料理本のレシピで、だし汁2カップとかあるんですが、だし汁は
どう作ったら良いのでしょうか?作り置きもできますか?
中年独身男性です。三食自炊してます。(昼は弁当)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私のやっている方法です。


かつおだし:鍋で沸騰したお湯に花かつおを入れ、一煮立ちしたらざるかガーゼで漉します。一人分でしたら花かつおは一握りで充分です。
昆布だし:鍋に水を入れ昆布を1枚放り込んで、20分ほど放置します。水に薄茶色のエキスが出たら一煮立ち(薄茶色が判らない時は、昆布にぬめりが出ているか確認します。ぬめりが出てればOKです)
鶏だし:ガラか手羽先を長ネギの青い部分と一緒に、圧力鍋で10分ほど煮込みます。ガラは良く水洗いし、血や残った内臓を取り除いて下さい。アクの量が違います。手羽先の場合は包丁で骨の部分まで、粉砕して下さい。コクが変わるはずです。
何れの出汁も一日で風味は落ちますので、使い切る分だけ取るように量を調整して下さい。どの出汁も手間が掛かる分、化学調味料では絶対に味わえない風味をお約束します。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答いただいた皆様へ
ありがとうございます。美味しくするには手間がかかりそうですね。
出来そうなことから試してみたいと思います。

お礼日時:2008/11/25 15:59

どうしても他の回答ができない場合には


いの一番、0.1%(水1リットルに対していのいちばん1gを水に入れた)水溶液を1回煮沸してください。沸騰する程度に温度を上げてください。
    • good
    • 4

かつおや昆布でダシを取るのは大変でコツがいりますし、一般的にも、手軽で美味しく作れるだしの素を使っている人が多いかと思います。

忙しい社会人なんかであればなおさらでしょう。

粉末の「だしの素」を買って、そこに書いてある作り方でダシ汁を作ってください。作り置きは風味が落ちますし、「だしの素」であれば簡単ですので毎回必要なだけ作ればいいと思います。
まずはそれからで、本格的にダシを取るのは慣れてからでいいと思いますよ。
    • good
    • 4

完璧なおいしさを求めなければ


「だしの素」のようなものを溶かすだけでも
それなりに美味しくなりますよ。

私は学生で一人暮らしなのでそれで充分です(笑)。
溶かしすぎると、くどくなるので気をつけてくださいね。

きちんとした「だし汁」でしたら
詳しい作り方は分からないので他の方に聞いてください・・・
中途半端な回答ですみません。
    • good
    • 3

参考に


 http://www.shokuzai-recip.com/sasi/dasi000.html
冷蔵庫で保存は出来ますが、味・風味が落ちます、手間でも都度取るのが良いと思います。
但し、昆布出汁の場合(加熱しない)は冷蔵庫で数日間は保存できます。(しております)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qだし汁について

料理本によく、「一番だし汁」と書いてありますが、
だし汁ってできた状態でうっているものなのでしょうか?

作り方等は分かったのですが、
その状態で売ってたりするのかなぁと思いまして…

また、「一番だし汁」があるってことは「二番だし汁」ってのもあるのでしょうか?

おバカな質問ですみません。

Aベストアンサー

料理本に書いてある"出し汁"と同じ状態のものを普通に売っているのは見たこと無いですね。
"ダシ粉+水"で、ほぼ同じように考えて良いらしいです。(少し塩分が入りますが。)
自分は上記の方法か、白だしを使ってその分塩分を調整するかします。

二番出し汁も存在しますよ。Wikipediaの出し汁のとこにも載っています。
書いてあることそのままですが、一番最初の良いダシはお吸い物などダシ自体を味わうものに使って、二番目のはダシ以外に色々要素が加わるものに使います。

Qレシピ本通り料理を毎日作る

今回タニタの社員食堂のレシピ本を購入したので
毎日この本から料理を作ろうと思っています。
(作るのは夕食のみです)
そこで・・・2人分を作ると食材が余るんですが
毎日レシピ本通り作ろうとしたら余った食材を
次のメニューにうまく組み合わせる事が
出来ず困っています><
やはり他にも余ったもので1品作ったりするんでしょうか?
要領よく料理する方法を教えてください!

Aベストアンサー

フリージングの本を1冊持っておくといいと思いますよ。

意外なものまで、冷凍保存できるということがわかりますし
どのような保存方法をしておくと次のお料理が楽になるかも、書かれている本が多いです。

私も、食材の使いきりが苦手でしたが、フリージングを覚えて少しマシになりました。

もし健康のためにタニタの本を実践されようとしているのであれば
もう1品追加する方法では目的を達成できないのでは?とも、思いましたので。。。

Qおでんのだし汁の作り方

こんにちは。
おでんを作りたいと思います。
いつもは「おでんの素」の粉でつゆを作るのですが、今回は自分で調味料から作りたいと思います。
ネットでレシピなどをみると、だし汁、酒、さとう、醤油・・・などとあるのですが、特にだし汁についてお伺いしたいと思います。
だし汁はどうやって作ればよいでしょう。
自宅に、だし用の昆布がたくさんあるのですが、これを活用できないでしょうか。

あと、一般的にだし汁というのは簡易的にはお湯に市販の「本だし」の粉を薄めたものと考えてよいですか?

Aベストアンサー

>一般的にだし汁というのは簡易的にはお湯に市販の「本だし」の粉を薄めたものと考えてよいですか?
それでいいと思います。

昆布があるとのことですが、昆布だけでは足りないので、鰹節かいりこを使うといいと思います。

下記URLをご参考までに^^

参考URL:http://www.jrt.co.jp/radio/harikiri/cooking1/20011123b.htm

Qレシピ本を出して稼ぐとよいと言われましたが、レシピ本を出す前にレシピブログを書いてみようかと思います

レシピ本を出して稼ぐとよいと言われましたが、レシピ本を出す前にレシピブログを書いてみようかと思います
楽天レシピがよいかと思いましたが他によいレシピブログをかけるサイトはありますか?

Aベストアンサー

No1です^^

無料のユーザ登録で出来ると思いますよ~♪

Qだし汁って?

料理初心者です。
よくレシピでだし汁○カップってありますが、だし汁ってどうやって作るんですか?
家にはほんだしがありますが、これを水に溶かすんでしょうか?
一般的で簡単な物を教えてくださると幸いです。

Aベストアンサー

そうですよ!ほんだし を沸騰したお湯に溶かすと、だし汁がつくれます。お水に溶かしたら、溶けにくいですので、お湯にしてください。これが一番簡単にだし汁が作れると思います。ほんだしは化学調味料が入っているので、わたしは気になるので、無添加のだしのもとを使っています。
あとは、お水に かつおぶし や にぼし をいれて沸騰させると おいしいだし汁がとれますよ。昆布でだし汁をとることもあります。好みや料理によって合うだし汁がありますので、いろいろ試してみてくださいね。

Q筋肉作りに必要な料理のレシピ本

今、ダイエット&筋力アップを目的に筋トレを行っています。
運動だけでなく、食事面からもトレーニングを行いたいのですが、どういった食事を採れば良いのかさっぱり分かりません。出来れば、こういった向けの食事(レシピ等)本がありましたら、紹介下さい。

Aベストアンサー

レシピ本ではないのですが…

・90日間ボディ改造計画(健康体力研究所)

プロテインの販売でおなじみの健康体力研究所が執筆した本です。
前半は筋トレについて書いてありますが、後半は、
どういった仕組みで筋肉は肥大するのか?
そのためにはどういった栄養をとればいいのか?
といった理論的な部分が書かれています。どんな食事を取ればいいのか? という疑問に対しては、充分な情報が得られると思います。
実際の食事メニューに関してはあまりページを割いていないのですが、基本的な知識をこの本で身につけ、他の料理本で低カロリー高タンパクな料理のレパートリーを身に着ければいいと思います。

以上、参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4576010557

Q親子丼のだし汁??

親子丼を作ろうと思っているのですがレシピにだし汁と書いてありました。
だし汁とはどうやってつくるのでしょうか??
教えてください。

Aベストアンサー

「だし」は日本料理の基本中の基本なので、何はさておきマスターしておくことをお勧めします。
といっても難しいことは何もありません。手間も時間もかかりません。

かつおだし
 沸騰したお湯にかつお節を入れ、軽く煮立ったら引き上げるだけ。最初に取る一番だしと、だしがらをさらに煮立ててとる二番だしがありますが、日常の家庭料理では使い分ける必要はないでしょう。しいて言うなら上品な吸い物は一番だし。煮物などは濃厚な二番だしです。

こんぶだし
 だし昆布の表面を軽く拭いて適当に切れ目を入れ、水から火に掛け、沸騰する前に引き上げるだけ。煮立てると昆布の粘りと臭みが出てしまいます。

いりこだし
 煮干し(炒り子)の頭とはらわたを取って水に浸しておき、ことこと煮出すだけ。長時間煮立てると渋味が出てしまいます。

通常、関東ではかつお節のだしが中心。関西では昆布で取っただしにかつお節を入れて取るのが一般的です。
かつお節のイノシン酸に昆布だしのグルタミン酸が加わると、味覚の相乗効果でうま味が何倍にも増加します。

丼物のつゆは、出し汁をベースに醤油、砂糖、酒、みりんなどの調味料で味を調えます。料理の種類や目的によって調味料の比率や量が違うだけで、基本はみな同じです。

近頃は手間のかからない「粉末だし」や「液体だし」が幅を利かせています。さらには液体だしに醤油や塩や糖類を加えた完成品の「だしつゆ」「めんつゆ」「たれ」の類が大いに普及しています。
安直で便利ではありますが、これらの製品はアミノ酸調味料や各種添加物がたっぷり使われています。
風味原料も上質のかつおや昆布ではなく「かつおエキス」「昆布エキス」など、商品にならない部分から工業的にエキス分を抽出したものが多用されています。
また、小麦や大豆のたんぱく質を酵素や酸でアミノ酸に分解した「たんぱく質分解物」がよく使用されています。これはアミノ酸調味料(添加物)扱いではなく、使用制限のない食品扱いなので乱用が目立ちます。

「粉末だし」「液体だし」「だしつゆ」「めんつゆ」「だし醤油」などは、手間をかけずにそれなりの味を調えるには便利なものですが、加工食品の添加物を気が機になる人は、なるべく避けたほうが賢明でしょう。

「だし」は日本料理の基本中の基本なので、何はさておきマスターしておくことをお勧めします。
といっても難しいことは何もありません。手間も時間もかかりません。

かつおだし
 沸騰したお湯にかつお節を入れ、軽く煮立ったら引き上げるだけ。最初に取る一番だしと、だしがらをさらに煮立ててとる二番だしがありますが、日常の家庭料理では使い分ける必要はないでしょう。しいて言うなら上品な吸い物は一番だし。煮物などは濃厚な二番だしです。

こんぶだし
 だし昆布の表面を軽く拭いて適当に切れ目...続きを読む

Q料理の基本的な考え方作り方を教える 料理本は

60歳過ぎてはじめて、1人か2人の飯を作らなくてはならなくなりました。
レシピ本を見てイキアタリバッタリで作れるものを増やしたところで仕方ないし、道遠しです。

料理の基本的な考え方と手法、献立の組み立て方を整理して教えてくれる本がありませんか。

料理はつまるところ、材料を生のままか、そうでなければ加熱して変質させ、それを調味料で味付けするもの、と考えていいですか。

そうであれば、初心者は、とりあえず目の前の材料を、焼くか蒸すか煮るか揚げるかして、よさそうな調味料を付け加えればいい。
次の段階で、より効果的な調味料の使い方、種類やタイミングを勉強すればいい、と考えるのですが、どうでしょうか。

漠然とした話で申し訳ありませんが、諸先輩のご指導と助言をお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
> よさそうな調味料を付け加えればいい
良い考え方だと思いますよ、自分の好みは大事です。


さて、その調子では、いきなり本屋さんへ行ってもお疲れになりそうです。
近所に図書館はないですかね?
まず、タイトルからして初心者向けそうな料理本を、片っぱしから開いてみると良いです。
多少古くても、拾い読みでも結構です。
これで基本的と呼ばれる手法を憶えます。

次に、考え方。
質問者さんは順序を整理してひとつひとつ解明していく感じがするので
『「こつ」の科学』のようなキッチンサイエンス本も目を通すと良いと思います。
調味料やレンジ等、科学的な根拠や道理、作用なんかを一通り把握できるので
あれこれ関連付けて記憶するのに役立つと思います。
それから『フライパンひとつで』みたいな本。
毎日作るのでしたら特に、「ついで」的な要素を多く取り込むと楽です。

そして献立の組み立て方。
糖尿病や高血圧な人のための食事療法の本がよくできています。
栄養価を考慮し、1品ではなく、1食単位や1日単位での献立を紹介する本が多く、
全くの健康体であったとしても、組み立て方を考えるには手っ取り早いです。
レトルトやインスタントに頼らないメニューが多いのも特徴でしょうか。
これも、図書館でそこそこ数の揃うジャンルです。
『卵大活躍!』のような、素材別になっているレシピ本も良いです。
家でよく見かける素材は、いろいろに使い回せたほうが断然好都合ですので。

そして、自分に価値や必要性のある本だけをお店で頼む。
そういう本はキッチンでも幾度も開かれ、次第に汚れていきますが、
読めなくなる頃にはすっかり御手の物でしょう。

それと、先に勧めてくださった方がいましたが、
私もNHK Eテレの料理番組を推奨します。
とにかく何回でも意識して見てください。
キッチンでの人間の動作に見慣れるためです。とっても大切です。
HPもそろえてオススメします(http://www.kyounoryouri.jp/)。


必要にせまられてでも、興味をもって趣味で始めても、
それが口に入り、明日への糧になることには変わりないです。
それなら難しい顔で取り組むより、楽しめたほうがお得だと思います。
「まぁまぁ美味しくできた!」程度でいいんです、細かく決めずとも。

初めのうちは手指を切ったり、火傷も少しはありましょう。
あ、包丁落として足を切ることも多いです。
痛いですが、それも慣れるまで。
そして料理は、繰り返し作る度に上手になっていくものです。
次へ、ダメでもそのまた次へ、確実につながっていきます。
ですから、どうか意気込み過ぎて、最初から気疲れしちゃいませんように。
いつかファンタスティックなレシピを公開してくださることを、心待ちにしています。
長々と失礼致しました。

こんばんは。
> よさそうな調味料を付け加えればいい
良い考え方だと思いますよ、自分の好みは大事です。


さて、その調子では、いきなり本屋さんへ行ってもお疲れになりそうです。
近所に図書館はないですかね?
まず、タイトルからして初心者向けそうな料理本を、片っぱしから開いてみると良いです。
多少古くても、拾い読みでも結構です。
これで基本的と呼ばれる手法を憶えます。

次に、考え方。
質問者さんは順序を整理してひとつひとつ解明していく感じがするので
『「こつ」の科学』のようなキッチンサイ...続きを読む

Qだし汁について質問です。

だし汁について質問です。

料理の本に「だし汁 おおさじ1」とか書いています。
冷蔵庫の中から「追いがつおつゆ(2倍濃縮)」が出てきたのですが、これは「だし汁」の代わりにそのまま使うことができますか?

Aベストアンサー

代用にはなると思います。
できれば、水で薄めて、あまりしょっぱくない濃さで使ってください。
けっこう出汁が効いているので、4~6倍程度でいいんじゃないかと思います。
で、その薄めたのを所定分量(この場合だとおおさじ1)入れてください。
他に塩や醤油で味付けすると思いますが、すでに薄めたつゆの方に味が付いていますので、
その場合は塩や醤油の分量を減らしてください。

濃縮つゆは便利ですよね。自分も手抜きでよく使います。

Q「だし汁1カップ」というのは

だしの素と水を混ぜてだし汁というものを作ればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

そうですね。
お湯のほうが溶けやすいですよ。
1カップは200cc、1合は180ccです。
念のため。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング