今調べているのですがどうしてもわからないことがあります、プラスチックカッター(オルファカッターなどにある安いもの)の刃の形がどうしてあのような形になっているのか調べています。形の理由がわからないのです。仕事でどうしても必要な情報であり、あせっています。御存知のかた至急教えてください。

A 回答 (2件)

sailorさんの仰る通り、あれはナイフじゃなくて小型のチョウナかカンナですね。

厚み=歯の幅と考えれば良いのでは?削りくずが旨く逃げてくれないと、削りくずを加工物に押しつけてしまう現象(切削工学でいう「構成刃先」)が起こってきれいに削れなくなります。このため、角が立った形にしてあるのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。なんとなくわかったような気がします。
専門書などをさがしても載ってなくて苦労していたとこでした。

お礼日時:2001/02/25 22:09

通常のカッターナイフのように切るという考えではなく、削ると言う考えから出た形状なのでしょう。

非常に幅の狭いカンナで削っていくようなイメージではないでしょうか?アクリルなどような硬度の高い樹脂では一般の刃物で切るような方法では、刃の厚みで刃に接している部分の樹脂を押し広げることになり、割れてしまうのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。なんとなくわかったような気がします。
専門書などをさがしても載ってなくて苦労していたとこでした。

お礼日時:2001/02/25 22:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報