こんにちわ。
3週間前に左精巣(睾丸)の摘出手術を受けた者です。
摘出した理由は左精巣に腫瘍(癌)の疑いがあると言われました。
大きさは鶏の卵くらいでした。ちなみに右はウズラの卵くらい。
結果他の臓器には転移はなく第一期と診断されました。
科学療法はせずに経過観察ということで退院になりました。
退院してから1週間が経ったのですが手術のキズの周辺はやはりまだピリピリとした痛みがあります(全然我慢できる程度)なのですがやはり
癌と言われると再発がないか気になりちょっとした体の痛みでも再発したのでははいか不安になります。 現在はお腹のあたりがキリキリする感じがあります。 

そこで詳しい方、経験された方にお尋ねしますが術後の後遺症などがありましたか?精巣を摘出した事で数ヶ月はこんな感じの症状があったとか教えて下さい。 1年くらいは1ヶ月1度の血液検査 3ヶ月に1度のCT撮影と行った定期検診があります。 

長くなりましたが宜しくご回答お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はじめまして。



昨年の春に右精巣平滑筋肉腫という病気で右の精巣を摘出した者です。
悪性腫瘍には癌と肉腫があって、私は肉腫の方でした。

私の場合も異変に気づいてから早めに手術まで行ったので、
質問者さんと同じく経過を見るだけとなりました。
5年間の通院がまもなく着いてきましたが…苦笑
今でも一年目は2ヶ月おきに、二年目は3ヶ月おきにと、
少しずつ期間を延ばしながらCT、血液検査を受けています。

術後は…やはり不安でした。
転移したら抗がん剤を使うとは医者に言われていたので、
やはり副作用とか、入院とか、これまでの日常が無くなってしまうのではないかという不安で
退院後もメンタル的に辛い日々が続きました。

質問にお答えすると
一応この一年半で検査には一回も引っかかっていません。
早期発見が功を奏したそうです。

術後は、摘出したことによる違和感と、寒いときに傷が痛む程度でしょうか。

一年半を経て、いまだに検査に引っかからないからでしょうか、少しずつ楽観的にはなってます。

こんなことを言うのもなんですが、他の臓器に悪性腫瘍ができるよりも
精巣にできる方が明らかに異変に気づきやすいんですよ。
今質問者さんが「お腹が痛いけど、再発の可能性があるんじゃないか…?」というのは、痛みはあるけどそれ以外で判断できやんというのがあると思います。

早めに気づけたことがラッキーだったと思うことで、気持ちは楽になってます。

これから長い通院生活になるとは思います。不安もあるとは思いますが、お互い頑張りましょう。

恐らく年下である私の意見で、文章中に生意気なところもあると思いますがすみません。
    • good
    • 3

私は精巣癌で手術をして今度の春で2年になります。


やはり転移再発は結構怖いですね。
私の場合手術の傷は抜糸の無い、自然と溶けてくる?糸でした。なんだか紐みたいでしたよ。そのせいかどうか分かりませんが、傷跡は結構目立ちます。
大病なので、良かったとは、とても言えませんが、転移が無くて本当に良かったですね。私は、手術後に治療を行ったのですが、吐き気や体力落ちたりでかなりきつかったです。おそらく手術だけでしたら、目に見える後遺症は無いと思います。手術跡と玉が一個しか無いというのはありますが。きちんと精子の検査もしないと無責任には言えませんが、玉が片方あるので大丈夫かと思います。

<精巣を摘出した事で数ヶ月はこんな感じの症状があったとか教えて下さい>

hisukore57さんと同じです。どこか痛いと転移だと騒いでいます。コホンと一回咳をしただけで、肺に転移だと騒いでいます。でも、私の主治医に話すと「みんなそうだよ」って笑っていますね。不安に思うのは当たり前だと思いますよ。でも「自分が病気だと思わないほうがいいよ」って主治医は言ってくれます。摘出後数ヶ月の症状は、転移再発が無いかどうかの不安症です。自分も不安でした。正直今でも不安ですけど…

定期健診は必ず守ってやったほうがいいですよ。私の主治医も万が一のことがあっても治療可能というスパンでやっていると言ってますので。

最初は、定期健診というものは、転移再発があるんじゃないかなんて結果に臆病になっていましたが、「ほらみろ、転移なんかあるわけ無いじゃん」って意識を変えるようにしました。

私と同じであればおそらく5年間検査が続くと思います。
がんばりましょう。
    • good
    • 1

あなたと同じ精巣腫瘍で手術を行い,ステージI,経過観察で3年目に入った者です。


私も術後半年くらいはちょっとした痛みや,肩こり,腰の痛みなどが全て「転移では?」と心配でたまりませんでした。ですが,それを防ぐために月1回の血液検査と3か月毎のCTがあるわけですから。
実際手術の痕は今でも痛むことはあります。ですが主治医曰く「切った訳だから痛むのは当然。お年寄りの神経痛みたいに時期ごとに痛むことはあるよ」と言われました。
気にするな,と言っても無理でしょうが,実際我々はこの病と一生付き合っていかねばなりません。ちょっとしたことに一喜一憂せずにのんびり行きましょう。
検査だけはさぼらずにね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
その言葉を頂けるとなんか落ち着きます。
28日に最初の検査があるので不安な気持ちは変わりませんが
検査前から不安に感じていると身が持たないので生身の体を切った
訳だから多少の不具合は起こるだろうと思って頑張ります。

でも今は日が経つごとに不調も良くなってきている感じです。
また何かあったときはご回答宜しくお願いします。

お礼日時:2008/11/26 01:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前立腺癌→摘出手術→再発→ホルモン治療→またPSA値が上がりました。

前立腺癌→摘出手術→再発→ホルモン治療→またPSA値が上がりました。

どうぞ、よろしくお願い致します。

・平成19年初め、父71歳、前立腺癌と判明。骨などへの転移なし。グリソンスコア9。
 ステージなどの説明は一切なく、「簡単な手術で、取ってしまえば完治する。」
 と医者に言われ、何の疑問も迷いも抱かず、すぐに手術を決めてしまいました。
 (これが一番の後悔です。グリソンスコア9は悪性度の高い癌だから、
 都会の癌専門病院に連れて行くべきでした。)

・同年2月、摘出手術。癌は前立腺だけに留まっていたという説明でした。

・術後、尿が出ず、尿道狭窄が酷くて苦しみました。
 先生は、「縫合に失敗した。こんな酷いのは初めてだ。」と言って、父に謝りました。
 その後、麻酔もせず尿道の検査を何回も何回もさせ、
 4回の尿道を広げる手術を受けました。

・21年1月から、PSA値が上がり始めました。

・22年1月、再発したという事で、3ヶ月ごとのホルモン注射を始めました。
 この時、主治医は、「睾丸を取りましょう。」と、手術ばかりを勧めましたが、
 ネットで相談し、今は、ホルモン治療をする人が多い。という事を知り、
 ホルモン治療を選択しました。
 
・今月、PSA値が上がっていました。
 主治医は、「来年1月に、これからの治療方法を考えましょう。」と言われただけで
 血液検査以外、何の検査もしませんでした。

主治医は、ただ仕事をこなしているだけ、としか見えないような
そんな態度なので、色々な説明もなく、とても話しにくい人です。

私は、病院を変えた方がいいと思うのですが、父はその気はないようです。
父のような病状でどのような検査をすればいいのか、教えて下さい。
これから、何をすればいいのでしょうか。
父は今、どのような状態だと考えられるでしょうか。
転移でしょうか。

PET-CTを検討中です。受けた方がいいでしょうか。
今の状態で、癌が写るでしょうか。

よろしくお願いします。



 

前立腺癌→摘出手術→再発→ホルモン治療→またPSA値が上がりました。

どうぞ、よろしくお願い致します。

・平成19年初め、父71歳、前立腺癌と判明。骨などへの転移なし。グリソンスコア9。
 ステージなどの説明は一切なく、「簡単な手術で、取ってしまえば完治する。」
 と医者に言われ、何の疑問も迷いも抱かず、すぐに手術を決めてしまいました。
 (これが一番の後悔です。グリソンスコア9は悪性度の高い癌だから、
 都会の癌専門病院に連れて行くべきでした。)

・同年2月、摘出手術。癌は前立腺だけに留...続きを読む

Aベストアンサー

私の父が5年前に前立腺がんと判明し、グリーソンスコア9でした。
(骨に影があるが骨転移かどうかは判定しかねるとの事でした)
受診する数年前から具合が悪かったのに病院に行くのは嫌だと延々
しぶり続け、初めて行った時点ですでにかなり悪化していました。
あれから5年、手術はせず、ホルモン治療のみでPSA値1未満を維持しています。

父は田舎住まいで、通える範囲に泌尿器科のある病院が1つしかなく、
当時の担当医はぶしつけで話の出来ない人でした。
現在は担当医が変わり、人間らしい会話のできる人です。
どんな医師に当たるかということが、治療にいかに重要かを
身をもって知っています。
再発で睾丸を取るって・・・去勢じゃないですか。
男性の尊厳にかかわることなのに、そんなに簡単に言うような医師に
大切なお父様をまかせていいのでしょうか。

お父様が病院を変わる気がないのが一番の難関だと思うのですが、
現在の担当医に話してセカンドオピニオン用の書類を作ってもらい、
他の病院で意見を聞いたほうがいいと思います。
(セカンドオピニオンは診察ではなく相談なので
 お父様が行かず、あなた一人で行ってもOKです。)
できるだけ大きな信頼できる病院がいいでしょう。

前立腺がんは進行の遅いがんですので、まだ打つ手はいろいろあります。
放射線治療ひとつにしても、直接線源を刺す方法や局部に留置する方法とか、
粒子線治療やペプチドワクチン(このれらは先進医療で自費ですが)など
対策はいくらでも取れると思います。
大切なのは、しろうとが「どんな検査がいいのだろう」などと悩むより
信頼できる医師に出会うことだと思います。

先は長いです。お互いに頑張りましょう。

私の父が5年前に前立腺がんと判明し、グリーソンスコア9でした。
(骨に影があるが骨転移かどうかは判定しかねるとの事でした)
受診する数年前から具合が悪かったのに病院に行くのは嫌だと延々
しぶり続け、初めて行った時点ですでにかなり悪化していました。
あれから5年、手術はせず、ホルモン治療のみでPSA値1未満を維持しています。

父は田舎住まいで、通える範囲に泌尿器科のある病院が1つしかなく、
当時の担当医はぶしつけで話の出来ない人でした。
現在は担当医が変わり、人間らしい会話のできる人です...続きを読む

Q肝臓癌の摘出手術をしました。検査の結果、体には癌は全くないと言われまし

肝臓癌の摘出手術をしました。検査の結果、体には癌は全くないと言われました。
病院に勤務している看護師さんの話ですと切除した後抗癌剤の服用をしなければならないと言われました。
これって本当でしょうか?

Aベストアンサー

 まったくそのとおりです。
 肝臓に癌があったということは、肝臓以外の臓器にも無数の癌細胞が取り付いています。まだ目立つ大きさになっていないだけです。それらが大きくなって、多発性の再発癌、転移癌になると事実上、癌を消滅させる治療法がありません。そうならないように、何処にあるか分からない癌細胞をやっつけるために抗癌剤治療をやります。もちろん、その治療をするか否かは、貴方が決めることです。しかし、絶対やるべきでしょう。
 日本人の2人に1人が癌になり、3人に1人が癌で亡くなります。癌は、良く研究されていて、その経過が良く分かります。どうせなら癌で死にたいという人もいるほどです。あまり心配しないで自分で勉強すると同時に医者にまかせましょう。治療法が進んでいますので、再発、転移は押さえられるでしょう。頑張って積極的な生活を送りましょう。

Q四ヶ月前 前立腺癌の全摘出手術をしました その時癌の一部が取り残されて

四ヶ月前 前立腺癌の全摘出手術をしました その時癌の一部が取り残されております このまま放置していたとすると 5年の生存率は およそ何パーセントぐらいでしょうか 罹り付けの医師に聞いたのですが 口を濁しております
ごく最近 MRIの検査をしましたが 取り残されていた癌は四ヶ月前とあまり変わりは無いといっております
術後の治療は何もしておりません 放射線療法 内分泌療法 化学療法などがあると聞いて居りますが
何れも 副作用がある との事で あと5年も生きられればと思い 今日に至っております
大変我侭な質問ですが 宜しくお願いします 75歳 男性

Aベストアンサー

数字を知りたい気持ちはわかりますが、術後残存の場合はあまり意味は無いと思います。
100人の術後残存前立腺患者のうち、30人が再発したとしても、相談者さんが30%の確率で再発するとは言えません。もともとの癌の性質、取り残しの程度など、様々な要因に個人差がありますので。

泌尿器科の先生が、PSAの推移は見ておられると思います。
MRIよりも鋭敏に再発を検知できるはずです。
PSAが上昇してから治療をする、という選択肢もあります。

主治医の先生に、どの段階で治療を検討するつもりなのか、もう一度確認してみては如何ですか。

Q精巣腫瘍摘出手術後の治療法

息子が5/9に精巣腫瘍の摘出手術を行ない、5/14退院いたしました。

検査の結果
(1)転移はなく、セミノーマで病期はIS
(2)血清腫瘍マーカーは S2(LDH上昇)
との診断がありました。

担当医から今後の治療として
(1)経過観察
(2)放射線治療(・・・・LDHの上昇が見られるので、治療法の選択肢の一つとして説明あり)

以上、二通りの説明がありましたが、やはり今の時代治療法選択の最終判断は患者側に
委ねられるんですね。
ネット等色々調べているのですが、放射線治療における副作用のリスクなどを考えると
やはり素人ではなかなか判断しかねます。
同じような経験をされた方、また医療関係に従事されている方のアドバイスをいただけない
でしょうか。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 一般的に病期Iのセミノーマでは、補助放射線療法なしでは再発率は若干上がりますが、補助放射線療法の有無にかかわらず予後(生存率)は変わりません。ですから、再発してからの治療でも十分だということです。ちゃんと定期通院に出来るならサーベイランス(経過観察)でよいと個人的には思いますが、ISでは補助放射線を行うべきか否か意見が分かれるところです。
 病態の詳細が分からないので、やはり主治医にメリットとデメリットを尋ねたうえで判断してください。

Q精巣の癌についてですが・・・

父親が精巣に腫瘍が出来て、多分それが癌だということを聞きました。
今は片方のみ摘出し、来週結果を家族同伴で教えてくれるそうです・・・。

それで、今回お世話になった病院についてなのですが
もし事が重大だった場合、変わった方がいいんじゃないかと思っています。

睾丸が腫れていて検診をし、CTスキャンに血液検査もして
それでもそこの泌尿器科の医師3人掛かりでも、癌だとは取るまで分からなかったようなんです。
「不安でしたら取りましょうか?」みたいなことを言われたようで・・・。
この病院以外にも2件ほど訪ねたのですが、そこでもよく分からないと言われたそうです・・・。
本当にこの癌に詳しい医師に掛かりたいと思ってます。
多分、父も曖昧な医師に任せるのは避けたいはずです。


できたら名古屋近郊の病院が良いのですが
この癌に詳しいお医者さんがいる病院はありますでしょうか?

それと、睾丸腫瘍についてですが、「一番治りやすい癌」と書いてあるサイトさんを見て安心したのですが
本当にその通りだとしても、それでも癌であることに変わりは無いので
転移してしまう可能性とか、完治するのかとか、そういう不安は拭えずにいます。
この病気に詳しい方、経験者の方の意見を伺いたいです。
なんか厚かましくて申し訳ないです。どうかよろしくお願いします。

父親が精巣に腫瘍が出来て、多分それが癌だということを聞きました。
今は片方のみ摘出し、来週結果を家族同伴で教えてくれるそうです・・・。

それで、今回お世話になった病院についてなのですが
もし事が重大だった場合、変わった方がいいんじゃないかと思っています。

睾丸が腫れていて検診をし、CTスキャンに血液検査もして
それでもそこの泌尿器科の医師3人掛かりでも、癌だとは取るまで分からなかったようなんです。
「不安でしたら取りましょうか?」みたいなことを言われたようで・・・。
こ...続きを読む

Aベストアンサー

精巣癌は病期にもよりますが、抗がん剤が比較的有効な癌です。精巣癌から脳転移をしても、抗がん剤治療をしてかなり縮小し、職場復帰されている人を多く看てきました。しかし、不幸なこともあります。
手術をされたのは、確定診断をするためですよね?名古屋・・・名古屋は、わかりませんが、がんセンターなどの専門病院は近くにありますか??(私なりにも調べてみます)睾丸の摘除術はともかく、その後の抗がん剤治療は、病院によって差が出てくると思います。たとえば、何百人と看ている病院と何十人と見ている病院では考え方、治療成績が違うと思います。優秀なドクターに出会えることを願っています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報