会社特定の履歴書などで
「自己分析」とか「考えている事」の記入事項があるんですけど
自己分析は自己PRと同じなんですか?
また、考えている事では、「思う」とかの表現は使っていいんでしょうか?
レポ-トなどではあまり使うべきではないと言われてたんですけど。

教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

erimegさんの回答は、学生向けの回答ではないと思われますので、私はあなたが就職活動をしている文系学部の学生と仮定してお答えします。



 自己分析は、文字通り、自分がどういう人間であるかを、他人に分かるように表現するものです。
 「自分は、人をまとめるのが得意です」とか「私は責任感があります」とか抽象的に書くのは絶対NGです。
 そんなのどうとでもいえるんですよ。書類審査だけならはねられる可能性大ですね(面接も受けられれば、トークで履歴書のマイナスをカバーできる)。
 もし言うならば、基本は答えを先、理由を後で「私は責任感があるとよく言われます。たとえばサークルでこれこれこういうことをしてきました。こういった行動に現れています」といったように具体的な事柄を例に揚げるのが分かりやすくていいでしょう。最近は、就職攻略本のようなものをみんなきちんとよんでいるせいか、このような書き方をする人は多いですね。
 あと、へたに自分をよく見せようとするのもやめたほうがいいですね。
 良いかどうかは採用者が判断することなので、ありのままを書いてください。面接でちゃんとぼろがでますし、ありのままを評価してくれた方がありがたいですよね!
 「考えていること」では「○○と考えております。なぜなら××だからです。」でいいと「思い」ますよ。
 あと、基本的なことですが、文章は簡潔に長すぎずです。こんなことはガイダンス等で説明受けているでしょうが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございます。
私は確かに文系学生です。
大変参考にさせていただいてます。
丁寧なアドバイスをどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/02/26 10:31

ハローワーク職員です。


会社特定の履歴書とは、採用が決まった方のみが記入するmkを指しているのか、それとも市販の履歴書の代わりに使われるのか(こちらですと、人権問題に引っかかることがありますので、今は深く考えないこととしましょう…)判断に苦しみましたが、あくまでも一般的なことをお答えします。

「自己分析」は皆さんの回答の通り、長所・短所、適性等を記入します。
ただ、これはあくまで建前で、正直に短所と思われることを記入することは必要ありません。
細かいことをするのがむいております、計算等が得意です、単純作業を続けてもあまり苦になりません、顧客のニーズをつかむのが早いほうです、といったような点を書かれればよろしいでしょう。


「考えている事」の「思う」という表現ですが、あまり気にされなくていいと思います。
それより、漠然としたことでなく、はっきりしたことを書くように心がけてください。
なぜその事業所を希望したのか、なぜその職種を選択しているのか、それは、こういう理由で、とか、こういう考えを持っており、ということを明確に書いてください。


それにしても、こんなに書くことが多ければ、仕事のスキル・面接の仕方はもとより、書く技術も磨かなければ、なかなか採用まで行き着かないのですね。
世の中、書くことが得意な人ばかりではないので、私達としても頭が痛い限りです…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ハロ-ワ-クの職員なんですね。
時々他の投稿を読ませてもらってます。
「思う」という表現はあまり気にする事ないのですね。
実はこれ、放送関係の書類審査なんです。
何かPRになってしまいそうで不安でしたけど、頑張ります。

お礼日時:2001/02/26 10:26

「自己分析」は自己PRでは無く、文字通り本人から見た自己ですから、自分の長所・短所・性格等を書きます。



「考えている事」は、自分がこの会社に入ってやりたいことや、日常の生活で考えていること、自己の向上についての考えなどを書きます。

また、書き方はレポートとは違いますから、「***ます」
「***です」調で書いたほうが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
考えることでは会社でやりたい事、自己の向上などを
書くのですね。
よく考えてみようと思います。

お礼日時:2001/02/26 10:20

恐らくですが、自己分析と言うのは


「自分の長所及び短所」等の自分を客観的に見て
「自分とはこういう人間である」と言う事を書くのではないでしょうか?

考えている事と言うのは、
「この会社に入ったら、こう言う事がしたい」とか
これからの事で、貴方が考えている事を書けば良いと思います。

自己分析と自己PRは違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
「自分とはこのような人間である」ですか。
自己PRとは違うのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/26 10:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q面接での自己PR

 みなさんこんばんわ!いつもお世話になりありがとうございます。

面接で「自己PRしてください。」って言われると伺ったことがあります。
自分としては、どのようにすれば良いのかよくわかっていません。
皆さんの経験談など何でも結構です、教えてください。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

大学卒業して、仕事がなかったので専門学校へ行って、この間就職しました。
自己ピーアール、かどうかは分かりませんが、何がしたいか職種が
はっきりしてるなら、どうしてその職種が良いのか、そしてなぜそれがその企業でなければならないのかを述べればよいです。
それに対して、どう努力したかなど。新卒なら関係ないかな、とも思うけれど、事務職希望なら、それに近いアルバイトなどしてたらそれもアピールしてもいいと思います。そこから学んだこと、あとその企業でそれをどう生かしたいかを述べてみたらいいと思います。
けれど就職活動仲間と話して思ったことは、今はとても厳しい状況です。
落ちても当たり前と思って、自分に合ったペースで面接をどんどん受けていけばよいと思います。頑張って下さい!

Q自己PRの書式について

こんにちわ。
現在就職活動中なんですが、提出書類の中に自己PR資料があります。
書式は自由と書いてあるんですが、どのような書式にすればよいのでしょうか。
トップに「自己PR」とだけ書いたものでもかまわないのでしょうか。
ご意見いただきたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 表題は「自己PR書」で良いです。

 左上に「作成日付」、その下の行に「表題」を中央寄せ、更にその下の行左に「氏名」となります。

 作成ツール・作成時のポイント及び例を書き込んでおきます。
 ご参考になれば幸いです。

【作成ツール】
 
 ワードまたはパワーポイント(A4で1枚、多くても2枚)

【作成時のポイント】
 
 基本的には文書ではなく、表・図を適切に活用する。また色も適度に活用しましょう。

 「読んで頂く」ではなく「見て頂く」。これは意外と重要です。採用担当者は時に数百名近い受験者の履歴書・職務経歴書・自己PR書を見ます。読むのは結構大変です(時には苦痛・・・)。視覚に訴える作りこみは非常に相手(採用担当者)にとってはありがたく、また応募者が相手(採用担当者)のニーズを捕らえる能力を持つ人物と判断することも出来ます。→ひいては顧客ニーズに吉備な能力を持つ応募者と判断します。

【内容】
 
1. 自己PR

 * 大項目・中項目・具体的実績と表形式で作成するのをお勧めします。

例えば大項目として

[目的志向]
[肯定的]
[コミットメント力]

各々の中項目として

[目的を明確・具体的にし行動している。行動の選択は目的に向かっている。]
[物事の捉えかたが、肯定的である。ピンチはチャンスと考える。]
[目的を達成するまで、決して諦めない。失敗とは成功のプロセスであり、途中であきらめるから失敗となる。目的を達成できれば、その失敗はすべて成功のプロセスとなる。]

各々の具体的実績として

[全ての社員およびその家族が豊かな生活を過せ、生々と働ける環境・制度を策定し、実行した(2001年度実績:処遇制度の改定、昇進・昇格試験制度の導入)]

[問題のある部下を持ったとき、その部下と分かち合い、協調性を芽生えさせ、成果を作り出し続けた。(2001年度実績:多面考課においてA社員人事考課がC1からB1へ向上した)]

[目的が明確・具体的な上に、常に目的に向かい行動し続け、必ず達成する。(2000年度実績:新卒採用中核を高卒より大卒へシフトした。当初は現行マネージャーのほとんどが高卒であり、且つ従順で、使いやすいと長年高卒を採用して来た経緯より、8割り以上のマネージャーより反対されたが、1998年度より新卒採用を大卒へシフトし、現状ではハイスキルの社員に育っており、目的を達成する。)]

* ここ(投稿欄)では表形式に書き込めないので上記の書き込み形式にしましたが表形式に纏め、一目瞭然とすることをお勧めします。

2. 私の信条
 
 (1) 好きこそモノの上手なれ
   ・そのこと自体が好きであれば、何事も楽しく且つ成果も出し続ける
   ・自分だけでなく、自分を取り巻く周囲の方々も明るく、ポジティブになる

 (2) 改善の余地のないものは無い
   常に現状に満足することなく改善に努める


3. 志望動機(御社・職種)

 (1) 御社:社会貢献度の高さ
  
   私は常に社会、地域、家族にどのように「貢献」できるかを考え、社会インフラである御社の業務を通じ社会へ「貢献」したいと考えます。

 (2) 職種:事務職
  
  社員が生々と働ける職場を作りたく、また前記自己PRの通り事務職に職務適応性があると判断し事務職を希望します。

 

 これで、ワードA4で1枚に纏まる量と思います。(少々多いかもしれません・・・) 誤字・脱字・助詞・語尾に不備がありましたらご容赦ください・・・
 
 転職者用として作成してみました。新卒の方でも準じて作成できると思います。

 また蛇足ながら、「出世する人のパーソナリィ」「出世について」で小生が書き込みをしておりますので、参考URLに載せておきます。企業ニーズを逆の面より考え、自己PR書作成時の参考材料となると思います。

 では、ご健闘をお祈り申し上げます!

  

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=283715,http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=286937

 表題は「自己PR書」で良いです。

 左上に「作成日付」、その下の行に「表題」を中央寄せ、更にその下の行左に「氏名」となります。

 作成ツール・作成時のポイント及び例を書き込んでおきます。
 ご参考になれば幸いです。

【作成ツール】
 
 ワードまたはパワーポイント(A4で1枚、多くても2枚)

【作成時のポイント】
 
 基本的には文書ではなく、表・図を適切に活用する。また色も適度に活用しましょう。

 「読んで頂く」ではなく「見て頂く」。これは意外と重要で...続きを読む

Q職務経歴書自己PRについて教えて下さい

はじめて質問いたします。職務経歴書の自己PRなのですが、営業→授産施設→老人介護の職歴があり今回障害者生活介護事業所への転職を希望しています。自己PRには営業時代の経験(一番長く勤務)や学んだこと、成果を書いて前職や前々職でもその経験を活かすことができたような書き方がよいか、授産施設や老人介護での経験や実績(職種が近いため)を中心にした方がよいか悩んでいます。何卒よきアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

私なら、「営業→授産施設→老人介護と、仕事内容は異なりますが、一貫していろいろな人とのかかわりを経験してきました。障害者生活介護事業所でも、人とかかわってきた経験から、強い立場からの見方や弱い立場からの見方など両面から考え、支援に生かせるのではないか」、と考えます。

Q高校生の就職の面接での自己PRについて教えてください。

こんにちは。暑いですね~(^^;)
相談があるのですが、ここでいいでしょうか?
彼女のことなのですが、
高校生の就職の面接での自己PRについてなんですが、
1・面接の時の自己PR(書くのではなく、面接官に直接話す)って、どのくらいの時間?で話せばいいのでしょうか?30秒ぐらいでしょうか?

2・自己PRは、どんなこと話せばいいのでしょう?
彼女はバイト歴、部活歴なしです(><;)
帰宅部です。資格は簿記3級と電卓検定とワープロ検定4級です。

分かりづらいと思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

(1)私が受けた所は「3分くらいで」と仰ってました。
会社にもよるかと思いますが、あまりにも短いと「もう終わりですか?」と言われることもありますし、ダラダラ長すぎてもいけないし・・・難しいですね。
何分、と決まりは無いと思いますがその時に仰ると思いますよ。

(2)資格が生かせる職種でしたら、話せば良いし
あとはその会社に入ってどんな事を頑張れるか、とか
自分はどんな人間か、長所など話されたら良いかと思います。
志望動機については別に聞かれるかと思いますが、熱意を伝える為にもう一度伝えても良いかと思います。

頑張ってくださいね。

Q就職するにあたって、皆さんの自己PR教えてください。

私は現在就職活動をしているのですが、どうしても自己PRが浮かびません。皆さんはどんな自己PRをした(あるいはこれからする)のでしょうか?ぜひいろいろ参考にお聞かせください。ご回答多数待ってます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も10年ほど前に、随分悩んだのを覚えています。
社会人になって、逆に人の自己PRを聞く立場になってみると、意外に内容は聞いておらず、話し方や雰囲気、伝わってくる印象みたいなものを重視して見てる様な気がします。ですから、そんなに深刻にならず、「自分はこんなことが好きで、こんなことに時間を費やしてきました。」っていうタイプのが一番わかりやすくて良いですね。
コツとしては、あんまり色んな話題に触れないで、1つテーマをしぼって具体的に、それからキーワードみたいなのを意識して話すのがテクニックです。
就職活動では、「自己PR」はこれまでの自分について、「志望動機」はこれからの自分について語るのが基本です。

面接する側も社会人ですから、ちょっと話してみればどんな人かは大体わかります。(これは面接に限らずビジネスの現場に出ても同じように周辺から評価されるというのが後々気づきますが…)
もしこれまでクラブ活動したことがあれば、後輩に「何でこの部に入ったの?」とか聞いてみて、それぞれ感じることや突っ込みたいとこってあると思うんだけど、答え方によって相手に興味持つ度合いって変わってきますよね。
そんな感じで、逆に自分だったらどうするのが得か?と考えるのが効率的です。
目的は採用されることだし、自己PRの内容で決まるわけではないので、あまり深入りせず頑張ってください。

私も10年ほど前に、随分悩んだのを覚えています。
社会人になって、逆に人の自己PRを聞く立場になってみると、意外に内容は聞いておらず、話し方や雰囲気、伝わってくる印象みたいなものを重視して見てる様な気がします。ですから、そんなに深刻にならず、「自分はこんなことが好きで、こんなことに時間を費やしてきました。」っていうタイプのが一番わかりやすくて良いですね。
コツとしては、あんまり色んな話題に触れないで、1つテーマをしぼって具体的に、それからキーワードみたいなのを意識して話す...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報