ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

最近オークションや中古レコード店で
LPを購入して楽しんでます。

目視・見た目では非常に綺麗で擦れ跡や傷など確認できない盤でも
いざ、針を落として聴いてみると、
パチパチ・チリチリと小ノイズが断続する盤がよくあります。
非常にストレスに感じます・・・・

このノイズの原因はなんでしょう?
ゴミでしょうか?
極小の傷でしょうか?
溝の磨耗でしょうか?
クリーナーで改善するでしょうか?

いいタイトルなのに残念な思いをすることが多々あります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

このレコードのノイズに関する質問は、過去多数質問されて多数の回答・助言が寄せられています。


暇が有れば、過去の回答を掘り起こしてみてはどうでしょうか?(レコード・LP・雑音・ノイズ・静電気・チリチリ・パチパチ・バチバチ・等)
私も過去に買ったレコードや、リサイクルショップ・オークションで入手したレコードを聴いて楽しんでいます。

ノイズの原因は、おおかた音溝のゴミやカビだと思います。特にレコードスプレーを使ったと思われる物にはひどい物があります。
また、前述にもあるようにカートリッジの針先が汚れていても発生します。
音溝と針先の摩擦が大きくても出る場合があるような事を、昔何かのオーディオ雑誌で読んだような記憶がかすかにあります。
音溝の傷の場合は、どうしようもないでしょう。

音溝のゴミやカビ、針先の汚れ等によるノイズは、クリーナーでキレイにする事により、かなり軽減されます。
現在、以下のようなクリーナーを使っています。
LAST
http://diskunion.net/acc/ct/list/125/23690
高い!お値段が。性能優秀。やや慣れが必要。
レイカ、バランスオッシャー
http://diskunion.net/acc/ct/list/125/23673
お値段、妥当か?性能優秀。かなり慣れが必要。
上記2製品は、きちんと処理すれば、ほとんど静電気の発生はありません。わざとホコリの中にレコードを突っ込んでも、ほとんどホコリが寄りません。
ゴミ・カビによるノイズもかなり少なくなります。
音もかなり良くなります。
昔の、レコードを音源にしたラジオ放送のごとき静かさが理想ですが、素人にはなかなか。

他のクリーナーは、価格の安い奴はそれなりの効果しかないとか、1液タイプもそれなりの効果しかないとかで、現在は使っていません。
パーマクリーンは問題外かな?あの臭いは。性能も良くはないです。

ゴミ・カビに一番効果が高いのは、洗う事。中性洗剤で、ザブザブと。すすぎはキッチリ。その後、レイカなりLASTなりで仕上げます。
洗う時は、スポンジよりもマイクロファイバーを使ったタオル・ふきんが有効。良く汚れが取れます。
ぬれたレコードを拭き取るのにもかなり効果的です。
オークションやネット通販では、安値で1枚当たり50~100円くらいです。水で濡らしただけでもかなり汚れが落ちます。
レコードクリーニング用と称する物がよいのでしょうが、1枚600円くらい。持ってまして使っています。良いです。

針先のクリーニングは、いまだ安物を使っています。十分だと思いますが、高いのもいつかは使ってみたい物です。

静電気は、レコードをきちんとクリーニング処理すれば、ほぼ問題無いレベルになりますので、後はカートリッジ、アーム、プレーヤー、ターンテーブルマットなどの問題かもしれません。
私は、静電気でバチッは1回か2回くらいしか経験有りません。何百枚とレコードを聴きましたが。それも、針先にホコリが溜まって出た物で、クリーニングをまめにすれば気にしなくても良いと思います。

PH12はどうなんでしょうね。使った事はありません。かなりの強アルカリですが、短期的にはともかく中長期的には、盤にどのような影響があるか判りません。
    • good
    • 11

No.5です。


前の回答で一つ書き忘れた原因があります。
「静電気」です。

普通は乾燥する冬期に起きるとされていますが、
夏でも発生します。
この静電気ノイズは「バチッ!」という、かなり激しい音がします。
LP全体の静電気を取る器械もありますが、
私は昔からあるピストル型の除去器を使っています。
引き金を5回くらい、ゆっくりレコードに向けて
引いたり、離したりするだけでOKで、効果大です。
レコードをターンテーブルに載せたら、行うのです。
導電ブラシも効果がありますので、試して下さい。

最後に私もレイカは使いましたが、それほど大きな効果は
ありませんでした。こうした成分を発表していない液は、私は
信用していません。

それなら、スーパーアルカリイオン水を薄めて
洗浄液として使った方が効果はあります。
スーパーアルカリイオン水は、ネットをみると1リットル入りとかで
安く売っているので、これを使えばたっぷり使えます。
レイカの効果に大きな期待をしてはいけません。
それならきちんと成分を表示してもらいたいものです。

前記のイオン水はPHは12以上あるのですが、手についても
大丈夫という不思議な水ですが、工業用にも使われている
れっきとした洗浄剤です。
    • good
    • 6

還暦の爺です。

親の趣味で物心付いた頃から50年以上、レコードと付き合っています。時代がレコードからCDに移り、更にダウンロードで購入と言う昔では考えられなかった変化の世界ですが、私は今でもダウンロードはおろかCDよりも、圧倒的に今でもレコードの数が勝っております。
今では、レコードを諦めた方や形見分けとして頂く盤もあって、他の愛好者様や中古レコード店にも出しますが、それでも増え続けており少々困っております。何せ、未だ針を落としていないレコードの増えるスピードが、聴くスピードを上回っております。
下手をすると、生きている間に、聴く事が出来ないレコードが出来そうです。
話が、逸れてしまいました。元に戻します。
この間、ノイズとの戦いでは有りました。可笑しな言い様では有りますがCDの世話要らずに比べ、ノイズに対する気遣いも、それはそれで案外楽しんでいた(いる)気がします。
さて、gold2000x1様の質問の全てをモーラするお答えではないかも知れませんが、

>ゴミでしょうか?極小の傷でしょうか?溝の磨耗でしょうか?
それも原因の一つと言えるでしょうね。
回答番号:No.5 EDISON1207様がお答えですので、レコード製造に纏わる事項は、省かせて頂きます。

話が、チョッと脱線しますが・・・・・
面白いもので、カートリッジの違いでも、ノイズを強く感じる物と、軽減するものが有って、不思議です。
私の経験の一つでです。
単純で、理論的では有りませんので悪しからず。
個人的経験ですが、カトリッジの違いで、トレースノイズやプチノイズの音量の差が、驚くほど違う経験を50年近くのレコードとの付き合いから体験しています。
私の体験の一例に過ぎず、環境が違う方々の下では、結果が異なるのかもしれませんが・・・

色々なカートリッジが有りますが、ここで比較する
SHURE/V15TYPEIIIは、4個
SHURE/V15TYPEIVは、3個
所持しています。

TYPEIIIでは、音楽本体の音は張りが有り快活な音ですが、トレースノイズやプチノイズはかなり軽減される印象!
一方、TYPEIVは、音楽本体はTYPEIIIに比べ大人し目で、チョットひ弱?ですが、トレースノイズやプチノイズは、TYPEIIIより強い印象!

同じメーカーの兄弟分でも違いを感じます。ましてやメーカー違いなら何をか言わんや!


>クリーナーで改善するでしょうか?
使い方に因って、良くもなれば、悪くもなります。
私の場合は、普段、聴く直前&直後で、ターンテーブルにレコードをセットして回転させておきます。次に、ビロード?のレコードクリーナの起毛面に、スプレー式レコード・クルーナー(静電気防止)を軽く吹きつけて、乾かぬうちに盤面を数回転拭います。
盤面が完全に乾燥した事を確認して、針を落とす!袋に仕舞う!と言う具合です。
しかし、この作業は、帯電防止と軽く乗っかている埃を払う程度の意味合いでしか有りません。
固着した微細塵には、効果は有りません。

そこで、根本的な掃除が必要になります。
日陰干ができて、空気の移動が遮断できて、微細な浮遊塵の無い環境を用意出来るのでしたら、中性洗剤による水洗いはかなり効果的だと思います。レーベルを水濡れから防御する水洗い用の機具も市販され家います
http://search.auctions.yahoo.co.jp/jp/search/auc …
http://search.auctions.yahoo.co.jp/jp/search/auc …
しかし、水道水にも配管の経年劣化など、又、古い集合住宅などで見かける、屋上貯水タンクの様な配水システムですと、水道水本来の水質が保てず、微細な鉄粉など埃が混じっていないとは限りませんので、不要なレコードでお試しになる事をお勧めします。

さて、ここからが、私のレコード・コンディションの維持に、使っている強力な助っ人の事なのです。

以下の文章は、一年以上前だったと思いますが、同じこのカテゴリーでの質問にお答えした時のものです。
チョッと長い文章ですが、効果を理解して頂き易いと思いましたので、殆ど省かずに使わせて頂きます。

先ず、過去の経験から・・・
五年前の夏、クラシック好きの友人と、掘り出し物のレコードを探しに、中古レコード屋を梯子してホッツキ歩いた時の事です。凡そレコードとは関係無さそうな一軒の古道具屋を見付けました。
特に何かを探していた訳ではなかったのですが、冷かしと好奇心で店内へ・・・・
店内は、服や家具、小物や本、白物家電や安物のオーディオ等、当に古道具屋でした。一瞥して店を出様かと振り返った時に、レコードの並べてある一画が目に入りました。懐メロや演歌ばかりが並んでおり、私とは無関係と、探すのを止め様とした時、6枚組でBOX入りのレコードが目に飛び込んできました。見れば「ベートヴェン交響曲全集 フランツ・コンビュチュニー指揮/ライプチッヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団」日本で発売されたレコードではなく、輸入された物でも有りません。値段を見ると300円!1枚当り50円!・・・・・中古レコード屋なら検品と、それなりのメンテはしてあるのが普通ですし、コンディションのレベルも記してありますが、この店にそれを求めても無理な話です。置いてある風情から駄目元と覚悟して衝動買い!・・・
帰宅後、改めてコンディションを確かめると、埃の酷さに唖然!期待感は100%潰えました。が、それでも、一応の掃除をして試聴!酷いノイズ(放送終了後も点けぱなしのTV)の間から音楽が鳴っている感じで聴けた物じゃなかったのです。それから一年ほど経ち、忘れ去られていたそのレコードの思い出話が切っ掛けで、ある方へ貸し出す事になりました。数日が経ったある夜、その方からの突然の電話。声は興奮気味!声の向うからはベートヴェンの交響曲7番が聴こえていました。話を聴けば、「最初は酷い状態だったレコードを徹底的に掃除したら、其処からは、信じられない録音の良さと素晴らしい演奏が聴こえてきた。このレコードの演奏は重厚さに気品を保ち、衒いが無いのに最初から最後まで訴求力が有る。凄いお宝だ!」と絶賛の電話でした。後日、手元に戻ってきたレコードを、その時に知った洗浄液で更に、メンテしてやりました。今では、6枚とも素晴らしい音質で素晴らしい音楽を聴かせてくれます。その一ヵ月後、30人程のクラシック好きが月一で集うクラシックレコード鑑賞会で披露した時は、曲の終了時には、生でもないのに幾人かが拍手し、もっと多くの方の目が潤んでいました。
これに味をしめてからと言うもの、1960年代の諦めていたレコードが何枚も現役復帰しました。
この時に使われたのが、「レイカバランスウォッシャー」でした。
http://joshinweb.jp/srh.html?QS=33&QK=REIKA&x=20 …
真実を書いているのですが、これだけ褒めると、まるでレイカの営業社員か、回し者の様ですね。我ながら笑ってしまいます。・・・・が、無関係です。  (報酬は貰っていません、、、、)

さて、私の使い方は・・・・・
レコードをターンテーブルに乗せ、45回転で回し、A液を凡そ10滴程盤面に垂らします。
正方形の専用紙を、そこから更に1/8に畳みます。長方形になっている畳まれた専用紙を、右手の人差し指と中指で挟みます。この時、指の長さと専用紙の長辺とが同じ位の長さで挟める筈です。
回転しているレコードの溝と直角方向に軽く紙を当て、手指を動かさず静かに、ソフトに盤面を滑らせます。(注意=溝と同じ方向で一方方向のみ!!!・・・)
同一場所での時間的な長さは、一応の目安として20~30回転位かな!!・・・一度で盤の外側から内側までの全てをカバー出来ませんので、未だの所を同じ様にして拭きます。
カビや埃は、液で専用紙や盤面が濡れていないとレコードから専用紙へ移動しません。ですから、最初は少し多めに使った方が、効果が発揮し易いと思います。
十分に拭けたと思ったら、別の乾燥している同形に畳んだ専用紙で、水分を徹底的に拭います。この時も、人差し指と中指に同じ様に挟み、同じ位の圧を掛けて下さい。
これで、盤面の水分は、見た目では無くなっている様に見えるでしょうが、溝の底までは拭取れていませんので、更に別な乾燥した専用紙で、もう一度、拭き取って下さい。
拭き取る専用紙に触っても湿りを感じなくなったら略拭き取れていると思います。
試聴してみて、カビや埃によるノイズが有ったら、最初の工程から繰り返します。(専用紙はレコードの汚れ具合によって、使える頻度が変わります。一回毎に棄てる必要はありませんが、勿体無いからと使い過ぎると汚れをレコードに移していまいかねません。)
何例か経験すると、液の量や専用紙の使用限度が解って来ると思います。
尚、私の伝っているターンテーブルは、ダイレクトドライブで、かなり
トルクが強いです。トルクが弱いと、この方法では回転が止まってしまいます。又、ベルトドライブ式では、キャップスターンやベルトに掛ける負荷が悪影響になるかもしれません。
説明書とは多少違っているかも知れません。
【参考記事】http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

最後に、バランスウォッシャーが、如何に優秀でも、全てのレコードを救える訳ではありません。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます。
色々と手間をかければ甦る事もあるんですね。

今使っている機器は30年近く前に購入したもので、その当時はCDやデジタルなど無いので
FM,カセット,LPがメインソースで、聞いていたのはブリティッシュロック中心でした。
いかによい受信状態でFMを聴きエアチェックするか、いかに最適の録音レベルでLPからカセットに録音するか、などにガンバッテいたような記憶があります。

その時には存在すら気にも留めていなかった、JAZZやクラシックを聴くようになり、
30年前のレコードプレイヤーを復活させました。
それらの機器は、その当時よりいい音を奏でているような気がします。

いろいろ試して自分なりの方法を見つけてみます。

お礼日時:2008/11/23 21:27

目で見て綺麗なのに、ノイズがひどい!というのは


埃や瑕が原因ではありません。
瑕なら、まず目でよく見たらわかるでしょう。
埃なら、レコードが白っぽく見えます。

どなたも回答していませんが、実はレコードをプレスする時には
離形剤というのを使用します。いわゆる油です。
これにより綺麗にプレスできるのです。
レコードにこの油が残ります。僅かですがこれが
ノイズの原因になる場合は、目で見て綺麗なレコードなのに
ノイズだらけ、ということになります。
決して埃や瑕だけではありません。

油ですから、水で洗ったって落ちません。
私も実践していますが、洗うときに薄めの界面活性剤を少量
加えるのです。(食器用の中性洗剤が良いです。必ず中性の
文字を確認して下さい。殆どの洗剤はアルカリ性です)
水に溶かして、少しあわ立つくらいの割合です。

レーベルを両側から挟んで、水に濡らさないようにする
器具がありますので、それを使用して、この洗剤で洗うのです。
このとき、ブラシを使うと良いのですが、スポンジでもOKです。
あまりゴシゴシこすらずに行って下さい。
すすぎは完全に何度も行って下さい。

私は食器用の皿立てを用意して、水をきったレコードを立てます。
最低でも2時間くらいは乾燥して下さい!
これでOKです。見事にキズ以外のノイズは消えます。

カビによるノイズは、この方法でかなり取れますが
カビが侵食してキズになると取れません。
私も色々な洗剤を試しましたが、今はIVORYの食器用洗剤を
薄めて使っています。
    • good
    • 9

埃や傷が原因です。



CDにわざとその様なノイズをいれている楽曲もあります。

V溝を針でトレースして凸凹をカートリッジで電気信号に変換しています
ので、まっさらなアナログレコードでも皆無ということはありません。
再生に使用するカートリッジの針もクリーニングされていなければ、
同様ですし、磨耗していても発生します。
クリーナも使い方では音溝に固まるとノイズになります。
いろいろと、手間がかかることも多くやっかいですが、
私たちには懐かしいノイズです。

中古レコードを購入する場合にも同じタイトルの盤を
それこそ目を「針のようにして」傷がないか調べていました。

いまなら、一度PCに取り込むなどしてデジタルデータにすれば、
ノイズ成分の除去は、簡単に出来ます。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。
せっかくのアナログをデジタルにするのはもったいないですね。

お礼日時:2008/11/22 17:40

ホコリです。

レコードは帯電しやすくホコリを付着させます。大きいホコリ(目に見える程度)はクリーナーで取れますが、溝にはまり込んだホコリは、はまり込んでいてなかなか取れません。帯電防止スプレーをしてクリーナーで拭いたら少しはマシになりますが、高価なスプレーをしてもナガオカのスプレーをしても大差はありません。

それとレコードのレーベルによってパチパチノイズが違います。古い話で申し訳ありませんがクラシックではRCAはひどくCBSはマシという感じです。

ホコリを付着させないのが一番ですが、中古だとそういうわけにはいかないでしょうね。それで水洗いする手があります。これは簡単なのですが、乾くときにまたまたホコリを誘うので、その点を気をつければ気軽にできますし、webを検索されるとよいと思います。もう一つは木工用ボンドを水で薄めて乾いたところを剥がすという方法があります。こちらは水洗いでも取れないような頑固なホコリまで取れますが、作業が1日以上かかりますので、まずは水洗いを試されたらどうでしょう。

それから湿式のクリーナーが市販されていて、イメージ的には取れそうな気がしますが、いい結果があまり出たことがありませんでした。いずれにせよ捨ててもいいようなLPで試してみたらいいと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。やはり水洗いでがかんたんそうですね。
よく聴く古いJAZZでは多少のノイズもいい感じで気になりませんが、
クラシックの時はやはりノイズなしで聞きたいですね。

お礼日時:2008/11/22 17:36

音溝に食い込んだ微小な塵が原因になる場合が多いようです。

特に古くなった針で、過大な針圧で、複数回再生された場合にはなかなかノイズが取れません。
流水で録音面(レーベル面は濡らさないように)を洗う方法や、木工ボンドを音溝に塗って乾かしてから剥がす方法などありますが、ナガオカのStat-Ban562をスプレイーしてから一回針を通しますと音溝に刺さっていた塵が浮き上がって白い固まりになって浮いてきます。
特に中古レコードショップで店晒しになっていたようなレコードに効果がありました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。水洗いは効果ありそうですね。

お礼日時:2008/11/22 17:34

構造上、有る程度のノイズは仕方有りません。


レコード盤にも傷があるでしょうし、小さな埃を噛んでもノイズになります。
摩耗による傷だけでなく、製造時の細かい傷だって完全には無くならないでしょう。
クリーナーには摩擦による帯電防止や、滑りを良くする効果がありますので使うのはお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2008/11/22 17:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレコードのノイズを何とかしたい

レコードをデジタル化しているのですが、ノイズがきつくて話になりません。


レコードをプレーヤーの外部出力からPCに入れ、

SoundEngine Freeで音量の正常化、コンプレッサーをかけ
Audacityで、ヒスノイズとクリックノイズの除去をしているのですが
「音割れ」したような状態になってしまい、なかなか聞くのが厳しいです。

これはPCでの作業でなんとかなるものなのでしょうか?


それともPC上では解決できない盤の問題で、レコードプレーヤーの調整や針の交換などでも軽減されるものなのでしょうか?

その場合、どのような作業を取るべきでしょうか?

どうか、ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

4です。
レコードプレーヤーは5千円くらいの中古で十分でしょう。ただし、正常動作の物。販売時の値段が高かった物がよいです。オークションの場合、安物だった物をレアとか高級とか言って出品している場合がありますので、そういう文句の物は避ける。
オーディオの足跡で販売時価格の参照は出来る。
http://audio-heritage.jp/

現在各社から、PCにUSB接続できるレコードプレーヤーが出ていますが、今お使いの物の良くて兄貴分程度の代物です。SN比が悪い(サーと言うノイズレベルが高い)ので、デジタル処理でノイズを取ると細かい演奏部分やピアニッシモ程度の音量の部分も無くなってしまう可能性もあります。ソフトウェアの能力次第ですが、かなり聞こえなくなると思った方がよいでしょう。
また付属の針も安物ではっきり言って、今お使いのプレーヤーと大差ないかと。

レコードクリーナーは、コロコロは溝の奥まで届かないようで(家にもありますので)いまいちスクラッチノイズが残ります。
面倒ですが、2液性のレイカ「バランスウォッシャー33」がお勧め。5千円以内で買えます。
これだけあれば50~100枚はクリーニングできます。
ただ付属している拭き取り用のビスコという特殊な不織布は20枚なので、途中でなくなります。
代わりにホームセンターのカー用品コーナーやカーショップにある拭き取り用の不織布のタオルで結構です。回答者は、ケイヨーD2で売っているボディぴかぴかタオルを使ったりします。毛羽も立たずきれいに拭き取れます。20枚入りで298円です。

中性洗剤で洗うですね。全く問題有りません。良くお風呂で洗っています。台所用の洗剤でよいです。これを上記のボディぴかぴかタオルを使い洗いますと、かなりカビや溝の中のゴミなどがとれて、あとでクリーニングが楽でよりきれいになります。レーベルは気にしないなら、保護しなくても良いです。一部のレーベルはふやけたりしますが、洗った後素早く水気を拭き取ればほとんどの物は大丈夫です。乾燥は、ドライヤーでバンバンやって良し。ただ1カ所に温風を当てない事。曲がる事があります。

クリーニングした後は、レコードの内袋を新しい物にしないとい以前のホコリやゴミ・カビがまた付きます。出来れば新しい物に替えてください。オークションなら、送料込み100枚1500円以内で入手可能です。

カートリッジは、MMタイプの新品で1万円以内で買える物ならなんでも良いと思います。選べるほど種類がないので、入手できる物を。これもオークションですが、シュアのM97Xeが1万円以内で入手できます。お勧めかな。通販でオーディオテクニカのAT150Tiを持っているところがあれば、これもお勧め。
中古品は、程度次第。あまり古くてサビの出ているもの、針の減っている物には手を出さないと。

アンプは、要求内容からしてプリメインアンプをお持ちなら内蔵の物で十分でしょう。

ここまでで2万円以内かなと。

PCへ取り込むインターフェースですが、今お持ちの物で不満なら買い換える程度でよいと思います。

録音レベルですが、おおよそ-2dBくらいにいしておいて、0dB以上の部分のみコンプレッションを掛けるで良いと思います。
レコードにする時に調整された音ですので、いじくる必要はないと思います。

今、PCで昔作ったCD-R を聞いています。上記のレベルの機材+実売価格4万円のCDレコーダーで制作しました。44.1kHz16bitで最初から録音した物です。
コンプレッションは掛けていません。エフェクトも掛けていない。ノイズ除去もしていない。
でもきれいに聞こえます。スクラッチノイズがたまにと、サーというトレースノイズが無音部分で気になるだけです。



 

4です。
レコードプレーヤーは5千円くらいの中古で十分でしょう。ただし、正常動作の物。販売時の値段が高かった物がよいです。オークションの場合、安物だった物をレアとか高級とか言って出品している場合がありますので、そういう文句の物は避ける。
オーディオの足跡で販売時価格の参照は出来る。
http://audio-heritage.jp/

現在各社から、PCにUSB接続できるレコードプレーヤーが出ていますが、今お使いの物の良くて兄貴分程度の代物です。SN比が悪い(サーと言うノイズレベルが高い)ので、デジタル処理で...続きを読む

Qハイレゾ音源とレコードはどちらが良い音?

去年は新聞やフリーペーパー等の媒体で、「ハイレゾ音源はCDより音が良い」という記事を沢山目にした一年でした。しかし一点疑問点があります。ハイレゾ音源が「CDと比べて音が良い」という記事は沢山見かけたのですが、「レコード(いわゆるアナログ盤)と比べても音が良い」という記事は目にしませんでした。ハイレゾ音源は、レコードと比べても音が良いのでしょうか。レコードには、CDでは大幅にカットしてしまった音域が存在するので良い音だと昔から知っていましたが、最近登場したハイレゾ音源も、CDよりも幅広い音域を有するという事は、ハイレゾ音源とレコードには共通性があると思うのですが、それでもやはりレコードと比べてもハイレゾ音源の方が良い音質なのでしょうか。もしレコードよりもハイレゾ音源の方が良い音質の場合、具体的に数値上で言うとどのくらいの差なのでしょうか。微々たる差なのでしょうか。それとも圧倒的な差なのでしょうか。

またこれとは別に、数値上はCD<レコード<ハイレゾ音源の順に音が良いとしても、音声信号の種類はCDとハイレゾ音源は「デジタル音声」なのに対しレコードは「アナログ音声」ですが、聴こえ方と言いますか、聴いていて快感に感じるのはハイレゾ音源とレコードのどちらなのでしょうか。もちろんこれには個人差もあると思うので一概に言えないと思いますが、この点も併せて御回答お願いします。

去年は新聞やフリーペーパー等の媒体で、「ハイレゾ音源はCDより音が良い」という記事を沢山目にした一年でした。しかし一点疑問点があります。ハイレゾ音源が「CDと比べて音が良い」という記事は沢山見かけたのですが、「レコード(いわゆるアナログ盤)と比べても音が良い」という記事は目にしませんでした。ハイレゾ音源は、レコードと比べても音が良いのでしょうか。レコードには、CDでは大幅にカットしてしまった音域が存在するので良い音だと昔から知っていましたが、最近登場したハイレゾ音源も、CDよりも幅...続きを読む

Aベストアンサー

普段LPを愛聴している者です。e-Onkyoのハイレゾ音源も時折DL購入していますが、イマイチ物足りません。歪みもノイズも少なすぎて、蒸留水のような感じ。音楽を洗濯・漂白してしまったように聞こえます。

ハイレゾは確かに高音質ですが、なんか心に迫ってくるものがない。どこかよそよそしいんですね。試みに同じ音源のCDデータをPCに取り込み、アップコンバートしてハイレゾと聴き比べてみたら、どっちも機械的に作られたような冷たさがあって、大して変わりませんでした。

一方LPは、オーディオIFで再生音をPCに取り込み、波形編集ソフトで表示してみると、波形がものすごく汚れています。音に歪みが載っている証拠です。

しかしその歪みこそが、生々しさ、迫力、温もり、潤い等々、物理特性では説明できないLP独特の味わいの秘密のようです。こうなるともはや、良し悪しではなく好き嫌いの問題でしょうね。

ただ、LPで困るのはCDと違って製品ムラが多いことです。

ベテラン技師が細心の注意でマスタリング~カッティングしたLPは天上の音楽かと思うほどの美音を奏でますが、雑に製作されたLPの音は雑音でしかありません。

また、ていねいに製作されたLPも、レコードプレーヤーの性能が不十分だったり針が摩滅していたりすると、スマホやガラケーのスピーカー以下の音しか出しません。

CD&ハイレゾ=デジタルの再生音は平均してそこそこいい音だが、極端にいい音はない。LP=アナログは、いいものは極端にいいが、悪いものは極端に悪い。これが結論です。

普段LPを愛聴している者です。e-Onkyoのハイレゾ音源も時折DL購入していますが、イマイチ物足りません。歪みもノイズも少なすぎて、蒸留水のような感じ。音楽を洗濯・漂白してしまったように聞こえます。

ハイレゾは確かに高音質ですが、なんか心に迫ってくるものがない。どこかよそよそしいんですね。試みに同じ音源のCDデータをPCに取り込み、アップコンバートしてハイレゾと聴き比べてみたら、どっちも機械的に作られたような冷たさがあって、大して変わりませんでした。

一方LPは、オーディオIF...続きを読む

Qフォノ入力からのノイズ

フォノ入力からのノイズに困っています。(アンプはソニーTA-F555ESR)
アンプの経年変化によるフォノ入力の劣化が原因かと考えていますが、
レコードプレイヤーを正規にフォノ入力した場合のみノイズが発生する事がわかりました。
ボリュームを9時以降回した辺りからノイズが目立ち始めます。ハムノイズのような音です。しかもレコードプレイヤーの電源は入れていないにも関わらずです。
ほかに試した事を紹介すると、
CDプレイヤーをCD入力ないしは別のライン入力した場合はノイズはありません。
CDプレイヤーをフォノ入力した場合、ボリュームのみの操作でもノイズはありません。
(音を出した場合は当然歪んでしまいますが。)
レコードプレイヤーをCD、ないしはライン入力の場合、ボリュームのみの操作でも
ノイズは出ません。(音を出した場合は当然音は小さい音で鳴りますが。)
ちなみにレコードプレイヤーは電源、アームのインナー、
音声のケーブル類を交換してあります。
どのような事がノイズ発生の原因として考えられるでしょうか?
やはりアンプの経年変化による劣化が原因でしょうか?
宜しくご回答のほどお願いします。

フォノ入力からのノイズに困っています。(アンプはソニーTA-F555ESR)
アンプの経年変化によるフォノ入力の劣化が原因かと考えていますが、
レコードプレイヤーを正規にフォノ入力した場合のみノイズが発生する事がわかりました。
ボリュームを9時以降回した辺りからノイズが目立ち始めます。ハムノイズのような音です。しかもレコードプレイヤーの電源は入れていないにも関わらずです。
ほかに試した事を紹介すると、
CDプレイヤーをCD入力ないしは別のライン入力した場合はノイズはありません。
CDプレイヤーを...続きを読む

Aベストアンサー

プレーヤーをメンテナンスされたことと挙げられた症状から以下の点が疑われます。

・音声ケーブルの+線か-線のどちらかがトーンアームに接触している

・アース線がトーンアームとの接触が不十分

・音声ケーブルとアース線が接触している

ケーブル類を交換されたとのことから端末処理やはんだ付けの不備が考えられます。
そのためにプレーヤー側でハムノイズを誘引しているのでしょう。
そう考える要因が
「CDプレイヤーをフォノ入力した場合、ボリュームのみの操作でもノイズはありません。」
からです。
アンプ側の経年劣化であれば何を繋いでもノイズは出るはずです。

プレーヤーの音声ケーブル、トーンアーム内部コードそれぞれを今一度チェックしてみてください。
たった一本の素線がはみ出していたのが原因だったりします。

Qレコードの音割れ

オーディオ初心者です。
レコードプレイヤーにアンプとスピーカーをつないでレコード鑑賞をしています。
最近、アンプとレコード針を取り替えました。
その結果、レコードをかけると音割れが目立つようになってしまいました。
レコードの種類によって音割れがほとんどないものから聞くに堪えないほど割れるものまで様々ですが、総じて交換前の状態よりはひどくなっています。
ラジオ等を聴く際には音割れしないので、スピーカーやアンプではなくレコードプレイヤーの問題と考えてよいでしょうか?
(アンプが以前よりよいものになったので今までは見過ごしていたノイズも拾ってしまうとか…そういうこともありえますか?)

ちなみに交換したレコード針は、前に使ってたものとまったく同じものです。単に壊れたから買いなおしただけで、ランクアップしてません。

せっかくまたレコードライフが楽しめると思っていたのに音割れに悩まされています…原因と考えられるものと対処法を教えてもらえると嬉しいです!

Aベストアンサー

原因としての可能性は。
1、針圧の不適正
2、針のつけ方の不適正
3、カートリッジ部の接触不良
4、イコライザの故障

1についてもし針圧の調整がわからなければ、針圧0にすることはできますか?
できれば0にして(針が少し浮く程度)カートリッジの上に一円玉2~3枚載せてくださいこれで針圧は2~3gになります。
試してみてください。これで割れなければ針圧の問題です。
正規の2.5gに調整しなおしをします。
2のケースですが、良くあるパターンなのでもう一度つけなしてみてください。つけ方が悪ければなおるはずです。
3も同じくよくあるケースです。ねじ部をよくつかんで締めなおしを試してください。
4はあまり考えられませんが、他の正常なプレーヤーをつないで確認するしかありません。

Qレコードのソリを治す方法

早速ですが

重量級180g レコードが 10年ぶり位に 引き出したら 反ったようです。

端の方 外周から 5cm 位 内側に入った所から ゆっくり 反り、はねているようです。

垂直とはいえ、少しは斜めですから、重い分、ハンディなんでしょうか
その周りの普通のレコードは何でもないです。

何かうまい方法で、このそりを修正する事は可能でしょうか

Aベストアンサー

ガラス板などで挟んでコタツの上に長時間置いて直した記憶があります。

検索して見ました。
http://www.lifehacker.jp/2010/01/post_1343.html
http://www.amazon.co.jp/ORB-ORB-DF-01-%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%96/dp/B0008JIEL0

Qレコードのクリーニングについて

最近から、レコードを聴くようになり、
中古レコードを買い集めたりしているんですが、
中にはプチプチといったノイズが酷い盤があり、
水洗いをして、タオルで拭いたりしてみたんですが、
あまり効果が無いようで、どうしようか、と考えています。
まず、タオルの繊維では溝の奥深くまで埃を掻き出す事はできないと思うのです。
あるサイトではティッシュやキッチンペーパーを使ったクリーニングを
薦めていますが、これは効果があるのでしょうか・・・?
ティッシュカスが溝に入り、逆にノイズが増えそうなんですけどね・・・。
ここは素直にバランスウォッシャー一式を買った方が良いのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も最近古いレコードを引っ張り出して聴いているのですが、同じようにほこりとノイズに悩まされていました。昔のクリーナーがあったのですが、硬くなったりカビが生えていたりで使えなくて悩んでいたところ、子供が100円ショップで買った高密度スポンジで遊んでいたので、ものは試し、と思い軽く絞った物と固く絞った物でやってみたところ思っていた以上に効果がありびっくりしました。最初の無音部分のプチプチのノイズや気になっていた部分が綺麗に聞こえた時は大喜びで30年ほど昔の初めて買ったコンポをドキドキしながら聴いたときの感動がありました。水分には気をつけないといけませんが、小さくきったものを3個くらい組み合わせてみるといいみたいです。専門家に言わせるとどうか知りませんがとりあえず私が聞いている分には問題ありません。もしよろしければお試しください。また、それはまずいとおっしゃる方がいられたらその理由を教えてください。

Qレコードプレーヤーによる音の違いはあるか

現在、デノンのDP-1300IIを使っています。

季刊アナログ誌によるとプレーヤーによって音が変わるとのことですが、納得がいきません。
音を決めるのはカートリッジのはずです。

勿論、1~2万円のプレーヤーでは難しいと思いますが、ある程度(DP-1300II)以上なら余程悪い環境でない限りは99%位はカートリッジが支配することになるはずです。

趣味としてガチガチのプレーヤーを使用することを否定するものではありませんが。

そんなにプレーヤーによって音が変わるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

「音に違いがあるか?」「音の良い・・・は?」の質問が本当に多いですね。どのように感じ取れるかは人それぞれ違うでしょうが、音に違いがあることは間違いない事実ですね。ただそれが良い音とどう関係するかは、人それぞれの好みになるいますから、別の問題と思います。
50年オーディオにかかわってきましたが、ブラインドテストをすると、その評価のばらつきに唖然としてしまいます。フェアな形(価格帯も分けずにランダムに)でのブラインドテストが行われれば、おそらくカートリッジ以外での聴き分け(評価)は相当にばらつくものと思います。その観点からすれば、ご質問者のご意見には賛同します。
しかし、ココで重要な事は何かと言うと、趣味としての所有する喜びが、各々の機種にあるかと言う事です。特にアナログプレイヤーは手にふれる、調整するなど、趣味性の高い分野です。たとえば、SMEのアーム、ガラードやトーレンスなどのターンテーブルは触れる眺めるなどの点から、音を度外視してしまう魅力があります。
ハイエンドの世界ではダイレクトドライブよりベルトドライブに人気があるのは、音の違いよりもその構造から来る魅力であると言えます。違いが分かると言われる方もいますが、フェアなブラインドテストで行ったら全く違う結果が出る事を何度も経験しています。
ダイレクトドライブでもエクスクルーシブP3が別なのは、あの重量感とデザインが大きく所有感をくすぐるからです。マイクロの8000などもその部類ですが、マシーン的な外観が所有欲を注がれる人とそうでない人を分けると思います。
ご質問と違う話になってしまいましたが、DP-1300IIであれば、余り評価を気にせずにカートリッジの変化でいろいろな音を試されたらと思います。

評価から逃れる方法はただひとつ、良い音とか、自分の好きな音とかではなくて、そのプレイヤー本体にあなたが寄り添う事に尽きます。DP-1300IIにあなたが寄り添えるならば、もう何も必要ないでしょう。しかしご質問されている事自体から、寄り添うべきプレイヤーではないと言う事になります。
データ上の進歩はあっても、所有欲を満たすものと言うのは本当に少なくなりました。私であれば、アナログ全盛の時代のトーレンスやガラードにSMEやオルトフォンのアームを選択し、聴くと言う事以外に手入れや調整に楽しみを見つけます。ただこの場合は、アンプやスピーカーもそれに見合った物でないとバランスが悪いでしょう。このバランスと言うのは音の観点よりは、所有欲と言う事になります。低価格でも品位の高いアンプやスピーカーは新製品でもあるでしょうが、最近の日本製品には見当たりませんが・・・。マッキントッシュ(アンプ系)、クウォード(アンプ、コンデンサーSP)など、この辺りの程度の良い中古品で組みなおしてアナログを楽しめば、評価の呪縛から逃れられると思います。
そして、現代のオーディオにはPCオーディオをプラスする。PCオーディオは超デジタルゆえ、雑誌で言われるほどの音の差は出ませんし、出ていようがどうしようが、なんといってもアンプ、SPがそんな些細な違いを超えた世界を作ってしまいますから。

所有する喜び、その機器に自分が寄り添う事。この事でオーディオの世界が一変します。毎日手入れが楽しいですよ。

「音に違いがあるか?」「音の良い・・・は?」の質問が本当に多いですね。どのように感じ取れるかは人それぞれ違うでしょうが、音に違いがあることは間違いない事実ですね。ただそれが良い音とどう関係するかは、人それぞれの好みになるいますから、別の問題と思います。
50年オーディオにかかわってきましたが、ブラインドテストをすると、その評価のばらつきに唖然としてしまいます。フェアな形(価格帯も分けずにランダムに)でのブラインドテストが行われれば、おそらくカートリッジ以外での聴き分け(評価)...続きを読む

Qアナログカートリッジによる音の違いはどの程度?

オーディオ暦は30年ほどになりますが、当初から普段は録音したものかCDばかり聞いていて、アナログは経験も知識も乏しく、質問させて頂きました。
長年、デノン(当時はデンオン)の DL-301II を使っています。というか、もう何(十)年も使っていなかったのですが...
再生時間的にそろそろ交換してもいい時期でもあるのですが、それより長年の経年劣化が心配で、新調することにしました。(針圧に耐えられなくてグニャっといって大切なレコードを傷めないか心配で、レコードかけられません。笑)
レコードのデジタルアーカイブ化も、もういい加減に真剣に実施したいと思っています。

そこでDL-301IIのまま新調するか、いっそもう少し上のグレードのカートリッジにしてみるか、迷っています。しかし、カートリッジ交換でどれほど音が変わるのか見当が付かず、視聴もままなりませんし、皆さんにお聞きすることにしました。

◆質問◆
アナログカートリッジの機種やグレードによる音の違いは、どの程度のものなのでしょうか?

たとえば、オーディオ機器で(音調・音質ともに)一番音が変わるのはスピーカーだと思います。
他(アンプやDAコンバータ)は私の経験では皆そこそこで、変化の度合いとしては似たり寄ったりかと思います。どれもスピーカを変えた時ほど劇的な変化はしません。カートリッジはどうなのでしょうか? また今まではプリメイン内臓のフォノアンプしか使ったことがないのですが、専用のフォノアンプや昇圧トランスを使った場合の変化がどの程度のものなのかも教えて頂ければとも思います。
また目的は日常の鑑賞ではなく、アナログのデジタルアーカイブ化です。よって、録音には昇圧トランスだけを使ってフォノEQ回路無しの直結録音も検討しています。その場合は後でパソコン上でデジタルEQによるフラット化した観賞用WAVを作成することになります。

現用の(CD再生用の)私のシステムは、中古やプチ改造品の寄せ集めで具体的に何を使っているとは言えないのですが、まぁそこそこ音に自信はあるシステムです。4way(近々5way予定)のマルチです。(くれぐれも 4ch や 5.1ch じゃないですよ。2ch一直線です♪)
音の好み(希望)としては、音色付加が無く、ありのままをそのままに解像度よく再生してくれる物を希望します。

うまく文章をまとめられなかったのですが、よろしくお願いします。

オーディオ暦は30年ほどになりますが、当初から普段は録音したものかCDばかり聞いていて、アナログは経験も知識も乏しく、質問させて頂きました。
長年、デノン(当時はデンオン)の DL-301II を使っています。というか、もう何(十)年も使っていなかったのですが...
再生時間的にそろそろ交換してもいい時期でもあるのですが、それより長年の経年劣化が心配で、新調することにしました。(針圧に耐えられなくてグニャっといって大切なレコードを傷めないか心配で、レコードかけられません。笑)
レコードのデ...続きを読む

Aベストアンサー

正確な言い方とはいえませんが、スピーカーの音質の差を100とすれば、カートリッジは10から20程度、アンプは0.1程度(あるいはそれ以下)DACはもっと差異が少ないという感じでしょか。

かつてはサテンやFR、STAXなど個性的な製品が多くあって、レコードごとに合うものを換えながら聞いたものです。
例えばサテンは独特の高音でバロックにはぴったり、FRは絹のような繊細な音でしたが、あまりにも出力が小さくて苦労しました。でも今はそれほどの選択肢はないですね。

DL-301II も良いカートリッジだと思いますが、永久保存用にデジタル化するのならば、この際DL103に買い替えが良いかなと思います。
この製品はスタンダードといっても良いもので、殆どのジャンルの音楽を素直に再生してくれると思います。
私はDL103Sを長年使ってきました。いろいろな製品を使って最後に残ったのがこれでした。
が、これはもう廃番で針交換ができません。この次はDL103にしようと思っています。
最近時々新製品が出てるようですが、どれも異常に高価なものばかりで、そこまで出してアナログを聞くのかという疑問を感じます。
その点でも上記の製品は価格と性能のバランスがよい製品だと思います。

正確な言い方とはいえませんが、スピーカーの音質の差を100とすれば、カートリッジは10から20程度、アンプは0.1程度(あるいはそれ以下)DACはもっと差異が少ないという感じでしょか。

かつてはサテンやFR、STAXなど個性的な製品が多くあって、レコードごとに合うものを換えながら聞いたものです。
例えばサテンは独特の高音でバロックにはぴったり、FRは絹のような繊細な音でしたが、あまりにも出力が小さくて苦労しました。でも今はそれほどの選択肢はないですね。

DL-301II も良いカートリッジだと思いますが...続きを読む

QLPレコードの洗浄方法

LPレコードを楽しんでいますが、避けて通れないのがスクラッチノイズです。ノイズがひどい場合は洗面所のシンクに中性洗剤を入れ、スポンジで洗っていますが効果は今一です。超音波を使ったレコード洗浄機も市販されているようですが高価で手が出ません。市販の専用スプレーも試してはみているのですが、一長一短・・・・。どなたかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

他の方が仰るとおり、スポンジでは音溝の奥まで
届かないと思います。
こんなクリーナーはいかがでしょう。
エクセルサウンドES-180
http://diskunion.net/acc/ct/detail/ACS-564
似たような製品(高いですけど)
http://diskunion.net/acc/ct/detail/ACS-879
この手のクリーナーで洗剤を使って丸洗いすれば、
音溝の底の粒子状のゴミもかなり取れると思います。

これらが手に入らない、または高いという場合は・・・・
デンターシステマ、歯ブラシです。
http://systema.lion.co.jp/product/systema_brush.htm?showNavi=1
かなり実績がありますし
http://www.asahi-net.or.jp/~zi2a-hsgw/(これのブラシ部分)
私も使って効果ありでした。
こんなの作っちゃう人もいます。
http://vyniljunkie.seesaa.net/article/6093642.html
(中程です)
丸洗い後の拭き取りは、化粧用のパフが良さそうです。

私は30年程前に、バキュームクリーナーを購入、
現在に至っております。こいつの同等品。
http://diskunion.net/acc/ct/detail/ACS-305
当時は\30000ぐらいでした。
大変優れ物なんですが、付属のブラシがヤワいんですね。
そこで、デンターシステマの登場なんです。
ここまでやってダメなら、あとはレコードの傷って感じです。

実はこの辺の情報は、2chで得られた物が結構あります。
ピュアAU板の「レコードのクリーニング」スレ。
アホなレスもかなり多いのですが、時に役立つ
情報もあります。
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1364565364/l50
ヒマがあればどうぞ。

他の方が仰るとおり、スポンジでは音溝の奥まで
届かないと思います。
こんなクリーナーはいかがでしょう。
エクセルサウンドES-180
http://diskunion.net/acc/ct/detail/ACS-564
似たような製品(高いですけど)
http://diskunion.net/acc/ct/detail/ACS-879
この手のクリーナーで洗剤を使って丸洗いすれば、
音溝の底の粒子状のゴミもかなり取れると思います。

これらが手に入らない、または高いという場合は・・・・
デンターシステマ、歯ブラシです。
http://systema.lion.co.jp/product/systema_brush.htm?s...続きを読む

Qアナログレコードを聴いているとサ行が濁る。(歪む?)

アナログレコードを聴いているとサ行が濁るように聞こえるの(シの場合シィッという感じです)ですが原因はなんでしょうか?これを改善する方法ありましたら教えてほしいのですがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

レコードの洗浄方法、それでよろしいかと思います。
僕はちょっと強引な方法でカビ取りスプレーでカビを除去しました。レーベルに溶液が付着しないように注意して。

さて、あとチェックするところは針圧ですが、お使いのカートリッジは僕は全然知りません。

最適針圧+10% 程度上げてみてはそうでしょうか。
カートリッジがしっかりとヘッドシェルに取り付けられているか、ビスが緩んでいても歪のように聞こえます。

もうひとつチェックする箇所。
スピーカーの音を完全に絞って、レコードを演奏します。周囲を静かにして、ヘッドシェルに耳を近づけます。
このとき、かすかにでも音が聞こえてきたらヘッドシェルやカートリッジのハウジングが振動しているわけで、これが再生音に悪影響を及ぼします。

ヘッドシェルにグレードの高い製品を使いますとこの振動が聞こえなくなってきます。

僕の場合、オーディオクラフト製のヘッドシェルに交換してから、この音が全くと言っていいほど聞こえないところにまで追い込むことができました。ちなみに価格は10,000円ほど。

スタイラスクリーナーは下のURLから。
高価な製品は必要ありません。
(他にも「スタイラスクリーナ」で検索をかけてみてください)

付属のブラシに少しだけ溶液を“浸け”て、針先を根元から先方向に一方通行で、数回撫でるようにブラッシングします。
溶液は針先に“付け”すぎないように注意します。
溶液で洗浄した後は、普通のブラシで余った液体を取り去ります。
付けすぎたり、針先に液体を残したままにすると、本体部分に浸み込んでゆくので注意してください。

更に#4さんのアドバイスと併せて調整、メンテナンスを行ってください。

参考URL:http://www.cisco-records.co.jp/cgi/title/other/detail_78069.php

レコードの洗浄方法、それでよろしいかと思います。
僕はちょっと強引な方法でカビ取りスプレーでカビを除去しました。レーベルに溶液が付着しないように注意して。

さて、あとチェックするところは針圧ですが、お使いのカートリッジは僕は全然知りません。

最適針圧+10% 程度上げてみてはそうでしょうか。
カートリッジがしっかりとヘッドシェルに取り付けられているか、ビスが緩んでいても歪のように聞こえます。

もうひとつチェックする箇所。
スピーカーの音を完全に絞って、レコードを演奏しま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング