数学の未解決問題ってよく本で見ますが、
未解決の問題で小学生でも意味のわかるものが結構あると思います。
フェルマーの最終定理が証明されたときは一種の感動を覚えたのを記憶しております。
未解決問題は私もそこそこ知ってはいるのですが、新しい未解決問題を聞くと「自然は奥が深いな」っとつくづく思ってしまいます。
そこで、いろいろな未解決問題(素人にも意味がわかるようなもの)を教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

前からつづく。

三角柱の中外で接触するしかありません。それはドーナッツになります。中接触の時、横置ドーナッツを水平に3面に分け、内1面を垂直に3分割した形となる。外接触の時、横置ドーナッツを垂直に3面に分け、内1面を水平に3分割した形となる。若しくは、クラインの壷状となる。よって球面上5色を必要とする図形は描けない。三角柱底面を広げると、平面の120度三分割ドーナッツになる。中の穴を外の空間に接触させると、ドーナッツは切られ紐状になり3面の接触が切れる。平面上でも、5色を必要とする図形は描けない。4面に接触する面は4角形以上です。3角形は3面にしか接しない。5つの四角形をそれぞれ接する様に置けるでしょうか。四角形の4辺は接触する(2本が一本になる)ので、出来た図の線は10本です。10本の線で5つの四角形が作れるでしょうか。立法体の辺は12本です。2辺を消すと面は4面となり5面は描けない。ドーナッツなら描ける。従って、平面及び球面に描かれたどの様な図形も、4色で塗り分けられると言えます。
    • good
    • 0

4色問題とは、全ての図形は、4色で塗り分けられるかと言う問題です。

5色要するとは、全ての5面が他の4面と接すること。それは、4本足の蛸に似ている。頭に4本の足が生えており、全ての4足が他の3足と接触出来るのか。両サイドの足を接触させると間の足は囲まれる為、向かいの足には接触出来ない。球面上でも同じです。4本足蛸が、ボールを抱いた形です。ボール上で4本足が接触出来るか。平面の時と結果は同じ。5色必要な図形は作れない。4色必要とは、4面が他の3面に接触しているので、3本足の蛸だ。3本の足は接触出来る。単純化すると120度で3分割したドーナッツ形になる。図の外の面が頭。球面上では、三本足蛸がボールを抱えた形を単純化すると三角柱となる。底面が蛸の頭で、3側面が足です。球面中の一面が無限に広がると平面になる。平面上絵の周囲の面は、収縮すると球面上の1面になる。絵は同じです。平面上の無限に広い1面と、球面上の1面は共に1色が必要で同じこと。三角柱底面を無限に広げると、平面の120度で三分割したドーナッツとなる。この三角柱の上面と底面を接触出来るでしょうか。3側面が筒状ならそれぞれ接触しています。3側面上で上面と底面を接触すると、3側面は紐状になり接触が切られます。次につづく
    • good
    • 0

純粋に(期待されている意味での)数学かどうかは疑問なのですが、


「巡回セールスマン問題」や「ナップサック問題」等があります。
いずれもよく似た問題です。小学生にもすぐ理解できるかと。争点は
「効率よく」解く方法です。全ての場合を解べれば説けるのですが、
その組み合わせがあまりにも大きくなるため、コンピュータですら扱いきれません

・巡回セールスマン問題
  幾つかの道で繋がった都市をセールスマンが尋ねていくとき、
 歩く道の長さを最も短くする方法を答えよ

・ナップサック問題
  ナップサックに詰めるものの価値の合計を最大にするにはどのように詰めればよいか答えよ
 (いくつもの品物があって、それぞれに大きさと価値が与えられています。
  ex. サッカーボール(\3000)は1個、バナナ(\400)は10個まで入る etc...)

他には、一筆書きができる条件は、「オイラー」が証明しました。
(全ての点から出ている辺が「偶数」か「2本だけが奇数」の時一筆書き可能)
一筆書きは、「全ての線を2回通ることなく通る」というものですが、
よく似たもので

「全ての点を2回通ることなく通れるか?」

という問題があります。
(一筆書きできるのを「オイラー路」と言うのに対し、「ハミルトン路」と言います)
このような問題はNP完全問題と言われています。
未解決問題はグラフ理論の分野に結構あるようです。

完全に未解決ではありませんが、4色問題と言うのも有ります。

「地図で隣り合ったところを異なる色で塗るとする。
 このとき、4色有れば塗り分けられることを示せ」

3色ではできないこと、5色ではできることは比較的簡単に示せるようです。
(3色でできないことは絵を描いてみればすぐに分かることです)
この問題は1000何百通りに分類されて、コンピューターによる総当たり方式
で証明されたようですが、あまりスマートな証明ではありません(^^;

秋山仁さんの本か、ピーターフランクルさんの本でそのような問題を
まとめた本があったような気がします。

文章がわかりにくくなってすみません。
問題の説明に図を使えないとしんどい問題が多いです(^^;
    • good
    • 0

フェルマー系なら下記URLを参考にしてみては



参考URL:http://freepage.gaiax.com/www/freepage/m/t/mathe …
    • good
    • 0

 よく知られていると思いますが、私は素因数分解の


効率的な手法を挙げさせていただきます。

 素因数分解とは、ご存知のように、ある数を
2つの素数(約数が1とその数の2つしかないような数)の
積に分解することですが、これを可能にする一定の
解法はまだ見つかっていません。一見簡単そうに
思えますが、ちょっとでも大きい数になると総当りで
1つずつ調べるしかないようです。例えば91。このくらいなら
すぐにできそうですが、案外大変です。もしこの
解法を見つけたら、かなりすごい発見だと思います。

 ちなみに、インターネットで情報保護の暗号技術で
広く使われているRSA法も、この素因数分解の困難さが
その暗号の解読されにくさの根拠になっています。
もちろん、コンピュータに総当りでずっと計算させ
つづければ、いずれ分解できるでしょう。しかし、
現在の計算能力では天文学的な時間がかかってしまうのです。
すごいですね。

 ちなみに、91は7x13でした。
    • good
    • 0

 こんにちは。

数学はド素人なんです。私も。ちょっと興味があってちょこちょこつまみ食いする程度です。
 で、その私でも、一応問題の意味はわかったというのをご紹介しましょう。
 「コラッツの問題」というものです。
 これは、ある数が偶数の場合は二分の一にし、奇数の場合には三倍して一を足すという単純なルールで反復計算するものです。例えば、最初が1なら、
   1→4→2→1
となって、最後のものは1ですから、また同じ事を繰り返します。ですから、1になったら「おしまい」としましょう。
 この反復、初期値を1から順に増やしていくと、「1」に戻るまでのステップ数や最大値がさまざまに変化しますが、初期値27でとんでもないことが起こります。ステップ数が111、最大値は9232にもなるのです。そしてやっぱり、最後は1に。
 この問題ですが、初期値にどのような数をとっても、必ず最後は「1」に戻るのかどうか、まだ証明されていないそうです。素人眼には、簡単そうに見えるのですが…
 以下はオマケです。この「コラッツの問題」を自動計算するプログラムです。Windowsマシンなら、「十進BASIC」で実行できます(入手先は下記の参考URLに)。

DO
LET i=i+1
LET n=i
LET st=0
LET mx=0
PRINT st,n
DO
IF MOD(n,2)=0 THEN
LET n=n/2
ELSE
LET n=n*3+1
END IF
LET mx=MAX(n,mx)
LET st=st+1
PRINT st,n
IF n=1 THEN EXIT DO
LOOP
PRINT "初期値 ";i
PRINT "ステップ数 ";st
PRINT "最大値 ";mx
PRINT "---------------------------------------------------"
WAIT DELAY 1
LOOP
END

 やたら行数を食いました。ごめんなさい。

参考URL:http://hp.vector.co.jp/authors/VA008683/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「頭悪いね」「バカだね」 どっちがよりムカつく?

こんにちは、

単純な質問です。

「お前、頭悪いな」

「お前バカだな」

どっちがより言われたらムカつきますか?

Aベストアンサー

どっちもそれなりにムカつきますけど・・・「頭悪いな」かな~

そう言う事を他人に平気で言う奴ほど、バカで頭の悪い人はいないと思いますけど・・・ね?
我がふりなおせよ~ってな感じです。

でもやっぱり傷つくな~否定はしないけど(苦笑)

Qフェルマーの最終定理を閲覧できるサイトはありますか?

フェルマーの最終定理が閲覧できるサイトはありますか?
原文と翻訳されたもの、それぞれを見てみたいです。
ご存じの方、教えて下さい!

Aベストアンサー

非常にアバウトな引用で申し訳ないのですが,

http://www1.fctv.ne.jp/~ken-yao/Fermat.htm
↑参考文献もしっかりありますから,図書館でも調べやすいのでは。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%9C%80%E7%B5%82%E5%AE%9A%E7%90%86
↑ウィキペディアですが,かなりきっちりと書いてありました。英語のページもリンク先にあります。が,お恥ずかしいことに,私には英文が出た途端に・・・。

いかがでしょう?

Q仕事が遅い、頭悪い、力仕事できない 不器用すぎるこんなパートメリットありますか?

仕事が遅い、頭悪い、力仕事できない
不器用すぎるこんなパートメリットありますか?

Aベストアンサー

仕事が早い、頭が良い、力仕事もできる
器用すぎるこんなパートに比べたら、見劣りしますが、
居ないよりはずいぶんましだと思いますよ。

Qフェルマーの最終定理の証明を本当にフェルマー自身は完成させていたと考えられるのか

 表題のとおりなんですが、果たして「余白」の問題だけだったのか、あるいは感覚的には正しいと直感したが本当は彼自身正確な証明には到達していなかったのか、到達していたとして「驚くべき証明」は近年になって得られた証明と一致していると考えてよいのか、どうなんでしょう。
 私のような門外漢には考察は無理ですが、フェルマーの業績や研究を検証すればある程度は想像できるのではと思いまして。もちろん厳密にはわからないでしょうが。

Aベストアンサー

フェルマーは秘密主義的なところがあったのか、自分が発見した数々の定理の証明を示し
ませんでしたが、それらは(例外もありますが)正しいことが、後の数学者によって
次々に証明されました。

そして、最後に例の命題の真偽が証明されないまま残ったので最終定理と
呼ばれたわけです。
最終定理について「驚くべき解法を思いついた」と余白に書き残したのは、
彼の勘違いだろうというのが、専門家の一致した見解のようです。

n=4のときは、図形問題に置き換えて彼自身が証明しています。
nが3以上の全ての自然数については、「何故これをモンダイにしないのだろう」と、
彼は述べており、大きな関心を持っていたことを窺わせますが、n=4以外のときの証明に
ついて書き記したことがないところをみると、おそらく、自分の勘違いに気づいて
いたのでしょう。n=3の場合は、後にオイラーが証明していますが、これはn=4の場合
より難しい。
全ての自然数についてのワイルズ教授による証明は、200ページに及ぶ難解なものです。

成り立たないことの証明というのは、勘違いしやすいものです。
これに挑戦したほとんどの数学者は、一度は成り立たないことを証明したと
勘違いした経験を持ってるらしい。

フェルマーは秘密主義的なところがあったのか、自分が発見した数々の定理の証明を示し
ませんでしたが、それらは(例外もありますが)正しいことが、後の数学者によって
次々に証明されました。

そして、最後に例の命題の真偽が証明されないまま残ったので最終定理と
呼ばれたわけです。
最終定理について「驚くべき解法を思いついた」と余白に書き残したのは、
彼の勘違いだろうというのが、専門家の一致した見解のようです。

n=4のときは、図形問題に置き換えて彼自身が証明しています。
nが3以上...続きを読む

Qこうゆう考えの人って頭悪いと思わないですか?

こうゆう考えの人って頭悪いと思わないですか?
CMとかで嫌いなタレント出てるからとかむかつくからという理由で商品買わない人
僕には理解出来ないですが何か?
商品なんて関係ないしあれですか?坊主にくけりゃ袈裟憎いって?
でも向こうもそうゆう考えもつ人にはかってもらいたくないからいいかなと思うけど

Aベストアンサー

なるほど、そういう考えもできますか!

広告というのは、その商品なりサービスが、一番いい方法で訴求できて、消費者に認知・浸透してアクションを起こしてもらうことが、最終的な目的ですよね。

そしてそのためには、(関係者のしがらみはともかくとして)それにマッチする、イメージを伝えられるに相応しいタレントを起用するのが普通です。
ですから、広告でそのタレントが出ることは、その商品なりサービスのイメージを背負っているということになります。

なので、質問者さまがおっしゃっている「タレントが嫌いだから商品を買わない」という人が出てきても、何らおかしくありません。
別に頭が悪いわけではありません。
よく、不祥事を起こしたタレントが出た時、そのタレントのCMを一斉に引き上げますね。それによって商品イメージが下がることを恐れてのことです。

Qフェルマーの小定理 証明

フランスの数学者、フェルマーの小定理について既にサイトとかで調べたのですが
まだ高1の為言葉が難しくよく分かりませんでした。
お手数ですがもっと分かりやすく説明して下さいますか。

Aベストアンサー

合同式は分かりますよね。(今年から新しく入ったんだっけ?)

a,bを整数、pを素数とする。ここで(a+b)^p を展開した時にできる2項係数pCk はk=0,pを除きpで割り切れる。(二項係数が分からなければ数Aの教科書を)

従って、(a+b)^p=a^p +b^p である。

1^p≡1 mod p から初めて、順に、

2^p≡1^p+1^p≡1+1≡2 mod p,3^p≡2^p+1^p≡2+1≡3 mod p,・・・・

と、n^pまで同様のことをすると(帰納法)、すべての整数nについてn^p≡n mod pがわかる。

ここで合同式の定義からこのことは、n^p -n=n(n^(p-1)-1)がpで割り切れる・・・(*)という意味。

従って、nがpで割り切れなければ、(*)が成立するにはn^(p-1)-1がpで割り切れなければならないので、

n^(p-1)≡1 mod p となる。


どうですか???

Qわざわざナイフからフォークに利き手を持ち替えないと食事出来ない人って、頭悪いの?躾がなってないの?

わざわざナイフからフォークに利き手を持ち替えないと食事出来ない人って、頭悪いの?躾がなってないの?



「俺、右利きだから」とかいう理由でフォークをいちいち右手に持ち替えないと食べられない育ちの悪いクソとは食事したくない。



右利きならナイフが右手、フォークが左手だろ。子どもでも知ってるわ。

それが出来ない成人とか脳腐ってるでしょ?


こんな腐った食事の仕方してる人って親に食事の仕方すら教わってないからこんな気持ち悪いことするんでしょうか?

それとも教わっても理解できないくらいに頭が悪いからなのか?

Aベストアンサー

私はオジサンです。
両親は2人とも地方出身です。イギリスではありません。日本です。
ナイフとフォークを使う食事なんて、した事がないし、必要もなく育ちました。
質問者様とは生きてる世界が違うようですね(笑)。
それとも、わざと炎上させるように挑発的に書いているのでしょうか?
質問者様は、カップ麺って、食べた事ないんでしょうね。
質問者様は、1日の食事代1000円未満なんて、経験ないんでしょうね。
世の中、あなたのような人ばかりではないのですよ。
自身の価値観だけで、相手を否定するのは、テーブルマナーより酷いマナーですよ。

Qフェルマーの最終定理に万が一、別の証明方法があったとしたら…

 いつもお世話になっております。私は高校生の者ですが、フェルマーの最終定理に関して、いろいろと書籍を読んでいて思ったことがありました。それはワイルズが証明した方法と全く異なる証明方法が万が一あった場合、どうなるのかということです。ただの数学好きな高校生の駄文ですので、専門家の方がご覧になれば笑止千万な文章かもしれませんが、ぜひおつきあいいただきたく思います。
 フェルマーが「私は真に驚くべき証明を見つけたが、この余白はそれを書くには狭すぎる」と書いたのは有名な話ですが、彼が見つけた証明が、ワイルズの証明と全く同じとは限らないのではないでしょうか。何百年もかかって、ものすごい数の数学者の理論を駆使して証明されたこの定理の証明を、フェルマーが本当に考えていたのでしょうか。もちろん、フェルマーが証明方法がわからないから割愛するために言い訳として先の文章を残したとも考えられるのかもしれませんが。
 フェルマーがワイルズを凌ぐような、さらに驚くべき証明方法を見つけていたと仮定して、現代の数学者がその証明方法を見つけた場合、その証明はワイルズのように称賛される偉業となるのでしょうか。それとも、一度ワイルズによって証明されているのだから、と割り切って、意味のない行為と認識されてしまうのでしょうか。教えてください。
 最後まで私の雑文にお付き合いいただきありがとうございました。みなさまの回答をお待ちしております。よろしくお願いいたします。
 

 いつもお世話になっております。私は高校生の者ですが、フェルマーの最終定理に関して、いろいろと書籍を読んでいて思ったことがありました。それはワイルズが証明した方法と全く異なる証明方法が万が一あった場合、どうなるのかということです。ただの数学好きな高校生の駄文ですので、専門家の方がご覧になれば笑止千万な文章かもしれませんが、ぜひおつきあいいただきたく思います。
 フェルマーが「私は真に驚くべき証明を見つけたが、この余白はそれを書くには狭すぎる」と書いたのは有名な話ですが、彼...続きを読む

Aベストアンサー

3以上の自然数 n について、xn + yn = zn となる0でない自然数 (x, y, z) の組み合わせがない

 これがフェルマーの定理です。300年以上に渡りこれが正しいということが証明できなかっただけのことです。ワイルズが行ったのはこれが正しいという確認です。凌ぐも何もワイルズはフェルマーを超えた訳ではありません。ワイルズが行った調査方法の範囲ではフェルマーの最終定理の条件下では自然数が出ることがなかったということです。

 結論から申しますと、ワイルズを凌ぐ事実証明はあり得ません。ワイルズで事実証明されましたので。ワイルズは100点満点のテストで100点を出しました。第三者が101点を出すことは出来ません。それが可能になるならば新たな数学定理の登場(0から100までの自然数しか無い状態で101を出すことが可能である…文章崩壊してますので答えはあり得ないですが)になってしまいます。

Q30代なかばで派遣してます。頭悪いし、毎日サービス残業してもいいんだけど、あまり夜遅くまですると寝坊

30代なかばで派遣してます。頭悪いし、毎日サービス残業してもいいんだけど、あまり夜遅くまですると寝坊してしまうし、このまま派遣続けようかと考えてます。こんな人生もありですかねぇ?子供好きだけど、子孫も残さないつもりです。

Aベストアンサー

将来的な計画などを考えても、自分で良しと思えるならありだと思います。

ただ、生涯賃金にして二倍以上の差がつくと言われている非正規と正規では
老後の生活や、中年を過ぎる辺りからの生活に差が出てきます。
周囲との比較というのは自分で気を向ける以上に気になるものです。

また、実生活面でも万が一のことがあった場合など
様々な場面で不利な状況に立たされる可能性も考えるべきです。

そういった点から、生涯派遣労働というのは
今の社会、制度の状態ではお勧めしたいとは思えません。
ただ、正規労働よりもストレスが少ない場合があることも確かです。
ライフスタイルやワークスタイルは個人が選んでよいものですから
そういったリスクを考えてもなお、自分に合っている
もしくは、そういったスタイルが良いと思うのであれば
一つの生き方だと思います。

Qフェルマーの最終定理について

数学は得意ではないし本当の内容は分かりませんが、フェルマーの最終定理の経緯を本で読むととても興味深いですね。そこで素人の質問なのですが、

1) この定理の証明のために数学が発展してきたことは分かりましたが、定理自体は他の何かの定理の証明に使われたりなどしているのでしょうか?
2) 将来、何か実生活に役立つようなことはあるでしょうか(解がないことで何か保障されるといったような)?
3) フェルマーがこの定理を発見していなかったら、後年だれかが発見していたでしょうか?
4) フライのアイデアがなかったら、谷山・志村予想が証明された後もフェルマーの最終定理は証明されずにずっと残っていたでしょうか?
5) 将来、ワイルズの証明よりもっと簡易な証明、あるいは谷山・志村予想と関係ない証明は現れるでしょうか?

アンケート的な疑問が多くて恐縮ですが、数学に詳しい方のお考えを聞けたら幸いです。

Aベストアンサー

僕も数論は素人ですが、

1,2・・・この可能性は薄いでしょう。応用性の薄そうな予想だから、一流の数学者のほとんどがあまり手をつけて来なかった訳です。
(ある程度手はつけても、生涯はかけない)
3・・・ピタゴラス数からの自然な拡張ですから、割と早く誰かが予想したでしょうね。しかし、フェルマーのような当時の一流の数学者のあんな刺激的な書き込みがなかったら、これほど多くの人を夢中にさせなかったでしょうね。
4・・・これは専門家でないので良く分かりませんが、気付かれずに残っていた可能性は十分あるでしょうね。それよりも、谷山・志村予想の証明自体が、相当遅れたんじゃないでしょうか?
5・・・この可能性は十分にありますよね。数学の歴史を考えて。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報