『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ギターを弾いてると指の先が固くなりますよね?
それが僕は硬くなったり柔らかくなったりするんです
何か心当たりがないか考えてみたところ、僕はお風呂に入ってからもギターを弾いていて、それで指の皮がポロポロ取れていることに気づいたんです。
やはりふやけている?というか柔らかくなっているお風呂上がりとかはあまり弾かないほうがいいんでしょうか?
教えてください。

A 回答 (5件)

個人差はあるとは思うのですが、それほど固くならずとも痛くはなく弾けます。

指の皮が剥がれようが、ある程度の時間弾き込んでいれば多少は固くなると思います。それで充分です。
ちなみに30年間指先に豆など出来たことがありません。
その分左親指の側面がけっこうな豆ですが、これはフォームが悪いのか?と思ってます。
    • good
    • 0

あまり気にした事はなかったですが


はじめたばかりの頃は
指が切れたり破けたりして
硬くなったりしてましたね。
自分のパートはドラムだったので
あまり本格的ではなかったですが
バンドのギターリストとそのような話になった事があり
だんだん柔らかくなって硬くなる事はほとんどなくなったような事を言ってましたね。
アコギはわかりませんが
エレキで弾かれてるのなら力入りすぎていませんか?
弦のすべりも気にして丹念にスプレーしてあげてください。
    • good
    • 0

指先が硬くなるのは弾き始めて数年くらいでしょうか。


個人差があるので『いつまで』とは言えませんが、私は3年程硬くなっ
たり柔らかくなったりしましたよ。
今は歴20年以上になりますが、硬くなったり痛くなったり・・は皆無
です。
思い出しますと硬くなったり・・の頃は質問者様同様、指の皮が剥がれ
たり水ぶくれになったりもしました。
ご質問にある柔らかい状態での練習についてですが、経験上余程痛くな
ければ差し支えないと思いますよ。
    • good
    • 0

ギターの種類にもよりますけど。


私の場合、アコースティックギターを弾いていた頃はガチガチに固くなっていましたが、エレキばかり弾くようになったら大して固くならなくなりました。現在も指先の皮は他のところより厚め、といった程度です。
アコースティックの弦は硬いので、それに指の皮が対抗して柔らかくなってる暇がない、という感じだと思いますが、指の皮がポロポロ取れても、それで痛くて弦が押さえられなくなるようなことがない限り、問題ないです。人間の体は負荷があればそれに対抗するようにできていますから、柔らかくなるということは、指先が固い必要がないと皮膚が判断したのかもしれません。
もともと指の皮は新陳代謝で徐々に剥けてくるものです。弾き始めは指先が痛いものですが、そのうち指のほうが慣れてきます。
    • good
    • 0

指関節の柔軟とかって観点から考えると風呂上りこぞ、弾いた方がいいと思います。

というか、自宅にいたらTVとかに合わせたりしつつ、大抵なんかしら弾いてますよ。

僕は30年は弾いていますが、それほど固くはないです。体質にもよるとは思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

指が固くならないといたくないですか?
お風呂上がりの練習は有効なんですね!
ありがとうございます。

お礼日時:2008/11/14 01:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギタリスト:指を固くするには

エレキギターを弾いていると、自然に指が固くなっていきます。
これは、弾けば弾くほどギタリスト向けの指になっていく…ということなのだと思うのですが、最近受験や就職活動で忙しく、なかなかギターに触れる機会が少なくなってきました。指のストレッチなど柔軟に動かせるようにするような工夫はしているのですが、長く弾いてないと指先の皮膚も柔らかく戻っていくものなのだと思います。

そこで最近、日常生活のなかで指先の皮膚を鍛える(硬くする)ことができないかな、と考えるようになりました。
例えばプレイステーションなどで長く格闘ゲームなどをやっていると十字キーを押す左手親指の指先の皮膚が痛くなったり固くなったりします。このように、ギターを弾かない環境で「指先の皮膚を硬くする」ためには、どのようなことをすればいいでしょうか?良いアイディアをお持ちの方がいらっしゃれば、ぜひ教えてください。よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

質問者さんが期待されている回答ではないかも知れませんが、
質問投稿内容読ませていただいて、気づいたことコメント
させていただきます。

受験、就職活動等で忙しいようですねえ。
で、その合間で指先皮膚を鍛えたいということですが、
合間でそういう時間とれるなら、実際にギターを手にし、
少しの時間でも練習されたらどうでしょうか?
実際のギターを手にすれば、指の皮膚を固く保つように
鍛えられるだけではなく、実際にギターの練習になりますよ。

もし、そういう時間さえ、取れないということならば、
スパッとギターの事を、一時的に忘れ、今すべきことに専念
されるべきですよ。確かに、ギターはしばらく弾いていないと
指の皮膚って柔らかい状態に戻ってしまいますが、時間できて
充分ギター触れるようになれば、またすぐ固くなりますよ。
最初は、指痛くなりますが、1週間もすれば、そこそこまた
固くなってきますよ。

Qギターに向いていない指?

ギターが全然上達しません。というのも指の形が変なんです。正確にいうと指を横から見た時、指先が鋭角の形をしていて爪よりも指先の肉が下がっている状態です。イメージ的には平らな指です。弦を押さえる時は爪から当たってしまうのでどうしても指が寝てしまいます。それにより隣りの弦がミュート状態になり、きれいな音が出ません。唯一薬指の指先だけが爪よりも上になっているので、薬指は問題ありません。他は全滅です。ギターが下手なのを指の形のせいにするのはただの言い訳みたいですが、長年の悩みです。よきアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

趣味で30年近くギターを弾いています。 電気なのかアコースティックなのかクラッシクなのか判断できませんが、必ずしも指先を弦に直角にあてフィンガーリングする必要はないと思います。 

練習あるのみです。 

爪は皮膚が変化したものなので練習次第で退化していきます。いずれ指先が平らになると思いますよ。

またコードワークも不思議なもので指の関節が柔らかくなってくると、例えばコードCを押さえるとき、初めは3フレットを人差し指でバレーして、5フレットで2弦3弦4弦をそれぞれ小指、薬指、中指で押さえていましたが、薬指の第一関節が外側(手の甲側)に曲がるようになり、薬指一本だけで5フレットの2弦3弦4弦を押さえられるようになりました。

私は手自体が小さく、ロックンロールでいうリフも苦労して弾いていましたが人差し指と小指が段々と大きく開くようになり今では問題なくなりました。

指が太すぎて苦労している人よりは早く上達するのではないでしょうか。自信を持って練習に励んで下さい。

QYAMAHAのギターって特徴がない?

アコースティックギターをやりたいなと思いギターショックに行ったとき、店員の人にいろいろ聞いたのですが、ヤマハのアコギは音に特徴がないからやめた方が良いと言われました。10万円くらいするギターだったと思います。国産のギターを買うなら、Yairi,Takamine,Ariaあたりを買えば間違いないと言われました。天下のヤマハなのに、特徴ないの?と思ったのですが、本当にそうなんでしょうか?私には音を聞き分ける力も演奏する力もないので、そういうものなんだと思ってしまいました。ちなみにその人は若そうでバイト君な感じがしました。

Aベストアンサー

私はギタリストではなく、アコースティックギターの音を相手にPAをしたり録音をしたり(プロではないですアマチュアです)という方の立場ですが…

YAMAHAのアコギは、そういう音響素材的に扱う立場の人間から見れば(聞けば?)、おしなべて本当に『無難な音』がします。
恐ろしい(^^ゞのは、(ごく希に異端モデルもあったりしますが)高いモデルでも安いモデルでも、高級ラインナップでも普及ラインナップでも、総じてその『音の無難さ加減』に確実に共通点があります。
もちろん、高級ラインナップでも普及品の安物でも同じ音がするという意味ではありませんよ。やっぱり価格帯なりラインナップなりの音の良し悪しはあります。でも、どのモデルでも何かしら「YAMAHAで~す」というエッセンスがある音がするというのは、私と同業の大抵の人間が、ほぼ同意見ですね。

また、これは一つの極論としてですが、「上手い人は当然良い音がするが、下手な人でもそれなりの音がする」という面もありますね。
これは、ギターテクニックとしての側面ではなく、マイクを通せばそういう音になる…という、私らエンジニア側の感覚論なんですが、マーチンやギブソンなどは、いくら高級モデルでも下手な演奏だと「これがマーチンやギブソンとは思えない」くらいひどい音になる事もザラですが、YAMAHAは下手な人でも『何とか崩れきらずに踏みとどまった音』に収まってくれますね。
ただ、そういう特性が、初心者ギタリストの成長を阻害するモノかどうかは、私にはわかりませんけど。

また、これはいつも私が「YAMAHAというメーカーは恐ろしいなぁ…」と感心している事なんですが、同系列の全く同じモデルのギターが何台か有ったら、どのギターもほとんど同じ音がします。少なくともマイク通すと、一台一台の音の差が非常に小さい。こういうことは、他のメーカーではまずお目にかかった事がありません。

それと、録音の時などは、「一番良い音がするポイント」を探して選んでマイクを据えるのが常なんですが、ギブソンなどはポイントが凄いシビアで、マイクの位置が変わると音ががらりと変わるので、ギタリストの納得いく音にするのにめちゃくちや手間がかかるのですが(だいたいギブソン弾きは自分の音にメチャクチャうるさい傾向もあったりしますが(^^ゞ)、YAMAHAは良い音がするポイントが非常にワイドで、まぁハッキリ言ってセッティングはメチャクチャ楽です(爆)

そして、他の方も言われていましたが、ギターと他の楽器のアンサンブルでは、ある程度の腕前の人が弾く限りは、「他の楽器の音を殺すことなく、自分の音が埋もれる事もなく、さりとて極端に主張の強い音を出すでもなく」…という、有る意味『非常に優等生的な音』で鳴りますね。
これも、PA屋にとっては非常にありがたい音です(^^ゞ

なので、大抵のPA屋は、プレイヤーのギターがYAMAHAだったらホッとします(^^ゞ

今まで述べてきた意味で、『アクの無い音』というのが特徴…ということは言えるかもしれません。

あと、これは知り合いのギタリストの受け売りですが、彼曰く
「YAMAHAのギターは、当たり外れがまず無いし、だいたいは良い音するんだけど、何か『音でこういう主張をしたいっ』と思って弾いた時に、楽器に後ろ髪引かれるような感じがして、今ひとつハジケられない」
なんてことを言っていました。
なので、ギタリストの立場では、そういう「優等生的で音の主張が少ない」なんていう意味で『YAMAHAは個性が無い』という意味での『特徴がない』という評価は有り得るかなぁと、私の立場でも思えない事はないですね。

YAIRIを持ってるギタリストは、知り合いにあまり居ないので詳しくないですが、Takamineなんかは、当たり外れという意味ではないですけど、私にとっては結構1台1台の音の個体差は大きい感じがしますね。まぁ、Takamineはエレアコを扱う場合の方が多いので、余計そう感じるだけかもしれませんが…

ただ、こと他の楽器とのアンサンブルに限っては、下手なマーチンやギブソン弾きだと、PA屋がいくらがんばっても音がメチャクチャになる事が(アマチュアだと)非常に多いので、アンサンブル用ギターとしては、私の中ではYAMAHAが世界のナンバー1です。

私はギタリストではなく、アコースティックギターの音を相手にPAをしたり録音をしたり(プロではないですアマチュアです)という方の立場ですが…

YAMAHAのアコギは、そういう音響素材的に扱う立場の人間から見れば(聞けば?)、おしなべて本当に『無難な音』がします。
恐ろしい(^^ゞのは、(ごく希に異端モデルもあったりしますが)高いモデルでも安いモデルでも、高級ラインナップでも普及ラインナップでも、総じてその『音の無難さ加減』に確実に共通点があります。
もちろん、高級ラインナップでも普...続きを読む

Q中指と薬指の分離動作の練習法を教えて。

ギターのアルペジオやトレモロの練習をしていますが、
薬指と中指が別々に動きません。薬指を曲げようとすると
中指も付いてきますし逆に伸ばそうとすると共に伸びてしまいます。
3フリンガーのと時には、さほど気にならなかった中指、薬指の未分離がここに来て大きな壁になっています。
今中指と薬指を使い交互に弦をはじて練習していますが、
別々に動作させるのに使える効果的な練習法をお教え願えませんか。

Aベストアンサー

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入れられ前腕にまとめられてしまったというのです。
そのため、指を独立して動かす場合は、楽器の練習の前にそれらの筋肉の分離独立を促すストレッチをすれば効果が高いということです。
具体的な方法は簡単です。2種類あります。
1.右腕を、床に対して水平に前方に出します。ヒジは90°位に曲げます。手のひらは天井に向けます。
2.そのまま右手首の力を抜きダラリとさせます。
3.左手全体で、右手の薬指1本だけを握ります。薬指の関節が曲がらないように棒のような状態にしてしっかり握ります。ゆっくり棒状の薬指をそらしてストレッチします。
4.薬指をストレッチしたまま、他の指をゆっくり曲げて、無理やり握りこぶしを作ります。
このとき前腕の筋肉が痛くなります。痛い場所が引っ張られている腱鞘です。ようはこれを分離するストレッチ体操です。
5.ゆっくり握りこぶしを締めたり緩めたりを10回くらい繰り返します。
これがAという柔軟体操。
もう一つは、説明が簡単です。「Aの逆」です。と言えば分かると思います。
Aの練習とは逆に、人差指・中指・小指をまとめて、左手で棒状につかんでそらせます。
ゆっくりと薬指と親指で握りこぶしを作るのです。これがBという柔軟体操です。
次に、中指を対象にして同じことをやります。
これも10回くらい。この両方を練習前にやればウソのように手が独立して動きます。
応用練習
このAとBを左右のすべての指(親指以外)で行ないます。
毎日やれば、ゆびがバラバラになったのかと思うほどに独立して動くようになります。左手小指のトリルのときなども自分でも驚くほど速く動きます。
あと効果的なのは、右手の薬指と中指で、ピアノのトリルのような交互打鍵動作で机の上をカタカタカタカタと叩きます。出来るだけ速く、自分の限界でやります。10秒くらい続けて5秒のインターバルです。これをヒマさえあれば実行します。電車の中でも、仕事中でも、運転中でも、テレビを見ながら、読書しながら、彼女と映画を見ながら、とにかく目立たないように自分の体の一部をコトコトコトコト叩くのです。(変なヤツと軽蔑されないように他人に見られないように気をつけてやって下さい。)
以上お試しください。ただし、ストレッチは急にムチャクチャすると当然指が壊れます。軽く少しずつ続けてください。
これと並行に、他の人の回答にあるような基本練習もしっかりやればスグにうまくなります。

トレモロはなかなかツブが揃わないですね。各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。
運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。
まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。
大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。またその必要もなかったというのです。その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入...続きを読む

Qペシペシ、という音が出てしまいギターが弾けません。

お世話になります。
「ギターはどのぐらい練習したら弾けるようになりますか?」
という質問をしました。

頑張れば弾けるようになる、というのが大方の回答でしたので、初めてのギターの演奏をしてみました。
しかし指の腹が太いのか、ネックが細いのか、弦と弦の間が狭いのか、コードを押さえようとすると、隣の弦まで押さえてしまいます。また、何とか目的の弦だけを押さえても、弾くと「ペシペシ」という音になってしまい、余韻が全く残りません。

どうしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

この間の質問の方ですね。

始めて間もないころはそんなもんです。
まずは正しいフォームを身につけるところからコツコツとやってみましょう。(いきなりコードはちょっとまだ無理かな?)

もちろん教室に通ったり、経験者にフォームを見てもらいながらやるのが一番良いですが、それが難しければ、写真や映像(DVD)が付いている教本などで
ギターの構え方、左手、右手の正しいフォームを始めのうちにしっかりしておきましょう。それが上達への早道です。
(YouTube などで、”ギター 初心者 左手フォーム”などのワードで検索しても、結構参考になる映像が見れます)

先に回答があるとおり、文字では伝えきれないですが、


・親指はネック裏側中心線辺りに
・人差し指~小指はネックと水平に
・手首を”ぐっと前に突き出す様にして人差し指~小指を力を入れずに自然に曲げたとき、それぞれの指が弦に直角に当たる

ストラップや足を乗せる台などを使って、ネックを体に近づけると楽に出来ます。
また、ギターは寝かさない様に、ギターの表面板は床に対して直角に近い方が良いです。指を見ようとするとどうしてもギターが寝てしまいますが、そうすると左手の指が寝てしまいます。
直角に指を当てるということは、指先の本当の先端部分で押さえることになるので、爪が長いとフレットに爪が当たってうまく押さえられません。

このフォームで、まずは、人差し指一本で弦をフレットとフレットの調度真ん中より、やや高音側フレット寄りで押さえて(フレットの真上ではありません)、弦を弾いてみてください。これが開放弦と同じ様に綺麗に響くようになれば、それが正しい位置ということになります。

指がしっかり立っていれば、押さえている弦の隣の弦(開放で良い)を弾いても、ペシとはならないはずなので、もしペシとなるならば指が寝ているということになり、左手のフォームがどこか狂っているということになります。

例えば、
1弦 開放 2弦 1フレットを人差し指で押さえる 3弦開放で、1,2,3弦を順番に弾く
これが出来たら、これに4弦 2フレットを中指で押さえる
更に、5弦 3フレット を薬指で押さえる
6弦を開放のまま、1~6弦を弾く (⇒これがCコードの基本の形です)

などで、少しずつ押さえる指を増やしていくといいかも知れません。
ただし、これも単音で綺麗に音が出る様になってからです。最初はこれすらもうまく音は出ないと思いますが、正しいフォームになるまであきらめずに続けてください。


また、最初の頃は左手の指もまだぷにぷになので、まだまだ綺麗には音は出ないか、必要以上に力がかかりますが、これはひたすら練習していけば、だんだん力を要れずに押弦できる様になります。

指先の皮が一皮二皮剥けるまでは辛抱ですね。

この間の質問の方ですね。

始めて間もないころはそんなもんです。
まずは正しいフォームを身につけるところからコツコツとやってみましょう。(いきなりコードはちょっとまだ無理かな?)

もちろん教室に通ったり、経験者にフォームを見てもらいながらやるのが一番良いですが、それが難しければ、写真や映像(DVD)が付いている教本などで
ギターの構え方、左手、右手の正しいフォームを始めのうちにしっかりしておきましょう。それが上達への早道です。
(YouTube などで、”ギター 初心者 左手フ...続きを読む

Qヤマハのアコースティックギターについて

はじめまして。
アコースティックギターを買いたいのですが、友人に相談したところ、マーチンがいいが価格を考えるとヤマハのギターがいい、ということで現時点ではヤマハのアコースティックギターを購入しようと考えています。
そこでヤマハのHPを覗いてみたのですが、種類がかなり多く、初心者の私にはどれが良いのか全く分かりません。

そこで、どのギターがお勧めか教えていただけないでしょうか?
希望は、「木目の柄ではなく、黒、またはワインレッドなどシックな(暗めの)色のアコースティックギター」をゲットしたいです。でもお手ごろな価格のものを推薦していただきたいです(^^;

趣味で始めたいなあ、でも長い間使い続けることができるギターがいいなあ、と考えているので、「1台目は練習用、2台目以降にこれを買ったら?」といったアドバイスはご遠慮します(ありがたいのですが)。

いろいろ注文つけて申し訳ありません。ヤマハだけに限らず、お勧めのギターがありましたら、この初心者の新参者にやさしく教えてください^^; もしギター初心者を対象としたHPがあれば、それも教えていただけたらありがたいです。
よろしくお願いいたします。
長文失礼しました。

はじめまして。
アコースティックギターを買いたいのですが、友人に相談したところ、マーチンがいいが価格を考えるとヤマハのギターがいい、ということで現時点ではヤマハのアコースティックギターを購入しようと考えています。
そこでヤマハのHPを覗いてみたのですが、種類がかなり多く、初心者の私にはどれが良いのか全く分かりません。

そこで、どのギターがお勧めか教えていただけないでしょうか?
希望は、「木目の柄ではなく、黒、またはワインレッドなどシックな(暗めの)色のアコースティックギタ...続きを読む

Aベストアンサー

 ヤマハのL系の話が出た様なので、それに関して。
 L-10を20年愛用しています。
 現在この系統はLLとなり、かつてのLのベーシックなデザインがちょっと特殊なカタチになった代りに、パワフルになった様です。
 基本的にはL系はドレッドノート型としては透明度が高くで繊細な感じで(ちょうど全盛期の『さだまさし』の素朴なアルペジオがL系最良のトーンをよく出しています)、一言で言って「美しい~」とゆぅトーンです。ただ、その為マーティンと比べちょっと硬いと感じる方もいらっしゃる様ですが、ワタシ個人としましては、「Lを持ってりゃマーティンはいらん」と思います。

 さて現在のLLですが、さすが鈴の音ギター、低い価格帯(下は¥6万から)でもトップだけは単版です。実は、合板でも非常によいギターはありますし、時間はかかりますが弾き込むほどにトーンは変わりますが、惜しげもなく透明なトーンがお好みなら、残念ながらトップだけでも単版でないと難しいと思われます。

 LL系、に限らずヤマハをお求めになられる場合、注意点が2つ。

 1つは、同じモデルでも、弦がライトゲージを標準とするモノとミディアムゲージを標準とするモノがある、とゆぅ点です。
 ミディアムゲージの方が全体的に太く、チューニングが安定し、弦が長持ちし、音量も爆発的に大きいですが、繊細なプレイは弦が太い分だけ難しくなります(ライトゲージがその逆です)。
 初心者の方であれば、ライトゲージの方が弦が柔らかいので練習しやすく、且つうまくなっても微妙な右手のニュアンスが生きるのでライトゲージがよいのではないかと思いますが、フラットピックでガンガン弾かれる御ツモリなら、ミディアムゲージのパワーも捨てがたいところです。
 尚、L系は比較的弦の寿命に敏感なので(L-10では、ライフが長い事で有名な旧ディアンジェリコのライトゲージでも2.5時間ほどでトーンが曇り、ライブで使う時は音合わせと本番で大忙しです)、その点でもミディアムの方がまだマシと言えます。

 もぅ一つの注意点はネックです。
 実は現行のLLを長期間所有した事が無いので何とも言えませんが、ワタシのヤマハ、L-10とN-1000両方ともネックがすぐ反ります。不思議な事に、ミディアムゲージが標準のN-1000より、ライトゲージを張っているL-10の方が温度や湿度に敏感の様で、トラスロッドカバーを付けておくヒマが無いほどです。この時代のソリッドエレキやベースも同様にネックのトラブルを出している様なので、或いはこの時代のヤマハは特にネックが弱いのかもしれませんが。

 一応ヤマハ・アコースティックのURLを載せておきます。現行のシリーズを全て見られます。

 ところで・・・・

 実はワタシ、アコースティックでもっとも好きなのは、ヤマハではありません。それはギブソンです。チェリーサンバーストのJ-45を、こちらももぅ20年ほど使っています。
 ギブソンはマーティンやギルドを始めとする他の有名アコースティックギターとは正反対、暖かくポコポコとした素朴で田舎的なトーンで、繊細なアルペジオなど受け付けてくれませんが、コードでバキッと鳴らしても歌をジャマしません(ワタシはブルース弾きなので、ギブソンの土臭い音が感覚に合います)。
 多くのメーカのドレッドノート型(くびれの少ない、いわゆるカントリーギター型)はマーティンの、その名も『ドレッドノート』を下敷きにしていますが、ギブソンのJシリーズはランウンドショルダーとゆぅ特殊なナデ肩形状で、トーン通りの田舎ッペな見た目もブルースです。
 現在は確かブラウンサンバーストとゆぅ非常にブルースなボカシ色が出ているので、ナチュラルや黒などの単色ばかりの現代のアコースティックギターにあって、かなりシブいです。
 ヤマハが一生モノにならない、とは言いませんが、ギブソンなら間違いなく一生モノとなる事は間違いありません(どぅでもよいミーハー話なんですが、ギブソンならマーティンを持っている連中にもバカにされません(^^;))。

 一応ギブソンのHPもお知らせ致します。
http://montana.gibson.com/index.html
※J-160Eとゆぅトコロをヒットすれば、J-45系のカタログに入れます。
※ギブソンの輸入総代理店は山野楽器です。検索してみて下さい。

 いずれにしろアコースティックギター(しかも生で鳴らすと不愉快なエレアコではなく生アコ)は、エレキの様にアンプやエフェクタとの相性は関係なく、ナマで勝負のクラシック音楽系楽器に近いギターです。実際に楽器店でいろいろ弾き比べる事をお勧め致します。(もし弾き比べをするほどまだウデが無い、とゆぅ事でしたら、弾ける友人を連れて行って同じ曲を違うギターで弾いてもらう、或いは御自身でコードを1つでも2つでも覚えていって、その音を鳴らすだけでも十分違いが御判りになると思います)。
 

 ヤマハのL系の話が出た様なので、それに関して。
 L-10を20年愛用しています。
 現在この系統はLLとなり、かつてのLのベーシックなデザインがちょっと特殊なカタチになった代りに、パワフルになった様です。
 基本的にはL系はドレッドノート型としては透明度が高くで繊細な感じで(ちょうど全盛期の『さだまさし』の素朴なアルペジオがL系最良のトーンをよく出しています)、一言で言って「美しい~」とゆぅトーンです。ただ、その為マーティンと比べちょっと硬いと感じる方もいらっしゃる様ですが、ワタ...続きを読む

Qクロマチックってなんですか?

ギターの本よんでいたらクロマチックという用語が出できたのですが、これはどういう意味なのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

クロマチックってハーモニカだけかと思ったのですがギターにもクロマチック奏法と言うのがあるようですね。下記URLが参考になると思います。

参考URL:http://www.kitanet.ne.jp/~jose/Music/cromaticrun.html

Q弦の交換時期

題の通り、弦の交換時期についてなのですが、
皆様はどれぐらいの周期で変えているのでしょうか?(アコギ)
友人は、
「錆びるとフレットの減りが早いから短い周期で交換した方が良い」
と言っているのですが、正直面倒でそんな頻繁に張り替える気にはなりません。
マトモに弾けなくなるぐらいフレットが減るのであれば面倒でも月1ぐらいで張り替えようと思うのですが、
気になるほどの問題でもないのならお財布の都合などで、弦が切れるまで使い倒そうと思っております。

参考にしたいので皆様の交換基準を教えて下さい。

Aベストアンサー

おはようございます。

私の経験ではアコギの場合、弦を長い間交換しないでおくと、サビは手入れ次第でどうにでもなりますが、特に巻き弦の音の響きが悪くなってきます。
つまり高音成分がなくなってくるので、精彩のないこもった音になってきます。具体的に言えばオクターブピッチが合いにくくなってきます。
まあ、アコギは元々オクターブピッチは合いにくいのですが、それが著しくなってきます。

それと同時に特に巻き弦において、弦が音痴になってきます。
アコギは4弦~6弦までが巻き弦ですから、これらの変化の影響は大きいと思います。

できれば、通常の弦の場合、毎日弾くのであれば、1ヶ月程度で交換した方が常にいい音の状態で弾けると思います。

エリクサーのような高級コーティング弦を使った場合は、サビや弦音痴に対しては優れた耐久性があります。しかし、やはり時間と共に音質の劣化は防ぎようがありません。
私はエレキにエリクサーを張っていましたが、4ヶ月以上張りっぱなしにしてもサビも弦音痴もほとんどなかったです。しかし、エレキの場合、音質・音色はエフェクターなどで誤魔化しが利くとはいうものの、やはり弦の音質が劣化してくるとギター本来の持つ音色の味わいはなくなってきますね。

アコギはエレキと違って、弾いた音がそのままダイレクトに聞こえますから、こまめに弦の手入れをして、響きが悪くなってきたり、弦が音痴になってきたなと思ったら、惜しまずに弦を交換した方がいいと思います。
いつもいい音で弾いていた方が気持ちいいですしね。

おはようございます。

私の経験ではアコギの場合、弦を長い間交換しないでおくと、サビは手入れ次第でどうにでもなりますが、特に巻き弦の音の響きが悪くなってきます。
つまり高音成分がなくなってくるので、精彩のないこもった音になってきます。具体的に言えばオクターブピッチが合いにくくなってきます。
まあ、アコギは元々オクターブピッチは合いにくいのですが、それが著しくなってきます。

それと同時に特に巻き弦において、弦が音痴になってきます。
アコギは4弦~6弦までが巻き弦ですから、こ...続きを読む

QFコード1フレット2弦が鳴らない…

アコギを始めて3ヶ月ぐらいの超初心者です。
Fコードなんですが、1フレット2弦だけがどうしても鳴りません。
1弦から5弦までだけを押さえたときは、2弦も一応鳴るのですが、6弦すべてを押さえようとするとどうしても2弦だけが鳴りません。
人差し指は多少斜めにし、ネックの裏からは親指で・・・などの基本事項は実践しているはずなのですが。
4フレットぐらいの押さえやすいところでセーハーしてもどうしても2弦だけ鳴らないのです。
これでは、弦をエレキのものに変えたりしたところで、2弦は絶対鳴らないでしょう。
人差し指の第一関節と第二間節の間で押さえる弦はどうも鳴らない、もしくは鳴りにくいようです。
とはいってもセーハーする以上この部分は絶対使うと思いますし・・・。
毎日押さえる練習はしてるし、最近指のストレッチも始めました。
一体どうしたら鳴るようになるんでしょうか??
バレーコードが弾けないとなかなか曲の幅も広がらないですし、本当に欝です(っд;`)

Aベストアンサー

6弦までをカバーしようとすると、2弦がちょうど関節のところに食い込むような形になって、フレットにうまく押し付けられずにミュートしてしまうということでしょうか。 もしそういう状況であれば、もう少し人差し指を傾けて、側面が弦に当たるようにしてみるのがよいと思います。

フィンガーボード表面と平行に指を置くと、人差し指の先までうまく力が伝わりにくくなるのと、関節に弦が入り込んで弦をミュートしてしまうことなどで不利になる部分があります。 それを防止する上では、人差し指を傾けて、押しても関節が曲がらない側面を使うようにするのが良いでしょう。
手を開いて手のひらを向こうに向けてかざし、人差し指の親指側の側面を見てみると、比較的でこぼこのない線を描くと思います。 その直線に近い部分で弦を捉えるように意識すると良いでしょう。
人差し指を傾ける時には、親指を置く位置を少しブリッジ側(手で言えば中指側)に寄せると、人差し指を傾けてもそれほどきつくないと思います。

あるいは、指の長さに余裕があるのであれば、6弦のところに人差し指の先が来る状態よりももう少し余分に指を伸ばして、人差し指の指紋の辺りがネックの上の縁に来るくらいに多少大袈裟に突き出してみるのも良いかも知れません。 関節の位置が変わることで、改善ができる可能性はあると思います。

いずれにしても、人差し指一本でバレーしている時に一部の弦が鳴らないという状況は、指板と指の間に余裕があって、その隙間のせいで弦がフレットから浮いている状態が原因といえるでしょう。 その隙間をうまく潰すように工夫すれば、問題を解消できるはずです。 弦を押えている指の状況や手のバランス全体を見直してみて、問題のある箇所を洗い出し、工夫してみることをお勧めします。

参考まで。

6弦までをカバーしようとすると、2弦がちょうど関節のところに食い込むような形になって、フレットにうまく押し付けられずにミュートしてしまうということでしょうか。 もしそういう状況であれば、もう少し人差し指を傾けて、側面が弦に当たるようにしてみるのがよいと思います。

フィンガーボード表面と平行に指を置くと、人差し指の先までうまく力が伝わりにくくなるのと、関節に弦が入り込んで弦をミュートしてしまうことなどで不利になる部分があります。 それを防止する上では、人差し指を傾けて、押して...続きを読む

Qギター挫折した人はいますか?。

こんにちは。
僕は現在30歳の男です。
アコースティックギター練習歴2ヶ月です。
毎日1時間練習してるんですが、少ししか上達してないです。
そこで、ギター練習したけど、挫折してしまった人はいますか?。
挫折した原因は何でしたか?。
良ければ教えてください。

Aベストアンサー

僕の場合は人間関係です。

中3から高校の3年の半ばまでやっていました。自分で言うのもなんですが、人よりはうまい方だったし、皆難しいって言うFやBのバレーコードも簡単にできました(けっこう手は小さい方ですが、それでも僕は音がビビったり、ミュート音が混じる事がありませんでした。Gのコードもバレーコードでやった方が楽だった位です)。

高校に入って、バンド部に入りました。そして、ギターとベースを曲によって担当するようなポジションでやっていました。

でも、部員がやる気がなく、僕はハードロックやヘビーメタルをやりたかったのですが、部員達は、僕が「これやりたい」って曲を全て「そんなもんやれるか!!」と言って拒否し、所見でできてしまうような曲ばかりを選んで演奏していました(でも、何故かライブで大受けだった。ま、俺以外は皆お笑い系ばっかりだったしね(笑))。後で解った事ですが、僕が入学した年は、部活に加入する生徒が極端に少なく、僕と一緒に入って来た部員達は、シガラミでいやいや入って来たとか。そんな奴らと一緒にやってて、彼らが「小室ファミリーの曲を打ち込みでやる」なんて言った時、ついにキレました。

・・・そんなコトがあって、今まではすごく好きでギターとかベースを弾いていましたが、そんな気持ちも失せ、「俺、なんのためにこんな事してたんだろうな・・・」って気持ちになったのがきっかけで、しばらく音楽から離れてみようか、と思い立って、ギターに触れなくなったまま、高校を卒業し、大学を卒業し、就職し、転職し、現在に至ります。あの頃の部員達は、全員が早稲田とか慶応とかの所謂六大学に入りました。部活よりも将来の安泰を選んだのでしょうね。風の噂では、皆公務員やってて、大層なご身分だとか。

一時期、音楽がすごく嫌いになりましたが、今は治りました。でももう、僕は生涯二度とギターを握る事はないでしょうね・・・・。

僕の場合は人間関係です。

中3から高校の3年の半ばまでやっていました。自分で言うのもなんですが、人よりはうまい方だったし、皆難しいって言うFやBのバレーコードも簡単にできました(けっこう手は小さい方ですが、それでも僕は音がビビったり、ミュート音が混じる事がありませんでした。Gのコードもバレーコードでやった方が楽だった位です)。

高校に入って、バンド部に入りました。そして、ギターとベースを曲によって担当するようなポジションでやっていました。

でも、部員がやる気がなく、...続きを読む


人気Q&Aランキング