読んだ事のある作家と自分の好みは以下のような感じです。


◎司馬遼太郎
◎宮城谷昌光
◎和田竜
◎津本陽
○井上靖
○陳舜臣
○塚本青史
○中村彰彦
○吉川英治
○山岡荘八
△海音寺潮五郎
△柴田錬三郎
×童門冬二
×浅田次郎


読み物としての面白さは勿論の事として、それだけでなく、一定範囲のリアリティを確保した作品が好みです。

技術的に物足りないのも好きではありませんが、
どんなに上手く仕上げていても、人に聞いた話、昔にどこかで得た知識、他の作家の作品で得た知識を組み合わせて小手先でアレンジしただけのような、自分で真剣に資料を見てない事がバレバレな作品も好きにはなれません。

オススメなのがあれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

吉村昭のオススメの作品



「生麦事件」
「桜田門外ノ変」
いずれの作品も歴史のそのときに立ち会っているみたいな臨場感に富みます。

「長英逃亡」 捕縛せんと血眼の幕府の目を潜って逃げ続ける高野長英。
その結末には長英ならずとも天を仰ぐ気持ちになります。

「冬の鷹」 前野良沢に寄りかかっての翻訳なのに解体新書といえば杉田玄白の名が前面に。
後世の評価が間尺にあわぬ良沢に暖かい目をそそいだ作品。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

生麦事件は溜飲が下がる思いのする歴史上の事件です。
早速読んでみたいと思います。

お礼日時:2008/11/28 23:44

子母沢寛


「勝海舟」(全6巻)新潮文庫
「新選組始末記」 中公文庫
大佛次郎
「天皇の世紀」(全10巻)朝日新聞出版
新田次郎
「八甲田山死の彷徨」 新潮文庫
ドナルド・キーン
「明治天皇」(全4巻)新潮文庫
などどうでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事遅くなって申し訳ありません。

子母沢寛は歴史小説風な時代小説というイメージだったので読んでませんでした。

大佛次郎は知りませんでした。
「天皇の世紀」朝日新聞出版ですか、
タイトルは右翼的ですが、出版社が左翼的なので、結局、天皇に批判的で偏った内容なのでは?
と推測でき、逆に興味がわきます。
あらすじだけでも抑えたいと思います。

新田次郎は何か読んだ事があるような記憶がありますが、「八甲田山死の彷徨」は読んでません読んでみたいと思います。

ドナルド・キーン「明治天皇」
これも朝日新聞の息がかかった人物のようですね、これもどのように偏った内容なのか逆に興味が湧いてきました。

有難うございます。

お礼日時:2008/12/06 23:45

7です。



まず、歴史物としては「軍艦長門の生涯」上中下巻 新潮文庫

があります。大正末期から、終戦まで、戦艦長門を中心に描かれた歴史物で、上は長門進水と関東大震災、中は5・15事件と2・26事件、下は太平洋戦争が見せ場になっています。志賀直哉最期の直弟子といわれた、氏の文章は大変に読みやすく、かつ重厚さを失っていません。

あとは、山本五十六、米内光政、井上成美、の3提督物、志賀直哉(上下)、とくに志賀直哉は、傑作です。

古書だと、カレーライスの歌(カレーライス)、あひる飛びなさい、こんぺいとう、もいいです。

あと、鉄道紀行作家の宮脇俊三氏の作品は、どれもおもしろいです(本当に)。特に歴史物である「時刻表昭和史」は、ウソのない時刻表を元につづられた歴史物で、司馬遼太郎が絶賛しています。それもそのはずで、宮脇氏は中央公論の編集畑から常務になったひとで、「どくとるマンボウ航海記」を世に出した人ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

その時代の歴史は小説としてはでは案外読まなかったので、逆に新鮮かも知れません。

お礼日時:2008/11/28 23:53

NO.6です。


綱淵謙錠氏の代表作と主人公等をいくつか挙げます。
「斬」首斬り役人山田浅右衛門家。
「極」南極探検、白瀬中尉。
「航」榎本武揚。
「叛(短編集)」松永弾正久秀ほか。
「剣(短編集)」塚原ト伝、柳生石舟斎、石田三成、坂本竜馬等々。
「苔」赤報隊隊長相楽総三。
「乱」幕府軍に参加して五稜郭まで戦い抜いたフランス人士官ブリュネ。
   その他多数あります。
 残念ながら現在「乱」以外は品切れ、あるいは絶版となっているみたいですが、古書がネットで格安で買えますのでお奨めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど、入手に難がありそうですね。
図書館などで見かけたら読んでみたいと思います。

お礼日時:2008/11/28 23:37

阿川弘之



おすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

阿川弘之さんは読んだ事がないです。

結構いろいろ作品があるようですが、オススメがあれば教えて下さい。

お礼日時:2008/11/25 22:46

 こんにちは。


 綱淵謙錠をおすすめします。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B6%B1%E6%B7%B5% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

綱淵謙錠さんは読んだ事がないです。

URLからはウィキに行くと『斬』という作品しか出ていませんが、この『斬』がオススメですか?

お礼日時:2008/11/25 22:44

「吉村昭」はお好みではないのですか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

吉村昭さんは読んだ事がないです。

オススメの作品があれば紹介して下さい。

お礼日時:2008/11/25 22:39

高橋克彦さんはいかがでしょうか?


『火怨』は個人的No.1です。また大河ドラマにもなった『炎立つ』や『時宗』も面白いです。

あとは永井路子さんの『北条政子』も良かったです。
時代小説の名手、藤沢周平さんの歴史物で『密謀』は直江兼続の話です。
風野真知雄さんの『水の城』は和田竜さんの『のぼうの城』と同じ題材ですが、面白かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

高橋克彦さんは読んだ事がないです。
たしかに『炎立つ』は大河ドラマをやっていた気がします。(見てませんが)
その原作の方でしたか。。。
個人的No.1とおっしゃる『火怨』は今度読みたいと思います。

永井路子さんも読んでません。『北条政子』も順次読んでみたいと思います。

藤沢周平さんは池波正太郎さんとかと同じような印象で時代小説専門の方だと思っていましたが、直江兼続の話ならハズレの無い歴史物であると想像できます。

風野真知雄さんの『水の城』も読んでないので読んでみたいと思います。

お礼日時:2008/11/25 22:38

池波正太郎氏はいかがでしょうか。

真田太平記などは長いです。ただ文体からいうと、司馬遼太郎が好みでしたら…ううんw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

池波正太郎さんは『鬼平犯科帳』が有名ですよね?
書店でよく目にしますが、時代小説を専門に書いておられるのかと思って、読むには至りませんでした。

『真田太平記』も置いているのを見かけた事がありましたが、タイトルの印象から『真田十勇士』の焼き直しかと思って手を出しませんでした。
これは歴史小説でしたか。

お礼日時:2008/11/25 22:29

申し訳ありません、勘違いしたようです。


先ほど私が挙げたのは時代小説ですね。すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

時代小説でしたか、タイトルがそれっぽいですね。

お礼日時:2008/11/25 22:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q作家あさのあつこさんについて

 リサーチペーパーの参考にしたいので以下の質問に答えて下さるととても助かります。答えていただく際に、まず「性別、年齢、出身地、現在住んでいる所、職業」を教えて下さい。では、しばらくお付き合い下さい。
 
 (1) あさのあつこさんを知っていますか。(以下A氏)
 
 (2) (a) (1)で「はい」と答えた方→
   今までにA氏の作品を読んだ(見た)ことはありますか。あれば、作品名を教えて下さい。※どのジャンル(小説・漫画・映画)かもお願いします。また、読もうと思ったきっかけも教えて下さい。
    (b) (1)で「いいえ」と答えた方→
   これで質問は終了です。ありがとうございました。
 
 (3) (c) (2)の(a)で「はい」と答えた方→
  その中で1番お気に入りの作品は何ですか。理由もお願いします。
    (d) (2)の(a)で「いいえ」と答えた方→
  今後、読んでみたいと思う作品はありますか。理由もお願いします。※特にない人はその理由をお願いします。(d)の方はこれで質問終了です。ありがとうございました。

 (4) (2)の(a)で「はい」と答えた方→
  最後にA氏の作品の魅力について何か一言お願いします。

 長くなりましたが、ここまでお付き合い下さりどうもありがとうございました。皆さんの意見はリサーチペーパー作成に役立てたいと思います。

 リサーチペーパーの参考にしたいので以下の質問に答えて下さるととても助かります。答えていただく際に、まず「性別、年齢、出身地、現在住んでいる所、職業」を教えて下さい。では、しばらくお付き合い下さい。
 
 (1) あさのあつこさんを知っていますか。(以下A氏)
 
 (2) (a) (1)で「はい」と答えた方→
   今までにA氏の作品を読んだ(見た)ことはありますか。あれば、作品名を教えて下さい。※どのジャンル(小説・漫画・映画)かもお願いします。また、読もうと思ったきっかけも教えて下...続きを読む

Aベストアンサー

1.知っています
2+3.バッテリーしか知りませんし、バッテリーしか読んだことはありません。人に薦められて、その人に借りて読みました。
4.荒削りではあるが独特の緊張感のある文章でしょうか。面白かったですが、A氏の作品を他にも読んでみたいというほどではありませんでした。

Qお勧めの歴史小説はなんですか ?

実は主人(中年男性)が読むのですが、通勤の行き帰りに読む本でおすすめはないでしょうか。

前は購入していたのですが あまり早く読んでしまうため もったいないのと本が一杯になってしまうので 今は私が図書館で借りてきています。
本人は なかなか図書館に行けないので。
でも 自分が読むのではないので いつも何を借りてきてあげたらよいのか迷います。

本人は歴史小説(日本・中国)が好きです。今まで借りてきた作家は
宮城谷昌光・童門冬二・津本陽・小川良 ・井沢元彦・伴野朗・塚本青史となぜか宮尾登美子さん等です。(他にも多数有り)
これは 本人の趣味をかんがみて私の選んだ本の作家です。
(面白かったかどうかは聞いていない・・・)

このほかに お勧めの作家はないでしょうか。
おすすめの歴史小説もお願いします。

Aベストアンサー

 田中芳樹さんや井上祐美子さん、狩野あざみさんはどうでしょうか?
田中芳樹さんであれば、「隋唐演義」「風よ万里を翔けよ」「銀河英雄伝説」が、井上祐美子さんであれば、「五王戦国史」「女将軍伝」「長安異神伝」が、狩野あざみさんであれば、「華陽国志」がおすすめです。

Qあさのあつこsの本!!!(^^)

あさのあつこさんの本が好きな人で、
あさのあつこさんが関連している本で、お勧めはないでしょうか?

バッテリー、Themanzai、蘭事件ノートシリーズ以外で。
読んだことがあって、面白いものでも結構です^^
宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

私のお勧めは、講談社YA!ENTERTAINMENTの「NO.6」です。
現在第6巻(文庫本は3巻)まで発売されています。
内容は“近未来サバイバル小説”!
参考URLを挙げておくので、あらすじなどチェックしてみてください(^^)

参考URL:http://shop.kodansha.jp/bc/books/topics/no6/index.html

Qお薦め中国の歴史小説(三国志・項羽と劉邦・蒼穹の昴以外)

タイトル通りですが、三国志を読んで以来、中国の歴史小説にはまってます。高校時代、日本史選択で中国の歴史をほとんど知らないため、展開にハラハラ・ドキドキ、そして登場人物に惚れ惚れしながら、読みました。
上記以外にお薦めを教えてください!

Aベストアンサー

 こんにちは。時代は古いですが宮城野昌光の「晏子」その他、一連の古代中国の小説はすばらしいです。歴史小説とは言いかねますが、三国志が楽しめたなら、水滸伝も是非読んでください。娯楽性は低いかもしれませんけれど、中島敦の短編集もお勧めします。また、私はあまり読んでいないのですが、陳瞬臣のファンも多いです。

Qあさのあつこさんのグラウンドの空を読んだ方・・・

あさのあつこさんの「グラウンドの空」を読んだ方に
質問です。
このほんは
2巻 3巻と続いていくかんじですか

Aベストアンサー

「グラウンドの空」は、もともと赤旗日曜版で連載されていたのを単行本として発刊されたものですが、
今年の7月から、続編の「グラウンドの詩」が赤旗日曜版で始まっています。
舞台は同じ中学校で、登場人物も一緒です。
続編も単行本になると思いますが、早くても来年の後半あたりでしょうね。

Q優れた歴史小説(多数求む)

優れた歴史小説を探しています。
基準は、

・読みやすい
・人気がある
・売れた
・映像化された
・その作品をきっかけに、それまで無名だった歴史上の人物が有名になった
・内容が濃い
・史実に忠実
・専門家の評価が高い

等、どのような側面からでも構いません。ただし、どのような理由からかと言うことは明記して下さい。
「○○と言う作家のものは大体良いよ」と言うようなご回答でも構いませんが、出来る限り具体的な書名と、優れた点を記載して下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

吉川 英治のはいいのが多いのですが
とくに「新・平家物語」をあげておきます。
NHKの大河ドラマになった。
(ずいぶん昔なので、ご存知ないかたも多いかもしれませんが。)
読みやすいというか、面白かったですね。
(あくまで、歴史小説なので、作り事とかも多々入っている
かもしれませんが、いろいろと面白くしてあると思います。
・・・個人的感想:平清盛が死んでからは、それまでより少しおちるかもしれません。)

子母澤 寛「新選組始末記」
ま、今でこそ新選組というと皆さん知っていると思いますが、
明治以降、朝敵として不当に扱われてきた、新撰組の正確な姿を
描き出したところとかが評価に値すると思います。

アレクサンドル・デュマ「王妃マルゴ」
ま、映画化もされたのですが、それ以前に「モンテクリスト伯」で
有名な作家さんなので。

メリメ「シャルル九世年代記」
こちらも、作品よりは作家さんのほうが有名かな。
「カルメン」を書いたメリメっていうとわかると思います。

フリードリッヒ・シラー「ヴァレンシュタイン」
戯曲なんですけど、「三十年戦争史」って歴史書も書いているし
(この時期が時代背景)、この作家(大学で講義を持っていた)が
三十年戦争の講義をしたら人が山のように集まったという話らしいし、
日本では知る人ぞ知るってところなのでしょうけど、
その時代の歴史研究者の中では有名なはず。
内容は、ま、よくできた戯曲です。

吉川 英治のはいいのが多いのですが
とくに「新・平家物語」をあげておきます。
NHKの大河ドラマになった。
(ずいぶん昔なので、ご存知ないかたも多いかもしれませんが。)
読みやすいというか、面白かったですね。
(あくまで、歴史小説なので、作り事とかも多々入っている
かもしれませんが、いろいろと面白くしてあると思います。
・・・個人的感想:平清盛が死んでからは、それまでより少しおちるかもしれません。)

子母澤 寛「新選組始末記」
ま、今でこそ新選組というと皆さん知っていると思...続きを読む

Qあさのあつこ先生の本

あさのあつこさんがスキな中3なんですが・・・ テレパシー少女蘭とか時空ハンターyukiなんかは 中3の私でも楽しんでよめますか?? また、この2作は完結してますか?

Aベストアンサー

 時空ハンターの方は読んでいないので分かりませんが、テレパシー少女蘭の方は全巻読んだ……と思います。以前、NHKのアニメでもやっていましたよね。個人的に「蘭」は好きです。個性的な四人も面白いし、アニメと本だと若干イメージは違いますが、何度も読み返してくすくす笑ってしまったりします。主人公の蘭と翠の会話が楽しいですよ(笑)。
 中学生であれば全然読める内容です。青い鳥文庫ですし。実際に私は、小学生の時から読んでいました。蘭は今のところ9巻出ているみたいですが、一冊で完結(続きものではない)なので、どの巻から読んでも内容は分かりますし楽しめます。最初から読むと、親友・翠との出会いなどが書かれているので分かりやすいかもしれませんが、飛び飛びで読んでも問題ありませんよ。
 時空ハンターの方はすみません。詳しくないですが、2巻出ているみたいですね。

Q僕好みのおすすめ漫画おせぇて

アニメ化する漫画は8割がたが萌えやハーレム系のおそまつな作品ばかり
AKB商法と同じく、アニメの中の萌えキャラやショタ子に貢ぐのが現在のアニメ業界の現状です
そんなアニメは原作でも手抜きばかり
本当にいい漫画が評価されていない
中身、絵(キャラ)、この2つのどれか1つでも優れていればそれなりに人気が出ると思う

たとえば

○中身だけの作品=

ワンピ(中身だけを見れば漫画界史上屈指の内容だが、絵がすごく下手で手抜きコマも多々)

花田少年史(中身はすばらしいが、絵が落書き?並み)

カイジ(↑に同じ)

○絵・キャラだけの作品=

ARIA(正直何がおもしろいのかまったくわからないが、キャラが綺麗・手抜きコマ多数)

ブリーチ(護衛隊(?)とかいう12番隊が出るまでアンケート最下位で打ち切りの危機に瀕していた・
絵がすごく下手・手抜きコマ多・女性キャラが男みたいでかわいくない)

青のエクソシスト(Dグレの焼き直し・中身スカスカ)

らきすたけいおん・・・他量産系萌え系


本当にいい漫画とは
僕は先にあげた2つの要素を高いレベルで満たしている作品だと思います

僕のおすすめ漫画は以下

ベルセルク(アニメ化しているが知名度は高くない・絵がとてつもなくうまい
全てのコマに対し一切の手抜きがない・内容もワンピに匹敵すると思う)

龍眼(知名度はほぼない、絵がうまく手抜きコマがまったくない
内容もよい)

無限の住人(絵がめちゃくちゃうまく・手抜きが一切ない
内容は上記2品に比べたら少し劣るか)

ヨルムンガンド(知名度低・絵はうまいとはいいがたいが、手抜きがない
内容もそこそこ)


といったところでしょうか
僕個人としては「絵・内容を兼ね備え」かつ、「手抜きがまったくない」漫画が好きです

というか、絵が下手な人は漫画書くなと強くいいたい
下手でも連載したいなら手抜きをするな!と強くいいたい

長々書きましたが
そこらへんの僕の好みを踏まえて教えていただきたい

アニメ化する漫画は8割がたが萌えやハーレム系のおそまつな作品ばかり
AKB商法と同じく、アニメの中の萌えキャラやショタ子に貢ぐのが現在のアニメ業界の現状です
そんなアニメは原作でも手抜きばかり
本当にいい漫画が評価されていない
中身、絵(キャラ)、この2つのどれか1つでも優れていればそれなりに人気が出ると思う

たとえば

○中身だけの作品=

ワンピ(中身だけを見れば漫画界史上屈指の内容だが、絵がすごく下手で手抜きコマも多々)

花田少年史(中身はすばらしいが、絵が落書き?並み)

カイジ...続きを読む

Aベストアンサー

んじゃ、以下をお勧め

ファイブスター物語(ストーリーズ) 永野 護/角川
絵、ストーリー共に最高峰の出来。昔、一巻の内容が映画化されたが、
メジャーでは無いと思う。マイナーと言うほどでも無いけど…
特にMH(モーター・ヘッド)と呼ばれるロボットは全ての線を手書きで書いてるとは思えない程、
書き込まれている。
それだけでも必見だが、ストーリーも何世代にも渡る騎士とファティマをメインとした、
五つの星を舞台にした壮大なお話になります。

しゃにむにGO 羅川 真里茂/白泉社
少女マンガだが、最高の高校テニス漫画。
絵は真夏の太陽の下、汗だくでテニスをしているキャラを手抜き無く書いている。
また、絵自体も上手い。
ストーリーは高校の弱小テニス部が二人の天才が入学した後、3年間かけて日本一になると言う
超王道ですが、練習シーンが丁寧に書かれているため説得力がありますし、
1年目では、普通に負けて2年目、3年目でリベンジをすると言う、成長モノなので、違和感なし。
また、同じ部活の先輩、同期、後輩、ライバル選手も丁寧に表現されている為、最後まで
面白く読めました。

以上です。

んじゃ、以下をお勧め

ファイブスター物語(ストーリーズ) 永野 護/角川
絵、ストーリー共に最高峰の出来。昔、一巻の内容が映画化されたが、
メジャーでは無いと思う。マイナーと言うほどでも無いけど…
特にMH(モーター・ヘッド)と呼ばれるロボットは全ての線を手書きで書いてるとは思えない程、
書き込まれている。
それだけでも必見だが、ストーリーも何世代にも渡る騎士とファティマをメインとした、
五つの星を舞台にした壮大なお話になります。

しゃにむにGO 羅川 真里茂/白泉社
少女マンガだが、最高の...続きを読む

Qあさのあつこさんの“NO.6”のような小説

あさのあつこさんの“NO.6”のような小説で、お薦めのものがございましたら、教えていただけないでしょうか。以下の条件でお願いします。
・文庫版が発売されている
・既に物語が完結している
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

あさのあつこさんの「No.6」は私も好きです。

恩田陸さんの「ロミオとロミオは永遠に」は如何でしょうか。
早川書房から文庫上下巻で発売しています。
面白いので、お勧めです。

amazonの文をそのまま引用しました↓
【日本人だけが地球に居残り、膨大な化学物質や産業廃棄物の処理に従事する近未来。
それを指導するエリートへの近道は、「大東京学園」の卒業総代になることであった。
しかし、苛酷な入学試験レースをくぐりぬけたアキラとシゲルを待ち受けていたのは、
前世紀サブカルチャーの歪んだ遺物と、閉ざされた未来への絶望が支配するキャンパスだった。
やがて、学園からの脱走に命を燃やす「新宿」クラスと接触したアキラは、
学園のさらなる秘密を目の当たりにする…。 】

Qミステリー小説はどれから読めば?

無性にミステリーが読みたくなったので、今まで全く手を出したことのなかったエラリー・クイーンを読んでみようと思っています。
そこで質問なのですが、エラリー・クイーンの作品で一番初めに読むとすれば、どの作品なのでしょうか。
(どれから読んでも大丈夫なのでしょうか?)
この順番で読んだら良いよ、というものがもしありましたら教えていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は小学生の頃(うんと昔・・・笑)初めて読んだ推理小説が「Yの悲劇」でそれ以来推理小説にのめり込みました。
なので、No.1.の方の仰るクイーンの4大悲劇シリーズはお薦めです。
1番好きな探偵の一人がドルリー・レーンなんで、ラストはかなり衝撃的でした。

他にこれから始めれば?と、言う作品ならば、是非国名シリーズからお読みになる事をお勧めします。なるべく書かれた年代の古いものから読まれるのが良いでしょう・・・単発で後に読むなら「災厄の町」などが面白いです。
国名シリーズは「ローマ帽子の謎」が最初です。ミステリファンの間で傑作と言われているのは「エジプト十字架の謎」ですが、私は初期のものの方が好きですね。初期のものには読者への挑戦も挿入されてますので、推理してみてください(^-^)

本屋に行って東京創元社の創元推理文庫版か、早川書房のハヤカワミステリ文庫版のシリーズを見てみて決めてください♪


人気Q&Aランキング

おすすめ情報