ボジョレーヌーボーについてのささやかな疑問なんですが、、、
日本では世界全体の半分程度消費量があると何かで見たんですが、
そもそもボジョレーヌーボーは毎年何本ぐらい生産されているものなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ボージョレーの2007年度輸入本数は下記のサイトの数字を引用すると、828万本ということになりますか。

それが生産量の約4割を占めると言われていますので日本はすごいお得意様ですね(笑)
http://www.hayanoya.com/html-main/column/column- …

ヌーボーとは単に「新酒」という意味で、イタリア、スペインなど他のヨーロッパのワイン生産国でも作られていて、目新しいものではありません。アメリカでも作られていますが、一般消費者にはまったくネームバリューがなく、店頭にボージョレーが並ぶのは年が明けてからです。価格は$10,00ぐらいですが、それでも正直売れません。アメリカ人のテイストには合わないのでしょう。
なので日本のボージョレーヌーボーへの対応は特異なものだと考えられます。
日本で成功したいくつかの要因のひとつは、たくみなマーケティングです。
よく聞かれる「世界で一番先に解禁を迎える」これは正確ではありません。時差の関係で世界で一番なのはニュージーランドです。ですが、「世界で一番」というフレーズはイベントとしての付加価値を与えると思います。ワインそのものより、ひとつのイベントとしてクリスマスなどと同じようにその日を楽しもうという日本人の感覚にマッチしたのではないでしょうか。
また日本の酒造メーカーなどが直接ボージョレーに出向き、日本向けだけの製品開発にも力を入れました。ボージョレー村にしても最大のお得意様ですから協力するところもありますしね。「日本でだけ味わえる」というのも、消費者の興味をそそるものです。そんなところも成功の秘訣ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
なるほど、マーケティング戦略ですか。
初めに考えた方は本当にすごいものですね。

お礼日時:2008/11/24 11:31

http://naobossa.exblog.jp/6422287/
上のサイトを抜粋すると、
「日本は世界最大の輸入国。前年には計1100万本を輸入。
これは、フランスが同年輸出したボジョレ・ヌーボーの約半分に相当・・・」

この記事から見て、2200万本が生産量と推定されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
日本では、1100万本ですか。。
4世帯に1本位は行き届いているんですね。
なるほど。。
それにしても、なんで日本だけこんなにボジョレーが好まれるんでしょう、、、

お礼日時:2008/11/23 23:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボジョレーヌーボー

2009年のボジョレーヌーボー。
ペットボトル等ありましたが、普通のビンのボジョレー、
航空便で届いたものの卸の価格、小売の価格。
船便で届いた卸の価格、小売の価格。
教えてください。

ランク等あるのかもしれませんが、よく分かりません。
航空便で届いたものを2400円で購入しました。
船便で届いたものが卸で1900円と言われたのですが、それが安いのか
高いのか分かりません。
記念に一本とっておこうと思うのですが、今更ボジョレーを買うのは
あほでしょうか??
返事をすぐにといわれています。

Aベストアンサー

ボージョレ・ヌーボー(Beaujolais Nouveau)は、一般的に出回っているのは、その名の通りのボージョレ・ヌーボーと、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボーです。そして、造り手によって、結構値段に開きがあります。
航空便のもので比較すれば、ペットボトルのは別としても、ボージョレ・ヌーボーで2,000円前後から3000円台、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボーで2000円強から6000円台、特別なものとして1万円のもあります。
そして航空便と船便の差ですが、航空便は1本あたりの輸送費が約1000円と言われており、船便ですと200円前後かと思われます。
船便は安いからこそ魅力があるわけで、今までぼくの見た船便のものは、高くても1500円もしませんでした。また、価格帯の高いものは船便で入って来る割合は低いと思います。解禁日に飲めるからこそ、高い価格帯のものでもみなさん買われるのですから。
しかも返事をすぐにとは、いかにもうさんくさいですね。船便での1900円は、高級品の可能性は無いとはいえませんが、でも高すぎるという感は否めません。購入は見合わせられたほうがよいかと思います。

なお参考までに、
ボージョレ・ヌーボーは確かにマセラシオン・カルボニックという製法で造られていますが、
ヌーボーでない通常のボージョレやボージョレ・ヴィラージュ、そしてさらに上級のクリュ・ボージョレ(全部で10あり、長期熟成に向くのもあります)などの大部分も、マセラシオン・カルボニック製法であることは殆ど知られていません。また、ボルドーのメドックの、ある有名な2級シャトーも、このマセラシオン・カルボニック製法も利用していることは、殆ど知られていません。
要は、マセラシオン・カルボニックだから長くはもたない、のではなく、マセラシオン・カルボニックを利用してあくまで新酒のフレッシュさを出す造り方をしているために、長期熟成には適さない、というほうが理にかなっています。

ボージョレ・ヌーボー(Beaujolais Nouveau)は、一般的に出回っているのは、その名の通りのボージョレ・ヌーボーと、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボーです。そして、造り手によって、結構値段に開きがあります。
航空便のもので比較すれば、ペットボトルのは別としても、ボージョレ・ヌーボーで2,000円前後から3000円台、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーボーで2000円強から6000円台、特別なものとして1万円のもあります。
そして航空便と船便の差ですが、航空便は1本あたりの輸送費が約1...続きを読む

Qボジョレーヌーボーの白

ボジョレーヌーボーは赤ワインだけかと思っていましたら、白があるらしいとのこと。
何処で買えるのでしょうか?東京近郊もしくは、通販で購入可能なお店を教えてください。

Aベストアンサー

 No.2さんのおっしゃるとおり、「ボジョレー」というワインには赤・白・ロゼがありますが、ボジョレー・ヌーヴォー(ご存じとは思いますが、ヌーヴォーとは新酒のことです)として販売できるのは規制があって赤とロゼのみが認められています。実際には少なくとも日本ではロゼを見かけることはありません。

 したがって「ボジョレー・ヌーヴォー」の白はありませんが、「白のヌーヴォー」はあります。ただしボジョレーではなく、同じブルゴーニュ地方のマコン・ヴィラージュや、ロワール地方のミュスカデなどです。また、ドイツワインにも新酒があります。

 ボジョレー・ヌーヴォーに比べると知名度がないし、需要も少ないので小さな小売店ではあまり扱いませんが、東京近郊であればデパートや酒専門の大型店にいけば何かしら取り扱いがあるのではないかと思います。

Q2005年のボジョレーヌーボー、使い道は?

3年前、ボジョレーヌーボーをいただきました。
しかし、家族全員ワインは飲まないので、冷蔵庫に放置されています…。
フレッシュさがウリのボジョレーヌーボーですが、まだ料理とかだったら使えますでしょうか???
それとも、もっと他に使い道はあるでしょうか??
回答よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

一度飲んでみてはいかがですか?
私は個人的にわざと寝かせています。
当初はヌーボーと思い馬鹿にしていましたが飲んでびっくり
若々しさが消えまろやかになっていました。
バックビンテージワインとして販売しているお店もあります。
ただ、しっかりとした保存が条件です。
冷蔵庫だと冷えすぎで劣化している可能性がありますが
だまされたと思って飲んでみてはいかがですか

Qボジョレーヌーボーってそんなにおいしいんですか?

毎年ボジョレーヌーボーが解禁になると話題になりますが、別に世界最高級のワインというわけじゃないと思うんですが、ほかのワインにくらべて特別おいしいということなんでしょうか。

Aベストアンサー

いえいえ、
美味しいからではなく、その年採れたブドウで作ったワイン、
という事です。
だから「解禁」なんて言うんですね。
本来、ちょっとした収穫祭に近いノリだったのが、
全く無関係な極東の地で異常に盛り上がっただけです。
(極東なので世界で一番早く飲めるってのが良かったのでしょう)

別に、わざわざ真夜中に飲むこともありませんし、
それほど有り難がるワインでもありませんよ。

Qボジョレーヌーボーを・・

結婚式の披露宴でのクイズの正解者に、もうすぐ解禁のボジョレーヌーボーを景品にしたいと思っています。
招待客の方の年齢にとても幅があるので(20代後半~60代まで)
種類?が沢山あり、どれを選んで良いか分かりません(;。;)
どなたでも、そして初心者でも美味しく頂けるボジョレーヌーボーを教えてください!!
よろしくお願いします!

ちなみに、私は飲んだことがありません・・・
頼む前に自分で買って飲んでみたいとは思っていますが(^-^)
初心者でも、抵抗なく飲めるものですか?

Aベストアンサー

こんばんは。
初心者でも抵抗なく飲めるものですか。
ありきたりですが、ボジョレヌーボーの帝王と呼ばれている「ジョルジュ・デュブッフ」などはいかがでしょうか。ボジョレ地方の田舎酒を世界に広めた張本人です。もしかしたら、名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。コンビニやスーパーもしくは酒販店で必ず販売しているアイテムです。値段も非常に手頃ですよ。
基本的にボジョレヌーボーは通常のワインとは
違った製法でワインを造っているので、味わい的には正直なところ似通っています。よく言われるのが、「キャンディー香」というものです。赤色のドロップのようですかね、例えてみれば。分かります?!
少し冷蔵庫なんかで冷やして飲めば、それなりに
美味しいとは思います。初心者に最も飲みやすい赤ワインではないでしょうか。
それでは、良きボジョレヌーボーで良き結婚式の披露宴を行って下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報