宿題に発電機のしくみについてレポートを書くんですが教科書にあまり載っていませんのですみませんが分かりやすく教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

中学か高校かレベルが判りませんので参考になるかどうか判りませんが。



磁石(じしゃく)の回りには、目には見えない力が働いていて、この力は磁力線として表されます。この磁力線を横切るように導線(どうせん)が動くと、導線の中に電気が起きます。このことは、1831年にイギリスの科学者ファラデーが発見し、”電磁ゆう導の法則”とよばれています。この電気の起きるしくみを使ったそう置が発電機です。ですから、簡単にいって、発電機のしくみとは、コイルとコイルの間で磁石を回し、回りのコイルに電気を起こすわけです。わたしたちの家庭にくる電気も、このしくみを大がかりにした発電所で起こされています。

以下のページが参考になります。
http://www.wnn.or.jp/wnn-s/nazenaze/ieden/ieden. …

参考URL:http://www.mpec.tsu.mie.jp/kyoiku/kyouzai/MDBHTM …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

大変参考になったようです。お礼がかなり遅れてしまってゴメンナサイ;

お礼日時:2002/08/15 08:38

ぶっちゃけた話をすると、発電機の仕組みが知りたいのならモーターをばらしてみてください。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原子力発電のしくみ

原子力発電の発電のしくみを知りたいのですが、原発はウランなどの放射線物質のどんなしくみでエネルギーを作るのでしょうか?また、クリーンなエネルギーとして注目されていますが、二酸化炭素を発生しないのでしょうか?

Aベストアンサー

電気を作る原理は簡単で、何らかの力で発電機のタービンを回せばよいのです。

(1) 原子力発電のしくみ. 現在、世界の原子力発電所は軽水炉が主流となっています。
 これは 原子炉の中で燃料のウランを核分裂させ、その時に発生する熱によって水を蒸気に変え、
  この蒸気の力でタービンを回し、発電機で電気を起こすというしくみです。
  この方法では事故などにより放射線の外部への放射さえなければクリーンなエネルギーとも言えます。

(2) 火力発電は重油などを燃やして蒸気を沸かせてその蒸気によって発電機のタービンを回します。
  ※この方法では重油などを燃やした時にCO2を発生させるので問題視されています。
(3) 水力発電はダムなどで水を高い所から落とす力によってタービンを回します。
(4) 風力発電は風の力で発電機のタービンを回します。
(5) 波力発電は波の上下する力で発電機のタービンを回します。
(6) 地熱発電は地球の内側で発生する地熱で蒸気を沸かしてタービンを回す方法。

(7) これとは別に太陽ソーラーによる発電が徐々に普及しつつあります。
他にもいろんな発電方法は考えられるかもしれません。

このうち(1)の原子力以外は寿命が来たらいつでも停止、つぶすことは出来ますが、(1)の原子力発電の場合は
一般的に寿命が30年とか40年とかと言われながらも、簡単には作り直すことが出来ないので、寿命がきている
ものでも40年から50年も過ぎてもまだまだ使用されるのが現状です。
しかも、一旦運転を始めると廃炉するまで水で冷やし続けないといけないですし、寿命に近づいたからと運転を停止しても
完全に廃炉するには30年もの年月と費用がかかると言われています。
とにかくこんなに問題の多い原子力発電が最もクリーンな安全な方法だと、政府、電力会社の安全神話に踊らされてきたわけです。

電気を作る原理は簡単で、何らかの力で発電機のタービンを回せばよいのです。

(1) 原子力発電のしくみ. 現在、世界の原子力発電所は軽水炉が主流となっています。
 これは 原子炉の中で燃料のウランを核分裂させ、その時に発生する熱によって水を蒸気に変え、
  この蒸気の力でタービンを回し、発電機で電気を起こすというしくみです。
  この方法では事故などにより放射線の外部への放射さえなければクリーンなエネルギーとも言えます。

(2) 火力発電は重油などを燃やして蒸気を沸かせてその蒸気によっ...続きを読む

Q理科の宿題で、レポートが出たのですが・・・・。

理科のレポートで宿題が出たのですが、最後に参考文献を書くみたいなのです!
参考文献の意味って何ですか??

Aベストアンサー

 レポートを作成する際に、読んだ書物、引用したものなどを明記します。
 自分の知識だけで書いた場合、間違いもあるので、間違っていないか確認したりする場合も、その本を明記します。
 
 そのレポートを作成する際に使用した書籍などを明記します。ホームページを使用した場合でも、どこのホームページを使用したと明記して下さい。また、よく更新される場合は何日現在での資料という事も大切です。

 というか、本を読んだことがないのかな? 書店とかコンビニの簡単な本でも最後に参考文献とか書かれていますよ。

Qカメラのしくみと目のしくみ

目の見え方について勉強中です。
カメラのしくみが分からないので2つだけ疑問が解決しません。
虹彩についてですが、カメラの絞りの役目を持つとテキストにあります。
カメラの絞りが分からないのでイメージができません。
網膜はフィルムと同じ働きをするとテキストにあります。
フィルムと言われてもイメージできません。
絞りとフィルムについて教えてください。
ネットでカメラについて調べましたけど、難しく書いてあってちっとも理解できませんでした。
サルでも分かるようにおしえてもらえたらうれしいです。

Aベストアンサー

カメラの絞り
絞り値(F値)は、レンズを通る光の量を調節します。
量を多くしたり、少なくしたり。
絞りを変えると、ピントの合って見える範囲も変わります。
絞りを小さくすると、それだけ光が入ってこないので
ピントの合って見える範囲も狭くなります。
逆に大きく開くとピントの合う範囲も広くなります。
広くなる・・・とは
奥行きに関係していて、手前のものから奥のものまで
全部ピントが合います。

たとえば
公園に人が立っていて、後ろの木や滑り台はぼけている
のに人だけがハッキリ写っている・・・そんな写真を見たことが
りませんか?
あれは、絞りと関係していて、人も木も滑り台も全部ハッキリ
写そう、と思えば絞りを開く。
人だけハッキリ写し、周りをぼかすのであれば
絞りを小さくして、人を狙います。

フィルムは、記録に残します。
網膜と同じで、たとえば花の写真を撮れば
それが花ですよ!と記録に残します。
そうすることで、誰が見ても花だ!!とわかります。

Q風力発電機の効率について

風力発電機 ベッツの限界値・出力簡易計算について

ベッツの理論でどんなに理想的な風車でも、風から得られるエネルギーは59%しかとりだせないとありますが、
調べてみると、変換効率70%を超えると書かれている風車もあります。これは、ベッツの理論ができた時代には
存在しない、風車形状の登場や技術が発達したからなのでしょうか?
参考URL http://www.etllc.org/jp/index.php?pages=products_01

風車の軸の簡易出力計算で(1気圧1.205kg/㎥として Cpは風車のパワー係数) E=1.893r2V3Cp
という式で軸の出力を計算できると書籍にありましたが、
答えとして出てくるワット数は 毎秒あたりの出力でしょうか?それとも毎分・毎時でしょうか・・

Aベストアンサー

ベッツの理論では羽が固定されている場合の理論値で風圧をある程度後ろに逃がさないと回転できない為に限界効率が決まりますが
この風車では可動羽にすることで風圧を完全に羽で受けることができる為に大幅な効率アップを可能にしていると考えられます。
実は私も可動羽で高効率の風車の可能性を考えていたのですが技術的に難しいので設計まで到達できませんでした。

Q巨大発電機が発生する電圧は間違いありませんか?

発電所のような巨大な発電機はどのくらいの電圧が発生しているかを考えてみました。
直径1cmの発電機(モーター)をそのまま直径1mの発電機に巨大化させます。体積は100万倍で永久磁石の磁力は100万倍、回転子の周速は100倍、コイルの長さは100倍で、そこから電圧は100億倍になります。直径1cmの発電機が1V発生させたとすると直径1mの発電機からは100億V発生することになります。
何か騙された気がしますが、理屈上は間違いありませんか?
ちなみに、発電所の発電機は2万Vだった気がします。おそらく電圧を下げる工夫がされてるんだと思いますが、それも知りたい所です。

Aベストアンサー

発生させる電圧は発電機に使用する絶縁材料と導体との組合せによって決まります。
つまり、発生させる電力を同じとして考えると、電圧が高ければ高いほど導体を流れる電流は少なくて済みますが、絶遠破壊を起こさぬようにしなければなりませんから自ずと電圧は制約を受けます。

発電機の大きさは、このように発生させる電力の大きさで左右されるものであり、発生させる電圧は直接の目標ではありません。
いずれにせよ発電機で発生した電力は変圧器で昇圧(大幹線の送電線では50万ボルトや100万ボルトに昇圧)できるのですから、発電機の出力電圧というものは送電端でみれば大したファクターではありません。

なお、参考までに申し上げると、発電機には永久磁石は使われず、励磁電流で磁界をコントロールするいわゆる電磁石を使います。また発生させる電圧は回転子の直径に比例するのではなく、コイルが磁界を横切ることによって、これらの大きさに応じて電圧が誘起する原理を利用しているのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報