プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

今後人口が増え続けいよいよ資源が枯竭していくのだろうと思います。

(ちょっと変に聞こえるかもしれませんが当たり前なこととして)その人口増加と共に物質としての人の頭髪も増えると思います。

それを資源として使えないかなと思ったのですが、どのような使用方法を思いつかれますか?
今までの実例だけではなく、フト思ったどんなアイディアでも良いので教えて下さい。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

湿度計に使われているのを職場で見たことがあります。


毛髪は吸湿すると伸びるので、その長さに応じて針を振れさせて湿度が記録されるしくみです。

参考URL:http://www.andokeiki.co.jp/kisyouyoukeiki02/situ …

この回答への補足

お答え有り難うございます。

そういえば湿度計には使われていましたね。以前TVで放送していましたが、高級品は確かフランス人女性の金髪で、その頭髪の価格はグラムあたり金より高価でした。

もっと安価に大量に何かにつかえる何かはないでしょうか?

補足日時:2009/03/21 00:47
    • good
    • 0

やはり鬘でしょう。


えらく儲かるようです。

参考URL:http://www.zakzak.co.jp/top/200811/t2008111805_a …

この回答への補足

確かにカツラはそうでしょうね。

儲かると言うかよりか資源問題へのアプローチとして、髪の毛の成分や特質を活かせることを教えて頂けたらと思います。

補足日時:2009/01/19 02:35
    • good
    • 0

中国では髪の毛を醗酵させて醤油を作っているなんて噂もありましたね。



髪の毛は80~90%が含硫ケラチンというタンパク質でできています。
これを分解して精製したとして、特に使い道はありません。
この手のアミノ酸を得るなら、もっと安くて大量入手可能な材料はいくらでもあるからです。

また、最近の人の髪の毛は整髪料などで痛んでいたり、有害物質が混ざっていたりします。
こういうのも精製して取り除くとなると、やはりコストの面で不利でしょう。

ちなみに人間の身体パーツは普通に販売されています。
胎盤は化粧品材料ですし、軟骨や硬膜なども普通に販売されていますし、最近は血管などもあるようですね。
骨格標本や、プラスチック化された内臓標本なんかもあります。
歯科の練習台として人の冷凍生首が輸入されたこともあるとか。

この回答への補足

なるほど。たしかに毛髪を成分分解などして再加工するにはコスト面で不利ですね。特に体内へ入るものに用いるにはかなり不向きですね。

となるとやはり未加工、せいぜい細かく裁断する程度で何かに用いるという感じでしょうか?何に用いることができるでしょうか?

補足日時:2009/01/19 02:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足とお礼を間違えてしまいました。

お礼日時:2009/01/19 02:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング