初めての店舗開業を成功させよう>>

 以前テレビで韓国の警察に関するドキュメント放送があり、犯罪捜査のときに市役所のようなところに行き、「容疑者の指紋と写真を入手する」場面がありました。その時解説ナレーションは「韓国では18歳になると指紋と写真を登録しなければいけない」と言っていましたが、日本国内では指紋に対する厳しい意見を持っている韓国の人も自国では…?と不思議な疑問がわき、未だにすっきりしないのですが実情はどうなっているのか知っている人がいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

国家安保の一環でもありますが、すべての国民に義務づけられています。

大人になると身分証明書の交付を受けなければなりません。
また、ネットなどを始め「登録」する必要のあるものはすべて身分証に記載される住民登録番号の入力を求められます。チャットや掲示板するにもこれの登録が必要なんですよ。違う観点から見れば外国人排他の世界ですね。登録できないですから。
指紋押捺は在韓外国人も同様で日本のように透明のインクではなく真っ黒なインクに5本指全てを押捺して(成人のみ)初めて外国人登録証が交付されます。
で、外国人登録番号ではホームページとかのログイン会員登録するとエラーがでるんですよ。
神社参拝とか内政干渉は甚だしいのに自分の足下は全然みないのです。
私は数年前韓国某大手企業に外国人登録番号で登録できないことを理由に外国人排他、差別ではないのかと質したところ改善すると言いながら数年経った今も改善されてません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ありがとうございました。日本人が外国で生活する場合はその国の法律を守る(保護されるともいえると思います)義務があるのですから、やはりどこの国の人でも……

お礼日時:2003/01/22 18:31

>日本国内では指紋に対する厳しい意見を持っている韓国の人も自国では…?と不思議な疑問がわき、



韓国人の多くは、日本の外国人に対する制度など殆ど知りません。
ただ、在日韓国人にとっては、厳しい意見を言わざるをえない状況にあるということでしょう。
言うまでも無く、韓国人と在日韓国人は別の存在です。

おっしゃるとおり、韓国の人権保護の状況は決して良くはありません。外国人もかなり冷遇される国のひとつです。

制度的な比較からいえば、日本の方がはるかにプライバシー保護や人権保護に秀でている点が多々あります。

しかし、在日韓国人はその名の通り韓国籍を持っているのですが、「住民」ではないため、指紋・写真登録もしていませんし、住民登録番号もありません。その為、現状では本国での選挙権が無いなど、さまざまに制限が加えられていて、本国に住む人間とは違う扱いになっています。

在日韓国人が問題にしているのは、日本の外国人登録制度に対してであり、この場合には、その人の本国の制度と比較してもあまり意味はないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。日本には日本の法律がありますから、どこの国の人でもその国で生活するのであればやはり遵守義務が生じます。

お礼日時:2003/01/22 18:28

>「韓国では18歳になると指紋と写真を登録しなければいけない」



そのとおりだそうです。
身近に韓国出身の人がいるので、何度かきいたことがあります。(ただ、18歳かどうかは知らない。少なくとも「成人」は登録済みです)
日本では運転免許証が身分証明書(本来なら能力証明書ですが)として使われることが多いですが、韓国では国民全員に国民登録番号なるものがあり、その証明書(カード)があります。登録カードにはもちろん写真も掲載されています。韓国では登録カードが一番の身分証明書なのです。
ただ、指紋の登録に疑問を持つ一部の人は、登録していないそうですが・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ありがとうございました。もし日本でこのような制度が施行されたらどうなるでしょうかね?何でも言える日本、そして日本人でよかったと思います。

お礼日時:2003/01/22 18:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本で指紋、掌紋、DNAの登録義務化は何故できない?

年末が近づくにつれ、6年前に起きた世田谷一家殺害事件の未解決を報道するTVや記事が増えてきました。
未だに事件の犯人が捕まっていない事実に失望するのと同時にある想像も浮かべます。

世田谷一家殺害事件の犯人と思われる人物の指紋やDNAなど、様々な物的証拠が存在すると報道されていますが、もし日本に指紋、掌紋、DNAを登録する義務があったなら、逮捕まで至らずも今以上に容疑者の絞込みは可能だったはずと考えてしまいます。
無論、世田谷一家殺害事件以外の未解決事件や今後も起こるであろう様々な事件の捜査にも迅速な解決に繋がると思います。

では日本は何故?指紋、掌紋、DNAを登録する義務付ける社会制度やシステムを造る事をしないのでしょう。
コスト面や技術的に問題があるからでしょうか?
人権やプライバシーに問題があるのでしょうか?
韓国では、すでに18歳で指紋と写真を登録を義務化していますので、日本がコスト面や技術的な問題でできないとは到底思えませんが…。
また、個人的な意見ですが人権やプライバシー問題も、レンタルDVD会員になる手続きでさえ身分書を提示してカードを発行して貰うというのに、いまさら日本が指紋やDNAなどを登録、管理する事は大して不快と感じません。

では、他に何か重大な問題があるのでしょうか?
それとも、日本(政治家、警察)は指紋やDNAなどの登録の義務化を全く考えてはいないのでしょうか?

年末が近づくにつれ、6年前に起きた世田谷一家殺害事件の未解決を報道するTVや記事が増えてきました。
未だに事件の犯人が捕まっていない事実に失望するのと同時にある想像も浮かべます。

世田谷一家殺害事件の犯人と思われる人物の指紋やDNAなど、様々な物的証拠が存在すると報道されていますが、もし日本に指紋、掌紋、DNAを登録する義務があったなら、逮捕まで至らずも今以上に容疑者の絞込みは可能だったはずと考えてしまいます。
無論、世田谷一家殺害事件以外の未解決事件や今後も起こるであ...続きを読む

Aベストアンサー

個人的な意見としては、賛否はどちらでも良いのですが。
この先犯罪を犯す予定もないですし。笑
もし結果犯罪を犯してしまったら罪は償うでしょうから。
それはDNA鑑定を予め、してあっても、して無くても同じですから。

実現しない理由は、やっぱりプライバシーの侵害などもあるでしょうし。
だいたい核議論した方が良いんじゃない?と言っただけで
総理の責任問題だ!とまで言い出す、カルトで飛躍した思想を持ち出し
人の足を引っ張る事しかしらない議員の集まりじゃ、そんな重大事項を
決定なんて簡単には出来ないでしょうね。

しかし、国家権力と言う点に置いて、アレルギーを示す理由も分かります。
DNAを管理し始めれば、その次は、それだけでは不十分な事例が出たとき
DNAを採取した人が今どこで暮らしているのかデータベース化して
すぐに検索できないか?と考えるかもしれません。
また、それでも足りないと思い、生まれてから何処でどういう暮らしをしていたのか
仕事やプライベートは誰と付き合って居たのかデータベース化した方が
状況証拠を素早く見つけ出せると言い出すかもしれません。
キリが無くプライバシーは国によって丸裸に近い状態になるかもしれません。
そうして国が管理する情報ばかり肥大化して行く一方で
モラルの低下した公人などが裏で情報を売ったりして逆に犯罪に結びつくかもしれません。

国に管理された事で国家権力や国家犯罪はあり得ない。
そう思うのは「今の」平和な日本に住んでるからですよ。
管理を強制する事自体が既に国家権力ですし
この先もずっと今の平和な日本が維持出来る可能性の方が低いですしね。
将来、も日米同盟が続くとは限らないし
中国と戦争になる可能性も否定は出来ませんし
ロシアに攻め入られない保証もありません。
経済破綻が無いとも言い切れません。(これらはある種、極論ですがあえて)
平和が失われたり貧困な国に落ちたとき、権力を持つ者(国)の力と
一般庶民の持つ力に開きがでる事は十分考えられます。
(DNAの問題だけでいうと、国の誰かを守るためデータを改ざんしたりね。)
また、他国に日本国が占拠される様な事になれば、占拠した他国の
者達に良いように利用されるかもしれません。
世界中の国自体が国民に対して権力を持っている国を見て下さい。
それが強ければ強いほど、情報を知れない。言いたいことも言えない。
今から日本がそれに向かわない保証など何処にも無いのですからね。

とまぁ、あえて反対派の意見を想像も含め述べてみました。

個人的な意見としては、賛否はどちらでも良いのですが。
この先犯罪を犯す予定もないですし。笑
もし結果犯罪を犯してしまったら罪は償うでしょうから。
それはDNA鑑定を予め、してあっても、して無くても同じですから。

実現しない理由は、やっぱりプライバシーの侵害などもあるでしょうし。
だいたい核議論した方が良いんじゃない?と言っただけで
総理の責任問題だ!とまで言い出す、カルトで飛躍した思想を持ち出し
人の足を引っ張る事しかしらない議員の集まりじゃ、そんな重大事項を
決定なんて簡...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q韓国の外国人指紋押捺制度 と 日本メディア

外国人指紋押捺制度で、日韓のメディアは、常に 「日本は悪」 「韓国は善」 とのイメージづけますが、何故ですか?

(指紋押捺制度の可否ではなく、報道姿勢の問題です)



(1) 日本国民を守る外国人納税者制度は、廃止され、中国・韓国人の犯罪が急増し、多くの日本人が被害者となっています。

日本のメディア、在日・韓国のメディアは、韓国人の「人権」を守りました。
日本の裁判所まで洗脳されていたのです。

★在日韓国人指紋捺印拒否第1号の韓宗碩さんが死去
http://bit.ly/iMLsEU
韓宗碩さんの活動で日本全域にいる1万人以上の在日韓国人がこれを拒否した。
結局、日本の裁判所は「外国人に対する強制指紋捺印は人権侵害」という判決を下し、2000年にこの制度が廃止された。



(2) 廃止され10年以上経つのに、日韓のメディアはいまだに、反日の材料として、日本社会を攻撃し続けます。

★「指紋押捺拒否」記録映画を17日に川崎で上映、人権の「いま」見通す
http://bit.ly/juMU4R
犯罪者のような扱いに異を唱えたのが在日コリアンだった。
映画は当時16歳、横浜の高校に通っていた辛(シン)仁夏(イナ)さんの姿を中心に運動の広がりを追った。
日本人と机を隣にする在日2世の少女が流した悲嘆の涙が、日本社会の不条理さを浮かび上がらせる。


→ 人権・犯罪者のような扱い・日本社会の不条理さ・少女が流した悲嘆の涙 → 要するに日本は悪者
 



(3) 韓国は、韓国民を守るために外国人指紋登録制度を導入します。
日本のメディアは、沈黙し、「日本人の人権」などと決して言いません。。
韓国のメディアは、人権を問題にしません。

★2012年からすべての外国人に指紋登録
http://bit.ly/l97gct
17歳以上の外国人は空港や港の入国審査場で顔を撮影し、両手の人差し指の指紋を取らなければならない。
登録を拒否した場合、入国が許可されないこともある。3カ月以上滞在する外国人については外国人登録をする際に十の指の指紋を取る方針だ。

外国人指紋押捺制度で、日韓のメディアは、常に 「日本は悪」 「韓国は善」 とのイメージづけますが、何故ですか?

(指紋押捺制度の可否ではなく、報道姿勢の問題です)



(1) 日本国民を守る外国人納税者制度は、廃止され、中国・韓国人の犯罪が急増し、多くの日本人が被害者となっています。

日本のメディア、在日・韓国のメディアは、韓国人の「人権」を守りました。
日本の裁判所まで洗脳されていたのです。

★在日韓国人指紋捺印拒否第1号の韓宗碩さんが死去
http://bit.ly/iMLsEU
韓宗碩さんの活...続きを読む

Aベストアンサー

<日本軍の軍規・捕虜に対する対応>

・義和団事件(1900年)
 孤立した北京の外国公館を開放するために、イギリス・アメリカ・ロシア・フランス・ドイツ・オーストリア・イタリアと日本の8ヶ国が派兵し、約1年間北京とその周辺を占領。
 他の7ケ国に比べて、日本軍の占領下の治安状態は良好で、中国統治時代よりも治安状態が良かったと言われています。(ロシア軍の担当地域では、略奪・婦女暴行が多かったとも言われています。)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9%E5%92%8C%E5%9B%A3%E3%81%AE%E4%B9%B1

・帝国主義の最盛期における日本軍の捕虜に対する対応(第1次世界大戦1914~1918)
 坂東俘虜収容所・青野ヶ原俘虜収容所
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BF%E6%9D%B1%E4%BF%98%E8%99%9C%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80 
http://www.geocities.jp/kraumjp/reisenaruto2newpage7.html
http://www.city.kasai.hyogo.jp/02kank/08sisi/huryo.htm
 給料が支給され、遠足もあった。
 ドイツ捕虜に対して、日本人に売るより高い価格で売った商人が処罰されたりもしています。 

 帝国主義下の日本の軍規・捕虜の扱いは極めて高いレベルでした。
 それが、日華事変開始後、急激に悪化しています。

 満州事変(1931年)時の日本陸軍兵力は45万人。満州事変は、電撃作戦により、陸軍総兵力・日本経済に大きな影響を与えることなく収束。日華事変は泥沼化。日米開戦直前(1941年)には陸軍兵力は190万人。
 1937年 南京陥落・日本の各種生産力が低下を始める。
 1938年 国家総動員法
 1940年 食糧配給制
 1941年 12月8日真珠湾奇襲


<戦時における売春婦を、従軍慰安婦として認めた河野談話、これほどの国辱はありません。
河野が何を言おうと、日本の記録の中に従軍慰安婦など存在しないのです。>

 基本的な勘違いがあるように思います。

1、「河野談話」は、日本の記録の中に従軍慰安婦というものがあるとは、一切言及していません。

 唯一、従軍慰安婦という言葉が使われている冒頭部分では、『いわゆる従軍慰安婦』という言い方をしており、「巷に言うところの従軍慰安婦」という使い方をしています。

2、河野という個人の談話ではなく、当時の「内閣官房長官の談話」です。

 現在、枝野官房長官が日本政府のスポークスマンとして発言しているように、河野談話というのは自民党宮沢政権の内閣の公式見解であり、それ以来、現在も外務省の公式ホームページ上に記載されているよ
うに、日本政府の公式見解として現在も維持されています。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/kono.html


<<河野談話についての俗説発生の経緯>>
 元々、慰安婦問題は、国内政治・外交問題と複雑に絡み合っていて、宮沢政権にすればコメントせずに先延ばしにしたかった問題です。
 しかし、見解を出さないわけにはいかない状況に追い込まれた結果、いくつかの解釈が出来るあやふやな文章を見解として、意図的に作り上げました。
 更に、意図的に異なる解釈ができる文章であるところから、当然ながらその解釈が政治問題化すると見越して、大きな責任問題となる「首相談話」にせず、政治的に紛糾しても逃げの利く「官房長官談話」という形で政府見解を出したのです。

 その結果、共産党や社民党などは、河野談話は「1、日本の公的機関の関与による朝鮮からの強制連行を認めている。」という拡大解釈をし始めました。
 それに対して、そのような解釈が正しいのかという質問が国会で行われ、石原官房副長官は、「公的機関が関与した強制連行があったというような、文書による証拠は存在していない」という答弁が行われました。
 今度は、この答弁を受けて、「2、河野談話全部が虚偽」とみなす論が生まれ、巷では、この二つの論が対立しています。 

 <実際のところは?>
 河野談話を読むと、日本の公的機関が強制連行したか否かいう点については明確でなく、いわゆる政治的に複数の解釈が出来る「玉虫色」の表現です。
 そこで1、の強制連行を認める解釈が登場しました。
 それに対して、本当に強制連行したという証拠があるのかという国会での質問に対して、石原官房副長官は、日本の公的機関による強制連行に関しては、証拠がないとの答弁でした。

 つまり、慰安所の管理・運営については、日本の公的機関の関与があるというのが河野談話の言う日本政府の理解であり1・2の論はどちらも河野談話の趣旨を曲げて議論していることになります。

 アメリカの非難決議では「慰安所の管理・運営に国家機関が関与したことが、人権問題である」という立場で、強制連行については言及していません。

 具体的に管理・運営に関与したとは、慰安婦の輸送に軍のトラックを使い、移動する先々での慰安所の場所は、軍が決めたこと等を指します。

 参考:戦前の軍の影響力
 実際、戦前の日本軍が強制連行を求めるような必然性がありませんし、そのような文書を作る必要性も可能性もありそうもないと思います。
 戦前は、売春が認められていたとはいえ、決して褒められたことではなく、天皇陛下の皇軍が売春を公式に求める文書を出すなど、大恥以外の何物でもありません。売春業者を呼んで、口頭で協力を求めるだけで、細かな指示を出さないでも、軍の希望通りに動いてくれたはずです。
 和歌山県では、軍の希望だからと言って、慰安婦募集を行なった業者が、「慰安婦を集めるのに、皇軍の名前を語る不届き者」と警察に逮捕され、警察から軍に問い合わせが行われ、釈放されたという記録が残っています。
 現代でも、中央官庁から民間に対して、行政指導という記録の残らない口頭の要請が行われ、民間企業は、ほとんどの場合、その要請に従って動きます。
 

<一般論として>
 他国と比較して、日本の国策の是非を語る愚を犯してはいけません。先ずは「日本が、日本としてどのようであるのが望ましいか。」を考えることです。
 望ましい日本への道が、国際社会においては、短期的に日本の国益を損なうような場合もあるでしょう。その場合は、本筋からの迂回・一時停止・隠蔽・ごまかしなどが必要となるかもしれません。それが現実の国際政治で起こります。
 
 ヨーロッパの帝国主義に言及し、それを普遍化して、過去の日本の正当性を示そうとするならば、ヨーロッパの現在の難民受け入れ数や外国人受け入れ数(全人口の10%)を元にした移民1000万人を否定できなくなります。
 現時点で見れば、『ヨーロッパの帝国主義は不当であった。それを正当と考えてしまったために、日本も不当なことをしてしまった。』という発想が正しく、これが「政治」的見方です。
 
 
 特に他国との比較が国の方向を誤るという点から言うならば、中国・韓国との比較はレッドカードです。中国や韓国のような国と日本を比較して、外交を論じたり考えたりしては、絶対にいけません。

 独裁政治や分断国家という、内政の根本的大問題があるために、外交無視をする国の対外姿勢(=愚策でると分かっていても止められない国)と、そのような内政の巨大な欠陥を持たない日本において、比較して、同レベルの外交無視を行う愚策を、正論であるかのように錯覚してはいけません。

 「非常識」な行動をとる相手に対して、同じレベルで相手をしていると、非常識が自分に移ってしまいます。

<日本軍の軍規・捕虜に対する対応>

・義和団事件(1900年)
 孤立した北京の外国公館を開放するために、イギリス・アメリカ・ロシア・フランス・ドイツ・オーストリア・イタリアと日本の8ヶ国が派兵し、約1年間北京とその周辺を占領。
 他の7ケ国に比べて、日本軍の占領下の治安状態は良好で、中国統治時代よりも治安状態が良かったと言われています。(ロシア軍の担当地域では、略奪・婦女暴行が多かったとも言われています。)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%A9%E5%92%8C%E5%9B%A3%E3%81%AE...続きを読む

Qパンティとショーツの違いは?

男性に「パンティとショーツの違いは何か?」と訪ねられ、答えられずに困っています。雰囲気では何となく分かるのですが、はっきりと「こう違う」というものがあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

 前にTVで同じ質問があり。レポーターが専門店に質問したところ、「同じものでございます。」ということでした。ちなみにスキャンティというのも同じものだそうで、結局売る側は区別してないってことかな?

Qマクリーン事件を簡潔にいうとどんな風になりますか?

マクリーン事件を簡潔にいうとどんな風になりますか?

マクリーン事件の判例について、現在調べているんですが、簡潔にまとまらず困ってます。
流れとしては
マクリーンが日本国内で政府にとって思わしくない政治活動(新聞への投書をした)

在留許可更新を拒否された。

マクリーンが在留申請がおりなかったことについて法務大臣の処分取り消しを提訴した。

判決として、「基本的人権の保障は、権利の性質上日本国民のみをその対象としていると解されるものを除き、我が国に在留する外国人にも等しく及ぶ」
ただし、マクリーンの在留について、法務大臣が決定するものであり、保障されるものではない。


つまりは、裁判所はマクリーンが行った政治活動は国内で思わしくないと判断し、法務大臣が在留許可しなかったことは違法ではないとしたんでしょうか?
しかしながら、政治活動において、ある一定までは許されるとも書いてあったんですが・・・

結局のところ、マクリーンさんが政治活動行って、国内に思わしくない影響をもたらすから、国へ帰れという法務大臣は違法ではないんです。
けど政治活動はある程度までは許しますよって感じなんでしょうか・・・

マクリーン事件を簡潔にいうとどんな風になりますか?

マクリーン事件の判例について、現在調べているんですが、簡潔にまとまらず困ってます。
流れとしては
マクリーンが日本国内で政府にとって思わしくない政治活動(新聞への投書をした)

在留許可更新を拒否された。

マクリーンが在留申請がおりなかったことについて法務大臣の処分取り消しを提訴した。

判決として、「基本的人権の保障は、権利の性質上日本国民のみをその対象としていると解されるものを除き、我が国に在留する外国人にも等...続きを読む

Aベストアンサー

この判決は2つの論点があります。
a)外国人の在留権
b)外国人の政治活動の自由

>マクリーンさんが政治活動行って、国内に思わしくない影響をもたらすから、国へ帰れ

大臣の本音はそうでしょうけど、論点としてはa)とb)を一緒にしちゃ駄目!

各論点の結論
a)外国人の在留権は保障されない
b)外国人にも政治活動は認められるが、日本の政治等に影響を与えない範囲。(そしてその判断に大臣には相応の裁量がある)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報