大久保利通はどのような性格の人だったのでしょう?
薩摩藩士ですが剣術の腕前はどうなんでしょうか?
馬車に乗っているところを暗殺されたのでそれほど強くないのかなというイメージもなくもないですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

既に書かれている人がいますが剣術の腕前はそんなに上手くなかったのではないかと思います。


ただ暗殺時には刀を持っていなかったはずです。むしろ特筆すべきなのは、このレベルの高官が護衛を伴っていなかった事ではないでしょうか?
残念ながら理由は推測になってしまうのですが、同じ三傑の木戸が坂本や大村に護衛をつけろと言っていたにも係らず、自身には護衛をつけなかった事から考えると、大久保も自身の信条でつけることを望まなかったのでしょう。非常に肝の据わった人だと思います。

私は大久保という人物は自分の意で国家を動かそうとしていた人間だと思っています。(理由は後述)動機が私利私欲ではなく、日本の為にというのが今日の評価に繋がったのだと思います。

彼は岩倉使節団以後は変化するのですが、それ以前は旧幕臣の登用に非常に批判的でした。この為、渋沢栄一からは酷評されています。
また、彼は木戸を如何に抱き込んだ形で自らの政策を進めるかという事を考えました。
これは大久保一人では政府運営ができないからです。その為、非常に礼を尽くして辞職した木戸を引き戻そうとやっています。しかし、決して木戸の政策に賛同しているという事ではなく、交渉材料に過ぎないというべきで、そうした所に木戸は不信感を抱いていました。

廃藩置県においても旧来の殿様を県令として据える大久保と旧来の殿様の排除を求める木戸で対立します。結局木戸に引きずられる形になりますが、如何に廃藩置県が最大の改革かといわれるポイントは、この部分にあります。ですが主君との関係を見ると木戸と毛利敬親が良好な一方で大久保と島津久光は非常に険悪でした。
ここで注意して欲しいのは大久保一人で改革をやり遂げたのではないこと、彼が自分に不都合な施策でも最後まで責任を担い続けた事です。

三傑の他二人と比べると非常に人間離れした人だと私は思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

護衛をつけていなかったんですか。
はじめて知りました。
他の人のお礼にも書きましたが日本のことを必死に考えるいい政治家だったんですね。

お礼日時:2008/12/01 19:39

あまり詳しくはありませんが、



地元薩摩の為や、私利私欲では動かなかった人のようです。
“日本国家のため”だけに生きた人と思います。
自身の生活は苦しいのに、寄付はしていたようですね。

現在 大久保利通のような、日本国家の為だけに生きる政治家が欲しいですね。

無理かぁ~、、、。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

政府の有力者でも生活が苦しい人もいたんですね・・。

金持なのかと思っていました。

お礼日時:2008/12/01 19:41

余談ですが、大久保の人格が評価されだしたのは近年のことです。


昔は強行改革の大久保は評判が悪く、冷酷で私利私欲の権化だと思われてました。大久保が私欲を肥やしてなかったと世間にわかるのは最近のことです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
すごく日本のことを考えた政治家だったんですね・・・。

お礼日時:2008/12/01 19:34

幕末である意味最強の男です。


維新三傑の中でも最も心が強く、志が高く、思想を実行に移せる男だからです。
私情やを地元愛を仕事に持ち込み、征韓論問題で現実から逃げて鹿児島に帰った西郷隆盛は最終的には思想に殉ずる事をリタイヤしたことになる。
西南戦争など度重なる内輪モメに意欲を失った木戸孝允も心が弱い。
大久保だけは徹底していた。改革に大なたをふるい、新政府を乱す者は盟友だろうと潰し、親友の西郷さえも許さなかった。それこそ鬼となって中央集権化を進めた。しかし西郷が死んだ時、大久保は大粒の涙を流したらしい。
地元びいき(利益誘導・郷土人脈を優先)や私的感情で動く政治家が多い中、大久保だけは日本全体を見て新国家の成長だけを願い行動した。
明治政府で大久保は、地元びいきをしなかったおかげで地元から嫌われた。さらにワイロを嫌い私利私欲に走ることもしなかったおかげで借金を残して死んだ。
私情を挟まず、折れない心と思想と強い責任感を持ち、日本の強化にすべてを捧げた人生。
大久保は世間では冷酷で腹黒いイメージですが、実はこんな強い男だったんですね。
    • good
    • 1

暗殺時は馬車に洋装で、襲撃された時、書類を整理して


馬車より出て 無礼者といったのみで剣で応対はしていません(刀は
もっていなかったようです)
薩摩までは西郷と同じ道場で剣を磨きましたが、剣より学問
に興味があり、剣の腕はたいしたことはなかったといわれています

西郷と正反対の性格で冷静 沈着 無表情 権力欲旺盛であった
ようで政府の中では結構「嫌われていた」ようです

(詳しくは参考サイトで)

http://www.spacelan.ne.jp/~daiman/data/zatugaku0 …

http://www.page.sannet.ne.jp/ytsubu/index.htm

参考になれば幸いです
    • good
    • 1

勝海舟の『氷川清話』の「西郷隆盛の人物」に大久保利通の評が少し書いてあります。

また、この本か『海舟座談』のなかの、海舟が彼の座右の銘「明鏡止水」の言葉を紹介するときにも利通の評が書いてあったと思います。今それらの本の全部を調べていないので、興味があったら自分で調べて下さい。海舟から見ると利通は西郷さんと比べて小物に見えたようで、余り評判が良くないです。この機会に海舟の本を読んでみると良いですよ。大変面白くためになる本です。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大久保利通はなにをした人?

大久保利通は何をした人なのか?というのが質問です。学校の勉強で、私は大久保利通を調べることになったんですが、検索してもなかなか大久保利通のした事がでてきません。教科書などでは不充分なんで、協力お願いします!

Aベストアンサー

はじめまして。

大久保利通の成したことについて具体的な実績として代表的なことは先に外の回答者の皆様がお答になっておりますので、補足的に・・・。

明治維新の功労者として名を馳せた人物は数多くおりますが、その中でも最大の功労者を挙げるとしたら、個人的に大久保利通ですね。

私情にとらわれない、国益のみを常に最優先にしてきた人物で、それが義理人情に厚いと言われる政界において「冷酷非情」と言われた所以です。

薩長政治と言われた明治初期において、多くの薩摩・長州出身の政府幹部らが、それら故郷との関係を重視したのに対し、あくまで「日本国」全体の将来を案じ、西欧列強国に引けをとらない近代国家づくりに辣腕を振るいます。

その姿勢が必ずしも出身地の旧薩摩藩(現・鹿児島県)において理解されなかったうえ、西南戦争において同郷の西郷隆盛率いる薩摩浪士を中心とした反乱軍を制圧したことで、長年、薩摩において「裏切り者」の汚名を被りました。

西郷さんが亡くなってすぐ、鹿児島であの有名な銅像が建ったのに対し、大久保の功績を称える銅像はごく最近やっと建ったそうです・・・。

大久保は、いつも髪がボサボサで、着る物もボロボロ、生活も質素であったと伝えられています。彼亡き後、彼の残した遺産は借金だけだったとも言われています。

大久保利通が存在したからこそ日本の近代化は達成されたのだと断言できるでしょうし、「国父」と称しても誉め過ぎではないと個人的には思います。

はじめまして。

大久保利通の成したことについて具体的な実績として代表的なことは先に外の回答者の皆様がお答になっておりますので、補足的に・・・。

明治維新の功労者として名を馳せた人物は数多くおりますが、その中でも最大の功労者を挙げるとしたら、個人的に大久保利通ですね。

私情にとらわれない、国益のみを常に最優先にしてきた人物で、それが義理人情に厚いと言われる政界において「冷酷非情」と言われた所以です。

薩長政治と言われた明治初期において、多くの薩摩・長州出身の政府幹部...続きを読む

Q土佐藩士か薩摩藩士の風体

幕末に活躍した人物の本か何かで読んだのですが、土佐藩士、薩摩藩士いずれかが他の藩の者と比べて「井出達を見ればすぐに解る」程の特異なものだったとありました。どんな特徴だったのでしょうか?

Aベストアンサー

土佐藩士(脱藩者も含む)は腰に差している刀が異様に長いのが特徴でした。なのでひとめでわかるといえるかも知れません。
薩摩藩士(脱藩者を含むがほとんどいないようでした)の場合は薩摩髷というのがあり、それで判断がついたのかもしれません。

Q大久保利通と江藤新平(佐賀の乱)

1 
 佐賀の乱の顛末を参考書や小説で読むと、大久保利通と江藤新平との間には、解説されているような「江藤新平の反薩長」という構図だけでは説明できない特別の確執があったように感じます。特に、江藤新平の最期「斬首の上、さらし首」というのは、異常ですし、大久保利通の日記の「江藤醜態笑止なり」という記述は、二人の間の異常なまでの人間関係(特に、大久保利通が過剰なまでに意識していた感じがします。……これは、私の個人的な印象)を強く感じさせます。

(1) 上記の、私の「個人的な印象」を、賛否は別として、あなたは、どのように考えますか?その理由も含めて教えて下さい。

(私の個人的な見解)
「意気は豪邁なり。議論は精確にして、和漢上下古今に出入りす。抱負の大なること測る可からざる者有り。」三条実美の側近を務めた土方久元による江藤新平評だそうです。私は、大久保利通が、この江藤新平の才能を、卑近な表現をすると、『国家にとってではなく、「自分の立場にとって好ましくない」と、「恐れていた」のではないか』と思っているのですが、このことと合わせて、ご回答いただければありがたいです。


2 
 また、「大久保利通は、江藤新平を罠にかけるため、佐賀の不平士族に対して挑発行為を行っていた」と解説している参考書があります。

(2) 大久保利通は、佐賀の不平士族に対して、「江藤新平を罠にはめる」ため、具体的に、どのような挑発行為を行っていたのでしょうか?

(3) 江藤新平の帰郷に際して、同じ佐賀出身の大隈重信は、帰郷を中止するよう説得していたようですが、江藤新平は、情勢が読めなかったのでしょうか?

1 
 佐賀の乱の顛末を参考書や小説で読むと、大久保利通と江藤新平との間には、解説されているような「江藤新平の反薩長」という構図だけでは説明できない特別の確執があったように感じます。特に、江藤新平の最期「斬首の上、さらし首」というのは、異常ですし、大久保利通の日記の「江藤醜態笑止なり」という記述は、二人の間の異常なまでの人間関係(特に、大久保利通が過剰なまでに意識していた感じがします。……これは、私の個人的な印象)を強く感じさせます。

(1) 上記の、私の「個人的な印象」を、賛否...続きを読む

Aベストアンサー

>(1) 上記の、私の「個人的な印象」を、賛否は別として、あなたは、どのように考えますか?その理由も含めて教えて下さい。

質問者様の見解は、概ね的を得ているものと考えます。
つまり江藤新平が意図していたのは、反薩長ではなく明らかに反大久保、というのも維新草創期の明治政府内部に於いて、明確なビジョン・国家観を持った政治家はただ二人のみ、それが大久保利通と江藤新平であったという事でしょう。

ところが前者は「民はこれに由らしむべし。これを知らしむべからず。」的な、国家・官僚に依る漸進的国権主義者であったが、後者は早期に憲法の発布と法整備、そして国会を召集すべしとする急進派であり、より民主主義的色彩が強い。

大久保利通としては、同輩の西郷隆盛そして土佐系の大物板垣退助をも、その影響力は認めつつもさほど意識し恐れる事は無かったでしょう。
何故なら彼らは巨大な神輿ではありましたが、他に頭脳を必用としましたから・・。

ところが江藤新平のみは違いました、その閃光の様な能動的頭脳とビジョンは、まさしく大久保利通と同種のものでして、仰る通り大久保は非常に江藤を意識してたはず、恐らく過少評価もしていなかったでしょう。
依って大久保唯一の政敵と成り得たと同時に、佐賀の乱後はその首謀者として、有り得ない極刑を下されてしまった、そういう事であろうかと・・。

但しそれは大久保の私心というよりも、「国家=自分」という自負心に依るもの、つまり新生国家の頭脳は二つ必要ないという前提での、政敵の追い落としという顛末。

加えて江藤の側にも、処刑されるに至る大きな原因が有りました。
そもそも薩長土肥と称せられてはいたものの、薩摩と肥前では政治的影響力が雲泥の差、加えて肥前鍋島系の大官は群れる事をせず、依って江藤には大久保に於ける大薩摩といった寄る辺が無かった為、意図的に西郷を担ぎ、薩摩の内部分裂即ち西郷と大久保の分断を画策していた、少なくとも大久保はそう捉えていたものと思われます。

そもそも従来の江藤の言動からすると、征韓論には組しないはずでして、その点に関して、大久保は江藤に不純な何かを感じ取っていたはずですから。

>(2) 大久保利通は、佐賀の不平士族に対して、「江藤新平を罠にはめる」ため、具体的に、どのような挑発行為を行っていたのでしょうか?

何がしかの文献を調べますと、具体的な人物名まで記されておりますが、ここでは横着して(すみません)記憶を頼りに申し上げますと、司法省時代の江藤の部下(確か)土佐の何某を派遣して、江藤に空気を吹き込んだはずです。

大久保の目にも、何れ不平士族の乱は避けられない情勢だったようで、薩摩が決起する以前に暴発させての個別撃破を目論んでいたのでしょう。
そこで極刑を以って政敵を葬り去れば、反乱に対する抑止力と、政敵の排除というまさに一石二鳥、そうした目論見・罠の中にまんまと飛び込んでいったのが江藤新平、そういう構図であろうかと。

>(3) 江藤新平の帰郷に際して、同じ佐賀出身の大隈重信は、帰郷を中止するよう説得していたようですが、江藤新平は、情勢が読めなかったのでしょうか?

極めて興味深い事に、あれほど先が読める人物にしてあの結末、恐らく自負が強過ぎた為でしょうが・・。

>(1) 上記の、私の「個人的な印象」を、賛否は別として、あなたは、どのように考えますか?その理由も含めて教えて下さい。

質問者様の見解は、概ね的を得ているものと考えます。
つまり江藤新平が意図していたのは、反薩長ではなく明らかに反大久保、というのも維新草創期の明治政府内部に於いて、明確なビジョン・国家観を持った政治家はただ二人のみ、それが大久保利通と江藤新平であったという事でしょう。

ところが前者は「民はこれに由らしむべし。これを知らしむべからず。」的な、国家・官僚に依る漸...続きを読む

Q 薩摩藩・薩摩の国

 薩摩藩・薩摩の国

 1. 薩摩藩の領地と令制における薩摩の国の範域とはほぼ一致しているでしょうか?
 2. 令制における薩摩の国は西街道に属するようですが、江戸時代の五街道ではどこの街道となるのでしょうか。九州には五街道は通っていなかったのでしょうか?

 すみません。よろしくお願い申しあげます。

Aベストアンサー

2.についてですが、「西街道」ではなく「西海道」です。
いわゆる「官道」自体を指すこともありますが、北海道とか東海(道)とか地方名、行政区画に対して言われることが多いです。「西海道」は今の九州地方を指す言葉ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E7%95%BF%E4%B8%83%E9%81%93

これに対して、江戸時代の「五街道」は、江戸幕府が整備した街道自体を指す言葉といえます。
日本橋を起点とする「東海道」「中山道」「甲州街道」「奥州街道」「日光街道」の五つです。
したがって、九州薩摩の国には五街道は通っていないというのが正解です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E8%A1%97%E9%81%93

Q大久保利光それとも大久保利通?

大久保利光それとも大久保利通どちらが正解なのかよくわかりません?
ときどき「大久保利光」とかかれたものを見ることがありますが?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「大久保利通」です。
光は「誤変換」では?

試しにgoogleで検索してみましたが
通:187,000件
光:268件
と1%にもおよびません。

Q満州国での現地人への支配はどのようなものだったのでしょうか?

満州国が成立して日本の傀儡政権が中国の関東地方を支配するわけですが、
元々満州に住んでいた人たちに対してはどのような方針で政策を行ったのでしょうか?
農民から土地を取り上げるとか、ビルを接収するとかいうことはあったのでしょうか?

GHQが日本に行ったような、現地の人にも喜ばれるような合理的な政策が行われたのでしょうか?
それとも軍事力にものをいわせて強引なことをやっていたのですか。
満州の開拓ということが大々的に行われていたようですが、現地の人たちと協力して行っていたのでしょうか?

当時の様子を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

満州国の場合、皇帝や総理、各省部のトップは満州人(必ずしも現地人とは限らない)でしたが、ナンバーツウや実際に権限のあるポストには日本人がついていました。
また軍隊(関東軍とは別にいちおうありました)や警察のような権力機関の幹部はほとんどが日本人が抑えていました。
これらの人々のうちでも上級幹部はまだましでしたが、中下級幹部や役人には日本ではうまくいかずに食い詰めて満州国でポストを得たものや、軍や役人と結託して現地の人たちの土地や財産を取り上げるようなやからもあり、また現地の人々を見下し自分たちはお前らとは違うんだという態度をとる連中もたくさんいました。
そういうわけで現地の人たちと友好的とか協力してということにはなかなかいきませんでした。もちろんなかには理想を持って現地の人たちとも協力していた人も皆無とは言えませんが少数派でした。
そういうわけで、満蒙開拓団も自衛のための武器を持っていたくらいでした。

Q歴史について質問です 長州藩、土佐藩、肥前藩、薩摩藩でそれぞれ有名な人を教えてください! 大久保利通

歴史について質問です

長州藩、土佐藩、肥前藩、薩摩藩でそれぞれ有名な人を教えてください!

大久保利通とか、坂本龍馬とか...

もう期末試験が迫っているので^^;
回答お願いします!

Aベストアンサー

幕末の頃の人、って事でイイの?
長州・・・吉田松陰、高杉晋作、桂小五郎(木戸孝允)、久坂玄瑞、山県有朋、伊藤博文、陸奥宗光・・・
土佐・・・山内容堂、吉田東洋、武智半平太、後藤象二郎、岡田以蔵・・・
肥前・・・坂本龍馬、大隈重信、江藤新平・・・
土佐・・・島津斉彬、島津久光、西郷隆盛、西郷従道、大久保利通、小松帯刀、天璋院篤姫・・・
・・・こんなもんで、イイ?

Q新大久保にロッテの工場があったんですか? 現在はないんですか? ロッテ新大久保工場の跡地はどこですか

新大久保にロッテの工場があったんですか?

現在はないんですか?

ロッテ新大久保工場の跡地はどこですか?

いつ撤退して撤退したところにはいま何が建ってるんですか?

Aベストアンサー

これです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%86%E6%96%B0%E5%AE%BF%E5%B7%A5%E5%A0%B4

Q大久保利通とはどんな人?

大久保利通はどのような性格の人だったのでしょう?
薩摩藩士ですが剣術の腕前はどうなんでしょうか?
馬車に乗っているところを暗殺されたのでそれほど強くないのかなというイメージもなくもないですが。

Aベストアンサー

既に書かれている人がいますが剣術の腕前はそんなに上手くなかったのではないかと思います。
ただ暗殺時には刀を持っていなかったはずです。むしろ特筆すべきなのは、このレベルの高官が護衛を伴っていなかった事ではないでしょうか?
残念ながら理由は推測になってしまうのですが、同じ三傑の木戸が坂本や大村に護衛をつけろと言っていたにも係らず、自身には護衛をつけなかった事から考えると、大久保も自身の信条でつけることを望まなかったのでしょう。非常に肝の据わった人だと思います。

私は大久保という人物は自分の意で国家を動かそうとしていた人間だと思っています。(理由は後述)動機が私利私欲ではなく、日本の為にというのが今日の評価に繋がったのだと思います。

彼は岩倉使節団以後は変化するのですが、それ以前は旧幕臣の登用に非常に批判的でした。この為、渋沢栄一からは酷評されています。
また、彼は木戸を如何に抱き込んだ形で自らの政策を進めるかという事を考えました。
これは大久保一人では政府運営ができないからです。その為、非常に礼を尽くして辞職した木戸を引き戻そうとやっています。しかし、決して木戸の政策に賛同しているという事ではなく、交渉材料に過ぎないというべきで、そうした所に木戸は不信感を抱いていました。

廃藩置県においても旧来の殿様を県令として据える大久保と旧来の殿様の排除を求める木戸で対立します。結局木戸に引きずられる形になりますが、如何に廃藩置県が最大の改革かといわれるポイントは、この部分にあります。ですが主君との関係を見ると木戸と毛利敬親が良好な一方で大久保と島津久光は非常に険悪でした。
ここで注意して欲しいのは大久保一人で改革をやり遂げたのではないこと、彼が自分に不都合な施策でも最後まで責任を担い続けた事です。

三傑の他二人と比べると非常に人間離れした人だと私は思います。

既に書かれている人がいますが剣術の腕前はそんなに上手くなかったのではないかと思います。
ただ暗殺時には刀を持っていなかったはずです。むしろ特筆すべきなのは、このレベルの高官が護衛を伴っていなかった事ではないでしょうか?
残念ながら理由は推測になってしまうのですが、同じ三傑の木戸が坂本や大村に護衛をつけろと言っていたにも係らず、自身には護衛をつけなかった事から考えると、大久保も自身の信条でつけることを望まなかったのでしょう。非常に肝の据わった人だと思います。

私は大久保と...続きを読む

Q薩摩藩主は開国についてどんな考えをもってたのか?

中学2年のすっぽんです。初です。
歴史です、「薩摩藩主は開国(日米修好通商条約)についてどんな考えをもっていたのか」と言う事を教えてください。
レポートにまとめないといけないので誰かお願いします。

Aベストアンサー

>「薩摩藩主は開国(日米修好通商条約)についてどんな考えをもっていたのか」と言う事を教えてください。

 こういう聞き方は、はっきり言ってみんなに印象が悪いですよ、とにかく答を教えてくれ!!だなんて。でもまあ、子供さんだし初質問だから仕方がないかな。次からは気をつけよう。

 というわけで、調べ方だけをアドバイスしましょう。

・日米修好通商条約の前後の薩摩藩主は誰だったのかを調べる。ただし、当時の薩摩藩は「藩主=藩の最高指導者」とは限らないので注意。

・その人物の業績や行動を調べる。彼らが外国に対してどんな態度で臨んでいたのかがわかるでしょう。

・これらの情報の調べ方がよくわからなかったら、日本史の教科書を開いて当時のキーワード(「島津○○」など)を挙げ、ネットで検索してみる。そうすると、たとえば次のページがみつかります。

http://www.tamano.or.jp/usr/ubik/ubik/revo/58.htm
http://www1.ocn.ne.jp/~bakumatu/bas15.htm
http://www.minaminippon.co.jp/zenkouren/s-shimadu.htm

>「薩摩藩主は開国(日米修好通商条約)についてどんな考えをもっていたのか」と言う事を教えてください。

 こういう聞き方は、はっきり言ってみんなに印象が悪いですよ、とにかく答を教えてくれ!!だなんて。でもまあ、子供さんだし初質問だから仕方がないかな。次からは気をつけよう。

 というわけで、調べ方だけをアドバイスしましょう。

・日米修好通商条約の前後の薩摩藩主は誰だったのかを調べる。ただし、当時の薩摩藩は「藩主=藩の最高指導者」とは限らないので注意。

・その人物の業績や行...続きを読む


人気Q&Aランキング