最新閲覧日:

グラム染色によってなぜ陽性菌と陰性菌に染め分けることができるのか教えて下さい

A 回答 (2件)

細胞壁の脂肪の組成の違いにより、紫色に染まった菌をグラム陽性菌、赤く染まった菌をグラム


陰性菌と呼びます。この染色法を応用すると全ての細菌は2種類に分類できます。
『なぜ陽性菌と陰性菌に染め分けることができるのか』というご質問ですが、染め分けられた
菌を、『陽性菌』『陰性菌』と呼び分けているだけです。さらに、それぞれを菌の形で
『球菌』『桿菌(かんきん)』に分けて分類しています。
    • good
    • 0

レポートでしょうか・・・・?


以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「微生物学実験テキスト」

ネットで検索しましたか?
図書館で「微生物学」あるいは「細菌学」等の成書を見れば記載があるとおもいますが・・・・?

補足お願いします。

参考URL:http://www.busitu.numazu-ct.ac.jp/suzuki/tshp/bt …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ