棚卸減耗費が発生した場合について質問させてください。

前期PLの期末商品棚卸高と今期PLの期首商品棚卸高の数字は必ずしも一致しなくてもいいのでしょうか?
というのも前期に棚卸減耗費を売上原価ではなく一般管理費で処理した場合、
PL上の期末在庫とBS上の棚卸商品がずれると思うのですが、
翌期のPL期首商品棚卸高は、前期BS棚卸商品の数字を記載してよいのでしょうか?
(単純にPLだけを見た場合、前期期末高と今期期首高が違うとおかしい??と疑問に思い質問させていただきました。)

ご回答のほど、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2です。



条件を少し書き換えます。

(1)期首商品棚卸高 300
(2)今期仕入高 400
(3)期末決算で倉庫を実地棚卸をしたら、商品在庫は100だった。
しかし、倉庫の商品受払台帳の残高は200になっている。
理由は不明であり、棚卸減耗費100が発生した。

仕訳は次のようになります。
〔借方〕仕入高400/〔貸方〕買掛金400
〔借方〕期首商品棚卸高300/〔貸方〕繰越商品300
〔借方〕繰越商品100/〔貸方〕期末商品棚卸高100
〔借方〕棚卸減耗費100/〔貸方〕他勘定振替高100

※三分法においては、
〔借方〕仕入高300/〔貸方〕繰越商品300
この仕訳は誤りです。
    • good
    • 0

#1です。



誤解のないように願います。「棚卸減耗費」、「期首商品棚卸高」、「期末商品棚卸高」、「商品」が関係する一年間の仕訳のうち、決算仕訳を全部書いて下さいと頼んだのであって、一年間の仕訳を全部書いて下さいと頼んだのではありません。

そもそも会計の理論において、前期PLの期末商品棚卸高と今期PLの期首商品棚卸高の数字が一致することは、正しい会計を行う上での前提条件であって、前期PLの期末商品棚卸高と今期PLの期首商品棚卸高の数字が一致しないのは根本的な誤りなのです。

その根本的な誤りが、過去の仕訳のどこかにあるはずなので、それを発見するために、四つの勘定科目(棚卸減耗費、期首商品棚卸高、期末商品棚卸高、商品)が関係する一年間の仕訳のうち、決算仕訳のみを全部書いて頂きたいのです。

あるいは単に、会計ソフトで今期PLの期首商品棚卸高の数字を入力する時に間違えただけかも知れませんね。

この回答への補足

#1さん

早速のご回答ありがとうございます。

実は実務ではなく簿記を勉強中に疑問に思っただけなのですが、
前期PL期末、今期PL期首の在庫が合わなくなると思ったのは
以下の仕訳をした結果です。何かが間違っているんですね・・・。

条件:
実棚期末在庫100 (帳簿上期末在庫は200)
期首商品棚卸高 300
今期仕入 400

決算仕訳:
仕入 300繰越商品300
繰越商品 200仕入200
棚卸減耗費 100繰越商品100

これにより売上原価が500となる。(仕入勘定で計算300+400-200)←PLの期末在庫は200。(1)
棚卸減耗費は原価には影響しておらず、一般経費としてPLに現れる。
上の決算仕訳よりBSの繰越商品は100。(2)

(1)PL在庫は200 (2)BSの繰越在庫は100。

翌期に繰り越されるのは(2)100というのはわかるのですが
PL上の期末在庫がどうして100になるのかがわかりません。

非常にわかりにくい説明になってしまいましたが、
ご回答いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

質問者

補足日時:2008/11/26 16:23
    • good
    • 0

>前期に棚卸減耗費を売上原価ではなく一般管理費で処理した場合、


PL上の期末在庫とBS上の棚卸商品がずれると思うのですが・・

そのようなことはあり得ません。

念の為、前期決算における「棚卸減耗費」、「期首商品棚卸高」、「期末商品棚卸高」、「商品」が関係する仕訳を全部、書いて下さい。どこかに間違いがあるはずです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q他勘定振替高の損益計算書の表示について教えて下さい。

当社は、製造業です。生産した製品を販売以外の目的(販促用・試験用等)で使用する場合に、販促用だと 
(借)広告費○○/(貸)他勘定振替高  と処理することにしました。
はりきって処理してみたものの、損益計算書にはどのように表示したらよいのかわかりません。
どなたか教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仕訳は仰るとおりでよいと思います。
損益計算書の冒頭部分は、

売上高           xxxx
売上原価
 期首製品棚卸高 xxx
 当期製品製造原価 xxx
 他勘定振替高 xxx
 期末製品棚卸高 xxx  xxxx
売上総利益         xxxx

という感じになると思います。
他勘定振替高という勘定科目はこの場合は売上原価の控除科目になるわけです。
(広告費の表示場所は分かりますよね。)
               

Q商品紛失(万引き?)の場合

小売業です。

商品の実地棚卸をしたところ
店頭で販売している商品がなくなっていることがわかりました。
現金が盗難にあった場合、
(借方)雑損失(貸方)現金
で処理するというのはわかったのですが、
商品の紛失の場合、どのような仕訳をすればいいですか?

また仕訳する場合、なくなった商品の仕入値、売価、その他どの価格ですればいいでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

帳簿上の数量でいったん棚卸計上(棚卸資産/売上原価)したうえで、
棚卸減耗損/棚卸資産
として仕訳します。したがって、単価は棚卸単価となります。

参考URL:http://www.otaru-uc.ac.jp/~makio/chp11/actinv.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報