別のカテゴリーでも質問したのですが、カテゴリーが違っていたようですので、あらためてこちらに質問させていただきました。

 ヴァイオリニストの諏訪晶子さんについて書かれた小説を探しています。
確か、城山三郎氏か柳田邦男氏が書いていたような記憶があるのですがはっきりしません。
小説自体は文庫本にもなっており、諏訪さんをはじめ昭和初期に海外で活躍した日本人について著したものです。
この小説について題名と出版社をご存知の方、どうぞ教えてください。
何卒よろしくお願いします。

なお、現在活躍中の諏訪内晶子さんとは別人ですので、念のため。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「美貌なれ昭和 諏訪根自子と神風号の男たち」 深田祐介 あたり・・かな?




諏訪根自子さんは 諏訪晶子さんの妹さんのようです。

柳田邦男さんは(実は親戚)書いてないみたい・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答をありがとうございます。
そうです、思い出しました。深田祐介氏の著作だったんですね。
もう20年近く前に読んだだけだったので、すっかり忘れていました。
文庫本は残念ながら絶版になってしまったようですが、根気良く古書店をあたってみようと思います。
本当にありがとうございました!

お礼日時:2003/01/17 20:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオススメの文庫本。and文庫本で出版されていますか?

本を読むのが大好きです!
そこで、いろんな本を読んでみたいと思っています。
好きな小説家は乙一さんや山田悠介さん、矢口敦子さんなどです。
けれど、多ジャンルをせめてみたいと思っています。
最近手を出したのは星新一さんの『ボッコちゃん』です。

ジャンルは問いません!
とにかく「面白い!」とオススメできる、文庫本を紹介していただきたいです。もちろんメジャーな小説でも構いません。

それから、以下の小説は文庫本で出ていないでしょうか?
森絵都『ラン』
季東将司『かわいいカノン』
重松清『その日の前に』
もし出ている場合は出版社を教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

つい先日、要望多数で復刊されたばかりの「マイナス・ゼロ」はどうでしょうか?
日本の時間物SFの最高傑作と呼ばれている作品で、間違いなくお勧めです。

マイナス・ゼロ 広瀬 正
定価:800円(税込)  ISBN:978-4-08-746324-8 解説:星 新一  

http://bunko.shueisha.co.jp/newbook/index.html#11
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=12860
http://www.hontai.jp/history/fukkan2008.html

Q森博嗣氏の小説の登場人物??

森博嗣氏の小説で「北村健」という名前の登場人物が出てくる作品をご存じありませんか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
調べてみましたが、S&M(犀川&萌絵)とV(瀬在丸紅子)の両シリーズには
「北村建」という人は出ていませんでした。
この二つを除けば探すのはそんなに難しくないのではないでしょうか?
回答じゃなくてすいません。

Q浅田次郎氏&島田荘司氏&恩田陸氏の作品について@

読書の好きな私ですが、島田氏も恩田氏も浅田氏も、数多く作品を出されている方々なので、どこら辺から手をつけてよいのか迷っています。。。
そこで、どちらでもかまいませんので、お勧めの作品を教えてください@

Aベストアンサー

島田荘司は、ほとんど読んでいます。
きちんとした推理小説です。
大きく分けて御手洗潔ものと吉敷竹史ものがあります。
過去の作品のキャラの経緯が新しい作品に微妙に反映されていることもあり、
新しい作品を先に読むことには注意が必要です。

御手洗ものだったら、
発表順に読むことを強くお薦めします。
『占星術殺人事件』
『斜め屋敷の犯罪』
『異邦の騎士』
という順番です。
『異邦の騎士』はいいですね。
短篇集『御手洗潔の挨拶』も面白いです。

吉敷ものだったら、
『涙流れるままに』は後回しにする方がいいでしょう。
面白いのは、
『北の夕鶴2/3の殺人』
『奇想、天を動かす』
あたり。

他に、独立した作品で『火刑都市』はお薦めです。

特に『龍臥亭事件』『龍臥亭幻想』は先に読まない方がいいです。
まあ、作品の水準の問題もありますが。

Q山田悠介氏の小説で一番読み応えのある作品は?

山田悠介氏の作品をこれまでに何冊か読んだ方に質問致します。
いくつかある小説の中で「これは良いのでは?」と思われた物はありますか?

自分は改訂前の「リアル鬼ごっこ」でエライ目に遭いましたが、たった1冊が
つまらなかったからといって、今後一切山田氏の作品を読まないというのも
なんなんで(もしかしたらその後の出版作にイイ物が!?)、もしオススメが
あれば(リアル鬼ごっこ以外の作品を)教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も「リアル鬼ごっこ」でエラい目にあいました…。本を読んでいて初めて、金返せ!!と思いました。あれはないだろ、って感じでした(^-^;)
正直な話、他の本も似たり寄ったりでした。あくまで私が読んでみての感想ですから…。

Q浅田次郎氏の歴史小説の入門編は何でしょうか。

浅田次郎氏の歴史小説の入門編は何でしょうか。

浅田次郎氏の創り出す家族愛の世界は大好きなのですが、
恥ずかしながら私、歴史は中学生以下の知識しかないため、
今まで歴史小説は避けてきました。
こんな私でも読破できそうな浅田氏の作品を教えてください。

Aベストアンサー

浅田次郎氏は歴史小説はそれほど書いてないような気がします
有名なのは壬生義士伝、新撰組物でドラマや映画にもなりましたし
数ある新撰組物の中でも司馬遼太郎さんの燃えよ剣との双璧作品ではないかと
個人的には思います。
輪違屋糸里=壬生義士伝の前日譚でドラマ化されましたが、壬生義士伝より
数段下がると個人的には思います

蒼穹の昴=浅田さんの代表作ですが、清朝の西太后時代の話で難しいです

天切り松=大正時代で歴史物ではないかも知れませんが、怪盗物で浅田さん
らしく、泣きと粋な作品です。

参考程度に


人気Q&Aランキング

おすすめ情報