人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

「出身はどこ?」という質問に対して、回答が「大阪“府”」「長崎“県”」「東京“都”」等の場合、都道府県名を省略することに違和感はありませんが、北海道の「道」を省略することはまずないですし、省略した場合かなりの違和感を感じます。
(当方首都圏生まれの首都圏育ちです)
なぜでしょうか?

(ネットで検索してみたところ、北海道を拠点とする会社で「北海○○会社」のようなケースもありましたが、おそらくレアケースだと思います)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#3です。



bari_sakuさま、申し訳けありまんせん。

#5、#6さまに、道産子の一人として、言葉足らすだったことを、この場をお借りしてお詫び申し上げます。

>その支庁の下に、市町村があります。

現在では、ご回答のとおり
→地域的な位置づけです。(○○管内)
→北海道の出先機関ですが、道の窓口となりある程度の権限を下部委任された組織です。

bari_sakuさまの「北海道はなぜ「道」を省略しないのですか?」のご質問に対して、「他都府県」とは違う歴史をたどっていることを、説明したかったのです。(新規開拓地のため、他県とは違う歴史)

#3での回答主旨は、下記URLのウィキペディアの「北海道庁」より、「項目:歴史」の中の「11箇国86郡」→「開拓使」→「廃県廃止」→「支庁」→「北海道庁」→「北海道」になった経緯でした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7% …(1886-1947)

失礼いたしました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たびたびのご回答、感謝いたします。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/25 10:29

端的にはもともと「大阪」に対応するのが「北海道」だったから, ということで. 「大阪」という地域を管轄する行政組織として「大阪府」があるのと同様, 「北海道」という地域を管轄する行政組織として「北海道庁」がありました.


あと, 「支庁」はあくまで都道府県の出先機関です>#5.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど…
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/26 22:31

元道民です。



#3さんの回答に??でしたので、書き込みます(わたしの間違いでしたらゴメンナサイ)

北海道にある「支庁」とは、気象管区であり、行政上の区分ではありません。北海道の天気予報は気象管区ごとに示されるので、道民にとって、日常生活でもその気象管区名を地名代わりに会話などで使っているというのが実情です。

また、北海道は広いため、気象管区ごとに役所などの出先機関があったりします。天気予報でおなじみの気象管区名を使った方が道民にもわかりやすいし、気象上の特性に合わせて区切っているだけあって、地形的にも、ちょうど良い?区切れになっています。あくまで出先機関であって、都道府県に対する市町村のような、行政上の上下関係はないです。

北海道には、「北海学園」など、「北海」を使った名称は、何かしらありますよ。

参照URLも参照あれ・・・

よく見たら、ウィキペディアに、答えがありますね
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%B5%B7% …

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%AF%E5%BA%81
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
たくさんの書き込みを頂きましたが、在住者の方の「北海」よりも「道」の方への思い入れの強さを感じています。

お礼日時:2008/11/26 22:26

省略すると語呂がわるいから。


ちなみに。北海道の海(かい)は、アイヌ人は自分たちの住む土地のことをカイと呼んでいたことから、江戸時代の探検家松浦武四郎による命名。
http://www.mctv.ne.jp/~takase/E3.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

思いもよらぬたくさんの回答をいただいていますが、
>省略すると語呂がわるいから。
これが意外と真実だったり…
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/26 22:20

道民です。



改めて聞かれると・・・

過去開発の歴史の変遷はありますが、(庁の部分参照)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%BD%E9%81%93% …

現在は、北海道の下に14支庁(県のようイメージ)が存在し、行政を執行しています。
(統廃合が議論になっていますが)

その支庁の下に、市町村があります。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/gyosei/shicho/ind …

一般人は、何かの手続き(パスポート申請や道税、車のナンバー申請)が必要な時には、支庁を意識しますが、日常は北海道○○市です。

私的な意見ですが、東北、関東、北陸、近畿、中国、四国、九州などのような地域ブロック分けの名称として北海道と呼んでいると思います。
(都道府県のイメージではなく)

なお、歴史が浅いため、県民意識のような感覚は、支庁間にはあまりありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
他の地域とは違う、特殊性を感じました。

お礼日時:2008/11/26 22:23

1 東海道


2 東山道
3 北陸道
4 山陰道
5 山陽道
6 南海道
7 西海道
8 北海道
北海道は昔の八道の呼び名の一つで道には多くの国を含んでいます。
北海道以外は地方と云う言葉に置き換わって現在も使われていますが、
北海道だけは北海地方とは呼ばれていませんね。やはりほかのところと比べて歴史的背景も新しいし、面積も広すぎるので道をつけるのではないかと思います。私的意見です。参考にしてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
何気なく投稿した内容ではありますが、はっきりとした答えが出ないことに驚いています。

お礼日時:2008/11/26 22:16

北海道は、北“海道”だから。


cf 東海道 西海道 南海道
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
すみません私見なのですが、「北/海道」なら、「都道府県」ではなく「都海道府県」となると思うのですが…

お礼日時:2008/11/24 15:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北海道はどうして「道」なのですか?

素朴な疑問ですが、他は県なのに、どうして北海道は「道」なのですか?

Aベストアンサー

 こんばんは。
 
 序ですから都道府県という行政単位の呼称の歴史と違いについても一緒に解説しておきます。
 
 “北海道”は本州・四国・九州とは異なった歴史を有しています。府県は明治政府が江戸幕藩体制の“藩”を国の直轄する地方機関である“県”や“府”に置き換えたものです。いわゆる“廃藩置県”です。
 
 しかし北海道、すなわち当時の蝦夷地には江戸幕府の支配は及んでおらず、藩も存在していませんでした。現在の渡島半島には“松前藩”がありましたが、他の藩とは別格の存在です。新しい一つの地方機関で管轄することになり、明治新政府はそれを“北海道”と命名しました。
 
 “北海道”の名の由来は、奈良時代から平安時代にかけて存在した“五畿七道”という行政区画を参考にしたようです。“五畿七道”とは山城・大和・摂津・河内・和泉の五国と“東海道”・“南海道”・“西海道”・”東山道”・“北陸道”・“山陽道”・“山陰道”です。皇宮周辺の五国は重視され、それ以外の地域は国の上に道という行政区分を敷いていた訳です。

 “府”と“県”は重要度の違いと考えるべきでしょう。“県”は訓読みでは“あがた”と読み、単に“地方”を意味する言葉ですが、“府”という言葉は古代から“役所”の意味で使われてきました。そこで明治政府にとって特に重要な東京(首都)・大阪(商業都市)・京都(旧皇宮所在地)だけは府”とし、 他は“県”と呼ぶことになったようです。

 “都”は戦時体制の生き残りです。戦前は“都”がなく、上記の通り東京も“府”でした。“東京都”は太平洋戦争中の1943年に東京市(現在の23区)と東京府の機能を統合して出来たものです。戦争中は国家総動員体制のため、各種の機関が統合されたのですが、これもその一つです。中央集権主義の当時、東京市は国家機関の一種とされていたようです。
 
 戦後の地方自治制度の再整備によって、都道府県の法的な差異は全く無意味なものとなり、単なる名称の違いだけになりました。北海道という名称は「北海+道」でも「北+海道」でもなく、強いていえば“北海道”という名称で“都府県”のような行政区分の名前と地方の名前を兼ねているということになります。厳密な意味では“都道府県”ではなく“北海道都府県”ですね。 
 
 また、北海道には支庁という制度があります。これは広域な北海道の行政区分を分割するものですが、これを一つの県と考えることも可能でしょう。実際にこの支庁を県として独立させることも検討されたでしょうが、北海道の人口は面積比にして少ないです。分割してしまうと、他の“都府県”との格差も大きいということで白紙にされたと思います。
 
 しかし東京都“Tokyo Metropolitan Government”を除いては、神奈川県も大阪府も全て“Prefecture”です。そこで北海道は“Hokkai Pref.”なのか“Hokkaido Pref.”なのか、言語学者の間では論争となっているようです。北海道庁は後者を採用しています。私は“Hokkaido District”を勧めます。その方が“道州制”施行後の名称統一がスムーズに行えると考えます。
 
北海道庁:http://www.pref.hokkaido.jp/menu.html
 
北海道庁>地方分権・道州制:http://www.pref.hokkaido.jp/skikaku/sk-ssnji/bunken/
 
戸田孝の雑学資料室>「都」と「道」と「府」と「県」の違いについて:http://www.biwa.ne.jp/~toda-m/geo-hist/prefrank.html
 
>>

 こんばんは。
 
 序ですから都道府県という行政単位の呼称の歴史と違いについても一緒に解説しておきます。
 
 “北海道”は本州・四国・九州とは異なった歴史を有しています。府県は明治政府が江戸幕藩体制の“藩”を国の直轄する地方機関である“県”や“府”に置き換えたものです。いわゆる“廃藩置県”です。
 
 しかし北海道、すなわち当時の蝦夷地には江戸幕府の支配は及んでおらず、藩も存在していませんでした。現在の渡島半島には“松前藩”がありましたが、他の藩とは別格の存在です。新しい一つの地...続きを読む

Q北海道だけ、なぜ道が表示されているの?

地図などで都道府県が表示されている際に、東京都、大阪府などは、東京、大阪とあるのに、北海道だけは、なぜ北海ではなく、北海道なんでしょうか?

息子の素朴な疑問に答えられず困っています。
教えてください。

Aベストアンサー

#3です。

まだ足りませんでした。
東京都や大阪府などは元々は廃藩置県でできた行政府です。
北海道にはその「県」に当たるものが無いので、ずっと総称で呼ばれているのではないかと思います。


人気Q&Aランキング