事務所のコピー機が5年リース期間が過ぎました、それで再リースにするか買い取るか悩んでます 再リース料は年12000円、買取は25000円です。5年で約3万枚位使用しました。あと3年保守が延長できるという事なので3年後に新しい機械にするつもりです。買い取のほうが安いし自分のものになるとは思うのですが、3年後に処分する時、逆に廃棄に困るようだと・・ はたまた8年使用コピー機で中古で売れるのか?、どなたかお知恵を貸して下さい。お願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一応コピー屋だから専門家かな?


3年使って買い換えるのであれば買取が宜しいかと。
普通は同程度以上の機種を購入すれば設置時に持っていってくれるはずです。
お金はくれませんけどね。
多少なりともお金にしたければリサイクルショップで引きっ取って貰うのが良いです。ただ年6000枚はそんなに少なくはないらしいですよ。(X社営業談)
あと最近のは機械が動く限り保守を継続してくれるところが多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

保守を聞いたらあと3年で打ち切りと言われました。で、シャープだったんですが
あまりよくなかったです。もう一台はX社で聞いたら教えてもらったようなことを言ってました。で、リースで再契約して3年以内に買い換えることにしました。今度はよーく考えて契約します。ありがとうございました。

お礼日時:2003/01/21 22:58

前の回答にもありますが、リースの方が安心です。



もうひとつの選択肢として、新しい機器と入れ替える、1枚当たりのカウント代を安くしてもらう。というのもあります。

1年に6000枚ならカウント代を1円値切れば6000円安くなる

このように考え、年間のトータルコストで考えてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。 参考にさせていただきました。結局再リースすることにしました。

お礼日時:2003/01/21 22:53

コピー機とかOA機器の進歩はものすごく早いサイクルですよね。


今、買い取って、25000円払っても、後3年間故障しない保証はないのですよね。
今度は、故障すれば自己負担ですよね。メインの部品の交換は結構高くつきます。

又、今は現役の型落ちの大手メーカのカラーレザープリンタが1万円以下で、中古が買える時代です。
8年使用コピー機は、まず只で下取りに取ってもらえればラッキーって言うくらいで、売れることはまず無理でしょうね。
以上より、再リースをお勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速、回答有難うございます。言葉少なかったようで申し訳ありません。保守契約はリースでも、買取でも同条件で継続できます。後、コピー機ですがデジタルA3のファックス複合機4段で中古で同じものが今だと20万円くらいのようです。
3年後に下取りがないなら。廃棄するのは大変だろうなって思ったので・・ 3年後には多分5万枚くらいと枚数は少ないのでひょっとしたら買い取っておくと年式よりも枚数で下取りしてもらえるかな?って色気をだしてるんですが・・・ とりあえずお礼と補足をさせていただきます。

お礼日時:2003/01/19 14:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリース期間終了後の商品は、そのまま格安で買取できる?

現在リース契約中の商品が期間終了を向かえます。継続する場合は、月額×1.2の料金で年間を使用できるということで、買取はできないと言われています。しかし、知人は同じような商品をリース契約したあと、買取(格安)し、現在も使用しています。
(1)リース契約期間終了した商品は買取ができるのが本当な のでしょうか。
(2)リース会社によって買取をするかしないかが違うのでし ょうか。
おわかりになりましたら教えてください。

 

Aベストアンサー

コンピュータ関係の営業をしている者です。

(1)リース満了後に買い取り出来る場合があるのは事実です。
リース会社からすれば、買い取ってもらうよりも、再リース(1年契約)を継続してもらった方が利益が大きいのです。
また、再リース料が月額の1.2倍というのは高いですね。私が知る限り、月額の1.0倍が相場だと思います。(保守料は別途必要)

(2)リース会社によって対応が違うのも事実です。
経験上、独立系リース会社は、買い取りを嫌がる傾向にあるようです。

Qコピー機のリース契約を解除したいのですが

自営業者です。コピー機を6年リース契約しています。
大手のO商会さんです。2年程使っていますがほとんど使う機能がファックスのみでコピーの方はあまり使う機会がないので、リース契約を解除して、安い中古のコピー機を何処かで探してこようと思っています。
一般的にこういう理由で中途解除できるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

以前、コピー機の営業をしていたものです。
レンタルとリースの違いを簡単に言うと、レンタルは中途解約しても残金清算は必要ありません。リースは、残金を清算する必要があります。レンタルの例をとってみますと、レンタルビデオを7泊8日で借りて、3日目で返しても違約金はとられませんよね。リースの場合は、6年リースで2年使われたのであれば、4年分を一括清算になるかと思います。(リース会社によって違うと思いますが)また、通常はリース物件を返却する必要があります。リース期間終了後は、再リースという形で年間のリース料の10分の1くらいで1年間リースできたと思います。(これもリース会社によって違います)通常コピー機であれば、コピー機にリース会社のシールが張ってあると思いますので、そちらにお電話するか、O商会さんに相談すると良いと思います。

Q再リースの注意点?

ファークリフトのリースが5年満期になり、
リース会社から、
(1)金額が1/5になる再リースにするか?(保守なし・点検なし)
(2)月額が同額で、新型へ変更するか?(保守なし・点検年15回あり)
の提案を受けました。
もちろん、安い再リースの方がいいのですが、
どれくらい別に費用がかかってくるのか、恥ずかしながら
さっぱり検討がつきません。

注意点や実体験などなんでもかまいませんので
知っていることがございましたら教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

建機の会社を経営しているものです。
(もちろんフォークリフトも売ってますしリース販売もしています)

5年というと60回ですよね?
普通、60回で満期の後、最リースは月額同額を一回分で
1年間再リースできるものなんですが・・・。
つまり61回目を払えばその後1年間リースできる
のが我々建機店の常識です。

1/5も払うなんて、
それ、建機屋さんもしくはリース会社にだまされていませんか?

で、他にも方法はあります。
一回60回目で満期にして終了して
月額と同額で中古購入してしまう方法もあります。
面倒を見てくれた建機店(販売店)に相談すれば
それをやってくれます。

仕組みがお解かりでないと思いますが、
リースというのは機械を借りているのではなくて
実はファイナンスリース、つまりお金を借りているのです。

販売店はリース会社へ機械を売る形にします。
この価格はあなたと販売店と決めた価格です。

リース会社は形式上買ったものを
あなたに貸し付けるという形にして
実はお金を貸しているわけです。
300万なら
300万を販売会社に一時に払ってしまいます。
そこから300万を金利をつけてあなたから
集金するわけです。

リース会社は機械を貸して儲けるわけではなく
300万を60回の返済で貸してその金利を稼いでいるのです。

本業は金融会社ですから、リース会社はフォークリフトにはど素人だということになります。
満期になったからといって戻されても本来困るのです。
というのは売るなりつぶすなり処分しなければなりません。

リース会社が満期になったものをそのままユーザーに売っては
いけないことになっています。これは法律です。
リース会社である以上、建機販売はできません。
そこで、処分という形であなたに機械をていきょうした
建機屋さん(販売会社)に売ります。
その建機屋さんから同じ金額で買う形をとればいいのです。

お得意さんなら建機屋(販売店)も面倒見てくれます。
相談してみて下さうい。

一か月分で買っちゃえばいいのです。
すると、毎年一か月分で1年間リースだったものが
一回だけ払うとあなたのものになります。

ただし税務勘定ではリースの場合は費用ですが
買ってしまうと資産ですから
税金は若干ですが違います。
資産といってもぜいぜい一か月分だとフォークだったら
小さいやつで8万、大きくても14万くらいですから
資産には乗りません。
ただ費用勘定ができないということになります。
14万使っちゃった!と税務署に報告できないというだけの話です。

さて、新車をリース会社を通して自分で使うメリットは
リースなら費用勘定できるが
買ってしまうと上記のように資産となってしまうということがあります。フォークリフトは償却は5年(だからリースも5年で組みます)なので5年間は資産として残りその分課税対象となります。

一方デメリットはリース会社を通すと金利が付くということです。
5年のリースというのは結構な金利が付くと思います。

つまり、あなたと販売会社の間に会社をひとつ入れるということは
そのリース会社の人間を食わしてることに他なりません。

ですので、リースで入れるときには
金利と税金とどちらが得か
良く考えてから決めることをお勧めします。

もうひとつ!よーく読んでください。
金利はリース会社の規定というものがありますが、
ずるがしこいフォークの販売会社だとその金利以上の金利を乗せてお客さんに請求してくれとリース会社に頼みます。
規定の金利以上の金利分は販売会社の儲けにもなります。

例えば、300万であなたと相談がまとまりますね。
リース会社が来てその300万について金利付の
60回払いですよといいますね。
契約書には月々の金額 54800円としか書いていません。
総額は書いていないはずです。
あなたは月々の金額を見て、まぁそんなもんかな・・で
サインしてしまいます。
本当にリース会社が300万なら53900のところ
54800と書いてあっても月々900円しか違いませんから
あなたは気が付きません。
この900円×60回36000円は販売会社の更なる儲けとなります。
リース会社は販売店に300万ではなく
3036000円払うことになります(おおまかです)。
正確に言うとそういう金利になるように元金を決めて
その元金を販売店に払います。
販売店は少なくとも300万以上の売り上げになります。

いまどきフォークリフトなど販売店は280万買いの300万売りくらい、20万くらいしか儲かりません。それでも高く売った方です。
したがって、3万でも上乗せすれば1.5パーセントの粗利増となりますから少しでも稼ぐため、そのようなことをやります。

リース会社などネクタイ締めてえらそうに来ますが
所詮金貸しです。町金、サラ金とやってる事はさほど変わりません。
くれぐれも金利計算をしっかりして、総額を割り出し
交渉してください。

お尋ねの質問の回答としては
(1)はおかしい!そんなはずはない。
一か月分で1年間の再リースのはず! 
月々1/5とはいえ5ヶ月で一か月分になってしまう。
月々1/12なら話はわかるが・・。

(2)をするくらいなら買ってしまえ!一軒余計に飯を食わせることもない、ただし税金も考えて。

(2)をするなら61回目で購入できる契約にしましょう!
ということです。

差し迫った問題とするなら、
一か月分で購入できないか販売店に交渉してみましょう。
次も買ってほしいからたいてい言うこと聞いてくれます。

建機の会社を経営しているものです。
(もちろんフォークリフトも売ってますしリース販売もしています)

5年というと60回ですよね?
普通、60回で満期の後、最リースは月額同額を一回分で
1年間再リースできるものなんですが・・・。
つまり61回目を払えばその後1年間リースできる
のが我々建機店の常識です。

1/5も払うなんて、
それ、建機屋さんもしくはリース会社にだまされていませんか?

で、他にも方法はあります。
一回60回目で満期にして終了して
月額と同額で中古購入してしま...続きを読む

Qリース物件の返還について困っています。

8ヶ月ほど前まで会社で使用していたコピー機の、『リース期間満了に伴う解約手続きのお知らせ』という書類がリース会社から届きました。

「解約」か「再リース契約」かを問うもので、解約ならば物件をリース会社へ返還との内容です。

しかしこちらの確認不足でリース物件とは気付かずに、新しいコピー機の設置の際に業者に誤って撤去を依頼してしまい、物件はもう手元にはありません。半年以上前の撤去物件なので業者にも残っていないとの事でした。

2ヶ月ほど残っているリース料金の支払いは当然するつもりですが、
≪この場合リース会社へは何と伝えれば良いでしょか?≫
≪何か別途料金が必要になることはありますでしょか?≫

お詳しい方や、同じ経験のある会社担当者様などおられましたら、お教え下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

昔なら「捨てちゃいました!」で済むんでしょうがね・・・苦笑
今はそうもいかないでしょうが、心配には及ばないと思います。
(リース会社次第ですが・・・)
まずは、担当者に状況を伝えましょう。
再リース契約しない旨、該当物件は故障により既に廃棄処分済みである旨を伝えます。
恐らく廃棄を依頼した業者から廃棄証明を取得するか、
リース会社発行の廃棄証明に判子を押すことで解決すると思いますよ。
廃棄した物件を、形式上買い取りにするという方法もあります。
恐らく再リース1回分くらいの価格で買い取れるはず。
買い取った形にすれば、その後は廃棄しようが何をしようが文句を言われる筋合いはありません。

Qリース期間終了後の再リース・買取りの値段は?

約3000万円の機械を5年間のリースにした場合、1月のリース料が約60万程度になると聞きました。

この場合、リース期間終了後に再リースにした場合の金額と買取りにした場合には幾らくらいになるものなのでしょうか?。
大体で結構ですのでご存知の方がいましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

条件にもよりますが、リース料1年分の10%です。
なので、月額リース料の1.2倍の額を1年に1回払います。

通常のリース契約ならば買い取りは原則としてできません。このあたりはリース会社の担当者とよくご確認ください。

Qリースが良いか買取がよいのか?

私、建設業界に勤めているのですが、当社で建設業界の85万円(税抜)のパソコンソフトの購入することになったのですが、このような場合支払いは総合的にみてリースのほうが得なのか買取のほうが得なのか調べろと社長よりいわれ細かいことまで解らず困っています。
今のところ営業の友人に聞いてみると、
リース(5年)の場合
月額は17000円くらいなのでリースで余分に13万円ほど払うけど毎月経費扱いになる。
買取の場合
資産にあがるので固定資産税がかかるけどおそらく5年間の固定資産税の合計は1~2万円程だと思うから買取のほうが良い言われました。
但し、その買取の場合の経理もしくは会計の処理が本当にそうなのかはよくわからないともいわれました。
そこで、本当に総合的にみてどちらのほうが良いのか教えて下さい、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

リースと買い取りの違いについて、下記URLに詳しく書いてありますので、ご覧ください。
(このURLでは、リース期間をどうするかで、大きな違いがでることが、示されています。)

会社の資金繰りに問題がないのであれば、リース料と買取の場合の総コストとの比較となるでしょう。

買取の場合の概算経費を、具体的に、5年間で定額償却(A)、償却資産税(B) 1.4%、借入金利(C) 3% と仮定して、試算してみますと、次のとおりです。

年数 簿価 A)償却費 B)税金 C)金利3%
1年850,000170,000-----25,500
2年680,000170,00011,90020,400
3年510,000170,0009,52015,300
4年340,000170,0007,14010,200
5年170,000170,0004,760 5,100
6年------------2,380-----
  合計 850,000 35,700 76,500

B+Cの合計は、B=35,700、C=76,500 となりますので、合計 112,200円となります。(金利が4%なら、合計137,700円となります)

注1:償却資産税は、地方自治体で税率が異なります。1月1日に所有する固定資産について課税されますので、この試算は、税率1.4%として、最大値です。また、その会社保有の償却固定資産の合計が 150万円未満は免税です。

リース料は全額経費になりますので、その分は節税効果がありますので、最終的には、両者はそれほど大きな違いは出ないと思われます。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2336146

リースと買い取りの違いについて、下記URLに詳しく書いてありますので、ご覧ください。
(このURLでは、リース期間をどうするかで、大きな違いがでることが、示されています。)

会社の資金繰りに問題がないのであれば、リース料と買取の場合の総コストとの比較となるでしょう。

買取の場合の概算経費を、具体的に、5年間で定額償却(A)、償却資産税(B) 1.4%、借入金利(C) 3% と仮定して、試算してみますと、次のとおりです。

年数 簿価 A)償却費 B)税金 C)金利3%
1年850,000170,000-----25,500...続きを読む

Q車のリース終了で60万円払えと言うがどうして?

自家用車5年リースが11月で終了しました。
先月、車(エルグランド)を日産に返したのですが、その後、差額60万円を払うかクレジットを組んで購入して下さい、と言われました。
また、そのどちらかを20日まで決めてもらわない時は、法的手段で…???とも言っています。
日産では、エルグランドは残価は100万円だから差額60万円の支払いの請求だというのです。
リースを組む時の残価設定って5年後(リース終了後)に残価金額が変動したらその差額も支払わなければならないのですか?
(知り合いの人に聞くと5年前のエルグランドの残価が160万円は高すぎる。月支払いを低くするために残価金額を多くして、最後にお金を払わせるような手口でだまされたんじゃないか、と言っています。)
リースのシステムって、こんな詐欺まがいのことが当たり前なんでしょうか?だったら、最初からこの車はリース契約しなかったのです。
日産の正規ディラーなので、安心していたんですが、だまされたのかと、腹立たしい気持ちでいます。

どなたか、リースや車契約などに詳しい方がいらっしゃいましたら、良きアドバイスやレースに関しての助言など、教えて頂きたいと思っております。
今は、代わりの車も購入(クレジット)しており、更にお金は工面できません。
皆さん、お助け下さい。

日産のゴーン社長の直接メールを知っていたらメールを入れたいです。助けて下さいと。
(どなたか、メルアド知りませんか?)
以下が契約詳細です。
皆様の、ご助言をとにかくお待ちしております。
宜しくお願い致します。

車種 日産エルグランド
グレード 4WDのX
5年後残価設定 160万円
月々支払い 約6万円
先月11月で5年間のリース支払いは終了しています。
(遅滞なく決められた支払いは終了しています。)
終了と同時に日産に車は返却しています。

自家用車5年リースが11月で終了しました。
先月、車(エルグランド)を日産に返したのですが、その後、差額60万円を払うかクレジットを組んで購入して下さい、と言われました。
また、そのどちらかを20日まで決めてもらわない時は、法的手段で…???とも言っています。
日産では、エルグランドは残価は100万円だから差額60万円の支払いの請求だというのです。
リースを組む時の残価設定って5年後(リース終了後)に残価金額が変動したらその差額も支払わなければならないのですか?
(知り合い...続きを読む

Aベストアンサー

社有車をリース利用しています。

結論から言えば
リース契約車とはそのようなものです。

細々したことは別として
問題なのは、次の3点

1、購入時(リース開始時)
個人リース契約を締結するにあたって、シロウト相手に充分納得できる説明がなされていなかったこと。
*残価設定の意味について
*リース終了時にどのようになるか
※知らずに契約するほうも悪いが、キチンと説明せずに売るほうはもっと悪い…

2、リース終了時
サッサと車を返還させておいて、後日追徴請求していること
返還時期はあらかじめ決まっていて分るのですから、返還前に査定を実施して、金額提示。
リース終期の選択肢を示し、ユーザーに考える時間を与えるべきです。
追徴必要なことが分れば
*買取り専門店で査定してもらい、車は返還せず自分が購入して売却
*次に購入する車の下取に出す
*乗換えはやめて、再リースor買取り(ローンもOK)してそのまま乗る
※などの手が打てたのですが、今となっては、

3、ムチャ高すぎたのでは?
>5年後残価設定 160万円
月々支払い 約6万円
◎ということは、
6×60ヶ月=360+設定残価160=520万円!
リース内容にもよりますが、
通常の個人リースは、
車両代+諸費用+自動車税程度では?

解決策
◎一度車を戻してもらい、買取専門店で査定してもらう
結果、100万円くらいであれば、アキラメるしかありません。

リースの賢い利用法(ひとつの考え方)
◎残価設定を極力低くしておく
そして、リース終期に査定してもらい、残価より高く売れば「儲かる」(?)ような気がする^^
◎極力、車両本体のみリースする
諸費用、税金、保険、点検・車検費用まで組込むフルメンテナンス・リースは、法人にはメリットもありますが、個人の場合は、損です。
なぜなら、全てに金利が載ってくるからです。
個人は経費で落とせませんから…。

では、購入ディーラーと、よく話し合われて解決して下さい。

ゴーンさんにメールしても日本語は読めないでしょう?
オット、フランス語で書かれるのであれば、読んでくれるかもしれませんね。

社有車をリース利用しています。

結論から言えば
リース契約車とはそのようなものです。

細々したことは別として
問題なのは、次の3点

1、購入時(リース開始時)
個人リース契約を締結するにあたって、シロウト相手に充分納得できる説明がなされていなかったこと。
*残価設定の意味について
*リース終了時にどのようになるか
※知らずに契約するほうも悪いが、キチンと説明せずに売るほうはもっと悪い…

2、リース終了時
サッサと車を返還させておいて、後日追徴請求していること
返還時期は...続きを読む

Q健康保険資格喪失証明書について

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が必要ということだけはわかりました。

しかし、退職時にはいただいておりません。
退職して約2ヶ月たちますが、自宅に郵送などもされてきておりません。

そこでお聞きしたいのですが、
1.健康保険資格喪失証明書は退職時に渡されるのが普通なのか?
2.問い合わせは前の会社でよいのか?
3.現状で最短で保険証を手に入れる手順は?

以上です。大変申し訳ありませんが宜しくお願いします。


早く歯医者行きたいです。
痛みでよるも眠れません;;

恐れ入ります。

まず自分は今年の1月末で会社を退職し
現在無職の一人暮らしとなっております。

保険証を退社時に返却していたので、
届出などが必要というのはしっていたのですが、
保険などについては、全くわからないということがあって、
退職してからなにもしておりませんでした。

しかし、最近になって急に昔から放置していた
虫歯が尋常じゃなく痛み出し、
保険証が必要となりインターネットで調べていたのですが、
国民健康保険に変更申請するのに

「健康保険資格喪失証明書」

が...続きを読む

Aベストアンサー

喪失証明書は送付義務はありません。
また、勝手に自宅に送られてくるものでもありません。
通常会社は、資格喪失届を出すことで送られる資格喪失通知書の
コピーか、もしくは資格喪失連絡票というものを退職者に渡します。

前の会社に問い合わせして、資格喪失通知書のコピーをもらうことです。
通常は雇用保険の離職票などと一緒に退職後すぐに会社が退職者に渡すべきものです。
保険証については、市役所などで問い合わせしないとここでは分かりません。
健康保険は退職日にさかのぼって加入することになります。
また、届出が遅れた場合は届出日以前に発病した病気については保険が使えない
場合もあります。

このような手続きは通常は退職後すぐに行うべきものです。
誰も教えてくれないから分からない、教えてくれない会社や役所が悪いでは、済まされません。
分からなければ退職した会社の担当者なりに聞けばいいのです。

Qお茶菓子代の勘定科目がわかりません。

専業農家です。

農作業の休憩時に出すお茶菓子代をどの勘定科目に入れたらよいのかわかりません。

以前は”雇い人費”の項目に入れていたのですが、そこには給与も入っているため、お茶菓子代と給与の区別がつかなくなっていました。

いくつか調べると、交際費・雇い人費・雑費等それぞれ書き方が違っています。

休憩時に使うお茶菓子代の費用はどのように考えればよいのでしょうか?

ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

おっしゃる通り、お茶菓子代はその内容によって勘定科目が違ってきます。

会議の時のお茶菓子=会議費
従業員の福利厚生=福利厚生費
営業活動の手土産のお茶菓子=販売促進費
老人ホームの入居者のお茶菓子=介護付帯費
etc

ご指摘の雇い人費はあくまでも人件費(給与 雑給)と判断できます。(農業の会計経験が無いので間違っているかもしれませんが)故に雇い人費は馴染まないと思います。どちらかと言うと福利厚生費的な性格が強いと判断できます。従って福利厚生費、金額が少額であれば雑費でも良いと思われます。

Qリース契約期間終了時に買取した場合の会計処理

当社では、リース資産(リース会計基準・法人税法の平成20年改正より前に締結したもの)のリース契約期間が満了しました。みなさんご存知のとおり、再リースに入るとリース料は相当安くなるとともに、今回のケースでは再リース料2年分程度(今までのリース料の2ヶ月分程度)で買取できるものですから、買取を検討しています。

この場合、会計処理、法人税法上の取り扱い(オンバランスの額、時期、耐用年数や減価償却方法(新旧いずれの定率(定額)法となるか)はどのようになるのでしょうか。

(前提条件)
1 もともとのリース契約は、リース会計基準、現行の法人税法上でいう「所有権移転外(ファイナンス・)リース取引」に相当します。
2 買取価格は30万円以上となりますので、もともとのリース契約と切り離して会計処理できるとしても少額資産・一括償却資産に該当しません。
3 リース契約の一般的な契約条件からお察しつくと思いますが、リース対象資産(機械装置なり工具器具備品)の法定耐用年数とリース期間はほぼ近似(今回は一致)しています。もともとのリース契約と切り離して会計処理できるものとしたら、(中古資産としての)耐用年数は最短の2年となるものと理解しています。
4 当社はリース対象資産(機械装置ないし工具器具備品)の償却方法として定率法を採用し、所管の税務署に届け出ています。


(気になること)
国税庁の下記URLを調べると、
「 法人税法上のリース取引のうち次のいずれかに当たるものは、賃貸借ではなく、リース資産の引渡しのときに売買があったものとして取り扱われます。(1)略 (2) リース期間の終了時又は中途において、リース資産を著しく有利な価額で買い取る権利がその賃借人に与えられているものであること。」とあり、(2)に該当すると認定された場合、これまでの賃貸借処理(リース料をその期の損金として処理)を、リース契約締結時に遡ってオン・バランスしなおし、減価償却計算も行い、リース料との差額があれば否認されることになるのかどうかが気になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5700.htm
一般に、再リース時に買取を選択しようと思うような条件のリース取引は、上記の(2)に相当するものなのでしょうか。現行の法人税法でも、リース期間定額法を採用すべきなのか、通常の固定資産と同じ減価償却方法を採用すべきなのかで判断が分かれるようで、気になります。

当社では、リース資産(リース会計基準・法人税法の平成20年改正より前に締結したもの)のリース契約期間が満了しました。みなさんご存知のとおり、再リースに入るとリース料は相当安くなるとともに、今回のケースでは再リース料2年分程度(今までのリース料の2ヶ月分程度)で買取できるものですから、買取を検討しています。

この場合、会計処理、法人税法上の取り扱い(オンバランスの額、時期、耐用年数や減価償却方法(新旧いずれの定率(定額)法となるか)はどのようになるのでしょうか。

(前提条件)
1...続きを読む

Aベストアンサー

当該契約の場合、契約に再リースと買取との選択条項があれば税務上否認されるおそれは少ないものと考えられる。中古資産の買取として処理すれば足りる。なお、当該契約に「著しく有利な価額で買い取る権利」条項が盛り込まれているかどうか、また買取価額が「著しく有利な価額」に該当するかどうかはいずれも別問題であり、ANo.1は誤り。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報