年度は4月3月の会社です。 来月、3月末で決算です。総会は毎年5月末に行なうのですが、その総会の折り、現代表取締役が退任することになっています。
新年度は4月から始まるのですが、5月末の総会時に新しく選任される代表取締役はその間は法的には何も行使出来ないのでしょうか。 5月の総会の議長は誰が行なうのが正しいのでしょうか。 他の取締役についても決算後、総会で再任されることが決定するまではどういった立場にあるのでしょう。

A 回答 (2件)

取締役の任期について


(1) 株式会社の設立当初、及び合併による設立、 有限会社から株式会社への組織変更 の場合は取締役の任 期は1年を超えることができない。(商256(2))
(2) 会社が成立(設立登記)をした後に選任さ れ就任した取締役の任期は「2年ヲ超ユルコトヲ得ズ」 (商256)と決められています。但し、定款をもって 任期中の最 終の決算期に関する定時総会の終結に至るま でその任期を伸長することができます。

(例) 会社の決算期が3月31日、定時株主総会開催日が5月 30日、定款記載に「任 期中の最終の決算期に関する定 時株主総会の終結に至るまでその任期を伸長する」旨 記 載がある場合

  取締役就任が平成8年4月6日であるとすると、この取締 役の任期は、任期中の最終決算期に関する定時株主総会の 終結(平成10年5月30日)となり、2年を超えること になりますが、これは商法上の伸長規定によって是とされ る例となります

  因みに、定時株主総会が所定の期間内に開催され なかった時は、取締役の任期はそれ が開かれる べきであった期間の終了と同時に終了することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答をいただきありがとうございました。
よくわかりました。

お礼日時:2001/02/27 22:47

株主総会まで、辞任しない以上、そのときまで現在の地位を引き継ぎますから、新しく決まるであろう役員のすべての人は、四月になったからと言って何ら役員に準ずるような力を持つものではありません。

総会の議長は、通常、現在の代表取締役です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご回答下さりありがとうございました。
よくわかりました。

お礼日時:2001/02/27 22:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株主と取締役選任について

現状、未上場の会社でふたりの大株主が株を50対50の比率で保有し、双方から3人対2人の取締役が選任されています。2名の取締役を選出している株主が3人目の取締役を選出したいと言ってきているのですが、もともと3人の取締役を抱える株主はそれを拒否することは出来るのでしょうか?株保有の比率が同一の場合、取締役の人数は双方で対等にしなければならない、というような法的義務はあるのでしょうか?ちなみにこの会社の定款では取締役は10人まで認められています。
教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

すべて現行の取締役会で審議決定する事項です。株式の保有率に合わせる必要はありません。

法的に縛りはありませんが、株式の議決権が一緒であれば、推薦する取締役も同数にしておく方が運用上問題が少ないと思います。その上で、どちらからの推薦でもない中立の立場の取締役も、一人か二人加えておくと良いと思います。

Q株主総会と取締役会

議案を通す時は、株主総会で通す時と取締役会で通す時、どのように使い分けているのですか?

Aベストアンサー

株主総会に付議すべき事項と、取締役会に付議すべき事項は会社法で定められています。

Q代表取締役とは?

代表取締役はすなわち社長なのですか?
辞書で調べると「会社の代表として運営の舵取りをする者」となっており、社長とはなっていませんでした。詳しいところを教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

社長で無くても「代表」はあります。
社外に対して「代表権」があるかなしかだけです。
代表取締役専務とか代表取締役常務とかありますよ。

 勿論「代表」がつかない取締役も多数いますね。

 代表取締役社長が会社の内外での顔であることが多いので混同するのでしょう。

Q名目上の代表取締役の報酬金額は?

醜い相談で申し訳ございません。
父親が急逝し、父が経営していた同族株式会社(テナントビルで無借金経営 社員は事務の1人)を兄が引き継ぎます。株主は、老いぼれた母が40% 兄が5% 私が5% 弟が5% 残りはほとんど会社の持ち株です。いつのまにか勝手に代表取締役(当然株主総会なんてありませんし、決算書類も一回もみせてくれません)になった兄は、相当額の報酬を得てます。私たち母、弟も役員(取締)にすることと、報酬を要求するのですが、名目上の役員(取締)は、月10万円位が限度と主張します。
そこで質問です。私達も”代表”取締役になったら、出勤はできませんが、月10万円の限度以上「それなりの報酬」は要求できるのでしょうか?なお代表取締役が同じ会社に複数人いてもOKということは、ここの「教えてgoo」で勉強しました。

Aベストアンサー

取締役は「法人の経営を委任」されている立場にあります。出勤していなくてもそれなりの職制を果たしているのであれば当然相応の報酬を支払われますが、それは株主総会もしくは取締役会で決定されるべき事項になります。会社の経営を全て兄が行っていて、まったく役員として何もしていないのであれば税務調査の際に(たとえそれなりの報酬といっている月10万円であっても)否認される可能性はあります。
共同代表という方法で複数人の代表取締役を選任することはできますが、名目上の代表取締役というのは実務上いかがなものかとおもいます。
そもそも役員は株主総会で選任されることになっています。まず役員の状況がどうなっているのかを確認してはいかがでしょうか。株主総会の議事録を求めて相手方が用意できないのであれば(株主である質問者様とお母様に総会開催の案内もなかったわけですから)役員選任自体の無効を争うこともできると思います。

QNTTドコモ東海支社の現代表取締役は?

ウィキペディアにて、「榎 啓一」
とする情報と、ドコモ東海の会社情報のページには
「松林 利幸」とあり、どちらが「現代表取締役社長」なのでしょうか?

ウィキのドコモ東海のページには
「解散し、ドコモに合併された」とあるのですが・・・?
そもそもNTTドコモ東海は現在も存在しているのでしょうか?

Aベストアンサー

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ東海は、2008年7月1日付で株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモに合併されたため、現存しません。
したがって、「ドコモ東海の代表取締役」も現存しません。
合併後の東海支社長は、ドコモの常務執行役員のようです。

ドコモの2008年報道発表資料
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2008index.html
より。

合併について:4月25日付「地域ドコモとの合併に関するお知らせ」
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/080425_00.html

合併当初のドコモの人事:6月20日付「役員の人事」
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/080620_00.html
合併前に発表された人事予定:5月13日付「役員の異動」
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/080513_00.html

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ東海は、2008年7月1日付で株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモに合併されたため、現存しません。
したがって、「ドコモ東海の代表取締役」も現存しません。
合併後の東海支社長は、ドコモの常務執行役員のようです。

ドコモの2008年報道発表資料
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2008index.html
より。

合併について:4月25日付「地域ドコモとの合併に関するお知らせ」
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/page/080425_00.html

合併当初の...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報