歯ブラシ選びの大事なポイントとは?

「村山談話、言論弾圧の道具と判った」「日本だけ悪いと言われる筋合いない」「退職金、生活苦なので使う」等発言
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20081111k00 …
「日本だけが悪いと言われる筋合いはない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081111-00000 …
「国民に不安を与えたと言うが、Yahoo!では58%が私を支持している」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081111/ …

田母神氏が国会でいろいろと話されていますが、
人間なので正しい部分も間違っている部分もあると思います。
あなたが思う氏の正しい部分間違っている部分をそれぞれ教えてください。

勉強させてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (43件中1~10件)

田母神さんの論文の内容はすべて正しいです。


ですが「もしあの論文が入賞してしまったら」ということを考えなかったのは、間違えでしたと思います。

それにマスコミや政治家は騒ぎすぎ。
田母神さんはこういう今の日本を指摘しただけ。
あの論文を読んだ政治家は何も思わなかったのか?

それにしても田母神さんのあの勇気には驚きました。
今、間違っていることを信じ込んでいる人たちに、本当の真実を伝えたことは!

ここでは色々な考えの人がいますが、自分と意見が違う人の意見を読むことは、とても大切です。
    • good
    • 0

田母神空幕長の発言の理屈は問題がない。


問題なのは、現役の幕僚長が発言した
ことなのです。

現役が発言すると、賛否両論で攻撃の
対象となってしますからです。
    • good
    • 0

正しい点は、今の精神も肉体も衰えた若者を自衛隊に入隊させて、鍛えなおした方が良いと考えていること。



間違っている点は、アメリカ政府に対し、たとえ戦争中でも原爆投下も無差別爆撃も非人道的行為で間違っている、謝罪賠償しなさい、と訴えないこと。

アメリカのいいなりで、競争、市場原理主義、強い者勝ち優先で、都合の良い所にばらまきで、役人経営者経済団体とぐるで、開発経済優先で、大企業金持ち役人優遇で、国家権力側は甘くしろ反国家権力側は厳しくしろで、マスコミも世論も司法もコントロールしろで、選挙の時だけパフォーマンスを行えで、闇献金インサイダー取引パーティー官房機密費懐入れなどで金をつくって数を勝ち取れで、国家権力側に住み良い都合の良い日本社会を目指す自分党公暗党政権が良いか、

アメリカとは距離を置いて、理念ある独立国家として言うべき事は言いで、全人類の共存共生協調自然とも共存共生協調を目指すで、必要な所を重点に予算を組んで、役人を国民の公僕として職務を行わせるようにし天下りは許さんで、環境福祉質素な生活セフティネット優先で、汗水流している労働者中小企業弱者優先で、なんぴとたりとも公平平等に扱えで、マスコミ弁護士司法などは独立しろで、政権を担えば優先順位を考えて直ちに真の改革国民のための政策を行えで、志のある者だけで連帯し政党助成金も有効に使えで、全国民が住み良い日本社会にするかもしれない民主党政権が良いかの総選挙の結果、

民主党が大勝したわけであるが、国民新党や社民党に気を使って妥協したために、おかしな決定もあったわけである。

そして、自公政権で任命した、腐りきった国家権力の役人幹部らが、今だに裁判所、検察、警察、法務省などに居座って、自民党や創価学会公明党やこれらのバックにいる、アメリカ支配層の影響をうけているから、こいつらの命令意向に従って、与党幹部らのみを徹底的に攻撃しまくっているわけである。

御用マスコミも使ってね。

自公政権や自民党政権が復活すれば、また今まで通り、天下りや裏金作りや血税を飲食いに使うや不都合な人々を不当逮捕、不当起訴、冤罪に追い込むなどのやりたい放題の甘い汁が吸えるようになるというわけである。

鳩山総理や小沢幹事長の疑惑がすべて事実と仮定してさえ、自民党や創価学会公明党や腐りきった国家権力である悪徳役人の行ってきた犯罪悪行悪政の数々に比べれば、微罪にさえならないのである。

野党が贈収賄など成立するわけがないし、疑惑のほとんどがどぐされマスコミなどのデマだからね。

ということで、民主党がアメリカ支配層側に向けば、まともな国民にとっては、期待が失望に変わる、というわけである。
    • good
    • 0

正しい点は今のままでは日本人ならびに日本がだめになることを憂いて本を執筆したり言論したりしていることですかね。


悪い点はあの当時は日本も欧米に習って他国に進出しなければ生き残る道はなかったと主張している点ですかね。
    • good
    • 0

月刊ウィル2月号で、秦 郁彦は「廬溝橋事件の最初の発砲は中国第29軍の下部兵士による偶発射撃の確率80%、中国共産党説は10%以下だが全否定するつもりはない」と書き「歴史とは意見の一致した嘘を集めたものである ヴォルテール」と引用してます。

石原莞爾は戦後マッカーサーやトルーマンを批判したそうです。日下公人が「世界史的に20世紀を振り返れば、パワーゲームの主役は日本だった。1900年当時の三大国、ロシア、中国、イギリスは日本と戦って衰運に傾いた。第二次大戦と冷戦に勝利したのはアメリカだったが、人類初の原爆使用の道徳的疵とソ連の中立条約違反と同様に白人国にはしないことを日本にした」と言っている。遊就館は戦線拡大の無謀を示して反戦教育施設と言えるかもしれない。戦争の難しさは辞め時でしょうね。いつまで日本は戦争に巻き込まれないと言えるのでしょうね?
    • good
    • 0

まず最初に、田母神氏はコミンテルンの陰謀によって


「張作霖爆殺事件」がおこったというような事を論文に書いていますが、
これは関東軍の河本大作大佐だったと言うことが世間での定説になっています。
また、日中戦争のきっかけとなった「廬溝橋事件」もまた、陸軍参謀本部第一部長の石原莞爾が、回想録によれば日本軍の挑発で誘発されたということを認めています。
また、歴史学者の秦 郁彦氏の著書によれば、「廬溝橋事件」の最初の発砲は日本軍によるものだと書いてありました。

そもそも日本が仕掛けた戦争がなぜ田母神氏の言うように正当なものなのでしょうか?
    • good
    • 0

私個人的には、田母神氏に同情します。


間違った部分があると思うのは、論文の提出先が空自と特別なつながりがあると報じられたところだったと思います。
警察にも「友の会」なんてのがあるんですがね。

浜田防衛大臣は、親父さんから今回のことでなんと言われたか内密にでも教えてもらいたいです。
多くは、ここで批判に廻らないといつ解散総選挙にるやもしれない状況で不利と判断したんでしょう。
しかし、今までもこんな論調はあったと思うのですが、なぜ今回だけ騒ぎになっているのか真相が知りたい。

>日本だけが悪いと・・・
戦争ですからね。戦隊ヒーローはいない。生前に祖父は当時の欧米の対日政策から自衛の戦争だったと言っていました。
悪いとすればアメリカに太平洋へ誘き寄せられたのかなどの発端かな。
アジアを侵略したといって、なんで欧米の軍隊と戦ったんだろう?
なぜ遠路はるばる欧米の軍隊がいたんだ?アジアは欧米国の植民地だったんだよね。忘れてはいけない。
TV番組で日本は戦争で数年占領しただけで、謝ってばかりいるが、アフリカは、100年以上もヨーロッパの国に植民地とされて一言も謝罪を受けていない。と出演者のアフリカの人が言ったのを憶えています。
この地球は、白人が偉いからですかね。世紀の大虐殺原爆投下は不問だし。

田母神氏の出ていた08年12月のTV番組や出版本を見たのですが、
「なるほど、言いえて妙だな。」と感じるものです。
日本は、他国から領空・領海の侵犯があっても警告だけで、他国は攻撃をかける。この違いが舐められている原因だ。
日本は交渉ごとが難航すると武力をカードに出さず、「話し合いだ」と
いう、とした発言は笑わざる得なかった。

領海内での操業で銃撃拿捕されることはあっても、国籍不明の密漁船には手を上げられない。抗議もしない。
しかし、北朝鮮の工作船への海保の対応には称賛ものでした。相手がRPGなんてのを打ったおかげで、野党も騒げなかった。

戦争は起こしてはいけないと考えます。殺す、殺されるなんて考えたくもないのですが、独立国としての誇りを持たない人に国家の重責を任せたくない。正しいことは、事の真相についての理解を一致させてからでないと、話にならないと考えます。
    • good
    • 0

勝つつもりでやるのが戦争の基本だと思います。

例外として奴隷になるのが嫌で死を覚悟してやる戦争があると思います。個人の喧嘩でも苛められっ子が負けると分っても向かってゆく時もあるでしょう。でも、国と個人との違いは本人同士でなくて指導者は死ななくて兵士だけが死ぬ事でしょうね。僕は60才ですから徴兵から免れるでしょうが、今の若者達には徴兵制の可能性はあるかもしれません。それを避けるためには自衛隊員に国を守る気概を持ってもらうように彼らを尊重する事でしょう。彼らは日本の指導者を疑っています。アメリカはベトナム戦争で負けましたが自国が爆撃されなかったので、9.11テロでヒステリーになってイラクで自滅しました。大東亜戦争は日本の指導者がブッシュの様に愚かだったので負けましたが軍事力には世界が驚き、怒らせると怖いという記憶は中国も韓国も感じているでしょう。怒らせると怖いと感じさせる事は個人でも大事です。世界から舐められない存在。それが日本のテーマでしょうね。
    • good
    • 0

質問はおおむね2週間を目途として閉じるのが基本だと思います(閲覧者はその期間内でほぼ一巡する)し、特に時事問題は忘れられる傾向があって、それなりにけじめをつけていただきたいものです。

それはさておき、No35さんの回答で明白な間違いが見受けられたのでご指摘しておきます。
>世論の支持があれば許されるというのはおかしい。」とは言っている事が解らない。なぜなら議員達は世間の支持で当選する。その他世間一般の行政等は世論の支持で概ね動いているからである。

民主主義の前提である多数決の原理をあらゆるところに適用しようとする暴論ですね。世論は馬鹿な政治家やそれにへつらうマスコミなどのミスリードで間違った方向へも容易に突き進む危うい存在です。ナチスドイツのプロパガンダで侵略戦争へ突入した他国の好例があります。どの国も国民の教育を進めることで民度を高め、間違った世論形成を出来るだけ避けるようにしています(が万全ではありません)。先進国では優れた指導者と状況分析を誤らない倫理的なマスコミの行動もまた切に求められています。

>根本的に私は、戦勝国は勝ったので正しい。日本は負けたので悪いと言われていると考える。
「勝てば官軍、負ければ賊軍」という言葉がありますが、このことを仰っているのではないでしょうね(笑)。
先の戦争で負けるに決まっている戦争を”勝つ”と誤認して日本国民をあおりたてた中枢の指導部(の一部)とそれに乗せられたマスコミが悪かったという認識が今の常識で、負けたから悪いとは多くは思っていないと思います。
戦勝国は勝ったから正しかったというのは回答者様の私論だと思いますが、勝てると思って戦い、実際勝ったのは、確かに戦争を起こしたことについて正しかった(しないよりした方が良かった)ということはいえると思います。正義、不正義の観点からの議論ではありません。
    • good
    • 0

 回答の中に


「田母神さんを支持している人は多いみたいだけど、世論の支持があれば許されるというのはおかしい。ちなみに、日本の関東軍が政府方針を無視して戦線を拡大していたときに、日本国民からかなりの寄付金が集まった。」とかあるが、間違いでしょう。
 君はだめだよといっているわけでない。聞いて欲しい。 「世論の支持があれば許されるというのはおかしい。」とは言っている事が解らない。なぜなら議員達は世間の支持で当選する。その他世間一般の行政等は世論の支持で概ね動いているからである。

 概ね政治はそのときの世論で動いている(例外有り)。その時代の事を良いこと悪い事と判断しているのは、その時代の情勢を認識できない人間(過去だからと認識しているつもり)が勝手な今の考え方(進歩的と勝手に思っている思考)で判断している。

 根本的に私は、戦勝国は勝ったので正しい。日本は負けたので悪いと言われていると考える。

 日本が戦勝国であれば、日本の関東軍が政府方針を無視して戦線を拡大していたときに寄付した日本国民は英雄だろう今もね。

 最後に、
「田母神氏が国会でいろいろと話されていますが、
人間なので正しい部分も間違っている部分もあると思います。
あなたが思う氏の正しい部分間違っている部分をそれぞれ教えてください。」
とあるが、細かく分けても、分ければ分けるほど解らなくなってくるだろうな。あんまり分けるのも良くありませんよ。全体的に読んでその人の全体を知るべきですよ。

蛇足、左翼の人が嫌うのは、田母神さんの国益くさい論文も影響しているでしょうね。(国益は平和的でないか事が多いから)
    • good
    • 0
1  2  3  4  5 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング