『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

こんにちは。
守備の掛け声はわかるんですが、バッターボックスに入ったときに気合を入れるためにバッター本人が声を出したりってするんでしょうか?
あれば、どんな風に声を出すのか教えていただけないでしょうか?
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

掛け声」に関するQ&A: 体育祭の掛け声

A 回答 (4件)

高校野球では、バッターボックスに入って、最初に大きな声を出して気合いを入れている選手の姿を見かけますね。

でも、草野球では、守備でよく声を出すチームでも、バッターの時に声を出す人はほとんど見ません。

守備の時には、声を出すことで、ボールが来たときの選手間の連携を高める必要がありますが、バッターはあくまでも1人ですから、できるだけ相手に作戦を見破られないように、ポーカーフェイスで、平静を保つ必要があるのではないかと思います。あまり気合いを入れ過ぎると、力が入ってうまく打てないような気もします。

ただ、やはり人それぞれですから、声を出して気合いを入れた方が打てるという人もいるでしょう。いろいろ試してみてはどうかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど~。ポーカーフェイスですか。言われてみると、そういう考え方もあるんだなと思いました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/17 22:52

僕は声を出します。

「さ、来い!」とかですね。
気合を入れるというよりも、集中力を出すためという感じかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変遅れて申し訳ありません。
ご回答いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/23 09:22

こんにちは。


高校生のように気持ちの入った選手は「どう声を出すか」とは特別意識はしていないものです。
ただただ「打つぞ~」っという気持ちの表れが強すぎるだけです。

無理に声を出す必要はありません。あくまでも自分のペースで打席に入ることをオススメいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変遅れて申し訳ありません。
ご回答いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/23 09:22

高校生ですが僕のチームの4番打者は「しゃ~こ~い!」とバッターボックスに入ると叫んでいます。


それにみんな何かしら叫んでますよ。「ヴェ~」とか・・・
野球部に入ってまず教えられるのは声出しです。声を出すと気分も向上しますし、チームの士気もあがりますし。
試合に出ている人はもちろんベンチにいる人もです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変遅れて申し訳ありません。
ご回答いただき、ありがとうございました。

お礼日時:2009/01/23 09:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q試合中の声出し(かけ声)について

先日、社内の野球大会があったのですが、攻めの時はベンチからバッターに対して『いつものいつもの』とか『練習のみせれや!』『いい玉だけー』『なんでよけるんか!あたれや!』『ナイスカットー』とか声出ししています。

守りのときは守備位置からピッチャーに対して『ナイピー ええボール!』とか『ええよ、バッター(タイミング)あってないで!』と声を出しています。

ですが最近ワンパターン化しているので、もっといろんな声出し(かけ声)があれば、皆さんの経験や推奨でもいいので教えてください。活用させていただきます。

できれば下のような感じで、攻撃時、守備時に分けて回答いただければ幸いです。
(例)
【攻撃時】
・いつものいつもの

【守備時】
・ナイスボール!

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(攻撃時)
 カウント別にいいますと
 S B
・0-0 初球ストライクから入ってくるよ!
・1-0 今ので球見切れたよ、次狙っていこう!
 0-1
 1-1
・1-2 バッティングカウントな、バッター有利だよ!
・1-3
・0-2
・0-3 ピッチャーストライク入らないよ。真ん中だけ狙って!
・1-3
(守備時)
・低め低め(ローボール!の方が格好いいかも)
・俺のとこ打たしていいよ!
・バッターびびってるよ、自信持って投げていけ!
・強気で攻めのピッチング!
・球走ってるよー!
・いいよー!ピッチャー乗ってきたね!

以上のような感じでしょうか。その時々によって違うでしょうが、特に守備時でピッチャーは孤独になりやすいので、出来るだけ周りで盛り上げて調子付けてあげてください。

Q捕手の掛け声を教えて下さい。

キャッチに慣れていない、軟式野球をやっている者です。
毎回、ベースの前で「しまっていこう」って感じで声をかけたいのですが、
「しまっていこう」ばっかりではつまらないです。
何か、他に良いかけ声は無いでしょうか?
それから、試合中に、ぴっちゃーや守備陣にも声をかけたいのですが、何か効果的な言葉はありませんか?
是非、お教えください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の場合、ボール廻し後は常に「サッ、イコ~(さぁ行こう)」でした。(永遠のマンネリですな。)

なんちゅーかな、ハッキリした言葉も良いんですが、ボール廻し後の一声ってのは、メインが気合い入れなんですな。 ですから、極端に云えば「キェ~」でも「チェスト~」でもOKで(さすがに変な声で使いませんが)、「ん?今キャッチャーは何て言った?」とか、気合いが抜けるなんて事が無ければ、どんな言葉でもOKでしょう。


試合中に声を掛けるタイミング。
ランナーが居ないときなら、ボール廻しを開始したら相手のサイン交換を睨み、投手の横で一塁手(or三塁手)が球を捕ったらアウトカウントを言います。(この時、内野はこれを外野に転送。ボールを捕った野手は投手に球を手渡しします。)
ランナーが出たら、先ずは相手のベンチを見て、次の動きを想像します。 で、大事なのは、これを見てから指示(バックホームなどの守備隊形)をベースの前で伝えることで、この指示後に(捕手が)ポジションに帰るまでには一呼吸ありますから、敵の監督が小細工する人等で新しいサインなどが出たら、次の戦法は益々想像しやすくなるんですね。(ですから、敢えて1/3塁に突っ込む指示を出してバントを未然に防止することもあります。)

あとは、カウントの進み具合で適度に声を掛けたら良いでしょうが、余り頻繁に掛けるのも相手に舐められるかな?


言葉は捕手と内野の信頼関係にもよりますが.....。
出来たら短く強い口調、捕手が全てを仕切る感じがいいかもしれませんし、併せてゼスチャーも。
例えば、ゲッツー指示も「内野!ゲッツー」てな具合で、二塁を指示しながら。 バント警戒なら、一塁三塁にバントの仕草を見せながら「バント!!」。

大事なのは、必ずホームベースの前でやること。
言い替えたら、捕手がホームベースの前で出す指示は全て大切で、内外野はそれに注目するというか、リズムを創り出すって事ですね。
また、次にどの塁に送球するのかを先ず指示すること。
「バント! セカン狙え!」じゃなくて、内野全体に「内野!セカン狙え!」、続いてサードファーストに「バント!前来い(or突っ込んでこい)」ってな感じですな。
(その野手に必要な情報だけを伝えるってこと。)


捕手ってのは、やり方一つで相手をドンドン消極的にできまして、勝ち負けを見ていったら、これが凄く重要なんですね。
例えば、投手への返球の前に各ランナーをチラチラみるとか、思いがけないときにファーストへ牽制するとか。
これをやって、それを受けた指示をすることで、相手を牽制して消極的にさせるってのが大事かな?と思います。

 ※:捕手からの牽制はアウトにしなくてもOK。
   アウトにできたら儲け物と捉えましょう。
   (アウトに出来るなら理想ですが...)
   捕手の目やタマの牽制は、相手が上手いチームで
   あればあるほど警戒させて、相手が下手なら刺す
   タイミングがボロボロ見つかるもんです。

私の場合、ボール廻し後は常に「サッ、イコ~(さぁ行こう)」でした。(永遠のマンネリですな。)

なんちゅーかな、ハッキリした言葉も良いんですが、ボール廻し後の一声ってのは、メインが気合い入れなんですな。 ですから、極端に云えば「キェ~」でも「チェスト~」でもOKで(さすがに変な声で使いませんが)、「ん?今キャッチャーは何て言った?」とか、気合いが抜けるなんて事が無ければ、どんな言葉でもOKでしょう。


試合中に声を掛けるタイミング。
ランナーが居ないときなら、ボール廻し...続きを読む

Qボールを投げると肩が痛い・・・

年に数回、遊びの草野球に参加しているのですがボールを投げると肩に激痛が走り、キャッチボールもままなりません。遠投なんてもってのほかです。

10年ぐらい前、部活などでバリバリ野球をやっている時は、肩の痛みなど当然ありませんでした。部活引退の時まで痛みなどは全く無かったので、ブランクが長いからだと思います(ここ数年は、何の運動もしていなかったので)。

現在28才ですが、昔の様にとはいかないまでも、痛み無く野球できるようになりたいです。

これは一種の病気なのでしょうか?そともトレーニング次第では克服できるのでしょうか?

アドバイス御願い致します。

Aベストアンサー

私も全く同じ経験をしました

私は病院嫌いだったので日体大卒の友人に相談しながら克服しました

まずは柔軟から始めました
1週間、風呂上りに30分間じっくりやります
この時肩だけでなく全身の柔軟をします
(投げる時に使う筋肉は肩だけではないので)
内容はよくある柔軟に加え、物にぶら下がるだけの柔軟をしていました

その後1週間、タオルを使ってピッチング練習をしました
これはなるべく食事前に50~100球程度行いました
(運動後10分以内に炭水化物を摂取する事で効率よく筋肉がつく為)

この時に時間が許せば風呂上がりの柔軟も合わせてやっていました
また、この2週間は1球もボールを投げませんでした

そして2週間ぶりの野球にはやる気持ちを抑え
短い距離でじっくり、フォームを気にしながら
キャッチボールを行いました
全く肩に違和感はありませんでした

その後も柔軟はなるべく続け
キャッチボールもじっくりやるようにはしてますが
いまだに肩が痛くなったことはありません

この方法が確実にいいとは言えませんが
良かったら試してみてください

私も全く同じ経験をしました

私は病院嫌いだったので日体大卒の友人に相談しながら克服しました

まずは柔軟から始めました
1週間、風呂上りに30分間じっくりやります
この時肩だけでなく全身の柔軟をします
(投げる時に使う筋肉は肩だけではないので)
内容はよくある柔軟に加え、物にぶら下がるだけの柔軟をしていました

その後1週間、タオルを使ってピッチング練習をしました
これはなるべく食事前に50~100球程度行いました
(運動後10分以内に炭水化物を摂取する事で効率よく筋肉がつく為)
...続きを読む

Q練習中と試合中の声出しについて

練習中に「声出せ~!ボール呼べ~!」なんてよく言いますが、
子供に「なんで声出すの?」と言われました。
その時は常にボールに集中しておくためとか相手にプレッシャー
をかけるためとかポツポツ言いました。
私も中学まで野球をしてましたが上級生に「一年!声出せ~!」
なんて言われたので出してたレベル。そのまま後輩に「一年!声
出せ~!」なんて言って、ここまで生きてきました^^;

試合中の指示や元気付けってのは分るのですが‥その他なにか
あるような気がしてなりません。
どなたか自論でもいいので教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

集中して本を読むときに声を出す人はいないですよね。
単に目で見て集中するだけなら声を出さない方が集中できます。
野球でもボールを目で追うだけなら
声を出さない方がよく集中して見ることが出来ます。

しかし本を読む時でもそうですが集中して目で追うと
人間の体は呼吸さえも止まります。
そうなると体の筋肉は硬直して動かなくなります。
そうなってしまうと次に球が自分の方に飛んできても
とっさに動く事が出来なくなってしまいます。

大きな声を出すとなんらかの動作をしていなくても
体の筋肉はあちこちが動くことになります。
筋肉が絶えず動いてる状態でこそ人間の体はスムーズに
次の動作に移れるのです。

野球のプレーは常に瞬時の動作が必要になります。
そのためにも体は動いて無くても
筋肉は動き続けている状態であることが必要になってくるのです。
これには声を出すという行為が一番効果的でしょう。

ちなみに人間の筋肉や骨は常にその能力の半分も使用していません。
もしフルにその能力を使えば普通の人でも
100メートルを9秒台で走ったり出来るそうです。
しかしそんな事をすれば骨も筋肉もズタズタになります。
そうならないように脳は筋肉の動きに常にセーブをかけています。
声を出すという行為はこの脳のストッパーを解除する効果があります。
陸上の投擲競技(やり投げやハンマー投げなど)で投げる瞬間に
大きな声を出しているでしょう。
あれも脳のストッパーを外すためにやっています。

筋肉をフルに使うためと常に動ける状態にするためには
声を出すという行為は決して無意味なわけじゃないんです。

もっともまだ難しい理論が分かりにくい子供なら単純に
声を出せば元気が出るから、でも良いと思いますけど。

集中して本を読むときに声を出す人はいないですよね。
単に目で見て集中するだけなら声を出さない方が集中できます。
野球でもボールを目で追うだけなら
声を出さない方がよく集中して見ることが出来ます。

しかし本を読む時でもそうですが集中して目で追うと
人間の体は呼吸さえも止まります。
そうなると体の筋肉は硬直して動かなくなります。
そうなってしまうと次に球が自分の方に飛んできても
とっさに動く事が出来なくなってしまいます。

大きな声を出すとなんらかの動作をしていなくても
体...続きを読む


人気Q&Aランキング