棚卸減耗費が発生した場合について質問させてください。

前期PLの期末商品棚卸高と今期PLの期首商品棚卸高の数字は必ずしも一致しなくてもいいのでしょうか?
というのも前期に棚卸減耗費を売上原価ではなく一般管理費で処理した場合、
PL上の期末在庫とBS上の棚卸商品がずれると思うのですが、
翌期のPL期首商品棚卸高は、前期BS棚卸商品の数字を記載してよいのでしょうか?
(単純にPLだけを見た場合、前期期末高と今期期首高が違うとおかしい??と疑問に思い質問させていただきました。)

ご回答のほど、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2です。



条件を少し書き換えます。

(1)期首商品棚卸高 300
(2)今期仕入高 400
(3)期末決算で倉庫を実地棚卸をしたら、商品在庫は100だった。
しかし、倉庫の商品受払台帳の残高は200になっている。
理由は不明であり、棚卸減耗費100が発生した。

仕訳は次のようになります。
〔借方〕仕入高400/〔貸方〕買掛金400
〔借方〕期首商品棚卸高300/〔貸方〕繰越商品300
〔借方〕繰越商品100/〔貸方〕期末商品棚卸高100
〔借方〕棚卸減耗費100/〔貸方〕他勘定振替高100

※三分法においては、
〔借方〕仕入高300/〔貸方〕繰越商品300
この仕訳は誤りです。
    • good
    • 0

#1です。



誤解のないように願います。「棚卸減耗費」、「期首商品棚卸高」、「期末商品棚卸高」、「商品」が関係する一年間の仕訳のうち、決算仕訳を全部書いて下さいと頼んだのであって、一年間の仕訳を全部書いて下さいと頼んだのではありません。

そもそも会計の理論において、前期PLの期末商品棚卸高と今期PLの期首商品棚卸高の数字が一致することは、正しい会計を行う上での前提条件であって、前期PLの期末商品棚卸高と今期PLの期首商品棚卸高の数字が一致しないのは根本的な誤りなのです。

その根本的な誤りが、過去の仕訳のどこかにあるはずなので、それを発見するために、四つの勘定科目(棚卸減耗費、期首商品棚卸高、期末商品棚卸高、商品)が関係する一年間の仕訳のうち、決算仕訳のみを全部書いて頂きたいのです。

あるいは単に、会計ソフトで今期PLの期首商品棚卸高の数字を入力する時に間違えただけかも知れませんね。

この回答への補足

#1さん

早速のご回答ありがとうございます。

実は実務ではなく簿記を勉強中に疑問に思っただけなのですが、
前期PL期末、今期PL期首の在庫が合わなくなると思ったのは
以下の仕訳をした結果です。何かが間違っているんですね・・・。

条件:
実棚期末在庫100 (帳簿上期末在庫は200)
期首商品棚卸高 300
今期仕入 400

決算仕訳:
仕入 300繰越商品300
繰越商品 200仕入200
棚卸減耗費 100繰越商品100

これにより売上原価が500となる。(仕入勘定で計算300+400-200)←PLの期末在庫は200。(1)
棚卸減耗費は原価には影響しておらず、一般経費としてPLに現れる。
上の決算仕訳よりBSの繰越商品は100。(2)

(1)PL在庫は200 (2)BSの繰越在庫は100。

翌期に繰り越されるのは(2)100というのはわかるのですが
PL上の期末在庫がどうして100になるのかがわかりません。

非常にわかりにくい説明になってしまいましたが、
ご回答いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

質問者

補足日時:2008/11/26 16:23
    • good
    • 0

>前期に棚卸減耗費を売上原価ではなく一般管理費で処理した場合、


PL上の期末在庫とBS上の棚卸商品がずれると思うのですが・・

そのようなことはあり得ません。

念の為、前期決算における「棚卸減耗費」、「期首商品棚卸高」、「期末商品棚卸高」、「商品」が関係する仕訳を全部、書いて下さい。どこかに間違いがあるはずです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古本の棚卸し資産の計上方法は?

副業のような形でネットで古本の販売をしています。本の在庫は、棚卸し資産としてどのように計上したらよいのでしょうか? 本は昔自分で買ったもの他、古書店やもらったものなど様々ですし、冊数が多すぎて全部の棚卸しなど到底考えられませんが、しなければいけないものなのでしょうか。尚、本業は棚卸しが必要のない業種のため棚卸しに関する知識もほとんどありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

商工業者の多くは、商品の仕入販売や製品の製造販売を行うので、期末時点で棚卸資産を保有するのが普通です。ですから決算では、それらの棚卸を行って棚卸価額を評価し、期末の棚卸高を計上しなくてはなりません。

ところで棚卸資産の価額の評価方法は色々あるので、業者自身が評価方法を決めて、毎年、同じ方法で評価計上するのが原則です。ですから質問者の場合も、評価方法を自分で決めて下さい。

と言っても、古本屋に適する評価方法は、「個別法による原価法」だけだと、私は思います。古本を仕入れたときの値段を一つ一つ記録しておいて下さい。期末の在庫の古本の仕入価額の合計額が、あなたのお店の「期末商品棚卸高」になります。

~~~~~~~~~~~~
〔参考〕
  ところで、嬉しい情報を提供します。あなた自身が購入して読んだ本を販売する時は、販売代金は売上から外しても構いません。
  これは事業所得ではなく譲渡所得になります。そして、生活用動産の譲渡所得は(一部の例外を除いて)課税されないので売上から外しても脱税にならないのです。この制度を上手に利用すれば、合法的に税金を節約することができますよ。

~~~~~~~~~~~~
〔参考〕
  年の所得が300万円以下の青色申告者は、「現金主義」の経理を選択することができます。↓

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/23200010.htm

現金主義の経理を選択した事業者は、期末の棚卸をしないで合法的に決算を行い確定申告することができます。
  仕入れたときの値段を一つ一つ記録するのは面倒、期末に在庫の棚卸をして「期末商品棚卸高」を計算するのも面倒だという面倒臭がり屋にとっては、ありがたい制度ですね。(^^;

~~~~~~~~~~~~

商工業者の多くは、商品の仕入販売や製品の製造販売を行うので、期末時点で棚卸資産を保有するのが普通です。ですから決算では、それらの棚卸を行って棚卸価額を評価し、期末の棚卸高を計上しなくてはなりません。

ところで棚卸資産の価額の評価方法は色々あるので、業者自身が評価方法を決めて、毎年、同じ方法で評価計上するのが原則です。ですから質問者の場合も、評価方法を自分で決めて下さい。

と言っても、古本屋に適する評価方法は、「個別法による原価法」だけだと、私は思います。古本を仕入れたとき...続きを読む

Q他勘定振替高の損益計算書の表示について教えて下さい。

当社は、製造業です。生産した製品を販売以外の目的(販促用・試験用等)で使用する場合に、販促用だと 
(借)広告費○○/(貸)他勘定振替高  と処理することにしました。
はりきって処理してみたものの、損益計算書にはどのように表示したらよいのかわかりません。
どなたか教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仕訳は仰るとおりでよいと思います。
損益計算書の冒頭部分は、

売上高           xxxx
売上原価
 期首製品棚卸高 xxx
 当期製品製造原価 xxx
 他勘定振替高 xxx
 期末製品棚卸高 xxx  xxxx
売上総利益         xxxx

という感じになると思います。
他勘定振替高という勘定科目はこの場合は売上原価の控除科目になるわけです。
(広告費の表示場所は分かりますよね。)
               

Q作成中ソフトウェア(仕掛品)の棚卸評価方法

法人設立を検討している個人のプログラマです。
今までは棚卸資産(仕掛品)が出ないように、取引先から12月納で発注書を出してもらっていたので、今までの確定申告では棚卸資産=0で申告していました。このほど、取引先の都合で1月納になるため、期末で仕掛品が発生することになりました。納入物はプログラムソースになります。

質問1 仕掛の評価方法はどちらが良いでしょうか?

仕掛A=(期末までの作業日数/全作業日数)*発注金額
仕掛B=(期末までソースステップ数/全ソースステップ数)*発注金額
※全作業日数にしろステップ数も作業完了まで不明なので、予想値です。

質問2 法人設立時に棚卸しの評価方法を届ける必要があるのですが
上記のような計算をしたい場合は、9種類のうちどの方法に相当するのでしょうか?

以上、よろしく御願いします。

Aベストアンサー

質問1・・
どちらの方法でも良いと思いますが、「仕掛A」の方がシンプルでしょう。
なお、売上高に対する原価率が把握できるのであれば、
仕掛品評価額=(期末までの作業日数/全作業日数)*発注金額*原価率
の方が優れています。節税になるからです。

質問2・・
法人設立後は製品別原価計算を行って仕掛品を評価するようにお薦めします。
ソフトウエアの受託開発においては、仕掛品評価方法は「個別法による原価法」が最適です。

Q商品紛失(万引き?)の場合

小売業です。

商品の実地棚卸をしたところ
店頭で販売している商品がなくなっていることがわかりました。
現金が盗難にあった場合、
(借方)雑損失(貸方)現金
で処理するというのはわかったのですが、
商品の紛失の場合、どのような仕訳をすればいいですか?

また仕訳する場合、なくなった商品の仕入値、売価、その他どの価格ですればいいでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

帳簿上の数量でいったん棚卸計上(棚卸資産/売上原価)したうえで、
棚卸減耗損/棚卸資産
として仕訳します。したがって、単価は棚卸単価となります。

参考URL:http://www.otaru-uc.ac.jp/~makio/chp11/actinv.htm

Q棚卸での最終原価法で原価0の商品の処理方法

当社は月次で帳簿棚卸しを行っているのですが
当月末在庫帳を見て、長年のおつきあいで、当社に対するサービスとして
原価0でもらった商品が10個納品されていることに気づきました。
在庫の評価方法として最終原価法を採用しているのですが、
その前に原価100円で仕入れた同商品が20個残っています。

私の考え方としては
(1)最終原価0円として、(20個+10個)×0円=0円
(2)別々に計算し、20個×100円+10個×0円=2000円
(3)最終原価0はおかしいので、(20個+10個)×100円=3000円

と出てきましたが、どうゆう考え方が正しいのでしょうか?
まだまだ若輩者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経理的な理窟として言えば、そのゼロ円でもらったときの処理の問題です。
本来これは100円近い商品をただでもらったのですから、100円の利益が出たと考えます。
仕訳としては

仕入高  100/ 受贈益  100
となります。

ただし実務上はその仕入れが100円であったとみなして、棚卸評価額を100円にすれば結果は同じです。
従って理論的にはそれをのぞいた仕入れの最後の単価を適用すればよいと思いますよ。

Q確定申告・内訳書の棚卸欄の記載方法

個人事業で、収支内訳書の棚卸欄の記載方法について教えてください。
商品などに加えて、使用していない消耗品も棚卸しなくてはいけないみたいですが、商品と消耗品を足した額を記載するといいのでしょうか?初歩的な質問申し訳ありません・・。棚卸は商品だけすればいいという認識でおりましたので・・^^;

Aベストアンサー

たな卸しの問題は「個人か法人か」で変化するものではありません。
商品を仕入れて販売する販売業と製品を製造する製造業とが、根本的に違うのだと理解してください。

販売業ですと(何度も出る式ですが)、「期首たな卸し(前期からの持ち越し商品)+今期の仕入高-期末残商品」が今期の売上げに対する原価になります。

製造業ですと製造原価を出すために期首たな卸しには期末の消耗品の見消耗残高が当然入り、今期に購入した材料や消耗品を足して、期末に残ってる材料と消耗品の残を引きます。

どうして、消耗品の扱いが違うかというと、製造原価というのは単価あたりの原価の計算をそれなりの精度をもって計算しないと「いくらで売れば利益がでないのか」がわからないからです。

仕入れた商品を販売する「販売業」では、消耗品はすべて「販売に関する費用」と考えます。一度購入した鉛筆を、今は使わないからと棚においておいても、消耗品として経費算入できます。

これに対して工業簿記の原価計算では「使ってない鉛筆は、たな卸し消耗品(つまり未使用)」として計算して、原価計算に入れないのです。

製造業か販売業か、はたまた別の業種なのかをはっきり伝えてなかったので、税務署の方も回答がムニャムニャしてしまったのかもしれませんね。

もし結論が出ないなら、もう一度スレッドを立ててみたらいかがでしょうか。その際は業種をはっきりした方が的確な回答がいただけるかもしれません。

たな卸しの問題は「個人か法人か」で変化するものではありません。
商品を仕入れて販売する販売業と製品を製造する製造業とが、根本的に違うのだと理解してください。

販売業ですと(何度も出る式ですが)、「期首たな卸し(前期からの持ち越し商品)+今期の仕入高-期末残商品」が今期の売上げに対する原価になります。

製造業ですと製造原価を出すために期首たな卸しには期末の消耗品の見消耗残高が当然入り、今期に購入した材料や消耗品を足して、期末に残ってる材料と消耗品の残を引きます。

どう...続きを読む

Q製造業で棚卸作業を迅速化する方法

製造業の会社で働いています。

製造業における棚卸業務の迅速化について皆様の意見をお聞かせ下さい。


弊社では棚卸を社員によるカウントおよび自前の複写伝票への手作業による記入で行っております。

現在生産が非常に忙しい中、棚卸を行うスタッフが前回と同等もしくは少ない状態で、通常より在庫の多い状態の部品・製品の棚卸を行わなければならず、どうにかして作業を迅速化出来ないかと考えております。

迅速化の対象となるのは事前準備~伝票配布~カウント・起票~伝票回収までで、この部分は製造の現場で働く方が一時的にラインをストップさせて作業を行うため、可能な限り短い時間で完了させたいのが本音です。
(集計については別部門が行っている為、今回の迅速化目標からは外してあります。)

ちなみに棚卸の迅速化といえばバーコード化+ハンディスキャナーなどが思いつくところですが、今回は予算及び日程の関係から今回については既存の複写伝票の使用のまま行うことが決まっています。

これまでも事前準備として
・整理整頓(空箱整理や除外品への表示)
・棚卸教育(伝票の記入方法や前回のカウントミスのアナウンス)
・途中計算の用紙配布(二重チェックで確認者が確認し易い様に)
・実施前日~当日まで受入出庫の停止
など行ってきましたが、マンネリ化している様で一定以上の効果が上がらないのが実状です。


そこで、皆様から「こんな事したら効率が上がった」や「こんな教育で実施者の作業が早くなった」などなど、棚卸の効率化につながるアイデアがあったらご教授頂きたいと思います!


※ちなみに棚卸作業に関わる人員は大体300人で、時間としては3~4時間位カウントと起票で棚卸に拘束されています。
作業点数としては1万枚位の伝票を起票しているイメージです。

製造業の会社で働いています。

製造業における棚卸業務の迅速化について皆様の意見をお聞かせ下さい。


弊社では棚卸を社員によるカウントおよび自前の複写伝票への手作業による記入で行っております。

現在生産が非常に忙しい中、棚卸を行うスタッフが前回と同等もしくは少ない状態で、通常より在庫の多い状態の部品・製品の棚卸を行わなければならず、どうにかして作業を迅速化出来ないかと考えております。

迅速化の対象となるのは事前準備~伝票配布~カウント・起票~伝票回収までで、この部分は製造の現...続きを読む

Aベストアンサー

当方は5000品目程度の在庫を管理しています。
従来はが、棚卸しに50人で6時間かかっていまいたが、現在は3人で8時間です。
品目が多くなればそれなりに時間は必要ですが、時短可能だと思います。

品目別に棚番を付与します。
棚番は配置された区域や順番によって以下の解説に対応しやすい番号がいいです。
原則的には同一品目は同じ場所にストックしますが、2日以上別の場所に置く場合は別の棚番を付与します。
棚番ごとに現品票を付けます。
当方ではA4版でした。
現品票は現物に付けると紛失しますので棚そのものに貼るなどして固定します。
現品票には棚番、部品の固有番号、名称等固定的な情報を上部に記載しておきます。
下部には入庫と出庫の際に都度日付と数量を記入し、残高を計算し記入します。
品目ごとにルールは異なるかもしれませんが、残高が少ないときに残高と実数を確認します。
このとき実数を確認した証として残高数を丸で囲みます。
特に在庫がゼロになったときは実数確認しやすいですね。
残高と実数が異なる場合は、すぐに原因を追究します。
よくあるのは残高の記載ミス(計算ミスです)
その他の原因は様々でしょう。
現品表の記載欄には限りがあります。
最後まで記入したら、上部の固定的な記載内容が見えるように、B4版の入出庫履歴部分のみの用紙を貼り足します。
貼るのは上部のみで、めくれば過去の履歴はその場で見れるようにします。
要するに、現物の数量は日頃から現品票の残高と一致させておくことです。

棚卸しは事前に担当品目を決めておきます(当社ではエリヤ毎に担当者を決めてます)
担当者毎に品番順か棚番順で転記リストを作っておき、現品票の残高を転記して回ります。
準備された転記リストに全ての数量が転記されれば完了です。

その後は別途管理された机上の残高数量と照合し、不一致の場合は実数確認します。
当社では数量差異の大きな順に確認していきます。
また単価をABC区分して、金額差異の大きいものも順に確認してます。
原因が解決したら現品票の残高を修正します。

机上より少ないのも問題ですが、多いのはもっと重要視してます。
なぜなら、指示数以下の出庫があった可能性があるからです。
納入先が親切というかサービスで伝票よりも多く納品した可能性もありますが、しっかり検収していればその可能性は低いですね。

以上が概略説明です。
運用上もっと細かい取り決めや、仕組みがあるのですが、割愛させていただきます。

当方は5000品目程度の在庫を管理しています。
従来はが、棚卸しに50人で6時間かかっていまいたが、現在は3人で8時間です。
品目が多くなればそれなりに時間は必要ですが、時短可能だと思います。

品目別に棚番を付与します。
棚番は配置された区域や順番によって以下の解説に対応しやすい番号がいいです。
原則的には同一品目は同じ場所にストックしますが、2日以上別の場所に置く場合は別の棚番を付与します。
棚番ごとに現品票を付けます。
当方ではA4版でした。
現品票は現物に付けると紛失しますので棚その...続きを読む

Q売価還元法(期末棚卸資産の評価方法)について

お世話になっております。

当方開業したばかりの古本屋なのですが、
期末棚卸の評価方法として「売価還元法」が良いとの助言を頂戴いたしました。
この「売価還元法」に関して少々分からない点がございますので、
ご存じの方はご教授を願えますでしょうか。

(1)棚卸をする直前に値下げをすると、棚卸高を小さく圧縮することが
 出来ると思うのですが、そのような事をしても構わないのでしょうか?

(2)当方には、仕入れをしておきながら値段を付けることすらせず
 全く販売せぬまま倉庫に眠らせてある商品が少なからずございます。
 これは棚卸の売価総額を求める際、どのような扱いにすれば良いのでしょう?
 無視しても良いのでしょうか?
 あるいはこのような商品がある時点で売価還元法は使えないのでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは。

(1) について・・・
期末棚卸資産の売価とは、年末における棚卸資産の【通常の販売価額の総額】
とされています(所得税法施行令第99条第1項第1号「チ」)。
期末直前になって販売価額を下げるのは、陳腐化などにより著しく価値が低減しているなど
特別な理由がない限りは難しいものと考えます(租税回避行為と見られる危険性が高まります)。
特別な理由があるときは、一旦通常の販売価額を基礎として評価した上で、評価損を計上することになります。

(2) について
(1)で書きましたように、倉庫に眠っているものがあってもそれを含めて原価率や期末棚卸資産売価は
飽くまで「通常の販売価額」を基礎として計算します。
そうして一旦期末棚卸資産原価を求めた上で、倉庫に眠っている在庫の価値が著しく低減しているなど
の理由があるのであれば、原価との差額を評価損として必要経費に算入することになります。

Q確定申告:農業収支内訳書の農作物以外の棚卸高欄の記載方法

農業の収支内訳書の記載方法でお尋ねです。
今年10万円分肥料を購入し、使用したのは5万円分で残り5万円分を来年使用するつもりです。初めて棚卸をするため期末のみの記載になるのですが、この場合肥料費の欄に5万円と記入し、農産物以外の棚卸高の欄に5万円と記入するのでしょうか?それだと損してしまうようで。
ひょっとして肥料費の欄に10万円と記入するのかな・・とも思い調べてみたのですが分かりませんでした。ご存じの方教えていただけませんか?

Aベストアンサー

肥料費の欄に10万円と記入し、農産物以外の棚卸高の欄に5万円と記入するのが正解です。そうすれば10-5=5万円が今年の経費になり、棚卸高の5万円は来年に繰り越して、来年の経費になります。

Q棚卸が少なかったときの処理方法

お世話になります。
商品の現物棚卸を行なったところ、帳簿残高より多かったのですが、過年度には、少なくて棚卸差損で処理した経緯があるのですが、多い場合の経理処理はどのようにすれば良いのでしょうか。
よろしくご指導方お願いします。

Aベストアンサー

決算期等の期末棚卸高は、帳簿残高ではなく、実地棚卸をした数量を基に計算した額を、「期末棚卸高」として計上します。

商品出納帳には、原因を調べても分からない場合は、過剰分の数量を棚卸差益として入庫欄に記載して、残数を実地棚卸の数量に一致させます。

このように、決算時には、実際の数量に一致させて、期間損益を正しく計算する必要があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報