先日激しい腰痛に見舞われ、勤務先(看護婦しています)の麻酔科医に硬膜外ブロックをしてもらったのですが、1回目は効果が無く、翌日再ブロックをしたところ腰椎麻酔になってしまいました。その2日後くらいから後頭部を引っ張られるような頭痛を自覚するようになり、勤務先の脳外科医に相談したところ、低髄圧だといわれ1週間ほどで良くなるから水分を多く取るようにして激しい運動はしないようにということでした。勿論その後は水分1日に2000ml以上取るようにし、おとなしくしていたのですが(勤務は続けてました)10日を過ぎても頭痛はひどくなる一方で自分でももう良くなってイイ頃なのに?と疑問に思い、再度麻酔科医の診察を受け、脳外科医にも相談したのですが、10日以上たってるので低髄圧では無いと思うから鎮痛剤(セデス)で様子をみてくださいということでした。その翌日から遠方に出かける予定(1泊2日)があり、低髄圧が続いているといわれれば、旅行は中止しようと考えていましたが、2人の医師に低髄圧を否定され、またセデスを飲み翌日になると頭痛も消失しており、ちょうど夜勤が続いていた時だったので「疲れているんだ」くらいの気持ちで、予定通り出かけました。翌日帰る間際にまた低髄圧様の激しい頭痛が起こったので、帰る前に近医を受診してから、と思って受診したのですがそこには脳外がなく神経内科医に診察していただきました。すると神内医の低髄圧に対する見解は勤務先の医師の見解とは随分違うもので、「7~10日で良くなるのは入院して静臥している患者の話であって勤務を続けていては長引いて当然で今が一番悪化する時なのに何故旅行したんですか?そもそも腰麻になった時に入院を勧められませんでしたか?」と。
医師間で低髄圧の見解に差があり、戸惑っています。アドバイスをお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

看護婦の方なので、低髄圧症候群の説明は省きますね。


確定診断するには、ご存じの通りRI脳槽シンチを行わなければなりませんので、今回のmoihanaさんの症状が本当に低髄圧症候群なのかどうかはわかりませんが、ルンバールをやった後にそのような頭痛が起こったのであれば、可能性は高いでしょうね。ただ、ルンバールの二日後というのが少し気になりますが、硬膜の孔がまだ塞がらない状態で看護婦としての激務をこなしていたために、圧がかかりすぎて髄液が漏れだした可能性は否定できません。
低髄圧症候群の場合に数日で症状が改善するというのは、神経内科の先生のおっしゃるとおり、入院して点滴しながら安静臥床していた場合のことであって、立ち仕事を長時間こなしたり、患者さんの介助をしたり体交をするような、腰部にかかる髄液圧を著しく上昇させてしまうような生活を続けている場合には治るものも治らないであろうと思われます。
腰麻になったときに入院を勧めるかどうかはそのときの状態次第でしょうから、そのとき全く問題がなかったのであれば仕方なかった面もあると思いますが、その後低髄圧症候群になったことが強く疑われたのであれば、そのときこそきちんと入院していただくべきだったでしょうね。ただ、同じ病院の職員ということで、いろいろな心理的葛藤もあったのかなとも思います。
今は大丈夫なのですか?お大事に。
脳神経外科医からの回答でした。

この回答への補足

少し補足しますね。

ルンバールの翌日と翌々日は運良くたまたまお休みでした。腰痛には安静が一番ですから、家の中でジィーッとしておりました。それゆえ、寝てるか食べているかという生活でしたので気付かなかった?というよりは、寝ている時間の方が多かったのでチョットの時間起きてるだけでは低髄圧になる一歩手前で症状が起こらなかった?と思うのですが・・・。どう思いますか?そこにきて仕事が始まったことで、先生もおっしゃるように圧がかかり過ぎて塞がりかけていたのが裂けてしまったのではないかと思うのです。。。

補足日時:2001/02/25 18:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

naokun先生、早速のお返事と温かいお言葉ありがとうございます。

その後・・・ですが、
勤務先の病院に入院(3日間)となりました。
1日1500mlの点滴を3日間と入院2日目にブラッド・パッチをあててもらい
3日間で頭痛はかなり改善し退院。
その後3日間の自宅療養ということで、休みをもらい只今、自宅療養中です。

・・・ですが、今日が自宅療養3日目で、明日から仕事です。
ブラッド・パッチも1回だけでは効果が期待できないという見解をお持ちの先生もいるようなので、明日から仕事に復帰して再び裂けないことを祈っているところです。

お礼日時:2001/02/25 18:53

補足に対して


私もそう思います。
寝ているときの腰椎レベルでの圧は高々10数センチ水柱位ですが、立ち上がると40-50位にはなりますし、息んだりするともっと上がるでしょうからね。

お礼に対して
無理しないでお大事にして下さい。
ブラッド・パッチとは、恐らく血液の凝固を利用して孔を塞ぎ、その間に硬膜の修復を待つというものでしょうから(ある意味では、脳の手術などの際に硬膜の縫い目をフィブリン糊で塞ぐのと同じ様な原理でしょう)、あまり強い圧がかかるとまた剥がれて髄液が漏れないとも限りません。万が一頭痛が再び起こるようでしたら、すぐに担当の先生に連絡して休ませてもらって下さいね。
お大事に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>万が一頭痛が再び起こるようでしたら、
>すぐに担当の先生に連絡して休ませてもらって
>下さいね。 お大事に。

本当にありがとうございます。
ブラッド・パッチですが、まさにフィブリン糊です。
脳外の手術で使うフィブリン糊は人工モノですが
moihanaのは自己血(静脈血)=天然モノです。
ちなみに、処置の時は背中に針が刺さった状態で
腕から血を抜かれ・・・あぁ~痛かった(^_^;)

今後も何かありましたら、またよろしくお願いいたしますm(_ _)m

お礼日時:2001/02/25 21:57

低髄圧というのは、初めて聞いたのですが、少し調べてみました。


↓が参考になるかと思います。

最近判ってきた症状のようで、まだ、医師の間で統一見解が出ているという状況ではないようです。
なので、その方面の研究をされている医師に相談するのが一番いいかと思います。
原因は髄液の漏出のようで、漏出原因が解消されない限り良くならないようです。

参考URL:http://www.naxnet.or.jp/~sginakai/shinonaga2.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事と参考URLの添付ありがとうございます。http://www.naxnet.or.jp/~sginakai/shinonaga2.html
にも書いてある【ブラッド・パッチ】ですが、例の旅から帰ってきたあと、勤務先の病院に入院し点滴治療と合わせてパッチしてもらい、経過も良いようです。

お礼日時:2001/02/25 15:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q低髄液圧症候群の症状について教えて下さい。

低髄液圧症候群の決定的な症状は、どんなものが圧倒的に多いのでしょうか?
私は、2年ほど前から、スポーツ外傷(顔面への打球直撃)の2ヶ月ほどあとから頸椎・胸椎の周辺の筋肉の異常なこりと体の倦怠感に悩まされています。
食事後や動き回ると決まって、動悸等の症状が起こります。
朝起きたときなどは、首や背中の筋肉が異常に硬直して息苦しくて大変です。
低髄液圧症候群を疑いましたが、医師によると、
「頭痛や吐き気などがないなら、たぶん違うと思う」
といわれました。
私の場合は、低髄液圧症候群の症状とは違うとの所見でした。
現在は、整体治療で若干の回復の兆しがあるかなという程度です。(あまり、期待はしていません)

首を回すと、ミシミシと変な音がします。

低髄液圧症候群の決定的な症状はどのような感じなのでしょうか?

どなたか、助けて下さい。
アドバイス、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 頚椎症(正確には頸部脊椎症)は、椎体骨の変形(いわゆる骨棘形成)によって、脊髄の神経根(脊髄から出てくる枝の神経)や脊髄自体が圧迫されて症状を出すものです。首から腕の方にかけての痛みが起こります。また、骨棘が側方で頚椎の中を走っている椎骨動脈を圧迫したりすれば、首を横に向けた姿勢を続けたときにめまいなどが起こることがあります。椎骨動脈の周囲の交感神経網が刺激されると、顔の痛みや紅潮(ほてり)、耳鳴り、頭痛が起こったりもします。

 しかし、もしも頚椎症であれば頚椎のレントゲンやCT、MRIを撮れば診断はつくでしょうから、今回はそれらの検査はすでにやっているとのことで否定的なのではないでしょうか。

 今回、顔面打撲のエピソードと頸部の症状とに関係があるかどうかを私には判断できません。しかし一応関連付けて考えるのだとすれば、顔面を打撲することで、顔面から頸髄・胸髄にかけて走行する交感神経幹などが刺激を受けて、顔のほてりや背中の痛みなどを出している可能性もあるのではないかとも思います。
(憶測ですが)

 脊髄を専門にしている整形外科医や脳神経外科医の診察を実際に受けて話を聞くのが良いと思いますが、一般的に、外傷後の頸部痛というのはCT・MRIなどでも異常が見つからないことが多いです。確かに低髄圧症については気をつけなければいけませんが、現在の症状からは積極的に疑うものではないと思います。精神的な要因が症状を修飾している可能性もあるかも知れません。

 治療については対症療法的なものが中心になってしまうことが多いと思いますが、もしも脊髄専門の医師の診察を受けていないのならば、一度受診しても良いかもしれません。

 頚椎症(正確には頸部脊椎症)は、椎体骨の変形(いわゆる骨棘形成)によって、脊髄の神経根(脊髄から出てくる枝の神経)や脊髄自体が圧迫されて症状を出すものです。首から腕の方にかけての痛みが起こります。また、骨棘が側方で頚椎の中を走っている椎骨動脈を圧迫したりすれば、首を横に向けた姿勢を続けたときにめまいなどが起こることがあります。椎骨動脈の周囲の交感神経網が刺激されると、顔の痛みや紅潮(ほてり)、耳鳴り、頭痛が起こったりもします。

 しかし、もしも頚椎症であれば頚椎のレン...続きを読む

Q腰椎穿刺後の低髄液圧症候群?

 夫の頭痛でご相談いたします。夫は 今年1月に 細菌性髄膜炎で入院し、現在は 完治はしていませんが退院し、仕事もはじめております。9月4日に検査入院をしましたが、その際の腰椎穿刺の2日後から頭痛が始まりました。頭痛は波があり、まったくない日もあります。今日などは 頭痛がひどくて1日寝ていました。バファリンを飲みましたら、軽減いたします。これは低髄液圧症候群といわれるものでしょうか?

Aベストアンサー

 低髄液圧症候群かどうかは別として・・・。
 いわゆる「硬膜穿刺後の頭痛」であれば、横になったり水分を多く取ったりすると軽減し、座ったり立ったりすると増悪するという事で推測できると思います。ただ、そのような場合、多くは穿刺後早期に始まって、徐々に軽減することが多いと思います。一般には一週間程度で消失すると思いますが、その間は必要に応じて鎮痛薬を使用したり、なるべく横になって生活したりという対処が必要になる事もあります。また、稀に長引く場合、「自己血パッチ」という治療法もございます。

 いずれ、主治医の先生に良くご相談なさることをお勧めいたします。

Q麻酔科医と看護麻酔の違い

麻酔科医について質問です。 麻酔科医と、看護麻酔の違いは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

内科医とNPの違いと同じかと思います。

Q「麻酔科医」だけは名前が出ているのはなぜ?

「麻酔科医」についてお尋ねします。このサイトで、「麻酔科」だけは医師国家試験に合格しただけでなく麻酔専門の研修あるいは同等のものが別途2年必要、と教わりました。で、たまに、ですが、「麻酔科」という科目を標榜している医院の看板をみると、必ず「麻酔科医 ○○」と氏名が書いてあるのです。これはなぜでしょうか。あと、麻酔科医って単独で開業するが大変めずらしい、あるいはむずかしそうなイメージがあるのですが、実際はどうでしょう。単独で開業するとすれば、ひざが痛い、腰が痛いといった症状を緩和するのが主目的でしょうか。だとしたら、整形外科と守備範囲が重なりませんか。

Aベストアンサー

参考まで。
麻酔科の標榜が出来る医師は、大きな病院の麻酔科(指導医がいるところ)で2年間以上、全身麻酔をかけた実績で標榜という(麻酔科として名前を出して良い許可)がもらえます。病院、医院の看板にはいろいろ規制があります。
 麻酔科と言う看板をあげたければ、そこに標榜医という免許をもった人がいないと麻酔科の看板は出せません。そこで本当にいる麻酔科の医師の名前を書かなければならないのです。他の科は、例えば内科と看板にかいてあっても、小児を診てはいけないことも無いし、産婦人科でも子供を診てはいけないという法律はありません。
しかし患者さんの方が、お子さんが熱を出せば産婦人科や
整形でなく小児科にかかるでしょうし、それはその科の専門の先生がよく診れると思っているからです。
 他の科も最近は専門医制度が普及しています。
例えばその分野の研修を一定期間したり、認定試験みたいなものに合格すると、内科医でも消化器専門医だとか、産婦人科にもあり、今はどの科でもそういう制度を設け、
患者さんに正しい医師を選ぶ指標にされていると思います。米国では看護師にもこの専門制度があり、小児科の看護婦は小児だけしか看ない、循環器のナースは循環器の患者さんを専門に看る制度がすでにあります。
参考になりましたか・・・・。
 また麻酔科の開業医は痛みの緩和だけでなく、
花粉症、ヘルペスなど神経系に関係のある疾病に、
神経(麻酔薬を注入して)ブロックなどをしています。
他の科で薬を飲んでも治らないような神経、アレルギー関係、あるいはガンの末期で痛みだけはどうにかして欲しい患者さんの痛みなどを専門に治すところで、神経ブロックなどは麻酔科でも高度な技術を必要とします。

参考まで。
麻酔科の標榜が出来る医師は、大きな病院の麻酔科(指導医がいるところ)で2年間以上、全身麻酔をかけた実績で標榜という(麻酔科として名前を出して良い許可)がもらえます。病院、医院の看板にはいろいろ規制があります。
 麻酔科と言う看板をあげたければ、そこに標榜医という免許をもった人がいないと麻酔科の看板は出せません。そこで本当にいる麻酔科の医師の名前を書かなければならないのです。他の科は、例えば内科と看板にかいてあっても、小児を診てはいけないことも無いし、産婦人科で...続きを読む

Q全身麻酔後、数日経っても頭痛が良くなりません

連休中でどこの病院もお休みなので,、知識のある方いましたら助けてください。

4月29日に全身麻酔で足の手術をしました。
副作用だと思うのですが、それ以来ずっと頭痛が酷く悩まされています。
5月2日の通院のときに頭痛がすると言ったところ「足を高く上げて、水分を多く取って、頭を低くして寝てください」という指導だけでした。
指導通りにしていますが少しも良くならず、起き上がると頭が ズキズキ ガンガン して、耳鳴りがして、吐き気がしたり息苦しい日が続いています。
救急車を呼びたくなるほど苦しくなる日もあります。
ずっと起き上がることができず、トイレに起きるのがやっとでリハビリもしなくてはいけないのに出来ず、ほぼ寝たきり状態です。
ご飯は寝た状態で食べさせてもらわないと食べることすらできません。
飲食はできているのに、動かないためお通じがなく、お腹も張って苦しい状態です。
以前にも全身麻酔で手術したことはあり、そのときは2日目にはリハビリできるくらい回復していたので、こんなに酷くはありませんでした。
6日には仕事に復帰しなければいけません。
早く頭痛を治まらせる方法はないでしょうか。助けてください。

連休中でどこの病院もお休みなので,、知識のある方いましたら助けてください。

4月29日に全身麻酔で足の手術をしました。
副作用だと思うのですが、それ以来ずっと頭痛が酷く悩まされています。
5月2日の通院のときに頭痛がすると言ったところ「足を高く上げて、水分を多く取って、頭を低くして寝てください」という指導だけでした。
指導通りにしていますが少しも良くならず、起き上がると頭が ズキズキ ガンガン して、耳鳴りがして、吐き気がしたり息苦しい日が続いています。
救急車を呼びたくなるほど苦しく...続きを読む

Aベストアンサー

29日手術で2日が外来状態なら腰麻(いわゆる下半身麻酔)併用の可能性があるかな
そうであるなら低髄液圧症状でしょう
安静が第一です


人気Q&Aランキング

おすすめ情報