでオススメです。

蜜蝋ワックスはたまに上塗りして磨くと、深いツヤが蘇りますよ。

Qニスを塗ったらペンキが溶けだして困っています

アレスコの油性ペンキの上に、同メーカーの油性ドア用ニスを塗ったところ、ペンキが溶けだしてシワシワになってしまいます。
これを止める方法はありませんか?
(現在は木材にペンキ塗りまで完了していて、不要な材料で試し塗りしたらなりました。)

また、
シワ具合によってはそのままでも良いかなとも思っているのですが、その場合は気にせずにドア用ニスを塗っても良いのでしょうか?


ペンキ  :合成樹脂(アルキド)、顔料、有機溶剤
ドア用ニス:合成樹脂(ウレタン)、有機溶剤
です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

それは木材に塗った塗料があとから塗り重ねようとしているニスに犯されているからです。
しわしわは、出ないようには止められないでしょう。
そのまま塗ったら、中途半端なはがれが生じます。

念のため、各ペイントの「うすめ液」に何を使ったらよいか書かれていると思いますので確認して下さい。
「塗料シンナー」は「ラッカーシンナー」より弱い働きがあります。

多分最初に塗ったペンキから考えると、水性のペンキしか載らないと思います。=この場合光沢や透明感が落ちますのでお含み下さい。

Qニスとラッカーの違いは?

オイルステインを塗った板の上にツヤの出る塗装をしようと考えていますが、昔(2年程前)使った、使い残しのニスを使おうか、それとも新しくエアゾール式のラッカーを買おうか迷っています。何回も塗って、サンドペーパーをかけては塗り、を繰り返して表面をツルツルにしたいと思ってます。また、ラッカーを塗った上にニス、或いはニスを塗った上にラッカーを塗るというのは特に問題はないのでしょうか? 良いアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、オイル捨て印は一般にボイル油とかワニスを含む溶剤を基とするため、ニスの親戚?です。
ニスとラッカーの違いは、

ニス(ワニス):セパールなどの天然樹脂やフェノール、アルキド樹脂などの合成樹脂を乾性油に溶解して溶剤(アルコール系が多い)に溶かした塗料。
ラッカー:セルロース誘導体(ニトロセルロース、アセチルセルロースなど)を溶剤(ペンキと同じトルエンなど)に溶かして可塑剤などを混ぜた塗料。

ニスの方が粘度があり膜が厚くなり電気絶縁性に優れる。また、耐水、耐酸、耐アルカリで光沢があり淡黄~暗褐色、透明のものがある。一方、ラッカーは、ニスよりも速乾性で不粘着。耐油、耐水、耐侯、耐摩耗性に優れ、透明又は顔料をまぜた着色塗料があります。

今回やろうとしていることは、磨いて塗って厚い皮膜にしたい→ニスの方が向いている。しかし、表面がペタペタするかもしれません。交互に塗ると、ニスの方がラッカーに溶けるかもしれません。

私なら、最初の一回にラッカーをかけて置いて、その後はニスだけで磨いて皮膜を作って、手に触れる物なら最後に1回ラッカーをかけて仕上げると思いますが、事前に切れ端でニスとラッカーが溶けておかしくならないか試してみることをおすすめします

まず、オイル捨て印は一般にボイル油とかワニスを含む溶剤を基とするため、ニスの親戚?です。
ニスとラッカーの違いは、

ニス(ワニス):セパールなどの天然樹脂やフェノール、アルキド樹脂などの合成樹脂を乾性油に溶解して溶剤(アルコール系が多い)に溶かした塗料。
ラッカー:セルロース誘導体(ニトロセルロース、アセチルセルロースなど)を溶剤(ペンキと同じトルエンなど)に溶かして可塑剤などを混ぜた塗料。

ニスの方が粘度があり膜が厚くなり電気絶縁性に優れる。また、耐水、耐酸、耐アル...続きを読む

Qつや出しニスとつや消しニスの違い。

つや出しニスとつや消しニスの違い。

現在日曜大工にて、ラワン材を利用し箱型の楽器を作成中です。
最終の塗装の段階に来ているのですが、そこで困っています。

墨汁で塗装した上からニスを塗る面と柿渋を塗った上から塗装する面があり
どちらも、テカテカ、ピッカピカに光るようにはしたくありません。
かといって、保護膜を作るわけにもいかず…。
このような場合、つや消しニスを塗ればよいのでしょうか。

つや消しニスを1回塗った場合、重ね塗りした場合等の効果、状態を
ご教示いただけますでしょうか。。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

艶消しは表面のテカリを出したくない場合に使用します。
また、ニス一回仕上げは普通ないです、最低でも3回はほしいです。
ニスは保護膜になりますので、重ね塗りをすれば保護効果が上がりますが、手塗りの場合は塗膜が厚くなります。
薄く均等に塗るには吹き付けが一番です。

また、ニスを重ね塗りする場合は、目の細かいペーパーで研ぐ方がよいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング