人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

今年の6月いっぱいで自己都合で退職しました。
その後ハローワークに登録、求職をしていたのですが良いところが見つからず
3ヶ月の給付制限を経て、10月に1回目、11月に2回目の失業保険をいただきました。

最近、会社勤めしている友達から仕事を手伝って欲しいとお願いされました。
フリーとして在宅ワークをしてくれないかと。

お金については、その仕事が終了したところで振り込んでもらえるそうで、
具体的には1月のことになりそうです。

つまり仕事を請けたとしても11月、12月は収入がありません。

それでは生活が厳しいので、在宅ワークをこなしつつも、このまま、就職活動を続け、
見つからないようなら、あと残り1回の失業保険をもらおうかと思っているのですが…。



10月、11月、12月は失業保険以外の収入はなく、1月に友達の仕事の収入がはいってくることになり、
時期がかぶることはないのですが、
確定申告の際、これは不正受給としてひっかかりますか?

友達の会社が、私に給料を支払う際に税務署に出す書類で1月の給料が11月~1月の労働分と判明したら、
11月、12月に失業保険以外の収入がなくとも働いてはいたということで3倍返しに当てはまってしまうのでしょうか?


また、そもそも失業保険は所得ではないと聞きましたが申告の必要はあるのでしょうか?


もし不正としてひっかかってしまうなら友達の仕事はお断りしようと思っています。


初めて雇用保険や確定申告というものを自分でするのでいろいろと分からず、
みなさんからご意見いただけると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>会社勤めしている友達から仕事を手伝って欲しいとお願いされました。

フリーとして在宅ワークをしてくれないかと。お金については、その仕事が終了したところで振り込んでもらえるそうで・・

これは給与所得ではありません。雑所得です。

>具体的には1月のことになりそうです。
>つまり仕事を請けたとしても11月、12月は収入がありません。

これは今年の所得ではなく、来年の所得です。

>生活が厳しいので、在宅ワークをこなしつつも、このまま、就職活動を続け、見つからないようなら、あと残り1回の失業保険をもらおうかと思っているのですが…。

所得税法上は何の問題もありませんが、雇用保険法上は問題があります。ハローワークに在宅ワークを申告しなければならず、失業保険金の給付制限を受けるかも知れません。(仕事を請けたとしても、失業保険金の受給期間中は収入がないのであればOKなのかも知れませんが・・。私には詳しいことは分かりません。匿名で遠くのハローワークに聞いてみては?)

>確定申告の際、これは不正受給としてひっかかりますか?

所得税法上は問題ありません。

>友達の会社が、私に給料を支払う際に税務署に出す書類で1月の給料が11月~1月の労働分と判明したら、11月、12月に失業保険以外の収入がなくとも働いてはいたということで3倍返しに当てはまってしまうのでしょうか?

所得税法は税務署(財務省)の管轄、雇用保険法はハローワーク(厚生労働省)の管轄です。友達の会社が、仮に源泉徴収票を税務署に出したとしても、その情報が省庁の垣根をまたいでハローワークに伝わるとは考えられません。「3倍返し」の罰を受けるかどうかは「神のみぞ知る」です。

ただ、あなたが知人に話すと密告されるかも知れませんね。

>そもそも失業保険は所得ではないと聞きましたが申告の必要はあるのでしょうか?

失業保険金は所得ですが”非課税”なので確定申告する必要はありません。

なお、あなたの場合は、今年の所得は6月で辞めた会社からの給与だけですから、確定申告する法的義務はありません。しかしながら、確定申告をして給与から天引された所得税の一部を取り戻す法的権利はあります(還付申告)。還付申告は、正月明けから税務署で受付が始まります。
    • good
    • 2

>お金については、その仕事が終了したところで振り込んでもらえるそうで、具体的には1月のことに…



もう少し具体的に仕事の仕方についての説明がほしいです。
とにかくそれは税法上の「給与」ではありません。
「事業所得」としての申告が必要です。

【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

事業所得は給与と違い、もらったときに計上するのではありません。
一つの仕事を終えたときが、「売上」の計上時期です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2200.htm

3ヶ月掛けなければ一区切り付かないような大仕事なら、たしかに 1月の売上と主張できるでしょう。
しかし、初めての人にそのような大仕事が任されるとは考えにくいです。
やはり、11、12月にした仕事の分は、入金が 1月であっても今年分として確定申告する必要があると考えざるを得ないでしょう。

>11月、12月に失業保険以外の収入がなくとも働いてはいたということで3倍返しに…

確定申告をしたからといって、税務署からハローワークに通知されることはないとは思いますが、雇用保険受給中に仕事をしてはいけないという規則に反することに違いはありません。
スーパーで、小さな商品ならポケットに入れてもレジ係に気づかれないだろう、というような考えはやめましょう。
危ない橋は渡らないに超したことはありません。

>そもそも失業保険は所得ではないと聞きましたが…

雇用保険はたしかに税法上の所得とは考えなくて良いです。
しかし、6月までの「給与所得」と 11月以降の「事業所得」については、確定申告の義務があります。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年末調整・国民健康保険

私は今年5月から会社をやめてフルタイムでアルバイトをしています。

しかし収入を申告していないので無収入ということになっており、
国民健康保険も18000円から450円になりました。更に国民年金は免除、住民税も免除予定です。

そこで質問です。今の会社で年末調整をすると、収入があることがバレてしまいますか?
更に12月から失業保険がもらえる予定ですが、税務署とハローワークがリンクしていてバレるなんてことはありますか?

お説教はいらないので、答えのみお願いします。

Aベストアンサー

まずばれると考えるべきだと思いますし、違法につながる回答になるため、ばれない方法は得られないと思います。

給与を支払う会社などは、従業員の住所地へ給与支払報告を行う義務があり、その内容の確認が市役所などは容易にできることでしょう。そうすれば、あなたの届出などによる国保の保険料や住民税は正しいものに是正されることでしょう。

国民年金は市役所などの業務ではありませんが、市役所は受付等の業務を行っているため、データの連携などをされれば、免除が認められないかもしれませんね。

雇用保険の失業給付(失業保険という名称ではありません)の手続きですが、そのアルバイト先で雇用保険の加入要件を満たすことになるので、雇用保険の手続きがされることでしょう。
雇用保険の手続きでは、一人一つの番号で管理するため、バイト先で雇用保険に加入し、失業給付の手続きを行えば、不正受給のための申請を行うこととなってしまうでしょう。ハローワークの端末では、あなたのデータを容易に見ることが出来ますし、バイト先の手続きの際に過去の雇用保険番号を隠しても、住所・氏名・生年月日などで検索されますので、ごまかしきれないことでしょう。

バイト先がよほど不正を行う会社で無い限り、ごまかしきれるものではないでしょうし、雇用保険の加入や市役所等への給与支払報告の手続きにあなたが希望を出すことは出来ませんしね。

このように考えるとばれたときのリスクが高いことでしょう。税金で不正に課税や納付を免ればれれば、罰則的な税金の加算がされます。何年も経ってからばれることもあり、その場合にはそのばれるまでの期間分が加算されます。税務署などからの課税などでの時効は7年だったと思います。長い期間びくびくしなければなりません。失業給付も何倍もの請求を受けるかもしれませんし、その他も遡って保険料や税金を請求されるかもしれません。請求を受けたときに納付できなければ、財産の差し押さえなども受けるかもしれませんし、差し押さえには給与債権も含まれますので、勤務先にばれることにもつながるかもしれません。

言葉は悪いかもしれませんが、不正を行うには、それ相応のリスクと法知識が必要になると思います。

まずばれると考えるべきだと思いますし、違法につながる回答になるため、ばれない方法は得られないと思います。

給与を支払う会社などは、従業員の住所地へ給与支払報告を行う義務があり、その内容の確認が市役所などは容易にできることでしょう。そうすれば、あなたの届出などによる国保の保険料や住民税は正しいものに是正されることでしょう。

国民年金は市役所などの業務ではありませんが、市役所は受付等の業務を行っているため、データの連携などをされれば、免除が認められないかもしれませんね。

雇用...続きを読む

Q不正受給っていつばれますか?

友人から相談受けたのですが、私ではわからないのでお願いします。
既に失業給付が終わってるのですが、ほんの出来心から不正受給をしていたそうです。給付が終わっているのでもう安心なのか、それとも何年もたってからあの時不正受給をしていたとかいう連絡・処分を受けたりするのでしょうか?
わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず立件された場合に詐欺罪に問われます。
10年以下の懲役です。
なお時効は7年です。
たとえ出来心でも一緒です。

それから延滞金については
国に対する債務となりますので
年14.6%であろうと思われます。
不正受給金額が50万円だとすると
5年後に見つかったら延滞金だけで
35万以上になる計算ですね。

Q失業保険認定後にフリーランスで仕事をする場合

12月4日に前の会社を退職し、
14日に離職票を持ってハローワークに行ったところ、
特定受給資格者として
「雇用保険受給資格者のしおり」を頂き、今月25日に
説明会に来てくださいと言われました。

しかし、まだ決定ではないですが
来年1月からフリーランスとしてのお仕事の話しが浮上しました。
「失業認定日」前に、もしフリーランスとしてのお仕事を請負った場合
失業保険は頂けるのでしょうか?
また、何か必要な手続き等があるのでしょうか?

どなたかご教授頂けると助かります。

補足:12月14日に手続き(14日~20日が待機期間)
   12月25日に雇用保険受給者初回説明会
   1月12日に失業認定予定日(?)
1月5日よりフリーランスとしてお客様常駐で仕事の可能性あり
   

Aベストアンサー

補足します。
自営として請負や報酬、料金では
準備を始めた時点から失業の状態ではなくなるので
失業給付は受けることができません。
アルバイトの日当でなら働くことも可能でしょうが
失業認定期間(28日)間の労働日数や時間数に制限がありますし
(28日間に14日以内とか週に週に20時間以内とか
週に3日以内とか労働局の裁量で基準を決めているようです。)
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_e4.html
賃金日額の80%を超える日当なら
その日の基本手当が支給されません。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/0107/h0719-1.html
起業して受給期間の満了日までに
雇用保険の被保険者資格を取得する人を雇用すれば再就職手当の対象になります。

Q失業保険貰いながら個人事業の立ち上げ

失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備(資料集めや資金集め)をしたいと考えています。

ハローワークに、無収入であることは間違いないのでそのように報告して、満期まで失業保険を貰って、給付終了と同時に個人事業の立ち上げ(正式営業のための申請)をすることは出来ますか?

またはフライングで先に申請をしてしまうことは出来ますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 Uragimielさん こんばんは

 失業保険を受給出来る条件は、就職活動している人(つまりUragimielさん以外が起業した企業に就職する意志がある人)と言う事になります。その間の就職活動資金や生活費の足し前として受給されるのが失業保険の保険金です。ですから失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備をする事は違法になります。
 もし本当に「失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備」(違法と解った上でも)をしたいなら、どこかの企業に就職の為の訪問をしたと言う実績を作って下さい。(もちろん友人が経営している企業に就職活動をしたと言う事にしてもらって口裏を合わせるでも良いです。)それか職業訓練学校に通って下さい。以上の事をしない限り、途中で給付カットになる可能性が有ります。
 私が失業保険の受給した時では、どこでどんな就職活動または職業訓練学校に通ったかの確認が有った後に給付となりました。私の場合は、父が病気になって父のしていた商売を手伝う為に今まで勤めていた薬局を退職して受給していました。父の死が近い事も解っていましたので、父が亡くなった後の店舗を薬局にする予定での退職でしたから、どこにも就職するつもりは一切有りませんでした。それでは受給出来ない事が解っていますから、端から友人の薬局に就職の面談に行った事にして口裏を合わせてもらっていました。そう言う形で9ヶ月間失業保険を貰っていました。ですから、何らかの形で就職活動をするか友人の企業に口裏を合わせてもらうかしないと満期まで貰う事は出来ません。

 以上が法律上の正しい解釈と正しい(ある意味裏技を含みますが・・・)処理方法です。ところ失業保険を貰っていながらフライングで個人事業主の登録をしても、縦割り行政の悪い点で多分見つからないだろうと思います。これは「だろう」であって、「見つからない」と言う断定ではない訳です。ですから、本当に満期まで受給したいと考えているなら、絶対にフライングしない事です。例えば国金等の公的機関からの資金集めだとそこから漏れて事業の資金集めしていると言う事がばれないとも限らないので、絶対に受給期間中は公的機関からの資金集めはしない事です。そこまでしないと、どこからバレルか解らないですし、正確には失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備をする事自体が法律違反なんですから満額受給することは難しいと考えた方が良いでしょう。

 Uragimielさん こんばんは

 失業保険を受給出来る条件は、就職活動している人(つまりUragimielさん以外が起業した企業に就職する意志がある人)と言う事になります。その間の就職活動資金や生活費の足し前として受給されるのが失業保険の保険金です。ですから失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備をする事は違法になります。
 もし本当に「失業保険を貰いながら個人事業の立ち上げの準備」(違法と解った上でも)をしたいなら、どこかの企業に就職の為の訪問をしたと言う実績を作って下さい。...続きを読む

Q失業給付金の不正受給調査方法について

先日知人が失業し職安に行った所、不正受給は常に監視しており直ぐ分かると説明を受けたそうです。それを聞いた時に知人はどのようにして調べているのかと言う事に疑問を持ったそうです。何か本人が知らない所で預金残高等の個人情報を調べられている様な事があるのではないかと感じたと話していました。私も知識がなく知人の不安を取り除く様な説明が出来ませんでした。具体的な調査方法、個人情報調査の有無等、知識の有る方からご指南頂けたらと思います。

Aベストアンサー

ハロワに勤める友人から聞いた話です。ただし、もう何年も前に聞いたことですのでいま現在は分かりません。

毎年、不正受給が発覚してペナルティを受ける方は必ずいるそうです。
そのほぼすべてが「一般の方からの通報」での発覚だそうです。
身内、友人・知人、仕事をもらった先、またその関係者などなど、その人が求職者であることを知っている人はすべて密告の可能性があると考えるべき、と言ってました。
そして通報を受けた場合は必ず調査を行うようです。

国税ではないので預金などは調べる権限はないと思います。
ただ働いたのであれば勤め先から源泉税などが納められてますから、税務署との連携ですぐに分かると思います。

逆に言うと水商売などで取っ払いで給料もらった場合は調査が難しいでしょうね。

Q失業保険をもらいながらアルバイトをしますと所得税が引かれてバレて失業保険をもらえなくなってしまうのですか?

失業保険をもらいながらアルバイトをしますと所得税が引かれてバレて失業保険をもらえなくなってしまうのですか?
結局は所得税が引かれなければバレませんか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

その日限りや、2.3日だけの一時的な収入なら、認定日に書類に明記しておけば、その分を所得として差し引かれた失業手当が頂けますが、継続してもアルバイトは、職に就いた、と判断されるので、失業手当の割り増し返還させられます。

年末調整、確定申告などで税務署のチェックが入ると殆どバレます。所得税云々より、ご質問者さまに給料を支払った、という書類があれば、完全にアウトです。その年はうまくごまかせた、と思っていても、1、2年後、忘れたころに税務署と職安から呼び出しがかかることがあります。

追徴金は凄い額だし、2度と失業保険は申請できないし、良いことはまったくありません。税務署からずっと目をつけられますよ。

Q失業保険受給中内職の確定申告について

はじめまして。カテゴリ違いでしたらすいません。
長文になりますが、皆様の知恵をお貸しいただければと思います。


今月退職して、失業保険の受給申請をしました。
失業保険の受給申請後にとある会社からお仕事を頼まれたので内職をしました。
ハローワークに申告をするつもりですが、その内職というのが在宅ワークになります。
じつは退職前(会社員時代)からこの会社からたまにお仕事を依頼されて引き受けていました。つまり在職中から不定期になりますが仕事を請け負っていたということになります。

頻度自体は不定期で月に1~2回あるかないかといったところです。
今後これを本業にしていくつもりもありませんし、問題があるようでしたら今後引き受けないことも考えています。

現在就職活動中ですが決まらなければ年末調整をしませんので確定申告が必要になってくると思います。
その際この内職の収入も確定申告に加えなければならないと思うのですが、
「個人事業として事業を行っていた」とみなされ不正受給とならないか不安です。

なお、状況の詳細については以下になります。
●開業届けを出しておらず、収入は今年から発生。
●依頼会社からの支払いから源泉徴収は引かれていない。
 国税局のサイトを見たところ、所得税対象となる・ならない両方の見方が出来るあいまいな作業内容です。
●年間収入(経費未計算)は50万程度になると思います。

【確認したいこと】
(1)この場合不正となってしまうのでしょうか?まだ失業保険の受給は1円ももらっていないので取り下げた方が懸命でしょうか?

(2)確定申告の際、収入全部を利益として出すと税金が多いため必要経費を申告したほうがいいと聞きました。ただこれをやると事業としてみなされてしまうのでしょうか?
10万近くは経費として落とせそうなので落としたいという気持ちはありますが・・・。

(3)こういった質問は最終的にはハローワークに聞くべきなのでしょうか?
 それとも税務署でしょうか?

はじめまして。カテゴリ違いでしたらすいません。
長文になりますが、皆様の知恵をお貸しいただければと思います。


今月退職して、失業保険の受給申請をしました。
失業保険の受給申請後にとある会社からお仕事を頼まれたので内職をしました。
ハローワークに申告をするつもりですが、その内職というのが在宅ワークになります。
じつは退職前(会社員時代)からこの会社からたまにお仕事を依頼されて引き受けていました。つまり在職中から不定期になりますが仕事を請け負っていたということになります。

頻度自体...続きを読む

Aベストアンサー

なかなか微妙な問題ですね。まあ、そんな大した話にはならないかと思いますが。
・・・ということで、

(1)給付制限期間中(自己都合退職で、3ヶ月間受給できない方ですよね?)は、
アルバイト・内職等をしていても、特に問題はありません。
実際、ハローワークに出頭する必要もありませんから、申告する必要性もありません。
ま、何やってもいいってもんでもないですけど、ご質問の内容の仕事は、
特段問題があるようには見えません。

ただし、受給申請から7日間は「待期」と言って、その間に仕事をした場合は、
その仕事をした日数分だけ、受給期間が先延ばしになりますので、ご注意。
仕事をしていない日が、通算して7日間になった時点から、給付制限期間3ヶ月を経て、
基本手当が受給できることになります。

(2)単発的に請ける仕事が「開業」とみなされることはないでしょう。
雑所得として処理して、経費は普通に計上して問題ないと思います。
(その仕事に直接関係のある費用に限りますが)

(3)基本手当を受給し始めてから同様のことを行った場合は、
ハローワーク出頭時に申告する必要があります。
念のため、事前に、こういう仕事を単発でやることがあるのですが、と
確認してみてはいかがでしょう?
少なくとも、仕事をしない日の受給に問題は生じないと思いますがね。
ただ、月に1・2回のわりには、金額が大きいので、日数の掛かる仕事でしょうか?
きちんと、何日から何日まで、こういう仕事をしたということを明示できるようにしておきましょう。

で、確定申告をすべきかどうか・・・いや、するおつもりなんですよね。
もちろん、法的には要確定申告なので、した方がいいとは思います。
No.2さんのおっしゃるように、源泉徴収されていなければ、
質問者さんに報酬を支払った事実を把握することはできませんが、
その会社に税務調査が入って、質問者さんへの報酬が指摘された場合、
面倒な話にもなりかねませんからね。
(税務調査は、零細企業でもない限り、定期的に普通に入ります)

最後に、この質問をどちらに聞くか、という話ですが、
とりあえず、ハローワークで、受給関係の話をするのが先ですかね。
確定申告のことは、税務署でなければ、もちろんできないでしょう。
つまり、両方行く必要があるってことです。

なかなか微妙な問題ですね。まあ、そんな大した話にはならないかと思いますが。
・・・ということで、

(1)給付制限期間中(自己都合退職で、3ヶ月間受給できない方ですよね?)は、
アルバイト・内職等をしていても、特に問題はありません。
実際、ハローワークに出頭する必要もありませんから、申告する必要性もありません。
ま、何やってもいいってもんでもないですけど、ご質問の内容の仕事は、
特段問題があるようには見えません。

ただし、受給申請から7日間は「待期」と言って、その間に仕事をした場合は...続きを読む

Q失業保険受給中の請負収入の申告について

派遣期間満了で待機期間1ヶ月で、5月12日失業認定をうけ、次回認定日が6月9日です。5月21日の説明会の時に内職等の収入の申告の説明を受けました。認定後在宅の仕事が入って、6月1日に14000円入ります。1ヶ月の収入も少ないのですが、7月8月と、収入が増えてくると思われます。どのように申告するのが、一番ベストなのでしょうか。
全額支給=賃金日額の80%>1日の収入-1,388(未満)
不支給=賃金日額の80%<1日の収入-1,388
減額支給額=基本手当+(1日の収入-1,388)-賃金日額の80%
というところまでは理解できたのですが、1日当りの収入金額の設定次第ということになり、職安の方にもしそういう場合は?と聞くと内職でかまわないと思いますが、会社に聞いてみて下さいというし、会社側に相談すると、請負契約なのであくまでも自己申告でということでした。入稿日と出稿日が一応あるのですが。。。こちらで日数を振り分けていいのでしょうか。
また、なぜこのように悩むかというと、実は職業訓練校の申し込みをして6月1日適性検査と面談があります。入所選考日が6月9日発表6月17日です。どうしても入校したいのですが、このように副収入がある場合は、選考に影響するのでしょうか。もしするようなら在宅の仕事もあきらめようかとも思います。

派遣期間満了で待機期間1ヶ月で、5月12日失業認定をうけ、次回認定日が6月9日です。5月21日の説明会の時に内職等の収入の申告の説明を受けました。認定後在宅の仕事が入って、6月1日に14000円入ります。1ヶ月の収入も少ないのですが、7月8月と、収入が増えてくると思われます。どのように申告するのが、一番ベストなのでしょうか。
全額支給=賃金日額の80%>1日の収入-1,388(未満)
不支給=賃金日額の80%<1日の収入-1,388
減額支給額=基本手当+(1日の収入-1,388)-賃金日額の80%
というところまでは...続きを読む

Aベストアンサー

在宅での内職仕事の場合も、時間や収入の有無にかかわらず、申告書のカレンダーは実際に在宅で仕事をした日に×印を付けるように説明がなかったですか。ですから1日当たりの収入額は、「その収入に係る請け仕事を何日かかって仕上げたか」で計算することになるのでしょう。認定日までに収入がなくても、収入のあった次回認定日に前回の仕事をした日数を足して計算されていたと聞いたことがあります。どの日に在宅の仕事を何時間したか、メモっておいた方がよさそうです。
入稿日と出稿日の間でどの日に請け仕事をするか、民法上は納期や仕様など契約内容を履行する限り、請け負った質問者さんの自由なのでしょうが、申告書の×印を付ける日数を事実に反して調整すると不正受給になりますね。契約書や発注書などがあれば、求められたときに提示できるよう用意しておくといいかもしれません。
訓練校の方は、率直に窓口に相談してはどうですか?

Q失業保険を給付中に別の仕事を。。。

来月末で退職して、失業保険をもらう予定です。
給付期間中にフリーランスで仕事をしようかと思っているのですが、
失業保険は貰えるのでしょうか?
知り合いの会社から、私が直接請け負うことになっています。
仕事をする期間や時間は、特に決まってません。プログラム一式作成みたいな仕事です。
給付中のアルバイトは禁止と聞いているのですが、全くフリーランスの仕事なのでどうなのでしょうか?
契約書や請求書のやり取りはちゃんとしますが、お金が振り込まれるのは給付期間後になると思います。

Aベストアンサー

こんにちは、No.2の者です。お礼欄拝見しました。

アルバイトについては下に書いたように、その「アルバイトを
した日」の数日分、基本手当の支給がなく、受給期間内であれ
ば後に持ち越されます。※就職と見なされた場合はダメですが。

で、おっしゃる「内職」の場合の詳細ですが…


まず↓をご覧になり、クリックして拡大なさってください。
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_e4.html

受給資格者となり、実際に「失業認定申告書」を手になされば
すぐお解りになるかと思うのですが、

まず、1の右側にあるカレンダーの日にちに「×印」をつけて
行きます。自宅等で「プログラム一式作成」の仕事をなさった
日、全てに×印です。毎日でしたら、毎日に×印です。

次に、2の収入欄に「収入のあった日、額」などを記入します。

例えば、内職をしていたがまだ収入はない…の場合は、1の×
印だけで2の記入は出来ませんので、当然2の欄は空欄でOK
です。

その期間中に収入がなれけば、基本手当の減額はありません。

参考URL:http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_e4.html

こんにちは、No.2の者です。お礼欄拝見しました。

アルバイトについては下に書いたように、その「アルバイトを
した日」の数日分、基本手当の支給がなく、受給期間内であれ
ば後に持ち越されます。※就職と見なされた場合はダメですが。

で、おっしゃる「内職」の場合の詳細ですが…


まず↓をご覧になり、クリックして拡大なさってください。
http://www.hellowork.go.jp/html/info_1_e4.html

受給資格者となり、実際に「失業認定申告書」を手になされば
すぐお解りになるかと思うのですが、

ま...続きを読む

Q給付制限期間中にアルバイトをした場合、給付額はどうなりますか?

先日、自己都合退職をし、職安から認定を受けた者です。
給付制限期間が3ヶ月ありますが、この間、求職活動をしている間にアルバイトをした場合、3ヶ月後に給付される失業保険額はどのようになりますか?
当座の生活の為にはアルバイトをせざるを得ないので…。

御教授くださいませ。

Aベストアンサー

snakemenさん、はじめまして。

私も就職活動のため、職安に通っている者です。

回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。

基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。
ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。
(ですから、No.2 の方のご回答には、誤解があると思います。)

給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。
ですから、給付制限終了後の最初の認定日の時に、給付制限期間中の就業状況を申告することになります。

この時に、給付制限期間が満了した日以後もアルバイトをしていると、その仕事をした日については、給付の繰り越しではなく、基本手当の替わりに 『就業手当』 として支給されることになります。
(支給要件に該当しないアルバイトの場合は、ただの繰り越しになります。)

就業手当 (or 早期就業支援金) は、基本手当日額の 30% (早期就業支援金の場合は 40%) しか支給されません。
就業手当の支給要件に該当するアルバイトでは、本人の意思に関係なく就業手当が支給されてしまいますので、意図的な繰り越しはできないようになっています。

また、そのアルバイトが継続的なものである場合、就職したと見なされ、基本手当の給付自体がストップする場合もあります。
(一般に、週20時間以上のアルバイトを 2週間以上継続していると、就職したと見なされるようです。ただし、職安によっても判断が違うようですが。)

給付制限中にまとまったアルバイトをしていた場合は、そのアルバイトが今後も継続するものかどうか、職安での審議の対象になります。
その場合は、行っていたアルバイトが終了したものであることを証明するために、『退職証明書』 の提出を求められることがあります。
退職証明書の書式は、『受給資格者のしおり』 に添付されていると思いますので、会社の担当者に書いてもらっておくといいでしょう。

なお、給付制限中のアルバイト自体が就職したと見なされた場合 (第1回目の認定日が来る前に、アルバイトを開始した場合などは、その時点で就職と見なされることがあります。) は、アルバイトを辞めた後で、再度求職申込みの手続きが必要になります。
その場合でも、給付制限は、当初の期間が満了すれば終了しますので (就職の扱いになっても、給付制限期間はそのまま進行します。)、給付制限の期間が過ぎていれば、改めて手続きをした時点から、直ぐに給付を再開できます。

snakemenさん、はじめまして。

私も就職活動のため、職安に通っている者です。

回答としては、給付制限中にいくらアルバイトをしても、給付制限期間後の給付額には影響しません。

基本的に職安ではアルバイトを禁止している訳ではありませんよ。
ただ、仕事をしたら (その収入の大小に関係なく) 申告をしなさい、という事です。
(ですから、No.2 の方のご回答には、誤解があると思います。)

給付制限中は、第1回目の認定日の後は、給付制限が終わるまで認定日はありません。
ですから、給付制...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング