出産前後の痔にはご注意!

はなゆずで ゆず大根をつくりましたがなんだか香りもあじもいまいちです。
昨年は本ゆずでつくりましたがおいしかったです。
本ゆずはこうかなので花ゆずでつくりたいのですが おいしい作り方をおしえてください。

花ゆずと本ゆずのふうみの違いと使い分けの方法をおしえていただけますか?

A 回答 (1件)

花ゆず(一才ゆず)は、名前のとおり花の香りを楽しむものです。

料理の付け合わせとして用いるのが一般的。実の香りが薄いので、料理は今ひとつ、ゆず湯などいくら入れても全然香りなしです。本ゆずとは全く違うものと認識してください。私もてっきり同じように使えるのだろうと思って、買ってから違うものと知ってがっかりした口ですが。

実付きがいいのがとりえなので、ウチではジャムにしてます(金色の良いジャムになります)。毎年大量に作って、毎日ヨーグルトに入れて食べてます。ジャムについて、参考までに下欄にURLを記しておきます。

ゆず大根を花ゆずで作るのはちょっと苦しいかも。なんか寝ぼけた感じになりますよね。多少値は張りますが、やはり本ゆずが一番ですね(ゆず湯も)。

参考URL:http://www.geocities.jp/lactinyagichan/tomoko/yu …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

はなゆずは一杯なり価格も安いので利用するつもりでしたが ほんゆずとは別ものだったのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/30 16:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゆずを種から栽培することができますか。

ゆずを種から栽培することができますか。
もしできれば、その方法を詳しく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

柑橘類は加湿状態を好みませんので、周囲の地面より根鉢(根の塊部分)が出るくらいに浅く植え着け土を盛る事です。ただし、太く長い根が真下にも伸びるので植え穴は十分に耕すと良いでしょう(植木鉢の深鉢に播き成績の良い苗を2~3本に間引くと2~3年ほったらかしに出来ます。日が当たり雨が当たるところ、地域により冬の寒風、霜を避ける)
http://www.omasa.org/words/ta/takaue.html

Qレモンとユズのとげは危ないですか?

トゲのある植物では、バラとボケを管理してます。
バラは気にならないのですが、ボケのトゲには毎回悩まされています。

柑橘類の苗をお店で見ていたら、レモンとユズのトゲが、
縫い針かと思うぐらい、長いものでした。

庭に植えた場合、剪定が必要ですが、
トゲは危ないでしょうか?

トゲを切ってなくしてしまうとかしてもいいでしょうか?

Aベストアンサー

危ないです。引っかけば傷が付きます。そばを通るときは衣服に引っかかります。
レモンを育てていますが、枝の剪定時は要注意です。バラ用の手袋を嵌めます。
衣服に引っかからないよう、外周の枝先の棘は切り詰めています。確か葉が変形したものですから、切ってもレモンには何の障害も与えないと思います。棘は大きな動物(鹿とか猪とか)に食べられないための防御策だと思います。葉を食害する蝶の幼虫である芋虫には何の防御にもなっていません。
従って(大型の動物が入ってくる可能性がない)家庭の庭で育てられるレモンにとっては棘は無用の長物です。

Q庭に植えるオススメの果実木ないですか?

庭に植えるオススメの果実木ないですか?

庭は60坪ほどあります。粘土質なのであまりいい場所ではありませんが日当たりは最高です。土壌改良はします。

虫が付かず、農薬とか使用しないでおいしい果実がなるお勧めの木はないですか?



一応、現在は知人の勧めで みかんの宮川早生が手間がかからず甘い実がなると教えられて候補にしています。それ以上のオススメの木ありませんか?

Aベストアンサー

我が家にも色々果樹が有りますが、いずれも農薬や手間のかからないのもの(キウイは棚が必要で剪定が多いですが)、虫の少ないものを挙げてみました。以下の中ではポポー・ビワ・レモン・ブドウ以外を植えていますが、フェイジョア(美味)・ポポー以外は沢山収穫できると思います。お好みに応じて植えられてみて下さい。毎年虫が一切付かないというのは果実ではまず有り得ませんので、ちょっとは付く可能性も有ります。
※柿はカイガラムシやアメリカシロヒトリなどが付く場合も有りますが、山梨などはどの家庭にも植えられているほどポピュラーですから気にしだすとキリが有りませんしね。

フェイジョア・・・お勧めはアポロ(大果、自家結実)など。虫も付きにくい。
http://gbiz.saloon.jp/kaidan/life629.html
http://www.kagiken.co.jp/new/kojimachi/hana-feijoa_large.html

ビックリグミ(ナツグミ)、別名:ダイオウグミ。手間要らずで簡単に生ります。
 http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/bikkurigumi0.htm
ユスラウメ。まったく手間要らず。大量に生ります。
 http://koueninfo.fc2web.com/yusuraume-photo/index.html

ブルーベリー http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-f/naiyou/blueberry0.htm
        (※ヒヨドリに食べられる場合はネットをかける)
ブラックベリー http://park23.wakwak.com/~chikura2/020niwa01z_blackberry.html

キウイ・・・雄木にはトムリ http://www.kudamononavi.com/zukan/kiwi.htm
収穫用は、ゴールドキウイ100g(酸味が少ない)、ヘイワード100g(一般的)、アップルキウイ150g(特大、酸味が少ない)、さぬきゴールド170g(特大、甘い)。※棚を低くすれば管理は容易。

柿・・・・・ジロウ(収穫用)が日持ちがよく育てやすいです。
     富有柿は柔らかくていまひとつ(好みの問題ですが・・・)
 受粉用には禅寺丸http://www.fruit.affrc.go.jp/new/kaki/textbase/zenjimaru.html
 http://www.kudamononavi.com/zukan/persimmon.htm#NO07
 http://www.komeri.com/howto/html/01010.html

ポポー http://www.lcv.ne.jp/~suzuiito/kajyu/kajyu-sub/popo-.html
ビワ・・・丈夫で手間いらず。受粉も必要ありません。実がつき過ぎるので摘果が必要。
ブドウ・・・意外と家庭でも日当たり良好なら沢山生ります。
温州みかん(早生・極早生)、キンカン、レモン

こちらの方は多く栽培しているようですから、各種参考にしてみて下さい。
http://www.lcv.ne.jp/~suzuiito/kajyu/index.html

その他参考に。厳しく書いて有りますが、それはベストな栽培方法を書かれているだけですから難しく考えない方がいいですね。http://www.nogyoya.com/html/user_data/rakuyo_tree.php

我が家にも色々果樹が有りますが、いずれも農薬や手間のかからないのもの(キウイは棚が必要で剪定が多いですが)、虫の少ないものを挙げてみました。以下の中ではポポー・ビワ・レモン・ブドウ以外を植えていますが、フェイジョア(美味)・ポポー以外は沢山収穫できると思います。お好みに応じて植えられてみて下さい。毎年虫が一切付かないというのは果実ではまず有り得ませんので、ちょっとは付く可能性も有ります。
※柿はカイガラムシやアメリカシロヒトリなどが付く場合も有りますが、山梨などはどの家庭に...続きを読む

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Qゆずの実の収穫はいつ頃ですか

我が家の狭い庭に、もう20年、元気なゆずの木?があります。
2年ごとに小さな実を50個ほどつけます。
3センチくらいの小さな実です。
こんな小さなゆずってありますか?
皮の香りはゆずです。
今は青い色をしていますが、収穫するのは青い色の時ですか?
それとも黄色になってからですか?
毎年なやんでいます。
つまらない質問ですみません。どうかよろしく。

Aベストアンサー

3cm程度の実だと言う事から、多分「ホン柚子」でなく「一才ユズ」だと思います。
味は本柚子と対して変わらないと思いますが、付ける実の数が違います。
私としては大きさも味も家庭向きの一才ユズが大好きです。
本題の質問の件ですが、決まりは無いと思うのですが我家では、丁度今くらいの時期に青い果実の果汁を秋刀魚などの焼き魚に絞ったりしてます。
また黄色く成ったら鍋など世間と同じ利用をしてます。
多分決まり等は無いので、自分のアイデアで色々と試してみるのも楽しいんじゃ無いですか?

Q柚子の木を移植したら・・・

先日、我が家の猫の額ほどの庭にゴルフの練習ネットを設置するために5年ほど経過し150センチほどになった柚子の木を移動しました。
根は結構深く張っていたので幹から50センチ程度で2本だけ切断しました。まだ短く細い20センチほどの根は5本ほどでしたがそのままです。
土もやわらかくして植え替え水も充分にまいたのですが翌日には葉っぱがしなしなになってしまってます。
もう再生はしないのでしょうか?
手当ての方法はなにかありますでしょうか?
新築祝いに女房側の両親が植林したので女房はカンカンで3日間口をきいてくれません・・・。

Aベストアンサー

#3です。
我家の柚子は、祖母が亡くなり引き払うときに庭にあったものを持って帰ったものです。大きいのは持ち帰り難いので小さいものだけですが。先に書いたものの他、30センチ程のも。

30センチ柚子の復活話
せっかく元気になっていたのに、秋にこれにアゲハが卵を産んでしまい、木でサナギになってしまいました。仕方がないので、雨に濡れないようにと部屋に入れたりしてたのですが、日照不足で春には葉がしなびて落葉してしまいました。サナギもかえらず。ぎゃ~と思いましたが、一応水はやり続けました。

しかし、今から1ヶ月くらい前からだったか、新芽がぽちぽち出てきて、それなりに葉が大きくなってきました。

葉が落ちた→いぜんとして枝に元気がない。しかし何となく緑色っぽいのが残っている→新芽が出る枝と完全に枯れる枝(白くぽきっと折れる)がはっきりしてくる。

という感じになりました。梅雨は丁度良い時期だと思います。豪雨ではいけませんが、カンカン照りでもなく湿度もあります。梅雨明け後の暑さにも耐えられる葉を出せるようにしましょう。

枝先を少し切り詰めて様子を見て下さい。枝がまだ緑であるのは生きてます。切ってみると新芽が出やすくなるかもしれません。お互い頑張りましょう。

#3です。
我家の柚子は、祖母が亡くなり引き払うときに庭にあったものを持って帰ったものです。大きいのは持ち帰り難いので小さいものだけですが。先に書いたものの他、30センチ程のも。

30センチ柚子の復活話
せっかく元気になっていたのに、秋にこれにアゲハが卵を産んでしまい、木でサナギになってしまいました。仕方がないので、雨に濡れないようにと部屋に入れたりしてたのですが、日照不足で春には葉がしなびて落葉してしまいました。サナギもかえらず。ぎゃ~と思いましたが、一応水はやり続け...続きを読む

Q柚子の実が落果します

柚子が、開花後実が約1センチほどになるとほとんど落下してしまいます。
肥料の与え方の影響(多い、少ない)があるのでしょうか?
ほとんど肥料は与えておりません、年明けごろ鶏糞を少し与えておりますが・・・・
全部とは言いませんが、咲いた花を無駄なく実らせたいと、欲張りなことを考えております。
出来るだけ多くの実が収穫できる方法を教えてください。

Aベストアンサー

>柚子が、開花後実が約1センチほどになるとほとんど落下してしまいます。
肥料の与え方の影響(多い、少ない)があるのでしょうか?

      ↓
樹齢・品種、地植えor鉢植え、地域や土壌等で変わってきますが・・・
隔年結果現象と樹齢が若いと不安定な実付きに成るようです。
堆肥や腐葉土、液肥や油かす、鶏糞による土壌改良と施肥によって丈夫な樹木に育て、花が咲いたら実の大きさや成長には適度な摘果が必要です。

根や葉からの日射量や養分が全部には行き渡り難く、落果して身を守ろうとするからです。
また、鉢植えでは根詰まりや根焼けをソット鉢の裏や周辺からチェックください、地上部の成長は根の張りも行うので、それが妨げられると根詰まり、肥料に直接あたると成分によっては根焼けを起こしたり、根が傷むと根腐れを起し、生育不良や落葉落花&落果が起こります。<地植えでも植栽場所やスペース、周囲の樹木との混み具合で発生する事もあります>

取り敢えずは、樹勢を見ながら、土壌改良や肥料のチェック(株もとから少し離して鶏糞・油かすを漉き込む)、その後、開花&結果したら摘果して、可哀そうなようですが強い子(実)を残し育てます。


◇柚子(ゆず)・・・花いちばニュースから抜粋

幸運をもたらす縁起木。
庭に植えると「代々(橙)家が栄える」と言われる、縁起の良い柑橘果樹。
常緑樹で花は美しく芳香があります。一家に1本あると重宝しますよ!
●品種の特徴
本ユズ。1本で結実します。耐寒性は柑橘類で最も強く、日本の風土に適し栽培しやすい品種です。実は大きく、果重130g。収穫は8~12月。料理向け。お庭に1本あれば食卓で素晴らしい風味が楽しめます。果皮、果汁ともに芳香が強く。酸が強く、鍋料理や漬物にも使われます。ゆずの果皮にはレモンをはるかにしのぐほどビタミンCを豊富に含みます。ゆず風呂にも使えます。花の香りは南国チックな、あまぁ~い香りです。いい匂いです!!


苗木の性質
秋から6月頃まで販売しております苗木は、冬の低温時期は休眠期になり、ほとんど生長がありません。
1~3月頃にお求めの苗木は、植え付け後も冬の寒さで徐々に落葉したりしてます。
春になってから新芽を出すために、接木時点からついていたような古い葉を樹が自ら落として、株の負担を減らそうとしている生理現象です。
葉がすべて落ちて丸坊主になったとしても、株に力があれば、芽が吹き育ちますので、心配をかけますが、見守ってやってください。その時期は水は控えめに管理し、土が乾いてからたっぷり与えます。


果実・花について
結果
年数 果実の大きさ 平均糖度 収穫時期 果実の用途 開花時期 芽吹き時期
4~7年 130g 13~16度 8月

12月 香り付け
お風呂
漬物 5月 常緑樹
新芽の芽吹き
4月初~
※果実の大きさは栽培環境や作り手の工夫次第で変化します。目安程度にしてください。
※収穫時期は地域や環境により1ヶ月程度前後します。

自家結実性 受粉樹 トゲ
1本でなる。
(自家結実性あり) 不要 あり
※どの果樹もいえることですが、2品種以上植えると実付と甘さが格段によくなります。

植栽適地 日照条件 樹高 葉張り 仕立て方
東北~中国・四国・九州 日なた 2~4m
(常緑高木) 2~4m 開心自然形
※開心自然形・・・最初から主幹を低く切り、枝が全体に横に伸びる樹形。木がコンパクトで一番収穫が多くなる。

育てやすさ  育てやすい; 耐暑性強、耐寒性ある
観賞価値  観賞価値普通: 花が美しい、花の香りが良い、新葉の香りが良い。
果樹の用途  果樹畑、花壇、鉢植え(7号鉢以上)、庭木、記念樹、観葉植物




本柚子の木の育て方
家庭果樹の入門として、おすすめ、人気果樹です。柑橘類の中でもっとも耐寒性がありますので、関東地方以北でも温暖な地域では露地栽培が可能です。
本柚子は果樹の中でも結実まで遅いです。なり始めるまでは肥料や剪定はなるべく少なくします。


苗木の性質
秋から6月頃まで販売しております苗木は、冬の低温時期は休眠期になり、ほとんど生長がありません。
1~3月頃にお求めの苗木は、植え付け後も冬の寒さで徐々に落葉したりしてます。
春になってから新芽を出すために、接木時点からついていたような古い葉を樹が自ら落として、株の負担を減らそうとしている生理現象です。

葉がすべて落ちて丸坊主になったとしても、株に力があれば、芽が吹き育ちますので、心配をかけますが、見守ってやってください。
その時期は水は控えめに管理し、土が乾いてからたっぷり与えます。

柚子の事例ですが、冬に葉を落としましたが春に花はバンバン咲いています。
柑橘類は葉を落葉させると、 花が咲きにくくなると本には書いてありますが…
大丈夫なんです。
品種の選び方
寒い地域や初心者の方には早生品種をお勧めします。早生品種は耐寒性が強く、樹もコンパクトに栽培ができ、よく実がなります。
味で選ぶなら晩生種です。糖度が高くおすすめ。

どの品種も1本で実がなります。


生長すると樹高は2~2.5m、葉張りも3m四方くらいに生長します。場所の余裕があれば、4m以上離して植えます。


植え付け適期
3~4月ごろが植え付け適期です。6月中旬でも大丈夫です。
暖地では秋~冬でも植えられますがマルチングなどの寒さよけをお願いします。
葉が芽吹いた後に植え付けする場合は根を崩さないように植えてください。


マルチングをしましょう
品種によって差がありますが、冬の寒さが苦手です。関東以南では露地栽培が十分可能ですが、寒がる場所に植えるときは株周りを敷き藁やバークチップ等で覆うマルチングをし、霜よけと雑草よけをすることをお勧めします。


植え場所
冬の北風の当たらない、日当たりの良い場所に植えてください。
鉢植えの場合でも、冬の寒風をよけれる場所で管理してください。日当たりが良いと果実がおいしくなります。
植え付け方法
鉢植えの植え付け方法については、こちらのページをご参考にしてください。樹種は違いますが植え方は同じです。

植え付け用土
水はけの良い、肥沃な土を好みます。よほどやせた土壌でない限り、花が咲き始めるまでは肥料は控えめがいいです。
地植えの場合は、『花ひろば堆肥極み』を1袋、鉢植えでは、みかんの土(肥料入り)を使って植えると簡単手軽&最高です!

植え付け時の主幹の切り戻し剪定
1年生の落葉果樹は将来の成長と樹形作りのために主幹を地際から30~40cmの高さで切り戻します。
百聞は一見にしかず、こちらのページをご覧ください。(主幹の剪定サクランボ編)


仕立て方
剪定時期は3月であるが、発芽が始まってからの4月に実施してもよい。
柑橘は剪定量を軽くすることが原則です。剪定量が多くなると旧葉が少なくなり、貯蔵養分が失われるとともに、春先の光合成生産が減少します。
あまり細かい剪定を行う必要もないです。





柑橘の結果習性
柑橘類の中には成り年と不成り年を交互に繰り返すいわゆる隔年結果の性質をもつ品種が多いです。
前年が成り年の場合は軽めの剪定とする。前年が不成り年の場合は剪定量を多くする。





肥料について
花がつき始めてから与え始め、収穫量に応じて少しずつ量を増やしていきます。
3月上旬と7月上旬に追肥として、速効性の化成肥料を与えます。おすすめは みかんの好きな肥料です。
12月頃に寒肥として有機肥料を与えます。
肥料を与えなくても育つことは育ちますが、隔年結果になりやすいです。


病害虫
3~4月頃の新芽時はアブラムシが出やすいです。
ハダニやカイガラムシ(ロウムシ)がつくことがありますが、定期的に葉水をすると予防できます。
アゲハチョウなどの幼虫がつくと、あっという間に葉を食害してしまうので、こまめに観察して、発見しだい駆除してください。

関連記事
http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?query=%82%E4%82%B8&index=log

http://engeisoudan.com/lng.cgi?print+201106/11060116.txt

>柚子が、開花後実が約1センチほどになるとほとんど落下してしまいます。
肥料の与え方の影響(多い、少ない)があるのでしょうか?

      ↓
樹齢・品種、地植えor鉢植え、地域や土壌等で変わってきますが・・・
隔年結果現象と樹齢が若いと不安定な実付きに成るようです。
堆肥や腐葉土、液肥や油かす、鶏糞による土壌改良と施肥によって丈夫な樹木に育て、花が咲いたら実の大きさや成長には適度な摘果が必要です。

根や葉からの日射量や養分が全部には行き渡り難く、落果して身を守ろうとするからで...続きを読む

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Qつげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。

つげの木がだんだん枯れてきていますが原因と対策を教えてください。
垣根のつげの木がだんだん枯れてきていますが考えられる原因はどんなものがあるでしょうか。
かれこれ30年近くなる庭の垣根として植えているつげの木が近年少しずつかれてきています。
秋口に枯れが出てきます。垣根が歯抜けになり見苦しいのですが原因は何でしょうか。
モグラのトンエルをみかけます。また酷暑も関係しているのかと思ったりします。
肥料はできる範囲で化成肥料を年に1回春に施しています。暑い時は一日おきに
水もできる範囲でやりますが石垣の上に植えているので相当乾燥するものと思います。
原因と対策を是非教えてほしいのですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸性土質に傾いた事や、土壌が長年何もしな
かったため固くなり根張りが十分に出来なくなっている事、葉と葉との間
が密集しているため風通しが悪くなり、病害虫が発生しやすくなっている
事などが考えられます。
枯れた物は元には戻りません。部分的に生きていても回復する事は難しい
ので、その内に枯れてしまうでしょうね。

垣根を元通りの状態に戻させるには、大掛かりになりますが植替えをして
仕立て直す事しかありません。
現在の垣根を見て、枯れた部分がどの程度あるかを調べます。それにより
何本不足しているのかが分かるはずです。
必要な本数を園芸店(樹木を扱っている店)に注文し、作業に必要な資材
などを準備します。
植替えるためには土壌改良が必要で、そのためには堆肥や腐葉土が必要で
す。また酸度調整のための苦土石灰も必要で、事前に用意します。
それと寒冷紗か遮光幕を用意して下さい。植替え時に必要です。
黒いビニールポットも用意します。掘り上げ時に必要です。

苗が自宅に到着したら、苗を一ヶ所に詰めて置いて寒冷紗か遮光幕を被せ
ます。苗を植え付けるまでは被せておき、乾かさないように水遣りだけは
行って下さい。次に枯れている物や枯れかけている物を抜きます。これら
は植付けをせずに処分するので、根に土は付いていなくても大丈夫です。
次に元気な物を掘り上げます。出来るだけ根に付いた土を残すようにして
掘り上げ、黒いポットに収まるようにするため、はみ出た根は切ります。
1本づつポットに入れて保管します。全て掘り上げたら、移植する場所を
スコップや鍬で掘り返し、出て来た根などを取り除きます。石が出て来た
時は撤去しなくても構いません。掘り返す深さは30~40cmを目安に
します。浅いと土壌改良にはなりません。
耕し終えた場所に苦土石灰や堆肥を入れ、鍬で耕すように十分に混ぜ合わ
せます。表面を均等に均したら土壌改良と酸度調整は完了です。

次は移植をします。植付けは千鳥植えにしますが、苗との間隔は苗の枝と
枝とが軽く触れる程度が理想ですが、初心者には分かりずらいので、株の
間隔を20~25cm程度にして下さい。植え場所に割箸を目印として1
本差します。日が良く当たる方向に新しい苗を植え、元々あった物は後ろ
に植えるようにします。移植ゴテで株より少し大きめな穴を掘り、高植え
にして植付けをします。高植えは根元に少し土が被る程度に植える方法で
す。間違っても深く植えないで下さい。

植付けが終わったら水を十分に与えます。根が完全に活着するまでは最低
でも1ヶ月は必要ですから、水切れにさせないように天気の良い日は朝夕
の水遣りは欠かさないようにします。水切れを起こすと枯れます。

肥料は与えません。与えるのは翌年で十分です。与えるのは化成肥料でも
構いませんが、堆肥に混ぜられて与えると手間が省けます。時期としては
8~9月の間に1回だけです。与える時は根元から離れた場所に与えるよ
うにします。現在は春のようですが、与える時期は樹木の種類で違います
から、何でも春に与えれば良いとは思わないで下さい。

暑い時こそ水は必要ですから、1日おきでは水不足になりますよ。朝夕の
2回は必要な時もあるかも知れません。また出来る範囲では与えた事には
なりません。石垣の上なら、多過ぎたかなと心配する位に与えます。

モグラは無罪です。今回の件に関しては関係ありません。

ツゲが好む土質はアルカリ性ですから、ツゲに適さない土質になっている
可能性が高いですね。日本の場合は何もしなくても自然に酸性土質に傾き
ますから、アルカリ性土質を好む樹木には出来るだけアルカリ性土質にな
るように改善をする必要があります。年に2回程度は苦土石灰を株周りに
撒き、地面の土と一緒に軽くすきこむようにします。

肥料は多くは必要ありません。また肥料で状態を良くする事は無理です。
年に1回程度は株元に堆肥を入れ、地面の土と一緒にすき込みます。

葉抜けになった原因は土質が酸...続きを読む

Q畑の土の改造について(牛糞、鶏糞、バークの使い方)

畑を借りていますが、土が貧相で改善の必要があります。そこで牛糞、鶏糞、バークを使って改善しようと思いますが、いまひとつ使い方がわかりません。これは元肥にするのでしょうか、それとも土にまぜて使うのでしょうか。教えていただければ本当に助かります。

Aベストアンサー

有機肥料の成分NPKも大切ですが、堆肥化を考えるとC/N比が重要です。
Cは炭素で植物の繊維質などに多く含まれていて、その繊維質を分解するのがNで窒素でその植物にも
含まれていますが、個々の材料となる植物でその比率が違います

HP長崎の畜産 敷料の種類と特徴:
http://nagasaki.lin.go.jp/manual/keiei/5.html
HPひろしまの畜産の内 堆肥化の原理:
http://hiroshima.lin.go.jp/taihi/taihi_61.htm
広島県堆肥共励会・品質判定基準:
http://hiroshima.lin.go.jp/taihi/taihi_51.htm
副資材別家畜ふん堆肥の成分組成平均値及び標準偏差:
http://hiroshima.lin.go.jp/taihi/taihi_42.htm
堆肥のC/N比は20-40位が適当と言われていますが、それはこの比率が例えば10以下ですと、
窒素が多くて自家消化してしまいますので、長く持ちません。
これを言い換えれば有機肥料で鶏糞や牛糞も含まれます。

その中でも鶏糞は未消化の成分が多く、肥料としても良く効きますが、逆に虫が発生したり、
雑菌が多くなったり、問題を起こす事があるので直接使うにしても早く元肥で使用して落ち着いてから
播種や定植をしてください。

その為堆肥化する訳ですが、上記のURLの中にバーク堆肥の測定結果があり基準内にありますが、
実際施用して1年後でもバークが見える事が多くあります。これは表面は分解しているが、深くまでは
進んでいない現われだと思います。
原因はバークが他の素材などに比べて表面積が小さく、組織も強いので分解しきれていないのだと
思います。
バーク堆肥は本当に品質が良いか疑問のあるものが多いので、勧められません。
同様の物であればオガクズ系の堆肥の方が安心感があり、牛糞は元肥向きです。

面積が判らないのですが、10平方m当たり20-30Kg堆肥をまいた後に近所の農家に頼んで
トラクターでロータリー(耕運)作業を一度してもらった方がよいと思います。
本当は分けた方が良いですが、同時に苦土石灰を1.5-2Kg入れてください。
そして、2-3週間後、化成肥料を入れて数日後、播種や定植が基本です。

有機肥料の成分NPKも大切ですが、堆肥化を考えるとC/N比が重要です。
Cは炭素で植物の繊維質などに多く含まれていて、その繊維質を分解するのがNで窒素でその植物にも
含まれていますが、個々の材料となる植物でその比率が違います

HP長崎の畜産 敷料の種類と特徴:
http://nagasaki.lin.go.jp/manual/keiei/5.html
HPひろしまの畜産の内 堆肥化の原理:
http://hiroshima.lin.go.jp/taihi/taihi_61.htm
広島県堆肥共励会・品質判定基準:
http://hiroshima.lin.go.jp/taihi/taihi_51.htm
副資...続きを読む


人気Q&Aランキング