はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

昭和40年代の市立中央病院は白いコンクリート建築で玄関に大きな南国風のシュロの木が植わっていて、更にロータリーになっていて玄関の前を自動車で回れました。

最近なであった個人病院(最近建て替え)もシュロの木が植わっていました。

市の文化センターやJRの駅もそうでした。

現在の中央病院は赤レンガでロータリーもありません。

これって昭和の流行ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。


私の実家も、30年位前に建てたらしいのですが、洋風に作られています。
外壁は白で、そして、庭にはシュロの木が・・・

流行だったんでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/12/02 13:24

流行りだと思います。


が、私の方ではそのような建築物は見かけない(2時間ドラマでみるくらい)ので、土地柄?もあるのではないでしょうか

ちなみに私は30後半で、生まれも育ちも地元です。

シュロ自体が丈夫な木ですから多用されたのだとも考えられます。

この回答への補足

お返事ありがとうございます。
昭和コンクリート建築とかいうのでしょうか?

補足日時:2008/11/24 15:04
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/12/02 13:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング