マンガでよめる痔のこと・薬のこと

現在、ドコモの携帯を夫婦で使用しています。ファミリー割引で月額約11000円~9000円になります。来春、息子にも初めて携帯を持たせる予定なのですが、家族全員ドコモにするか、家族全員ソフトバンクにするか迷っています。良い点、悪い点を教えてもらえますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

CM 違約金」に関するQ&A: 【法律・裁判の行方はどうなる?】幸福の科学の清水富美加こと千眼美子様はレプロからCM契約違約金2本、

A 回答 (9件)

この程度ならば、ドコモをやめる必要性はないと思います。



ソフトバンクはお得なように見えますが、実は他社と比べて高額となるケースも少なからず存在します。
まず屋台骨のホワイトプランは夜間通話や他社通話が多いと損をします。ソフトバンクケータイを保有しているのは日本人口の6分の1程度にしかすぎません。携帯人口からしても5分の1程度です。
また、故障保障サービスはドコモ・auは315円ですが、ソフトバンクは498円もかかります。

さらに怖いのは携帯本体の価格です。24回分割の月額はドコモの場合906iで大体2,000円~2,200円、706iで1,700円~1,900円ぐらいです。ソフトバンクは9シリーズで1,300円~1,700円、8シリーズで800円~1,100円と、一件お得に見えます(価格は機種やお店、時期にもよります)。
ですが、ソフトバンクのお得な料金設定は、月2,280円以上使わなければ適用されません。ホワイトプランとパケット定額をつければ軽く超えるかと思いますが、途中解約の際の残額が膨大なものになります。
要するに、ドコモで一括60,000円ぐらいの機種が、ソフトバンクでは一括90,000円はすると思ったほうがいいでしょう。それを、使用額に応じた割引でお得に見せているだけです。

ソフトバンクの加入者数が伸びているのは、お得に見える部分しか知らないユーザーが飛びついているからではと思います。実際、入ってみたけれど安くなかった、安くなったけど繋がりにくい、プランが分かりにくいなど不満に思っているユーザーも多いです。

また、ソフトバンクに変えるならそれだけ料金もいります。割引サービスの違約金やソフトバンクへの事務手数料など、夫婦分だけでも12,000円~30,000円(加入中の割引サービスやMNPの有無により変動します)はかかります。

ここは、長年愛用してきたドコモを維持するのが賢明だと思います。
    • good
    • 0

ソフトバンクモバイルに良い点は皆無です。

付き合うとろくなことになりませんので、ご家族一同、ドコモで仲良く暮らしてください。
    • good
    • 0

・良い点


携帯の色数が豊富。
一見値段が安く見える。

・悪い点
一部地域でしかまともに使えない。(まともに繋がらない地域が多い。県庁所在地・政令指定都市の幹線沿いですら、電波が入らない。)
消費者センターへのクレーム率、DoCoMo・AUを突き放してぶっちぎりで独走第一位。
・安かろう、悪かろう、と言う言葉を実現したような感じ。

一見値段が安いように見えますが、DoCoMoで家族割りするなら、実は大差無いですし、サポートや携帯端末自体の作りなどトータルで見れば、DoCoMoの方が安上がりになるかもしれませんよ。
905以降で使われているのなら、MAX50にすれば基本料金抑えられますし、家族間通話も無料になりますし。(家族割りの時点でiモードメールは無料ですしね。)

わざわざ質の悪いものに変えるのは止めておいた方が良いと思いますが。
安物買いの銭失い、という言葉がピッタリになりますよ。
    • good
    • 0

結論から申し上げます。


ドコモのままが良いです。
私はソフトバンクのホワイトプランですが、自宅で電波微弱で使えないためにホームアンテナを使ってます。
1年以上になりますが中継アンテナを立ててくれません。
アフターサービスその他、ショップでの対応は腹の立つ事ばかりで
血圧が上がり、薬を服用するようになります。
    • good
    • 0

先の回答者の回答にもありますが...


現在ドコモの場合、ドコモに比べて「良い点」を探すのは料金面とCMの面白さ以外は困難です。
その料金についても、相手がソフトバンクの場合はホワイトプランだと1時から21時まで無料という点と、ホワイトプランは2年縛りがないのでいつでも解約できる(でも端末を分割で購入時は分割の縛りが26ヶ月あるので大差ありません)くらいでしょうか。

悪い点としては、
・契約に関する詳細な内容についてショップの方の説明に信憑性がない
・端末の造りがドコモに比べて微妙。
などが気になります。

これまでドコモで厳しかったパケ放題について他社と同様に2段階課金となったため、基本的にはドコモで、保険の意味合いでパケ放題を付けて、更に、リミットを設定して、ドコモのままで使用されたほうがいいと思いますよ。
    • good
    • 0

お子さんの年齢がわかりませんが、


ドコモだと、有料サイトを含めての料金リミットがかけられます。
ソフトバンクだと有料サイトもパスワード無しに入れてしまいますので、
管理することを考えると、ドコモのリミットプランにしておいた方が、
あとで請求書を見てビックリしなくてすむと思います。
現在はファミ割MAXにしておけば、家族内の通話とメールは無料になります。
    • good
    • 0

良い点


 ・夜9時までの限定だが、家族でなくても通話無料。
 ・キャリア間メールが無料。
 ・番号のみで写メやデコも送信可能、また、これらのメールに配信確認が機能する。
 ・年間系の「縛り」がないプランがあるため、機種代金さえ完済すればいつでも解約できる。

悪い点
 ・ドコモに比べるとエリアが狭い。(山岳地帯など)
 ・交換機側で非通知着信拒否ができない。(拒否が着歴に残る。ツーカーは着信せずに拒否が出来ました)
 ※対応については、私自身ほとんど経験がないのでよくわかりません。
 ※混雑している時は待たされますが、2年間で2回しか入ったことがないので。
    • good
    • 0

 携帯電話大手3社も年々サービスの格差はなくなりつつありますが、


 数年来、ドコモも使用してきた経験から、参考になればと思い、回答 します。私共夫婦・長男夫婦・次男夫婦の6人それと家内の妹夫婦等 ドコモを使用しており、アドバイスさせていただきます。
 
  (1)家族全員が通話・メールとも無料であること。
  (2)子供さまが中学生以下の場合、基本料金が格安であること。
  (3)子供専用キッズ携帯(GPS・防犯)サービスがある。     (4)携帯電話基地局が他社に比べ、抜群に多い。           (エリアが広いため、離島僻地等全国津々浦々まで          通話可能)
    • good
    • 0

良い点は、料金が安いCMがおもしろい個人的にはそれだけです。


悪い点対応悪すぎ、地元のショップへ行くと今時入り口にある記入用紙に名前を書いて数少ない椅子に座って待たされる。スタッフも常に2人ぐらいしかいなく、説明が回りくどい。
1度どこにかけたかなどの明細を請求したら半年たっても送られず。
電話案内もすごく繋がらない。
料金も各社頑張っているのでソフトバンクだけはやめた方がいいです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qdocomo、au、ソフトバンクの利点は?

 私は現在いまだにガラケー(docomoの)を使っているのですが、こんどスマートフォンに買い替えようと思っております。今までなんとなくdocomoを使っていたのですが、これを機にauやソフトバンクに変えようかと考えたりもしているのですが、この3社の携帯電話の違いというのが調べてもいまいちよく分かりません。
 どうか簡単でもいいので、docomo、au、ソフトバンクそれぞれのメリット・デメリットを教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

 ドコモは圧倒的な資金力とシェア50%を背景に基地局数が最も多く、非常につながりやすいキャリアです。遭難した時に山奥からでも携帯が繋がって救助に結びついたという話は聞きます。サポートの品質も高く、おそらく全キャリアの中で一番でしょう。電話とかの受け答えもきっちりしてます。ドコモプレミアクラブに加入(無料)すれば、端末の保証期間が3年まで伸びるのもありがたい。(AUは同じく3年、ソフトバンクは1年です)ただし割引などは今ひとつなのが難点。あとユーザーの高齢化が進んでいて若い世代の場合はキャリア間無料通話が機能しなかったりします。

 基地局数についてはOpenSignalMapsとかで基地局をみてみると面白いです。左上のボックスに郵便番号を入れて検索し、右上のFullScreenを押し、出てきた右下のウィンドウで通信種別やキャリアを選択出来ます。すべての基地局をカバーしているわけではないのであくまで目安ですが、ドコモの圧倒的具合がわかりますね。ただ、4Gはまだまだ設置が進んでいないことと人数が多すぎなのが相まって場所によってはソフトバンクより悪い場合もあるようです。
 http://opensignal.com/

 AUとソフトバンクはドコモに続く3大キャリアのひとつで、ドコモを追い上げるためにいろんな割引やキャッシュバックなどを実施しており、乗り換え時のお得度は一番でしょう。この2社はiPhoneを導入しているのでApple信者にはここ以外には選択肢はないでしょうし。ソフトバンクは学生の加入率が極めて高い傾向があります。ただし両者ともにサポートの品質が最悪で、クレーマー扱いされて怒鳴られたとか、故障時の保証が効かなかったのトラブルには枚挙に暇がありません。特にソフトバンクはかなりの物で、ひどい話では故障して保証期間内に持ち込んだにも関わらず、修理完了で戻ってきた時には保証期間が過ぎていたため有料になったとかの話。さすがにここまで行くと本当かと疑いたくなる事例ではありますが。どっちにしてもトラブルは自分で何とかする、が基本のようです。

 ウィルコムは3Gや4GではなくPHSのキャリアでドコモがアナログだった時代は通話品質が高かったり、メール送受信が無料だとかが長所でしたが、現在では各社ともにデジタル化したりメール無料サービスを導入しているのでその利点はなくなっています。でも誰とでも割(1ヶ月間10分までの通話が500回まで定額)などの独自サービスを導入していて短時間の通話が多い企業等に一定の需要があります。PHSなのでデータ転送速度が遅く、ネットをやるには向いていません。通信距離が短いPHSなので山とかでは全く電波が入りません。高速道路や歯抜けのように電波の入らない所も多いのが難点。ただしPHSは医療機器に影響を与えないので病院でも使用が許可されていることが多く、通院や入院が多い人、見舞いで頻繁に病院に行く人には適しています。今年、ソフトバンクによって買収されました。

 イー・モバイルはデータ通信が安いというメリットがあったのですが、携帯各社が似たような条件でのデータプランを設定したことも含め、現在はWiMAXなどの登場で優位性はなくなりました。ウィルコムと似た定額プラン(10分間x300回)があるのでそれに優位性を見いだせるかです。データ通信速度は3G+4Gなので充分です。現在ソフトバンクの子会社です。

 ドコモは圧倒的な資金力とシェア50%を背景に基地局数が最も多く、非常につながりやすいキャリアです。遭難した時に山奥からでも携帯が繋がって救助に結びついたという話は聞きます。サポートの品質も高く、おそらく全キャリアの中で一番でしょう。電話とかの受け答えもきっちりしてます。ドコモプレミアクラブに加入(無料)すれば、端末の保証期間が3年まで伸びるのもありがたい。(AUは同じく3年、ソフトバンクは1年です)ただし割引などは今ひとつなのが難点。あとユーザーの高齢化が進んでいて若い世代の場...続きを読む

Qソフトバンクのメリット

現在auのiPhone6を使っています。
個人的には大して不満もなく使っているのですが、家族がソフトバンクのiPhone7乗り換えるので誘われて悩んでいます。
欠点としてはau同士のかけ放題がなくなる事。
ソフトバンクならではのメリットってなんですか?教えてください。

Aベストアンサー

iphoneを最初から扱った事も有り、ドコモ、au寄りも相性が良い所ぐらいです。
なので、キャリアメールアドレスが2つ有り、iphone専用アドレスとMMSの2通りのメールがメッセージアプリとメールアプリとで分けて使える。
因みにiphoneの絵文字はソフトバンクのものがそのままAppleで採用され現在でも使われています。

ただ、他の面では余りオススメでは無いですね。
山間で電波の弱い所やアフターケアとかショップの対応とか、月額費用的には3社とも変わりませんから、選択材料にはなります。
また、コラボ光に寄るセット割引きも余りオススメでは有りません。
ブロバイダが選べず、割引きの為のオプション加入条件で月額料金が上がり、携帯割引きも結果的に殆ど安くなりません。

Qdocomo・au・softbankそれぞれの良い点悪い点

携帯電話のメーカーには主にdocomo・au・softbankの3メーカーがありますがそれぞれのメーカー(機種)で良い点・悪い点を教えてください(><)またこのメーカーでしかできないという点もお願いします。
一方的ですみませんが分かる方いらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

一般的にはドコモは高いです。が、最新機能が積極的に導入されるので多機能なのが多いです。
妹がauからドコモに変えたがっています。
理由は「絵文字がかわいいから」だそうです。

auは「ケータイで音楽を聴く」と言う用途であれば一番良いかと思います。

ソフトバンクは・・・ワンセグ(テレビ)かな・・・
個人的な話をさせてもらうと、家族で3人ほどソフトバンクを使ってますが、リビングで電波が入りにくいです。
新しい料金プランが出ましたが・・・
正直ウィルコムのが安いかもしれません。

ちなみに「電話・メール」が主な用途で、音楽は聴かない、もしくは専用のオーディオプレイヤーで聴く。
と言う場合はウィルコムが一番安いしいいかもしれません。
ただし、モバイルスイカ等はないです。

個人的な意見を言わせて貰うと、一番無難なのはauかなと思います。
まぁ、エリアを確認してみて、自宅がエリア外の場合はそのキャリアはやめておいた方が良いでしょう。

Qauとソフトバンクどっちが良い?

auとソフトバンクの携帯、どちらにしようか悩んでいます。
auが誰でも割が始まってかなり安くなったし、通話品質も良い
ようなので良いかなと思うのですが、それでもソフトバンクの
方が安いし・・・。
ご使用中の方などの声を聞かせてください。

Aベストアンサー

単純に月々の料金だけで比較したら、auよりソフトバンクのほうが安いのは確かです。
それでもauのほうが安いという方がいればソフトバンクの販売制度を理解しようとしてないだけです。
Auはソフトバンクやドコモと違って宣伝がすごく上手なので。

たとえば計算してみます。
消費税がからむと計算面倒なので、あえて税抜きで。
Auのwinプランで誰でも割(二年契約条件)で3600円のプランSS(もっとも一般的なプラン)の基本料金がいきなり半額1800円になります。ここに無料通信分が1000円ついているので実質は800円になります。無料通信分のないソフトバンクのホワイトプラン980円より安いです。
これがauの宣伝法です。

ただ、よく考えてみると、auでは1000円使っても使わなくても1800円の請求がくるのに対して
ソフトバンクでは使わなければ980円ですむ計算になります。
この980円の中に、ソフトバンク同士であれば夜9時まで通話無料、24時間メール無料もあるので
使おうと思えば、○万円の通話をしても980円になるわけです。
ただ、auはすごく宣伝が上手なので、こんな解説をしないで単純にうちは実質800円で980円より安いと言ってます。

一方のソフトバンクは何もホワイトプランだけがあるわけじゃありません。auの模倣のプランであるオレンジプランというのがあります。
この物まねのプランですが、よく考えてみると不思議なことが起こります。
オレンジプランXエコノミー3780円が新自分割(=auの誰でも割)でいきなり半額の1890円。
この1890円の中に無料通信分2000円ついてるので、実質マイナス110円になります。
Auの実質800円よりさらに安くなってしまうんですよね・・・。
ソフトバンクはホワイトプランで売っていて、オレンジプランをほとんどすすめてませんし、Auのほうも自分の不利になることは宣伝しないので、こういうことはあまり表に出てませんが。

なぜ、auの真似をしただけのソフトバンクのオレンジプランでauより安くなってしまうのかというと、
Auでは、本来二種類の料金プランがあります(一部地域でかわりますが)。
そしてこの二種類の料金プランをauは機種によって選別しています。
この機種は低機能だからこちらの低価格のxプラン、こちらは高機種だから料金割高のwinプランといったように。
ただ、ソフトバンクはこの二種のプランを両方マネしたのに、機種によって選別をしないで
どんな機種を使ってもどちらでもお好きなほうを選んでという提供をしてます。
結局、ソフトバンクでオレンジプランを使う場合、より低価格のauのxプランの真似プラン、オレンジプラン(X)を選ぶほうがお得になるわけです(通話たくさんするなら、winの(W)プランのほうが安くなる場合もあります)
でも、auはそんなことは一言も言いません。あくまで実質800円の誰でも割でソフトバンクよりお得になるといいます。実際はソフトバンクのホワイトプランより実質の価格ではお安くなるケースがあるというだけですが・・・。

と、ここまでソフトバンクのいいところばかり言ってきました。
ただauにももちろんいいところはあります。
電波がいいのは事実です。こんなところでも電波入るんだというところが多いです。
また、ソフトバンクでは有料のオプションサービスとして提供されているサービスがAuでは無料で使えたりということもあります。
ですから、たとえばソフトバンク同士の通話無料メール無料はまったく使わずに他社としか通話メールしない。さらにauで無料のオプションサービスと同じものをソフトバンクでもつける・・とここまで考えると、auのほうが安くなる場合もあります。
さらにauのmy割や誰でも割といった基本料を半額にしたりと割り引くサービスは、二年契約が条件ですが、それはauを二年間かえないでということです。対してソフトバンクのすすめるスーパーボーナスとか割賦販売と呼ばれるサービスは同じ機種を二年使って、使ってる間は基本料金など割引しますよというもので、たとえば一年だとかで機種変更や解約をしてしまうとソフトバンクの場合、その時期が早いほど、そして機種がいいものほど高額な解約料金を払う必要がでてきてしまい、auよりリスクが高いのです。また、ソフトバンクは、高い機種を選ぶと、980円きりでは使えないということもおこります。これはスーパーボーナスの特性によるものですが、もしソフトバンクで発売されたばかりの機種を980円きりで他に通話料も何もかけないから980円ですむと考えているのであれば少し間違いがあります。ソフトバンクはauのように機種代を店頭で払って契約するのではなく、機種代を分割にして毎月の料金に上乗せして払うので、選ぶ機種によっては月々機種代0円ですむものもありますが、高い機種であれば月々機種代数千円が月々の料金とは別に請求されて、980円きりでは使えない状況も考えられるのです。

これを踏まえても確かに一般的にはauよりソフトバンクのほうが料金は安くなります。単純計算して数字を出すとソフトバンクのほうが安くあがるケースが多いのは事実ですし、その額も統計では平均1500円ほど違いがでると言われています。そして自社同士通話無料といったサービスがあるのもソフトバンクだけです。その事実を述べたうえで、だけどもし一年とかで解約や機種変更をしたり、電波のつながりやすさなどを考えた場合、ソフトバンクより高くなっても、通話が常に有料でも、だけどauのほうが安心ではないかという言い方が正しいのだと思います。

ただ、私の個人的な意見でいえば、auとソフトバンクならソフトバンクを推しますね。
そもそも携帯電話のような高価な精密機械を一年とかで買いかえるほうがどうかしてます。
テレビやパソコンを一年でかいかえますか。
Auの販売法は、そうした短期で買いかえる人が出す赤字を同じ機種を長く使う人の基本料でまかなっているんです。
だからソフトバンクより月々の料金が高くなる。

対して、ソフトバンクは短期で買いかえる人の赤字分は、赤字を出した本人で払ってというもので、だから月々の料金は安くすむけど、短期で買い替えたり解約する人は少し高めの解約金が必要になるということ。
また、言われてるほど電波も悪くないです。もちろん地域にもよるのでしょうが、私の体感では電波で困ったことはないです。
そして、auは、アプリがダメダメなのです。私は携帯ゲームけっこう使うので、auのアプリのあまりの貧弱さには泣きましたね。いらないならいいですが。またアプリ系のサービスではドコモのほうがしっかりしてるので、ソフトバンクとドコモなら私はそれぞれに一長一短を認めて悩むことでしょう。
auは電波以外のいいところが私はちょっと思い当たらないです。
電波を第一に考える人ならauしかないでしょうが。それ以外のものを求めるなら、私はauは不向きだと思う。

単純に月々の料金だけで比較したら、auよりソフトバンクのほうが安いのは確かです。
それでもauのほうが安いという方がいればソフトバンクの販売制度を理解しようとしてないだけです。
Auはソフトバンクやドコモと違って宣伝がすごく上手なので。

たとえば計算してみます。
消費税がからむと計算面倒なので、あえて税抜きで。
Auのwinプランで誰でも割(二年契約条件)で3600円のプランSS(もっとも一般的なプラン)の基本料金がいきなり半額1800円になります。ここに無料通信分が1000円ついているので実質は...続きを読む

Qドコモ、AU,ソフトバンク選ぶとしたらどれ?

携帯を持ちたいと思っておりますがドコモ、AU,ソフトバンクの
中でどれが一番いいですか?教えて下さい。

Aベストアンサー

 どんな携帯を持つか、どんな予算かによりますね。

 通話品質で選ぶのなら圧倒的にドコモ。他社と比べて明らかにつながりやすく、データ通信速度も安定している。特にスマホではなくガラケーを持つのなら絶対ドコモがおすすめ。ネットはやらず通話発信頻度も低くメールだけとかの場合はメール使い放題プラン(タイプバリューシンプル+パケホーダイシンプル)などもあるので月額費用が他社と比較して相当低くできるのも魅力。タイプバリューシンプル+パケホーダイシンプル+iモードなら月額費用1100円ていどのみでそれ以上の金はかからない。

 スマホなどでデータ通信をしまくるのならソフトバンク。ネットをヘビーに使いこなす人御用達の会社。音声通話ありの携帯会社で転送量7GB制限(一ヶ月のデータ転送量が7GBを超えると通信速度が129kbpsという低速に制限されてしまう規制)が存在しない唯一の会社。スマホで動画とか見まくる人なら7GBはけっこう楽に超えるので。ただし繋がりにくさと転送速度では携帯各社の中でダントツで悪い。

 AUはドコモほどではないがつながりやすくて回線品質も安定していて、価格もソフトバンクほどではないが安いという中間なところ。でもIPHONEでLTEが全然使えなかったり、3Gで音声通話しながらデータ通信ができなかったりするなどの制約もある。でもこれは対戦ネトゲをしないなら特に気にはならないと思う。iPhone使いたい、でもソフトバンクは嫌って人向け。

 音声通話が非常に長時間になる場合で話し放題オプションを利用する場合には一番長時間話す相手のキャリアを選択するのがいいでしょう。ドコモ(Xi)、AU、ソフトバンクともに500円ほどプラスするだけで同一キャリア内の通話が無料になるオプションが存在します。

 どんな携帯を持つか、どんな予算かによりますね。

 通話品質で選ぶのなら圧倒的にドコモ。他社と比べて明らかにつながりやすく、データ通信速度も安定している。特にスマホではなくガラケーを持つのなら絶対ドコモがおすすめ。ネットはやらず通話発信頻度も低くメールだけとかの場合はメール使い放題プラン(タイプバリューシンプル+パケホーダイシンプル)などもあるので月額費用が他社と比較して相当低くできるのも魅力。タイプバリューシンプル+パケホーダイシンプル+iモードなら月額費用1100円ていどのみ...続きを読む

QKDDIの良いところと駄目なところ

これについて皆さんの考えをお聞かせください。

私は他の二社については
・DOCOMO
○サービスが豊富
×法律で縛られやすい
×企業としての動きが遅い

・SB
○企業としての動きが早い
×安かろう悪かろう

というイメージを持っています。

Aベストアンサー

>企業としての動きが早い@SB
これって、落ち着きが無く不安定な会社ということになりませんか?
動きが早いのは良いことばかりではないと思います。
J-Phoneという社名だったときから勝手なルール変更でユーザーを裏切ってきたので、会社としての信用性はゼロです。
最近だとi-Phone抱き合わせのフォトフレーム関連の話題がにぎやかです。
i-Phoneはたしかにいいけど、SBというだけでペケです。

私のau暦は今年で14年目になりますが、1998年当初からcdmaOneの通話品質と電波受信状態はともによく、高速道路走行中の通話がたとえトンネルの中であっても途切れたことはありませんでした。
デジタル方式の電話が圧倒的なシェアを握っていた時代にあって、au(以前はcellular)は時代の先見性がありました。
その当時からすでに基地局が豊富で電波状態は安定していたので、それ以来ずっと手放せない感じで今まで使い続けています。
やがてDocomoとSBが追随する形で通話品質に優れるcdma方式を取り入れましたが、デジタル時代に固執していた時期が長かったせいで、auの安定感に比べればまだまだといった印象です。

○auのよいところ
機能はともかく電話器としては最高水準
明朗会計

×auのだめなところ
庶民のケータイって感じが抜けないところ
新機種のカラーバリエーションが少ない

>企業としての動きが早い@SB
これって、落ち着きが無く不安定な会社ということになりませんか?
動きが早いのは良いことばかりではないと思います。
J-Phoneという社名だったときから勝手なルール変更でユーザーを裏切ってきたので、会社としての信用性はゼロです。
最近だとi-Phone抱き合わせのフォトフレーム関連の話題がにぎやかです。
i-Phoneはたしかにいいけど、SBというだけでペケです。

私のau暦は今年で14年目になりますが、1998年当初からcdmaOneの通話品質と電波受信状態はともによく、高速道路走行...続きを読む

Qドコモ・au・ソフトバンクの携帯会社のメリット、デメリット

現在、ソフトバンクで機種変更をしようと
ショップに行ったら、分割で2年とか言われたのですが
他の携帯会社もそうなってくるのでしょうか??

4年前位にLOVE定額が出た時に
彼とボーダフォンにして、今でもソフトバンクなのですが

21時~1時以外は無料通話なので
Wホワイトにしようと思いますが、
周りにはソフトバンクが少なくて彼のみでして
彼とも今は距離をあけているので意味がなく・・・・。

だいたい21時~1時頃がちょうど話時ですし

昔はずっとドコモだったので
周りにもドコモが多く、次にauでソフトバンクは
結婚したりした時にはいいかなと思うのですが、

携帯会社ごとのメリット、デメリットは何でしょうか??

皆がソフトバンクにすれば、誰もが21時~1時以外は
無料なのに・・・と思うのですが、
同棲していて昼間とかかかってくる子も
なぜなのか変える人がいないのですし、
ソフトバンクは少ない気がするのですがなぜなのでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私の個人的主観がかなり入っている部分があるかと思います。

ドコモのメリット
・ユーザーが多く、NTTグループで経済力があるので安心できる。
・田舎や山奥でも電波がつながることが多い。
・ドコモ独自のサービスがある(メロディコールや2in1など)。
・修理期間が20分前後と早い(本体交換による即時修理)。
・故障時のアフターケアが充実している(3年保証や修理代金の上限5250円までなど)。
・他社より電池や充電器などの付属品代金が安い。
・機種のラインナップがシリーズ分けされていて、機種を選びやすい。
・メジャーな国産電器メーカーの機種が多い(NEC・松下・三菱・富士通・ソニー・シャープなど)。
・お財布ケータイ機能が充実している。
・FOMAカードの差し替すれば自分で機種変更できる(機種変更の手数料が無料)
・ドコモ以外の商品にもポイント交換できる(解約するときに便利)。
・携帯電話でかなりネットする人は他社より安くなる(パケホーダイで4095円)
・余った無料通話分が家族で分け合える。
・サイトやiアプリ、ゲームなど対応コンテンツが充実している。

ドコモのデメリット
・殿様商売気質と言われている。
・他社のマネすることが多い。
・マルチタスク機能(音楽聴きながらネットするなど同時に利用できる機能)がある為、レスポンスが悪い機種が多い。
・機種代金が他社より高い。
・個性的なデザイン・色の携帯電話が少ない(万人受け向き)。
・定額制パケット料金プランが一律4095円のパケホーダイしかない(他社は1000円前後で定額制に加入可能)。

auのメリット
・途切れにくい周波数の電波を使っている。
・機種のラインナップが個性的(若者向き)。
・ミュージックプレイヤー機能が使いやすい。
・GPSや携帯ナビウォークが充実している
・通信速度が速い。
・顧客満足度がNo.1と言われている。
・機能のわりに機種代金が安い。
・auまとめて請求(プロバイダや固定電話)が利用でき、ポイントが貯まる。

auのデメリット
・機種変更に2100円の手数料(ロッククリアが必要)がかかる。
・メーカー預かり修理の為、1週間くらい修理期間がかかる。
・絵文字が可愛くない。
・au非対応のコンテンツがある。
・お財布ケータイ機能が充実していない。
・国際ローミング(海外で使用可)が少ない。

ソフトバンクのメリット
・月額980円の安い基本料金プランがある。
・プランによりソフトバンク同士の通話料無料プランがある。
・プランによりソフトバンク同士のメール無料プランがある。
・1029円からパケット定額制プランに加入できる(上限4410円)。
・24時間以内に他社より安いプランを発表することになっている(ドコモの定額制データ通信は対象外?)。
・国際ローミング(海外で使用可)に強い。

ソフトバンクのデメリット
・ソフトバンクという会社自体が信用できない。
・過剰請求や手続ミスなどのトラブルが多いので、多少の勉強が必要(消費者センターでもソフトバンクは順番待ち)。
・お客様サービスセンターの対応がひどい。
・エリアが狭く、電波の届かないところが多い。
・遅延メールが多すぎる。
・利用明細書の送付が有料。
・災害時の復旧が遅い。
・端末代金の割賦販売による縛りがある。
・端末代金、付属品、修理代金が高い。
・白ロム端末に対しての修理保証が受けられない。
・メーカー預かり修理の為、1週間くらい修理期間がかかる。
・国産のメーカー機種があまりない(シャープ・東芝・松下・NECくらい)
・故障修理体制がよくない(他社と同じ様にするには月額500円必要など)。
・端末が壊れやすいのに1年保証しかない。
・ソフトバンク非対応のコンテンツが多い。

私はドコモ(仕事用)もソフトバンク(趣味)もau(私用)も持っていますが、ソフトバンクはあまり頻繁に携帯を利用しない主婦や子供が使うとか2台目の携帯には満足できると思いますが、メインでバリバリ使うのにはあまり向かないと思います。
 まず、メールが遅れすぎる、リアルタイムでメールのやりとりができないことが多いので仕事で使うと相手にも迷惑がかかります。昨日も遊び仲間に「今からそっちへ向かいます。」と送信したメールが翌朝、相手に届いて笑われた(仕事の連絡用としてはとても使えない)。
 あとは、このサイトでもよく言われているようにソフトバンクという会社の本質に賛同できない人もいると思います。契約内容をコロコロと変えてしまう(安心パックの改定)のでユーザーに不満があったり、個人情報の取り扱いが非常に雑で総務省から注意を受けたこともあるようですし、消費者センターでは常にクレームの多い企業で対応が順番待ちだそうです。ショップの対応がお客を馬鹿にしているというような声もあります。

 今や携帯電話は重要な必須アイテムなので料金が安いことより安定した通話品質やエリアを提供してくれて、信頼できると思える会社を選ぶ人もいると思います。

私の個人的主観がかなり入っている部分があるかと思います。

ドコモのメリット
・ユーザーが多く、NTTグループで経済力があるので安心できる。
・田舎や山奥でも電波がつながることが多い。
・ドコモ独自のサービスがある(メロディコールや2in1など)。
・修理期間が20分前後と早い(本体交換による即時修理)。
・故障時のアフターケアが充実している(3年保証や修理代金の上限5250円までなど)。
・他社より電池や充電器などの付属品代金が安い。
・機種のラインナップがシリーズ分けさ...続きを読む


人気Q&Aランキング