自動車保険ですが何処の会社がサービス、価格とトータルバランスで見て信頼できると思いますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

確かに、大きいから大丈夫だとはいえませんが、事故になった時は保険会社間の力関係などもあるようですよ。


過失割合が発生した場合は、特に8:2のところが6:4になったりするなどの話も聞くので、弱小損保は避けたほうが良いかも。

また、通販系の保険会社は保険料が安い分、経費や人件費を削っているので、きめこまかい対応はしてくれません。
やはり、各市町村にちゃんとした拠点をもっている保険会社のほうがいいですよ。
ま、ディーラー系でやっている代理店はあまりあてにはならないかも。
保険の内容などを質問して、ちゃんとした答えが返せる担当者のいる大手保険会社をすすめます。
(追突事故被害の経験者より)
    • good
    • 0

保険会社もいろいろとシビアになってきています。

事故をおこしにくい優良なドライバーの契約は欲しいですが、事故を起こしやすい、とくに若い方は、保険料が高くなるなど、引き受けを拒む方向になっています。外資はとくにそういう傾向が強いです。保険の代理店はお客様のクレーム対応窓口がこれからの仕事の中心になります。
大きな代理店は、何社もの保険会社と代理店契約していますから、あなたに向いた会社を選んでくれると思います。
    • good
    • 0

保険支払い能力ナンバー1の東京海上をお薦めしている方がいらっしゃいますが、


それはあくまで本社の能力であってあなたが契約するのは代理店であるとか、支
社の担当者レベルの方です。
ですから特に保険会社云々より、代理店の方で選んだ方が良いと思います。

私の経験上、東京海上は確かに大手ナンバー1だけあってサービス内容は充実し
ていますし、対応はスムーズです。
しかし、規則重んじるがために人間的なサービスが掛けている点が目に付きまし
た。例えば車両保険の金額ですが、保険更新時に他社で見積もった場合、車の中
古車相場を考慮して車両保険金額を決定していたのに対し、東京海上では新車時
からの経過年数でしか見ないという点が一番不満に思いました。

例えば外国車などで少量生産者などは市場流通量自体が少ないため、中古車価格
はなかなか下がりませんが、国産車ではほぼ10年経過した時点で車両価格は0に
なります。
実際に旧車や稀少車などという車は車両保険金額0と査定されますが、市場価格
では数百万、数千万と言う車もざらにありますよね?
そういった細かな点を規則に乗っ取って業務を行うがため、規則に当てはまらな
い車両は引き受けないという点で、私は保険会社を変えました。

今では前年の東京海上の車両保険金額より市場価格で上乗せした額の保険を支払
っていますが、万が一の事故などの時には安心なのは言うまでもありません。

あなたもそういう観点で保険会社(担当者)を選んでみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

絶対に東京海上です。

格付はAAAです。今までは銀行とか保険会社はつぶれる心配はなかったのですが、これからは(特に自動車保険)会社と代理店を選ばないとだめです。私の経験ですと、流行の通販はクレーム処理に不安を覚えます。

自動車保険は事故が付き物ですから、安いだけで選ぶとえらい目に会います。
あらゆる面で日本一の東京海上をお勧めします。

参考URL:http://www.tokiomarine.co.jp
    • good
    • 0

私は代理店を持つ保険会社の代理店で契約しています。



過去3回ほど事故に遭いました。1回は私が原因で、後の2回はぶつけられたのと跳ねられたのです。
私がぶつけた時は、代理店で相談しました。

保険会社は既に終わっている時間でしたが、代理店は夜遅くまで親切に対応してくださいました。

代理店は、自分のお客ですから、親切に相談にのってくれます。保険会社の方へ直接電話しても、応対は案外素っ気ないものでした。
保険会社の不親切さを代理店がカバーしてくれました。

ぶつけられたり、跳ねられたときは、代理店の方が一緒に来ていただいた場合と、保険会社の人だけの場合とありました。
前者の場合は、保険会社の人の対応に加え、代理店の人がわかりやすく説明してくださいました。
後者の場合は、比較的事務的で、説明もわかりにくいものでした。

そんな経験から、加害者となった場合に、相手の方とこじれないようにするには、代理店の小回りの利く動きも重要だと思いました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング