【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

ゴルフを始めて1年程度です。レッスンを受けたり、思考錯誤でやってますが、いまだにスイングが安定せず、方向等がままなりません。なお、幼いころに左手小指を突き指し、いまだにかなり曲がっているため、右手小指と比べると、かなり非力でかつ曲がりのため、握りがかなり浅くなります。このためか、グリップから小指が外れることが結構あります。また、握りを強くすると、未だに痛みを覚えます。現在、右打ちですが、左打ちにかえたらよいのか迷っています。やはり左手小指に支障があることは右打の場合には大きく影響するのかお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は小学生の頃にバレーボールで遊んでいて


右手小指を突き指しました(突き指だと思っていた)
一ヶ月経って指が曲がったままで痛みが取れないため
高校の柔道の先生に診ていただきました(田舎なのでそれが早かった)
突き指だと思っていたのが脱臼だと言われまがっていた理由が
判ったのです
負傷から一ヶ月も経っていたため曲がりを整復する事は出来ず
現在も曲がったままですが痛みは一ヶ月ほどで消えました
テニスのラケットを握ると余り力が入らずそれなりに工夫して
親指の付け根で抑える度合いを強くしてプレーしました

左手の小指は皆さんが仰るようにグリップの支点となる
重要なポイントです力の入りが少ない場合は
親指の付け根で抑える形を取るとある程度カバー出来ます
が、痛みが出るのであれば異常があると思います
特に、つき指であれば痛みが後を引いていることはないと思います
他の原因が考えられますので整形外科で検査を受けられるのが
一番だと思います

左打ちにされるとしても検査の結果を見てからでいいのではないかと
思うのですが

アドバイスまで
    • good
    • 0

左手の小指は右打ちの場合には確かに重要な役目を果たしてます。


多分、私が左手の小指を捻挫などで使えない状態になれば、まともスイングできないかもしれません。
が、質問者さんは幼い頃に小指を痛められてそれからずっと多少は不自由な左手の小指と共に生活されているのだと思います。
なので、ゴルフでもそのままでも可能ではないかと思います。
通常は左手のグリップは小指、薬指、中指の3本を中心に握るとなっていますが、左手の薬指と中指の2本を中心に握ればどうにかなるような気がします。
レッスン書等々などで左手の小指と書かれているのを、全て左手の薬指に読み替えてスイングされることを考えてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

こんばんわ。



右打ちで左手の小指はかなり重要です。左手は親指、人差し指と小指にしか力を入れませんが、
その中でも小指の握りは重要です。

「握りがかなり浅く」とありますので、インターロッキングも出来ない状態かと思います。

状況お察し致しますが、1年右打ちで、ある程度ゴルフをされて来た事を考えますと、
「そうですね。左打ちにしてみたら?」のような無責任なアドバイスも出来ません。

もし、リフティングなどで左・右が同じように出来るのなら、
変えてみる手もありかも知れません。リフティングの要領は、
この方のブログが参考になるかも知れません。
 http://casy0256.blog75.fc2.com/blog-entry-9.html

あまりお役に立つ回答ではなくなり、申し訳ありません。
ですが、左打ちに変えても左手小指には結構な負担が掛かると思います。
一度整形外科に相談してみるのも必要かもしれませんね。

この回答への補足

とても親切なアドバイスありがとうございました。
リフティングは試してみようと思います。
なお、右手は握ったときに、第一関節の山がほぼ直線になりますが、左手小指は、人差し指と同じ高さになるという状況です。かなり前の突き指なのでどうかわかりませんが、とりあえず、整形外科に行ってみようと思います。

補足日時:2008/11/21 07:02
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴルフで「ばね指」に悩んでいる方いませんか?

「グリップは子供と握手するくらい柔らかく」と言われて、最初はグリップをゆるく握っていたのですが、数ヶ月前頃に、「ゆるくとはいえ、素人や女性はやはりしっかり握った方がいい」と聞き、グリップを馬鹿みたいに強く握ってしまったときがありました。「左手の小指を特にしっかり」といわれ、強く握っていたら、弾発指(通称「ばね指」)の状態になってしまいました。

朝起きると指を握るのがつらく、曲げたり伸ばしたりするとポキンと音がして、指がぴこんと跳ねる感じになります。まだ痛みを伴ってはいないのですが、整形外科でも「ゴルフをやめるか、握力をつけるように指の筋肉を鍛えるしかない。」といわれ、今は様子見の状態です。

ゴルフをやめるのも嫌だし、握力つけると言われても具体的にどうしていいか困っています。同じような悩みを持たれた方、対策を教えてください。

Aベストアンサー

たびたびすみません・・・

自分のカルテを見てきました^^
オルガドロン1/2A
1%キシロカイン1ml
を左第5指腱鞘内に注射してもらったようです
前者がステロイド注射(製薬会社によって名前が違いますのでご注意ください)
後者は歯の治療のときにも使われる麻酔薬の一種です

私の場合は診てもらっていた先生に直接お願いして
やってもらえたわけですが
整形外科の先生の中には注射はしない方針の先生も
いらっしゃるので要注意です^^;

あとゴルフの練習のほうですが
私はもともと練習はあまり好きではないので^^;
あまり使わなかったのが早く治った要因だと思います
ひっかかる状態になるのを極力避けて
安静にしてるのが一番だと思います

2~3週間はかかったような気がします
カルテには4月10日注射をしてもらい
次はバレーボールで突き指して6月5日に診察
その時点でばね指の症状はなくなったとなっていました
ただその間に一回も診察はしていないので
もっとはやく治ったような気がします
私の記憶が確かでないのと注射の効き目に個人差が
ありますのであくまでご参考ということで
よろしくお願いいたします

たびたびすみません・・・

自分のカルテを見てきました^^
オルガドロン1/2A
1%キシロカイン1ml
を左第5指腱鞘内に注射してもらったようです
前者がステロイド注射(製薬会社によって名前が違いますのでご注意ください)
後者は歯の治療のときにも使われる麻酔薬の一種です

私の場合は診てもらっていた先生に直接お願いして
やってもらえたわけですが
整形外科の先生の中には注射はしない方針の先生も
いらっしゃるので要注意です^^;

あとゴルフの練習のほうですが
私はもともと...続きを読む

Q練習場とコースで違い過ぎ 改善方法は?

練習場ではアイアンもドライバーも上手く打てるのに、何故かコースに出ると
まともに打てません。
アイアンはドフックもしくはチーピン、ドライバーはフェースを外れたトゥ側
ギリギりに当たって意味不明の右に飛んでOBと目茶目茶です。
コースのラウンド帰りに練習場で反省の為に練習すると、普通に打てています。
一体何が悪く、どう対策すれば良いのか教えて下さい。

ちなみに、元がダフッっているけど、練習場のマットだと滑るので上手く
打てているだけなのかな?とも思いましたが、それは違うようです。
自分でもコースのティーグラウンドで構えた瞬間に何かが大きく違っている事は
何となく分かるのですが、何が違っているのかが分からず悩んでいます。

同じような悩みを過去に体験された方、アドバイスをお願いします。

ちなみにゴルフ歴は20年程で、ずっと止めてましたが最近またやり出し
ました。
以前の平均スコアは97程度でした。

Aベストアンサー

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行きますか?
まず行きませんよ。アベレージゴルファー(90~100)の人10人いて
一発目であの柱!といって左右10ヤード以内に納められる人は
2人しかいません。
そのうち一人は偶然です。これはデータとして出ています。

そして練習ラスト一球になった時、これで最後!の球をよく思い出してください。
確実にうまく打ってますか?
たいてい悔いの残る一球になっていませんか。

ほら、一球しかないというプレッシャーがあるでしょ?

これらのショットをコースでは要求されます。
なので勘違い、と申し上げました。

打っているうちに調子がよくなりいい球が数発続いたりします。
その数発のイメージが残っており、練習場では調子いいのに・・・ってことになります。
まして、球はいくらでもある。これを失敗したらなんて思わない。
プレッシャーなんてまったくかからない。
なのでいい球が続けざまに打てる時があります。

でも、それもよく思い出してください。
7番アイアンの練習で30発打って25発は思い通りの球が出ますよね?
でも5発は結構ダフったりトップしたり、大きく曲げたりするでしょ?
それですよ、それがコースでは出ちゃうんです。一球しかないというプレッシャーでね。

これが練習場ではうまくいくのに・・・。という勘違いなのです。

さらに!
コースではライや傾斜が毎ショット確実に違います。
ティーショットでさえ厳密に言えば、足場とボールの高さが1~2cm変わります。
また傾斜も微妙についていますし、景色も違います。
たとえば打ち上げホール、ティーグラウンドは微妙に左上がりになってます。
当然ですよね、フェアウェイからこっちに向かって下っているのに
ティーグランドを左下がりにしたら水はティーグランドとフェアウェイの間にたまってしまいます。
なので普通は傾斜をそろえてあります。しかし、見た目には平らに見えます。

そこで構えて、打ち上げ、素人はどう考えると思います?
球をあげなくちゃ!でしょ?
そしてついつい下からかちあげるように打っちゃう。
ほら、どフック!
下から煽るように打てばそりゃフックしますよ。
そんなのまだいいほうです。

これやるのはだいたい90~100の人です。
それ以上の人はそれさえ頭にありませんからいつもと同じ(そもそもまっすぐ行かない)
に振ってチョロって打ち上げなのでその辺しか行きません。

では打ち下ろし、
景色がよく、落としどころ、つまりフェアウェイを覗いちゃいますから
左肩がいつもより下がります。
ほぼ正面に見える雲や鉄塔の頭、山の目印になるところ、つまり目線の高さを
狙って打つ人なんかほとんど見たことありません。
たいてい眼下に見えるフェアウェイを見ちゃってます。
そんな構えから普通に打てばそりゃスライスしますよ。
早く落ちろ!!!なんていってるのはだいたいそういう人です。

ティーショットですら条件がコロコロ変わるのですから
月に2度くらいコースに出てても対応できません。
ましてや、セカンドショット、アプローチなど
万度傾斜があり、平らに見えても足元とボールの位地は1~2cmは練習場と違っちゃいます。

なので、練習場ではシングルクラスのショットしていても
コースでは100打っちゃうんですね。
ドライバーは曲げるわ、ショットはまっすぐ飛ぶものの飛び出し方向があっちこっちで
グリーンに乗らない。そりゃ足場が練習場と違うんですからその辺考えないと!

結論をまとめるとこうなります。
練習場での一発目と最後の球のナイスショットは滅多に出ない。
この最初と最後の球がコースでの一球と同じだから
練習場でいい球が出るのには勘違い!

練習場では多少ダフってもナイロンのマット上をヘッドが滑ってくれて
ダフッたのを気がつかない。
練習場は真っ平ら、しかしコースでは微妙に傾斜があり微妙に構えが違ってしまうし
練習場と同じ振り方しても当たらない。

景色が違い、打ち上げ打ち下ろし、左がOB、手前が池などでプレッシャーもあり
構えも練習場とは大きく違っている。

これが原因です。
これを克服するのはやはりコースに頻繁に出ていないと身につきませんし、
また練習場との当たりのよさの違いを理解できません。

練習場はあくまで基本的スイングの練習と割り切っていい球でたからといって
一喜一憂しないことです。
基本的スイングの練習ですから
平らのところから打って大きく曲がるようならその曲がりを少なくする練習をしましょう。


さて、
練習場でも何球か失敗しますよね?
その失敗があなたの実力、と思いましょう。

いい球なんて100打つ人だって練習場なら打てます。
失敗の大きさが100打つ人とシングルとは違うんです。

7番アイアンで片手シングルなら30球ほど立て続けにナイスショットが出ます。
しかし最低一発はグリーンを外れるくらいのミスショットは出ます。
でも!外れても5ヤードで収まってます。

100打つ人はうまく打っても10球で3発失敗します。
そのうち1球はとんでもない失敗しています。
グリーンはあっちだぜ?どこ打ってんの?
というショットしちゃうでしょ?あれが実力差なんですよ。

なので、失敗ショットが自分の実力、と思ったほうがいいです。
練習ではその失敗の数を減らし、失敗の大きさを狭めていくことに専念すべきなんです。
いい球を打つことなんか目指したってスコアなんぞいくらもかわりゃしません。

ミスショットをしてもいいからそのミスの大きさを小さくすることに
神経を使うべきなんです。


それから、
練習場で10球打って9球うまく打つ人と
8球うまく打つ人ではどのくらいの実力差があるかご存知ですか?
実は倍ほど違うんです。

9球の人が80台でまわる人だとすると
8球の人は100近い人です。
(片手シングルなら30球打って1球失敗くらいです。)

同じようなもんだ、と思うでしょ?
でも全然違うんです。
片方が失敗が1球、もう片方は2球
ね、倍違うでしょ?ゴルフはミスショットを減らすゲームです。
ナイスショットの数がスコアに出るのではありません。
失敗の少なさとその大きさがスコアに出ます。

あは。勘違いです。
練習場でいい球が出る?
はい、ほとんどはね。

私も腕に覚えがるので(オフィシャルで2です)上から目線で大変恐縮ですが
解説させていただきます。

じゃあ、思い出してください。
練習場に到着しました、靴はいて上着を脱いでまずは柔軟体操。体温まってから
サンドウェッジを持ったりクラブ2本持ったりして軽くスイング5~6回。

さー球打つぞ。
普通はここからアプローチですが
ここで、いきなりドライバーを持って230ヤード先の旗、あるいは柱を狙ってみましょう。
そこに球が行...続きを読む

Q右手小指の痛み

こんにちは。
ゴルフを始めてまだ2ヶ月ぐらいの初心者です。
現在は、専ら練習場に通っています。
年齢は38歳。
練習は週に2回ぐらい行って、150球ぐらいずつ打っています。
グリップはインターロッキングなのですが、練習後右手の小指の根本付近が痛むようになりました。
まだまだトップやダフりが多く手に衝撃があることも考えられるのですが、小指についてはグリップの仕方や右手の使い方がおかしいのかと悩んでいます。
皆様方のご経験談やアドバイスをお願い致します。
ちなみに、使用クラブはTOURSTAGE TS-201です。

Aベストアンサー

左手のグリップは
中指、薬指、小指でグリップし
親指の付け根でその3本を押さえ込む形が基本です
(人差し指と親指はフリーで軽くシャフトを支える程度)
右手は親指と人差し指で出来る「輪」でシャフトを掴み
後の3本はフリーで軽くシャフトに添える形となります
(色々なグリップの形がありますので多少の違いは出来ますが)

お話の右小指が痛むのは
他の方の仰るように、本来軽く添える指に
力が入っているためですね
特に、左手の人差し指の力が強いと思います

グリップの基本を含め
一度、ゴルフダイジェスト社発行のビデオテープ
坂田信弘プロ監修の「ゴルフ進化論」第一巻を
ご覧になる事をお勧めします
グリップに限らず、スタンス、スイングの基本理論が
判りやすく説明されています
書店の取り寄せかインターネットでの申し込みで入手できます

アドバイスまで

Qスコアが本当に伸びません

ゴルフ暦3年、青い芝の上を歩くだけでも嬉しくて仕方がない、ネットをしても、布団に入っても、次のラウンドのことで頭がいっぱいの、とても下手なサラリーマンゴルファーです。

皆様のコメントを拝見していると、普通に練習すれば、数年で100は切れるのが一般的なようですね。
私の場合、いちど、常に100前半くらいで回れるようになり、夢の100切りまでもうすぐの状況で、ゴルフが楽しくて仕方がない状況を経験したのち、110から120くらいを彷徨う状況が続き、そこから伸びません。

ふがいなく、情けなくて、嫌になります。
最近は下手でいいやと吹っ切れるようになり楽になりましたが、やっぱりスコアは変わりません。

仲間や家族には内緒で、週に5回のペースで、打ちっぱなしに通っていますし、
実戦経験が何より大切というのも理解できるので、この1年だけでも約20回の格安コースにラウンドに行っています。最初の2年間はスクールにも行っていました。
練習場では、一打ごとに番手を変えて打つようにしていますし、万全ではありませんが、8割以上まっすぐ、しかも狙ったところに飛ぶようになってきました。

・・・しかし、コースでは、何故か上手くいきません。
練習場と同じ条件のようなライが良いところでも、リキんでいるのか、本当にまともに当たりません。

ここ数回のラウンドでも、
・アプローチは良いのに、ほとんどのティーショットがOB。
・逆にOBは一回もないのに、セカンドやアプローチの失敗が続き4オン5オンのオンパレード。
・ショットしているうち、よくわからなくなってきて、悪循環。
・後ろにパーティの姿が見えると、焦ってチョロばかり。
・ひたすら走り回るので、息が上がってしまってまた失敗・・


スロープレーだけはしてはならないと思い、さっさと打つため、ハーフは2時間かかりませんが、よくよく考えると1打1打を大切にしていないのかもわかりません。(でも考えこむともっと悪い結果が出そうです)

会社のコンペなどもあるため、影で頑張って上手くならなくては!と思い、一名で予約できるゴルフ場で、見知らぬ方々とラウンドしたときなどは、もう悲惨で、150位叩いてしまい辛かったです。


「年に数回程度のラウンドで伸びない」「週に1回程度の練習で上達しない」という相談は、この種のサイトでも散見されますが、私のようなタイプの人はあんまりいないみたいで寂しいです。不安になります。

間違いなく、空回りしているような気がいたします。
でも、悔しいし楽しいから辞める気はまったくありません。

練習量も時間も熱意も、一般的な100前後のプレーヤーと比してもまだまだ足りないのでしょうか。
立ちはだかる100の壁が厚いです。
技術的にも、もっともっと練習を頑張って、何も考えずとも良い球筋が出るように努力しますが、メンタル面がだめなのでしょうか・・・?
不器用な自分が嫌になるときがあります。

ゴルフ暦3年、青い芝の上を歩くだけでも嬉しくて仕方がない、ネットをしても、布団に入っても、次のラウンドのことで頭がいっぱいの、とても下手なサラリーマンゴルファーです。

皆様のコメントを拝見していると、普通に練習すれば、数年で100は切れるのが一般的なようですね。
私の場合、いちど、常に100前半くらいで回れるようになり、夢の100切りまでもうすぐの状況で、ゴルフが楽しくて仕方がない状況を経験したのち、110から120くらいを彷徨う状況が続き、そこから伸びません。

ふがいなく、情け...続きを読む

Aベストアンサー

どのレベルでもそうですが、ショットがうまくなることと、そのショットに見合ったスコアが出ることは、あまり関連がありません。私は、実はシングルでレッスンもしますが、120程度の人を、3ラウンドべったりはりつきしたら、100を切らせる自信があります。そんな番組もありますよね・・・

確かに、練習場でほとんど空振りとか、ショットがどんなに飛んでも50ヤードしか飛ばない人なら、100を切るのは難しいですが、ある程度のレベルなら、スコアを出すのは、シンプルなクラブ選択、アプローチ、コースマネジメントです。

・ そのショットレベルでドライバーは必要ありません。確実性、OBのリスクからいって使う意味があまりありません。ティーショットは、玉も楽に上がり、バックスピンがサイドスピンを消してくれる、7Wや5W、またUTなどで十分です。

・ 狙いは、常にボギーオンです。パーオンは狙いません。350yのパー4なら、ティーショットで160y。のこりが90yなら、3打目が得意な距離になるように、ワンパターンの距離にレイアップします。

・ 徹底してハザードをさけます。まっすぐ打つ前提だからOBするのです。

・ ボギーオンショット用に、100y(110でも、90でもいいが)、PWや9Iの距離を練習する。

・ アプローチは難しいことをせず、刺さったり、スピン管理が難しいウエッジはやめ、9Iの、5:5のピッチ&ラン一本。常に花道を狙って、ハザードをさけます。

・ ショートパット、2mは、練習なら100%。本番でも、半分は入れられるよう練習。
・ ミドルパットの距離感は、コースまたは、練習場のグリーンで練習します。

・ バンカーは距離感をださす、常にフルショットで2,30y。ピンが近くてもとにかく出します。

・ クラブは、ティーショット用に7W。アイアンは、7、8、9、PW。バンカー用のバンズが厚いSW、パター。これだけで十分です。

・ 練習は、アイアンは7,8、9の一本だけ。得意な距離づくりだけ。
・ もしウッドが打てるなら、7Wなどをティーショット用に。

・ あとは練習の大半を、パットと、アプローチに割くべき。

でしょう。スコアが出る自信が持てたら、並行してショットの練習をすればいい。それには、レッスンをおすすめします。それだけ練習して、ショットが安定しないのは、スイングの根本が間違っている可能性が高い。練習量が多いと、下手固めになり、かえって逆効果になるからです。

まとめ。

・ ショットを安定させて、100を切るという発想を一旦すて、100を切るために何をするか・・・という発想に変えてみる。

・ ショットの安定は、自己流だとかえって逆効果。レッスンを受けて根本を直していく。


がんばってください。最近はやりのスクールでも、ショートゲームだけ徹底して練習し、ショットは何も教えず、生徒が100を切れるぐらいになってから、本格的にショットに取り組むレッスンも流行っていますね。理にかなっていると思います。

どのレベルでもそうですが、ショットがうまくなることと、そのショットに見合ったスコアが出ることは、あまり関連がありません。私は、実はシングルでレッスンもしますが、120程度の人を、3ラウンドべったりはりつきしたら、100を切らせる自信があります。そんな番組もありますよね・・・

確かに、練習場でほとんど空振りとか、ショットがどんなに飛んでも50ヤードしか飛ばない人なら、100を切るのは難しいですが、ある程度のレベルなら、スコアを出すのは、シンプルなクラブ選択、アプローチ、コー...続きを読む


人気Q&Aランキング