「眺めのいい部屋」「プライドと偏見」等のような時代の映画を探しています。お薦めがあれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 こんにちは。

あまり詳しくはありませんが。
●「ハワーズエンド」
 「眺めの良い部屋」と同じくE・Mフォースターの作品で、ヘレナ・ボナム・カーターが主演です。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id187 …
●「モーリス」
 同じくE・Mフォースターの作品です。若き日のヒュー・グラントが男前です。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id235 …
●「日の名残り」
 「眺め~」と同じくJ・アイヴォリー監督作品です。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id193 …
●「秘密の花園」
 御存知少女文学の名作の映画版で、映像がとても綺麗です。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id193 …
●「ブーリン家の姉妹」
 現在公開中です。ちょっと時代が遡りすぎているかもしれませんが。
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id330 …

 他にも↓で色々探せるようです。
http://britannia.cool.ne.jp/cinema/

 ご参考までにm(__)m。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
「ハワーズエンド」「日の名残り」「秘密の花園」を借りて来ました。
「モーリス」が一番見たかったのですが、かなり入手困難なようですね。Amazonでも高値がついてました。
また便利なサイトを教えて下さり、さっそく参考にさせていただきました。
どうも有難うございました。

お礼日時:2008/11/16 15:49

ジェーン・オースティン原作、グウィネス・パルトロウ主演の「エマ」がとても楽しいです。


サッカレー原作、キューブリック監督の「バリー・リンドン」
同じくサッカレー原作、ミーラー・ナーイル監督の「悪女」(リース・ウィザースプーンの演技がすばらしい)は18世紀から19世紀のイギリス中産から上流階級のお話で、みごたえがあります。

なお、「テス」はイギリスの貧しい階級の人たちの物語です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
お薦めの、「エマ」「バリー・リンドン」をさっそく借りました。
まだ見ていませんが、すごく楽しみです。
どうも有難うございました。

お礼日時:2008/11/16 15:33

ご希望の時代かどうかはあいまいですが、貴族階級ということで。



『恋』(ジョセフ・ロージー)
『ダーリング』(ジョン・シュレシンジャー)
いずれも傑作ですが入手しづらいかもしれません。

以下は多分見つかると思います。
『いつか晴れた日に』(アン・リー)
『つぐない』(ジョー・ライト)(『プライドと偏見』の監督です)
『テス』(ロマン・ポランスキー)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
「つぐない」と「テス」を借りて来ました。
たくさん借り過ぎて、まだ見られていないのですが楽しみです。
やはり「恋」と「ダーリング」は見当たりませんでしたが、機会があれば是非見たいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/16 15:39

時代が合うか分かりませんが・・・



「ミス・ポター」
ピーター・ラビット作者を題材にした映画です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
皆さんにお薦めしていただいたDVDを、たくさん借りて来ました。
まずは「ミス・ポター」から見たいと思っています。
どうも有難うございました。

お礼日時:2008/11/16 15:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q15~18世紀ヨーロッパが舞台のおすすめ映画

暮らしと服装史の勉強のため色んな資料を集めてます。
実際に着て生活している様子が知りたいので映像で観たいと思ったのですが、
15~18世紀頃のヨーロッパ(地域は問いません)が舞台で、
貴族ではなく中流階級や平民の服装がわかる作品でおすすめはありますか?

マニアックなものでもいずれは探したいのでよいのですが…
できればレンタルなどで借りやすいものが希望です。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

《ルネサンス》あたりからのものをズラッと
並べました(フランス後半は19世紀にくいこんでいる
作品も含んでいますのでご注意を)が、
貴族と平民ごった煮の作品も
多いので以下適当に列挙します。
詳細は
http://www.allcinema.net/prog/index2.php
http://movie.goo.ne.jp/
でお調べください。

これ以外でも
【ヴィドック(2001)】◎
【レ・ミゼラブル】の
(2000)(1998)(1982)(1957) 版
【モンテ・クリスト伯】の
(1998)(2002)版
【ジェーン・エア】の(1983)
【ジェイン・エア】の(1996)
【真珠の耳飾りの少女(2003)】
【スカーレット・レター(1995)】
等々 様々なジャンルで素材でとりあげられていますので
あげればきりがありません。
また「15~18世紀頃のヨーロッパ(地域は問いません)」
と範囲がかなり広いですからね。
その意味で、記憶の許す限り「平民の衣装関連」
で特にお奨めのものには◎マークをつけておきますね。

《ルネサンス》
【デカメロン(1970/仏伊)】
【カンタベリー物語(1971/伊仏)】
【レオナルド・ダ・ビンチの生涯(1972/伊仏他)】
【華麗なる激情(1964/米・伊)】*ミケランジェロ
【ロミオとジュリエット(1968/米)】
【じゃじゃ馬ならし(1967/米伊)】

《大航海時代》
【1492・コロンブス (1992/米仏スペイン)】◎
【コロンブス(1992/米)】◎

《宗教改革》
【ジョン・ウィクリフ(1984/米)】*14世紀イギリス

【マルチン・ルター(1953/米、西独)】
【カルヴァン&ツヴィングリ (2001?)】*ドキュメンタリー
【キング・フォー・バーニング(1994/独)】◎

《三十年戦争(1618年~1648年)》
~~カトリック教国vs新教国~~
ドイツVSデンマーク、スウェーデン、仏等
【クリスチナ女王(1933/米)】*17世紀スウェーデン
(スウェーデン皇帝グスタフ・アドルフの娘)

《七年戦争(1756年~1763年)》
*オーストリア継承戦争(1740~1748)が原因
オーストリア・露・仏等VSドイツ・イギリス等
【バリー・リンドン(1975/英)】*18世紀イギリス
【アマデウス(1984/米)】*18世紀オーストリア
(神聖ローマ皇帝カール6世の娘)マリア・テレジア女帝の時代。

《16世紀~イギリス》
【ヘンリー八世の私生活(1933/英)】◎*英国国教会
【1000日のアン(1969/米)】
【キング・オブ・ファイヤー(2003/英)】◎
【わが命つきるとも(1966/英)】*トーマス・モアの半生
【レディ・ジェーン(1985/米)】*9日間の女王
 (【愛と運命のふたり~レディ・ジェーン(1985/米)】)
【レジェンド・オブ・サンダー(2004/英)】◎
【エリザベス(1998/米)】
【エリザベス R(1971/英BBC)】
【女王エリザベス(1939/米)】
【エリザベス女王(1912/仏)】
【恋におちたシェイクスピア(1998/米)】
【無敵艦隊(1937/英)】
【クロムウェル(1970/英)】*清教徒革命
【ロブ・ロイ ロマンに生きた男(1995/米)】◎
*アン女王がスコットランドを併合し大ブリテン帝国を
成立(1707年)した頃のスコットランドの実在の英雄“ロブ・ロイ
”を描く。
【英国万歳!(1994/英米)】*ジョージ三世
【ヴィクトリア女王(1937/英)】

《16世紀~フランス》
【ノストラダムス(1994/米英独)】◎*アンリ2世
【三銃士(1993/米)】
【王妃マルゴ(1994/仏)】シャルル9世の妹
*新教徒サン=バルテルミーの虐殺事件
【宮廷料理人ヴァテール(2000/英)】ルイ14世
【女優マルキーズ (1997/仏)】
【仮面の男 (1998/米)】
【危険な関係 (1988/米)】
【マリー・アントワネットの首飾り(2001/米)】
【愛、革命に生きて(1988/仏)】
【ベルサイユのばら (1979/仏日)】
【グレースと公爵(2001/仏)】
【ラ・マルセイエーズ(1938/仏)】◎
*1789年7月のパリ・バスチーユ監獄
【ダントン(1982/仏ポーランド)】◎
【ナポレオン(1926/仏)】
【キング・オブ・キングス(2002/仏他)】◎
【ワーテルロー(1969/仏ソ連)】
【炎の英雄 シャープ(1993/英)】*イギリス陸軍の英雄
【美女ありき(1940/英)】
【征服(1937/米)】
【王妃デジレ(1954/米)】
【戦争と平和(1956/米伊)】
【戦争と平和(1965~1967)】
【会議は踊る(1931/仏)】
【レ・ミゼラブル(1997/米)】
【残虐の掟~フランス革命海賊秘話(1967/伊)】

【デュエリスト(1977/英)】ルイ18世
*ブルボン王朝の復活

【ゾラの生涯(1937/米)】第三共和制期

《ルネサンス》あたりからのものをズラッと
並べました(フランス後半は19世紀にくいこんでいる
作品も含んでいますのでご注意を)が、
貴族と平民ごった煮の作品も
多いので以下適当に列挙します。
詳細は
http://www.allcinema.net/prog/index2.php
http://movie.goo.ne.jp/
でお調べください。

これ以外でも
【ヴィドック(2001)】◎
【レ・ミゼラブル】の
(2000)(1998)(1982)(1957) 版
【モンテ・クリスト伯】の
(1998)(2002)版
【ジェーン・エア】の(1983)
【ジェイン・エア】の(1996)
【真...続きを読む

Qイギリス恋愛歴史映画のおすすめ

イギリスが舞台の恋愛歴史映画(ドラマ)を教えてください!
気持ち良く終わるものがいいです。

※参考
・高慢と偏見
・エマ
・ジェイン・エア

Aベストアンサー

そりゃなんといっても「眺めのいい部屋」でしょう!

http://www.youtube.com/watch?v=-Np23QgvnAk

気持ちよく終わるといい、という質問者さんの希望にぴったり!

Q古代~中世ヨーロッパ系のおすすめ映画

こんにちは。

古代~中世ヨーロッパが舞台となっているような映画が好きでちょくちょく見るのですが、
何かおすすめがありましたら教えていただければと思います。
※あまり古いのは個人的に見ないので、2000年以降の作品で上げていただけると助かります。

ちなみに、自分が過去見たので思いつく限りでは、
・アイアンクラッド
・300
・トロイ
・キングダムオブヘブン
・キングアーサー
・ロードオブザリング(?)
・アレキサンダー
・ブレイブハート
・ジャンヌダルク
・グラディエーター
・ベオウルフ
・ニーベルングの指環

こんなところです。
主人公サイドが弱小勢力だけれど一騎当千の戦士が集まっていて大群に立ち向かう 的なのが結構好きで(映画だとやはりそういうのが多いかとは思いますが)、中でも「300」とか「アイアンクラッド」、「キングアーサー」なんかが結構好きでした。

中世史マニアとかそういうのではなく、単純に甲冑と剣や弓や斧でゴリゴリ戦う!みたいな雰囲気が好きなだけなので、戦闘モノでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

最近話題?のTVドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローン」が気になっています。
http://www.youtube.com/watch?v=3umJ02KgGOk

Qイギリスの階級について

イギリスでは、今でも階級社会だという事ですが、具体的には階層の違いが日常生活にどのように表れていたりするのでしょうか?
今でも違う階級との結婚とかはタブーというか、あまり例がなかったりするのでしょうか?

高級官僚でない公務員や上場企業の社員は中産階級でしょうか?それとも労働者階級でしょうか?

Aベストアンサー

上流階級:地主・貴族・金融を中心とする資産家
中流階級:実業家・専門職など
下流階級:労働者階級(ブルーカラー)

に大別されていますが、個々の階級内においても上層・下層の区別が存在していて、必ずしも経済力を反映してはいないので、経済状態が逆転している場合もあります。

一般の公務員や上場企業の一般社員は、中流階級の中下層になるのではないでしょうか(おそらく事務の専門職でしょうから)?

イギリスでは、階級各層の文化、職業、生活スタイルがそれぞれ異なっています。言葉使いや立ち居振る舞い、考え方に差が生じているようです。ただし、本人と周囲による認識によって規定される為、明確な客観的基準があるわけではないようです。

生活スタイルで言えば、例えば、上流階級では育児に乳母を雇います(乳母は日本でイメージするよりかなり高い地位と収入のある職業です)。また資産のレベルが日本と比較になりません(敷地に入って30分自動車で移動しないと館につかないとか・・・)。狩猟を子供のころから行っていますので、乗馬もお手の物。こうした広大な敷地で牧羊を行ったり、古い館と骨董を博物館として公開したりして収入を得たり、莫大な金融資産の運用で上記のような生活をしています。

労働者階級は公立の学校を卒業したのちは大学に進学せず、職人として働くケースが多いようです。これは進学に有利な私立学校の授業費が高いこと、階級間の流動性が個人レベルの教育(知識)によって実現できるものではない(世代を経なければならない)と言う意識が原因だと思われます。実際に上流階級の子弟は私学の初等中等学校に行き、大学進学率も高いのが現状です。この段階で分離が生じています。

さらに、国民にも6種類の別があり(市民、属領市民、国民(香港)、海外市民、保護民、臣民。~国民までは日本の短期滞在にビザがいらないなどの区別があります)、公用語も英語の他に、ウェールズでの第一公用語はウェールズ語であったり、スコットランドではゲール語・スコットランド語がはなされていたりします。

こうして見ると、イギリスと言う国はモザイク国家であることが分かります。

上流階級:地主・貴族・金融を中心とする資産家
中流階級:実業家・専門職など
下流階級:労働者階級(ブルーカラー)

に大別されていますが、個々の階級内においても上層・下層の区別が存在していて、必ずしも経済力を反映してはいないので、経済状態が逆転している場合もあります。

一般の公務員や上場企業の一般社員は、中流階級の中下層になるのではないでしょうか(おそらく事務の専門職でしょうから)?

イギリスでは、階級各層の文化、職業、生活スタイルがそれぞれ異なっています。言葉使いや...続きを読む

Qイギリスが舞台の映画を教えてください。

イギリスの町並みや文化を楽しめる映画を探しています。
今まで観て良かったものは『ウェールズの山』『ミス・ポター』『アバウト・ア・ボーイ』など、今観てみたいものは『ネバーランド』『クィーン』『ぼくの国、パパの国』などです。好きなジャンルは歴史もの・ヒューマンドラマなどですが、イギリスらしい雰囲気の作品って何だろう、と思って質問しました。

製作国や監督の出身国、イギリス英語音声という区切りではなく、『舞台』の視点からお答えお願いします。時代や都市・地方にはこだわりませんけど、もしお分かりでしたら詳しく教えてもらえるととっても嬉しいです。宜しくお願いします!

Aベストアンサー

既出ですがお勧め「リトルダンサー」「ノッティングヒルの恋人」

それから

「陽の名残り」貴族文化がわかるかな。主人公執事の回想、原作は日系英国人。

「輝きの海」コーンウォールの景色が美しい

「ブラス!」リトルダンサーと同じく北部の炭坑が舞台です

「ラッキーブレイク」刑務所が舞台

「フル・モンティ」これもやっぱり北部の失業が舞台です。暗くてさびしい街がいかにもイギリス

「グリーン・フィンガーズ」イギリスの更生刑務所が舞台。

ウェールズの山、ミスポター。大好きです。

映画じゃないですが「MR.ビーン」イギリスの町並み、フラット、デパートなど日常の場がたくさんみられます

スコットランドが舞台になりますが
「ロブ・ロイ」
「ブレイブ・ハート」

など。

イギリス映画は何通りかあると思うんですが
・緑のなだらかな地形が広がっている中に森が浮かぶ田舎の美しさ
・素朴な人たちの頑固だけど温かい心
という田舎を舞台にしたもの
・炭鉱の失業問題や、人生の奈落からのユーモラスな脱出
そして
・古い閉鎖的な因習やしきたり、プライドに締め付けられるようなもの

とかじゃないかな。私が好きなのは
・くだらないことを本気でやってしまうところ。
ウェールズの山とかフルモンティもそうですが
やっぱり素朴さ、野暮ったさ、プライドや頑固さ、そしてユーモア…。
そういうところが好きです。

妙にブラックなジョーク、もイギリスかも…。
Mrビーンもですし

既出ですがお勧め「リトルダンサー」「ノッティングヒルの恋人」

それから

「陽の名残り」貴族文化がわかるかな。主人公執事の回想、原作は日系英国人。

「輝きの海」コーンウォールの景色が美しい

「ブラス!」リトルダンサーと同じく北部の炭坑が舞台です

「ラッキーブレイク」刑務所が舞台

「フル・モンティ」これもやっぱり北部の失業が舞台です。暗くてさびしい街がいかにもイギリス

「グリーン・フィンガーズ」イギリスの更生刑務所が舞台。

ウェールズの山、ミスポター。大好きです。

映画じゃな...続きを読む

Qイギリス 産業革命以前の階級意識

イギリスの階級社会の歴史について研究しています。
調べていると、イギリスの階級(上流・中流・下流)は産業革命後に誕生したと書かれているのをよく目にします。では、それ以前(特に1714年のハノーヴァー朝の始まりから産業革命までの間)のイギリスでの階級意識とはどのようなものだったのでしょうか?
ジェントルマンとノンジェントルマンという2つの階級があったというのは正解なのでしょうか?
そして、ある文献からこの時代は「階級闘争なき階級」があったと読みました。そこで、この時代は、たしかに階級(ジェントルマンとノンジェントルマン)は存在していたけれど、産業革命後に比べると、階級意識が薄いため階級闘争もなかったという理解で正しいのでしょうか。
イギリスの階級について調べる際、産業革命後の情報は多いのですが、革命以前について詳しい説明が見つけられずにいます。
わかる方、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

ank0314 さん、こんばんわ。

イギリスの階級(上流・中流・下流)は産業革命後に誕生したと書かれているのをよく目にします。では、それ以前(特に1714年のハノーヴァー朝の始まりから産業革命までの間)のイギリスでの階級意識とはどのようなものだったのでしょうか?

そんなことはありません。
産業革命以前ということですから、フランスと同じような封建時代国家だということでしょうか?イギリスの場合は16世紀に入って中央集権体制になりました。それまではフランスと同じような非中央集権的封建社会でした。
つまり、国王がいてその下に領地を持つ大貴族や官僚、軍隊があり、この大貴族の下に代官や騎士がいて独立自営農民(ヨーマン)から出たジェントリという郷士がいてその下に独立自営農民(ヨーマン)がいて農奴がいてという形だと思います。
この形だと貴族や国王の領地支配権が強く、自分達の自由権や財産権を認めてもらうために必死で階級闘争など起こせる状態ではありません。実際には産業革命以前からイギリスの階級(上流・中流・下流)は存在していました。それは産業革命以降よりも厳然とです。産業革命によって新興富裕層ができる。つまり中流の商人がさらにお金持ちになるということです。そして貧しい農家の次三男や女性を職工に雇ってさらに富を増大させますが、今度はその職工労働者が新興富裕層である資本家との間で権利の闘争を始めるのが階級闘争でしたね。産業革命は身分による階級から富の分配によるつまり労使関係による階級の闘争の時代に入ったということです。有名なのはチャーチスト運動でしょうか?
ちなみにイギリスではすでに16世紀に宗教改革により、イギリス国教会が成立しているのですが、それまではカトリックのような王国内に王国があるという状態でしたね。つまりカトリックも支配階級であるということもお忘れになってはいけません。

詳細は下記のURLを参照してください。

チャーチスト運動
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%A0

ank0314 さん、こんばんわ。

イギリスの階級(上流・中流・下流)は産業革命後に誕生したと書かれているのをよく目にします。では、それ以前(特に1714年のハノーヴァー朝の始まりから産業革命までの間)のイギリスでの階級意識とはどのようなものだったのでしょうか?

そんなことはありません。
産業革命以前ということですから、フランスと同じような封建時代国家だということでしょうか?イギリスの場合は16世紀に入って中央集権体制になりました。それまではフランスと同じような非中央集権的封建社会でし...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報