ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

10月からエブリイで宅配業を始めました。価格と燃費で2WDを選んだのですが、担当地区には狭い山道が多数あり、タイトな登りのコーナーでは晴れの日でも片輪が空転し、登れないこともあります。そんな時はいったんバックして勢いをつけて、ブラックマークとゴムの焦げる臭いを残しながら進むのですが、ブラインドコーナーではいつ対向車と出逢うかと思うとひやひやです。
そこでLSDの装着を思いついたのですが、SUZUKIではオプション設定が無いので不可能と言われガックリしています。

どなたかエブリイに流用できるLSDをご存知ありませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

職種は違いますがご同情申し上げます。


私も同様の配達先が5~6軒あります。
使用車の一台は、850キロ積み後輪が小径ダブルタイヤのトラックですが、空荷に近い時は、エブリよりもっと酷いです。
エブリ、ボンゴトラックとも、オプションにLSD無く、4駆の購入を勧められましたが、月に2~3度のですので断りました。
自衛策として、回り道で行く、余分な荷物を一番後ろに積む(無駄は承知の上)、FR車は、ハンドルを切り込むほど走行抵抗が増えるので、カーブの進入、脱出コースを考えて出来るだけハンドルを切らないコース取りで(多分狭道の急カーフ゛でコース取りもへったくれも無いと思いますが)。
また、私の配達先2件ほどは、ごく低速、1速で軽くアクセルを踏み、スリップさせない様注意してで乗り切れます。
最悪の場合は、質問者様同様、片輪ブラックマークです。
回答が、ずれてしまいました、ご参考までに。
    • good
    • 5

>晴れの日でも片輪が空転し、登れないこともあります。


>ブラックマークとゴムの焦げる臭いを残しながら進むのですが、ブラインドコーナーではいつ対向車と出逢うかと思うとひやひやです。

ブラックマークを残さなければ登れない道路?
その先で宅配すか?常識的に考えれません。
もしかして、エブリィをスポーツカーと同様の走りをしたいと考えていませんか?

LSDを装着を考える意前に、安全運転する方が先だと思います。
折角はじめた宅配便の仕事も、事故を起こせばできなくなりますよ。

もしも雪道で滑って登れないって事なら、チェーンをどうぞ。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFRベースの4WDの雪道運転

エブリィワゴンPZターボ4WDが納車されました。


今までは2WDのFFで必要時はチェーンを付けてました。
エブリィワゴンの2WDはFRなので、後輪駆動が嫌で4WD(フルタイム)にしました。
しかし取説の4WDのページを見ると『FRベースの車なのでチェーンは後輪につけてください』みたいな事が書いてありました。
結局後輪!?
そこで教えて頂きたいのですが、

①FFベースの4WDとFRベースの4WDは違うのですか?
4WDだから四本ともが駆動輪になるのではないんですか?

②今までFFの2WD(たまにチェーン)にしか乗った事の無い私が、FRベースの4WD(チェーンは後輪)で雪道を走る時の運転の仕方の違いや注意点はありますか?


この車、1月には雪道デビューさせようと思っているのでアドバイスよろしくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

FFベースとFRベースの4WDは違うのか?

違います。
既に回答は出ているようですが、エンジンと直に繋がっているのが前輪か後輪かという差があります。
これらは基本(ベース)的には前輪または後輪のみで走ります。それらが滑った(システムによっては滑りそう)ときに初めて後輪または前輪が駆動します。
ですからチェーンを巻くのであれば、常に駆動しているタイヤに巻かなければならず、エブリィワゴンであれば後輪ということになります。


運転の仕方の違いや注意点はありますか?

基本的には安全運転をしていれば駆動形式に違いで問題となることは早々生じません。
上り坂やコーナーで駆動輪が滑り易いので、FFなら前輪がFRなら後輪が滑り易いことになります。FFの場合、当然ではありますが操舵は前輪ですから、滑っているタイヤで操舵をしなければなりません。アクセルを緩めて対応します。(ABSがあっても急ブレーキは禁物。特にコーナーでは)FRの場合は操舵する前輪がきちんとグリップしていればという前提ですが、アクセルをちょっと踏み込んで逆ハンなどで乗り切れます。これはスタッドレスタイヤを履いている場合の話。

一方で、チェーン走行であれば話がちょっと違ってきます。チェーンは駆動輪に巻かれている訳で、操舵輪はFFでは滑りにくく、FRだと滑り易い。つまり、FRでは上述の方法は使いにくい状況になります。スタンバイ式の4WDはここで前輪に駆動を配分し、対応する訳です。


みなさん仰っていますが、スタッドレスタイヤを購入した方が自分自身、同乗者、周りの人の安全性を考えると賢明かと思います。軽の13 inchであれば1本7千円前後、ホイール込みでも3万円台からあるはずです。それで3~4シーズン使えます。年間1万円台。ホイールは使い回せますから、次回からはタイヤ代2万円台でOKです。


ご参考になれば幸いです。

FFベースとFRベースの4WDは違うのか?

違います。
既に回答は出ているようですが、エンジンと直に繋がっているのが前輪か後輪かという差があります。
これらは基本(ベース)的には前輪または後輪のみで走ります。それらが滑った(システムによっては滑りそう)ときに初めて後輪または前輪が駆動します。
ですからチェーンを巻くのであれば、常に駆動しているタイヤに巻かなければならず、エブリィワゴンであれば後輪ということになります。


運転の仕方の違いや注意点はありますか?

基本的には安全...続きを読む

Qエブリイ DA64ターボのノーマルブースト圧は?

スズキ エブリィ DA64V ターボのブースト圧は何kかかりますか?

ブースト計を付けてみたら、最高で0.6kでした。
ノーマルってこんなもんですか?
簡単にブーストアップする方法ありませんか?

教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

機械式ブーストコントロールとして?
有名なのは
要するに「リリーフバルブ」をだまして
ウェストゲートバルブに行く
吸気パイプを
可動オリフィス(熱帯魚のエアコントロールに使われる)もので
絞ってやれば
いくらでもブーストアップはしますが・・・

それは、
ふつう。
オーバーシュートと呼ばれる故障状態で、
過給圧が高くなりすぎている「エンジン破損寸前状態」のことを差します。

これを電気的にオリフィスを絞ったり開けたりするようにしたのが
ちまたにあふれる?EVCエレクトリックブーストコントロ-ラーで
原理的には非常に簡単な代物です。

しかし。
仮に0.6で適正であるのを
1.0まであげてしまうと
即ち、
空気流入量おおすぎ=燃焼温度の異常増加=ピストンなど溶断=エンジンブローとなります。
適正な燃料噴射コントロールマッピングを追加しないと
エンジンが即ブローするのが
ターボ車の恐ろしいところです。

多少のオーバーシュートマップは持っていますので
0.6標準で、0.8くらいまでなら何とか
ブーストコントローラーで動かしてもかまわないレベルかも知れませんが・・・

とうぜん。
1.0とかまでいくと確実に燃焼温度あがりすぎになりますし
増大したエンジンパワーをコンロッドやシリンダーやクランクが受け止められるか?
軽自動車のエンジンには基本そんなマージンはありません。

0.6で普通ですよいまどきは。
0.8以上にあげる場合、

強化ヘッドやピストン
メタルガスケットや強化コンロッドなど
エンジンフルチューンとなりますし、
現車あわせの燃料マッピングが必須になります。
そうなると
総額安く見積もって50万円からですな。ってこと。

ただブーストアップするのは
単なる自殺行為。

まだ。
大気解放ブローオフつけて
ぷしゅぷしゅやっているほうが
かわいいくらい。

機械式ブーストコントロールとして?
有名なのは
要するに「リリーフバルブ」をだまして
ウェストゲートバルブに行く
吸気パイプを
可動オリフィス(熱帯魚のエアコントロールに使われる)もので
絞ってやれば
いくらでもブーストアップはしますが・・・

それは、
ふつう。
オーバーシュートと呼ばれる故障状態で、
過給圧が高くなりすぎている「エンジン破損寸前状態」のことを差します。

これを電気的にオリフィスを絞ったり開けたりするようにしたのが
ちまたにあふれる?EVCエレクトリックブーストコントロ...続きを読む

Qブースト計の取付+純正ブローオフバルブの大気解放について (エブリィワゴン DA-62W 平成16年式)

平成16年式のエブリィワゴン(DA-62W)に乗っております。

1.ブースト計を取り付けるにあたって、エンジンルームから車内への配管の仕方に悩んでおります。
圧力を取る場所はわかっているのですが、そこからの配管の仕方を教えて下さい。

2.純正ブローオフバルブの大気解放をさせようと思っております。
社外品への交換も考えましたが、単に音だけ楽しもうと思っています。
大気解放させることによって車両に悪影響がありますか?

以上2点ですが、できるだけ、わかりやすく説明いただけると幸いです。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

1. 配管ですから機械式ですね。圧力を取る場所はお分かりでしたら、あとはブースト計の配管をお好きな場所から室内にもってくればいいのではと思います。お好きな場所とは、エンジンルームのファイヤーウォール部のどこかに、すでにある穴が、何かプラスチックなどの蓋があったり、ワイヤリングハーネスが通っている部分などです。
こちらは電気式ですが↓
(http://www.nippon-seiki.co.jp/defi/product/meter/images/manual/dlink-manual06023jpn.pdf)
(http://www.nippon-seiki.co.jp/defi/product/meter/images/point.pdf)
しかし、取り付けが甘いですと、エアークリーナーを通さない砂埃混じりの空気をエンジンに吸わせてしまいますので、取り付けは専門ショップが良いのではと思います。


2. まあ、大気放出させても、ブローオフバルブから出てくるものは綺麗な空気ですから、とりあえずはそっちの方のものは環境への影響はなしとして(!排気ガスは環境に非常に悪くなりますが!)、No.1様(No.2様)がお教え下さる通り、お車への影響は非常に悪影響があります。
原理ですが、純正ブローオフバルブは、作動時は、エアークリーナー側(エアーフローセンサー)からの吸気は、アイドリング時と同じ量の吸気しか、しないようになっています。放出されない空気はタービンの前に戻して、ぐるぐる回しながらタービン自体の回転数も落ちないようにしています。
しかし、大気放出させてしまいますと、放出された分の空気は全てエアークリーナー側から吸気してしまうことになりますため、エアーフローセンサー(とコンピューター)はその分を全てエンジン自体が吸っているものと計算してしまい、そして燃調が狂うのです(No.1様ご説明のところ)。
具体的には、燃費はとんでもなく落ちます。環境にもエンジンにもとてもよくないことが起きます。あそこが融けます。(No.1様お言葉を借りますと、)狂うので激しくおすすめしません。

国際ラリー車などは、大気放出させる場合、全て全く別物のコンピュータープログラミングで計算させていますので、エンジンも壊れませんし、環境にも悪影響は与えないのです。(ブローオフバルブから出る空気はキレイですし。)

今回のご質問者様のお車では、改造純正ブローオフバルブ取り付けの方は、お車と地球環境のために、あきらめて頂く事が ご質問者様の最も利益になることと思いますので、

宜しくお願い致します。


当方は、過去に実際に(市販車で)やってみたことはありませんし、車関係のお仕事の者でもありませんため、そしたら、一般人にしておきましょうね。(当方、海外でラリーをドライバーとして楽しみ、エアロバティックスをパイロットとして楽しんでいるものです。エンジンのことやラリーのブローオフバルブについては、二次エアー供給ミスファイヤリングシステムも含めて知識のある者ですので、そこそこ信用して頂けますとありがたいです。)
.

こんにちは。

1. 配管ですから機械式ですね。圧力を取る場所はお分かりでしたら、あとはブースト計の配管をお好きな場所から室内にもってくればいいのではと思います。お好きな場所とは、エンジンルームのファイヤーウォール部のどこかに、すでにある穴が、何かプラスチックなどの蓋があったり、ワイヤリングハーネスが通っている部分などです。
こちらは電気式ですが↓
(http://www.nippon-seiki.co.jp/defi/product/meter/images/manual/dlink-manual06023jpn.pdf)
(http://www.nippon-seiki.co.jp/de...続きを読む

Q軽で能力の高い四駆?

女性なのですが、雪深いので軽四駆の新車購入を検討しています。

ジムニーのようなジープタイプでなく、普通の軽の四駆の中で、
一番雪に埋まりにくくて、埋まっても楽に脱出できて、雪道走行も安定しているのはどの軽でしょうか?

普通の軽でジープ以外の能力が高い軽四駆はありますでしょうか?

Aベストアンサー

せめて前の質問を閉めきってから新しい質問をしましょうよ。マナーですよ。

ジムニー以外だと、どれも似たりよったりです。ジムニーが特殊と思ったほうがいいです。

ワゴンRもムーブもN-BOXもEKワゴンも、最低地上高はジムニーより低いです。
車高が低いということは、その分埋まりやすい。最低地上高より雪が積もってしまえば、どの車も亀の子になって車輪が浮くので走れません。四駆でもです。

今お乗りの軽自動車が四駆でそれで満足行かないなら、そしてジムニーを除くなら、軽トラくらいしか選択しがないですよ。

ホンダからSUVタイプの軽自動車は計画されているようですが、発売はもうしばらく先のようですし。

Q悪路走破性がもっとも優れた車は?

こんばんは。ラングラーに憧れている者です。

世の中にはクロカン車はたくさんありますが、最近は
ラグジュアリー性を追求したものになってきて本来の
悪路走行性能を犠牲にしているクロカン車まで存在し
ますね。個人的には残念だと思います。

さて、クロカン車でもっとも悪路走破性の優れた車は
何だと思いますか?ジムニー?三菱ジープ?ラングラー?
ランクル70?メガクルーザー?ハマー?ウニモグ??
思い出せる車を列挙してみましたが、どれが一番なので
しょうね。私は2スト時代のジムニーは優れていると思います。

ちなみに、装輪車だけに限定します。装軌車は除いてください。

Aベストアンサー

たくさんの回答が出ていますが、私も長~い一言。

>ラングラーに憧れている
◎ラングラーは最もJeepらしい良さがありますね。

>クロカン車でもっとも悪路走破性の優れた車は?
◎悪路走破性も状況次第ですが、
あらゆる状況下で前進できる(動ける)ことを考えると、以下の条件が挙げられると思います。

1、大径タイヤの全輪駆動
これは言うまでもないことですね。

2、全てのデフをロックできる
例えば直結4WDでも、もちろん前後それぞれにデフが有り、これをロックできないと、
2輪が浮く(空転する)と動けません(2WDは1輪空転で×)。
*MB.G.ヴァーゲン
 フルタイム4WDですが、フロント/センター/リアそれぞれのデフロックをボタン操作で可能。
 (この車の開発は、主にシュタイヤー・プフ社)。
*ウニモグもデフロック可能。
※デフロックに代わる新技術。
【電子制御による空転防止】
*レンジローヴァー
 空転しようとする車輪のブレーキを掛けることで、1輪のみ接地状態での前進可能としています。
 ランクルに採用され、最近パジェロへも採用され、なかなかの優れものです。

3、最低地上高が高く、しかも低重心
厳密に考えると、デフ下面orサスメンバー最下部が最も地面に近いことになります。
従って、大径タイヤが有効ですが限りがあります。
*ハマー
 ホイールリダクション=車軸からギヤを介してホイールを駆動。
 デフ含む車軸が上部へ移動=大きな地上高が得られる。
 メガクルも同設計ですが、これはフルコピー「トヨタ製ハマー」と言うべきですから問題外。

4、前後重量バランスが良く軽量かつ頑丈、視界に優れ、前後オーバーハングが少ないか無い車体
*軽トラ4WD
 エンジンが運転席下=ミッドシップかつ低重心、トラック=頑丈、軽=軽量、視界良。
*ハマー
 フロントミッドシップ、4点フックでヘリ吊り上げに耐えられる頑丈さ(超重ですが)、真四角=視界良。
*パジェロ(?とりあえず愛車なもので)
 フロントミッドシップ、フルモノコックの頑丈設計、ロングストローク四独懸架
 ラグジャリー路線で、すっかりオフに弱くなっています(--;)

5、粘り強く強力なパワーを有する
2stジムニーは、低速はカラッキシで、勢いをつけて一気に突入スタイルで乗り切るタイプでした。

◎結論=万能クロカンは無い
日本の狭い林道なら、ジムニー(軽トラ4WDも)ですが、厳しいガレ場、砂地、泥濘地走行ではまた違った結果でしょう。

◎私の思う理想
ハマーの小型民生モデル!
そのままの技術を洗練されたミディアムサイズ・ボディーに詰め込んだもの。
ホイールリダクションによる高い地上高、走行中も空気圧変化可能なシステム、さらにホイール空転の電子制御などで万能。

現ハマー不要になった時、世界平和も訪れる時であると(^^)v

たくさんの回答が出ていますが、私も長~い一言。

>ラングラーに憧れている
◎ラングラーは最もJeepらしい良さがありますね。

>クロカン車でもっとも悪路走破性の優れた車は?
◎悪路走破性も状況次第ですが、
あらゆる状況下で前進できる(動ける)ことを考えると、以下の条件が挙げられると思います。

1、大径タイヤの全輪駆動
これは言うまでもないことですね。

2、全てのデフをロックできる
例えば直結4WDでも、もちろん前後それぞれにデフが有り、これをロックできないと、
2輪が浮く(空転す...続きを読む

Q軽自動車(軽バン)で本当に良いのは?

最近、軽のバン(中古)を探しているのですが、店によって「良いと言う車が違う」ので困っています。
広さや積載能力等は 一目瞭然なので、私でもサンバーか、ミニキャブというのは分かるのですが、走行性能に関しては、見ただけでは分かりません。
そこで店の人に、「実際に、走行性能で優れているのは、どれですか?」と聞くと、店によって返答がバラバラでビックリしてしまいました。
また、「乗り心地の良いのは?」という問いに関しても、返答がバラバラなので、これまたビックリしてしまいました。
乗り心地に関しては、「人によって違うので・・・。」というマニュアル通りの返事は、ある意味理解できるのですが、走行性能に関しては、ハッキリとした答えがあるんじゃないかと思っています。
どなたか、「走行性能はこのバン!」、「乗り心地はこのバン!」と気持ちよく答える事ができる、スゴイ方って居られませんか??

Aベストアンサー

現行モデルで言います。

走行性能はアクティ。なぜなら低グレードのバンでもスタビライザーが標準装備です。スタビのおかげで低重心のトラックより安定しているくらいです。更に途中からタコメーターも付いてます。
ついでに運転席の下がスッキリしているので、リヤシートにピローとシートベルトを追加すれば大人4人がそこそこ快適に移動でき、ワゴン代わりにもなります。バンとしてもワゴン代わりとしてもレベル高いです。普通は新車でオーダーする時にしか付けられないのですが、アクティは中古で買っても後付けできるというのは大きなポイントです。
更に2WDならリヤミッドシップエンジンにより、駆動輪にトラクションがかかりやすいとうのもメリットです。
助手席まで折りたためるのでスペックよりも荷物が積めます。

欠点はタイヤが8PRと普通より丈夫な物がついてくるので、規定どおり空気を入れるとかなりポンポン跳ねます(重量物を積まなければ250kPaくらいでちょうどなんですが)
また、車検でも基本的に高価な8PRタイヤを買わなければいけません。(6PRでも通してくれる軽自動車協会や民間車検場が多いですが)
リヤサスも現在クラス唯一の板バネです。

乗り心地は何をもってして「良い」というかは難しいので、人それぞれではないかと思います。
私はこの手のワゴンで乗り心地優先設定されている車はフワフワで運転が怖く、それよりは多少ピョコピョコでもサスがしっかりしている方が安心して乗れます。

乗り心地と走りは相反する要素になりがちですが、両立させたいならダンパーを交換するという手もありますよ。アクティならバモスの標準車高用として出ているものが使えるはずです。

あと、マニュアルならターボなしでもそこそこ走るのですが、オートマが希望であればターボ付きの方が良いと思います。するとバンではハイゼットカーゴのクルーズターボか、エブリイのジョインターボとなります。
但し燃費はかなり悪くなるので覚悟が必要です。
(マニュアルNAの4WDで最高18km/lが出ました。最悪の状況でも10切ったことはありません。これがターボオートマだとチョイ乗りで10切るケースが多いです)

もうひとつ、アセスメントの結果を見てください。
足元が広いということは事故時のリスクとトレードオフです。好結果を出している車は設計が新しい車でもありますが…。
一つ前のアトレーもあまり良い結果ではありませんでしたが、それでもフルキャブとはかなり開きがあります。

参考URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/car/search/kekka_car_kei_3.html

現行モデルで言います。

走行性能はアクティ。なぜなら低グレードのバンでもスタビライザーが標準装備です。スタビのおかげで低重心のトラックより安定しているくらいです。更に途中からタコメーターも付いてます。
ついでに運転席の下がスッキリしているので、リヤシートにピローとシートベルトを追加すれば大人4人がそこそこ快適に移動でき、ワゴン代わりにもなります。バンとしてもワゴン代わりとしてもレベル高いです。普通は新車でオーダーする時にしか付けられないのですが、アクティは中古で買っても後...続きを読む

Q軽貨物バンに乗用タイヤを履かせたい

4ナンバーの軽貨物バンに乗っていますが、滅多に荷物を載せない(載せてもたいした量ではない)ので
乗り心地とブレーキング性能を改善するべく乗用車用のタイヤを履かせたいと思っています。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5639434.html
↑のNo.2の回答で、タイヤの耐荷重能力が純正タイヤと同等なら車検に適合するとありますが、
145R12 6PR LTタイヤと同等以上の耐加重値を持った乗用車用タイヤはありますか?

また、インチアップも可能とありますが、タイヤの外径の変化はどの程度までが許容範囲ですか?

現在乗っている車の車両重量は980kgで、最大積載量は350kg(4名乗車時250kg)です。

Aベストアンサー

http://tyre.dunlop.co.jp/b_tyre/attention/shogen.html

この諸元表の中の、「 LIGHT TRUCK ○ 小型トラック用 」をご覧下さい。

145R12-6PRの最大負荷能力は 「450kg」 です。

一方、乗用車タイヤは、「 ロード・インデックス値 」で表されることが多いものです。

その ロード・インデックス値が 450kgの対荷重を満足するものは・・・

http://www.bridgestone.co.jp/tire/basic/ap_list.html#basic-ttl01

「 ロード・インデックス値 」が 「 80 」のものです。
この数値以上を持ったタイヤならば、どんなサイズであれ、現在の保安基準には適合します。

ただし、注意が必要です。

先の 「145~」の貨物用タイヤの 最大負荷能力は、「空気圧 350kPa」の時です。
乗用車タイヤのロード・インデックス値は、「 240kPa」を前提としてます。

ですので、今後購入された 「 ロード・インデックス 80以上 」のタイヤには、
必ず 「 240kPa」の空気圧を守らなければなりません。
その空気圧の時に、「 450kg 」の耐荷重能力が発揮できるのですから。
(ただ、軽貨物車で、350kPaなんて空気いれてるクルマに とんと出会いません。 当方、自動車修理工ですが。)

あと、ホイールの強度に関して。
もともと貨物を積むのが本来の「軽貨物車」ですので、タイヤのみならず、ホイールにも強度要求されます。
アルミホイールの場合、 「JWL」マークが付いてることが必要です。
(厳密に言えば、JWL-T ですが、そこまでは求めないかも。っていうか、このJWLでさえ認識されずに通っているのが現状です。)


質問者さんが どんな乗り方(滅多に荷物を載せない、載せてもたいした量ではない)されようとも、検査基準では、「 ロード・インデックス 80 」を満足していなければ、車検には通りません。

また、外径が変わるとスピードメータに誤差が生じます。
絶対に誤差があってはならない・・・というものでもありません。

プラス側に15%、マイナス側に10%まで許されてます。
(ほんのチョット前までは、マイナス側への誤差は一切ゆるされてませんでした。
いつも法がコロコロ変わるのには閉口してます!)

というわけで、タイヤサイズに関しては、

http://www.tiresize.net/rim/rim.htm

・・・なサイトを参考に、検討してみてください。

(空気圧、240kPa というのは、単純に1/100にして 「2.4キロ」と考えてくださって結構です。 350kPaも同様です。 「3.5キロ」と考えてください。厳密にはチョット違いますが、まあ、ザックリと。)
 

http://tyre.dunlop.co.jp/b_tyre/attention/shogen.html

この諸元表の中の、「 LIGHT TRUCK ○ 小型トラック用 」をご覧下さい。

145R12-6PRの最大負荷能力は 「450kg」 です。

一方、乗用車タイヤは、「 ロード・インデックス値 」で表されることが多いものです。

その ロード・インデックス値が 450kgの対荷重を満足するものは・・・

http://www.bridgestone.co.jp/tire/basic/ap_list.html#basic-ttl01

「 ロード・インデックス値 」が 「 80 」のものです。
この数...続きを読む

Qエブリィワゴン(DA62W)の型?について

みなさん、はじめまして。
今度、エブリィワゴンの中古購入を考えております。
色々と勉強しているところ、ある疑問が発生しましたので掲示させていただきました。
ディーラーにでも聞けよ!ってかんじですが・・・。
タイトルにも記載いたしましたが、DA62WはエンジンがK6Aになると思いますが、4型、5型、6型というように「型」があるようです。
この型の違いで何かエンジンの構造が違うのでしょうか?
無知な私を皆さんのお知恵でお助け下さい。
みなさん、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

スズキ車は(他もだが)車がフルモデルチェンジした直後が1型でその後マイナーチェンジするたびに2型、3型っと進化して行きます。
先代エブリイは平成11年に出たのでそれから5回マイナーチェンジして6型になったと言うことになります。
最も最初はDA62WではなくDA52Vでしたが・・・。
この時DAがエブリイをさし、最初の数字がエンジンの種類で5がF6A、6がK6Aになります。
次の2は型かな?ちょっと忘れてしまいました。
そういや昔DA51Vとかあったっけ。
んで最後のアルファベットが形状。VがバンでWがワゴン。他にTだとトラックでSがセダン等があります。

最初の質問に戻りますが5型でも6型でもエンジンの構造は基本的に同じです。
でも細かくは違います。
特にエブリイはエンジンの変化が激しくオイルパンが鉄板からアルミの鋳物になったりオイルエレメントの取り付け位置が変わったり整備する面からは結構変わっています。

普通に乗る分にはエンジンの違いはあんまり変わらないけど修理する側からだとエンジン乗せ替えの時「型」が違うだけで大変な目に会うこともあります。(/_<。)

スズキ車は(他もだが)車がフルモデルチェンジした直後が1型でその後マイナーチェンジするたびに2型、3型っと進化して行きます。
先代エブリイは平成11年に出たのでそれから5回マイナーチェンジして6型になったと言うことになります。
最も最初はDA62WではなくDA52Vでしたが・・・。
この時DAがエブリイをさし、最初の数字がエンジンの種類で5がF6A、6がK6Aになります。
次の2は型かな?ちょっと忘れてしまいました。
そういや昔DA51Vとかあったっけ。
んで最後のアルファベットが形状。VがバンでWがワゴン。...続きを読む

Qエブリィの10万キロ超えって?

エブリィの中古を探していますが金銭的に余裕がないので安いものを探しております。
よく10~16万キロの間ぐらいのが売られてるのですがタイミングチェーンだから安心とか、それってまだまだイケますよってことでしょうか?
また、ターボ車でその距離はエンジン的にヤバイでしょうか?
やっぱり安物買いの銭失いになりますか(;´д`)

Aベストアンサー

よくある話ですが『中古車は前オーナーの手放した理由が大事』です。

定期的に整備してきちんとパーツを交換していたものについては20万キロオーバーも視野に入れてよいと思いますが、
ずぼらしていた個体については要交換のパーツが山積みというケースが多いです。

前者の場合は突発的で車以外の理由(転職、家族構成の変化等)で手放したケースが多いと思われます。
特に軽ワンボックスは税金などが安く、人も荷物もたくさん入るので実用車の側面が強いため、流行とか飽きたとかの理由で手放すケースは他に比べて低いです。

後者は車が古くなった、ヘタったという理由が多くなります。さらにもうすぐ売り飛ばすのだから、と整備費用を極端にケチるケースも少なくないかと思います。


以上から中古車として出回っている10万キロ超の個体についてはその大半が要整備直前、ベース車だと思われます。

自分でメンテするのが苦にならない、中古や格安パーツが楽に手に入る、という人ならともかく
手間いらずの車が欲しい、という人には不向きでしょう

Q交換するオイルの目安を教えてください.

 車のオイル交換について教えていただきたいのですが
車はスズキの軽四のエブリィ(積載重量200キロ以下、4AT
ターボ付き、購入してから3ヶ月ぐらい、4ナンバー車)です。
 
 荷物は本当に軽量な物しか積みませんし、田舎で渋滞も無く
月に1000キロ以下でスピードも出さないので車にあまり負荷が
かかるような使い方はしていないと思います.

 エンジンオイルの交換は指定通りにしているのですが
ATのオイルやデフのオイルはどうすればいいでしょうか?

またその他しておいた方がいいことがあれば教えてください。

よろしくお願いします。(素人なので難しい用語は無しと言う事で・・・)

Aベストアンサー

私の車は軽ではないのですが、きっと同じだと思うのでアドバイスということで。。。

エンジンオイルですが、6000~10000kmの交換で大丈夫です。
私の場合、エンジン音が大きくなったり振動が気になりだしたら交換してます。
オイルの質にもよりますが、エンジンオイルが悪くなるとパワーが落ちて振動と音が気になるくらい大きくなります。その時で良いのではないでしょうか。

また、ATフルードですが、20000kmで補充した方がいいと思います。
まあ、出足が悪くなったとか、燃費が悪くなったら補充するのがいいと思います。

デフに関しては、メンテナンスフリーのはずなので、換える必要は無いと思います。
まあ、6000~10000kmで交換しても良いかと思いますが、私は一度も交換したことがありません。

あと気にしておいた方がいいのは、ブレーキ、冷却水、点火プラグ、バッテリー、ファンベルト、プラグコードですね。
ブレーキやファンベルトとかは法定点検時にディーラが交換時期を教えてくれます。その時に換えればいいと思います。
ただ、なかなか分かりずらいのは、冷却水、点火プラグ、プラグですね。
これは明らかに車の調子が悪くなります。
水温計が上がったり、エンストやエンジンがかかりずらくなったりとかですね。
これらは大体30000kmを過ぎるまで大丈夫なはずです。
気になったら換えましょう。

あ、
もう一点ありました。
ラジエターキャップ、これは2年に1回は変えたほうがいいと思います。

これだけ気にしていれば、10年は乗りつづけられるでしょう。

ではでは

私の車は軽ではないのですが、きっと同じだと思うのでアドバイスということで。。。

エンジンオイルですが、6000~10000kmの交換で大丈夫です。
私の場合、エンジン音が大きくなったり振動が気になりだしたら交換してます。
オイルの質にもよりますが、エンジンオイルが悪くなるとパワーが落ちて振動と音が気になるくらい大きくなります。その時で良いのではないでしょうか。

また、ATフルードですが、20000kmで補充した方がいいと思います。
まあ、出足が悪くなったとか、燃費が悪くなったら補充す...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング