中島敦   『悟浄出世』『悟浄歎異』
牧野信一  『闘戦勝仏』
佐藤惣之助 『西遊記の一節』
藤原カムイ 『西遊記』(漫画)
この辺りは読みました。
同じように重厚で読み応えのある、西遊記を元にした小説や漫画をご存じでしたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

漫画で、諸星大二郎の『西遊妖猿伝』が面白そうです。


実は読んだことないのですが、昔ラジオドラマで聴いてことのほか面白かったのです。

あとは、児童書ですが、
斉藤洋さんの書いている『西遊記』シリーズも面白いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

斉藤洋さんの西遊記は読みました! 悟空の心の声がなかなか斬新で非常に面白かったです。
続刊を楽しみにしているんですが、年明けないと無理そうですね……。

妖猿伝、試しに雑誌をチェックしてみたんですが、ちょうど沙悟浄(?)登場の回らしく、こちらも続きが楽しみです。
沙悟浄がいるのが川ではなく砂漠なのがいいですね!

お礼日時:2008/12/08 19:40

『水煮 西遊記』はどうでしょう?


西遊記をベースにチームマネージメントについて論じています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おお、これは! という感じですね。ちょっと変わった視点から西遊記を読むことができそうです。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/11/27 13:47

陳舜臣 新西遊記(上・下) 講談社文庫


平岩弓枝 西遊記(上・下) 毎日新聞社
手塚治虫 ぼくの孫悟空1~8(手塚治虫漫画全集12~19) 講談社
などどうでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
陳舜臣さんの新西遊記が手に入れられそうなので、そこから読んでみます。
ぼくの孫悟空はよく面白いと聞きますが、手塚さんの漫画を読んだことがないので、ちょっと避けていました。
でも今度読んでみる事にします。
平岩弓枝さんのは読んだことがありました。
原典とはだいぶ雰囲気の違う、幼子のような悟空と、母親のような玄奘法師が印象に残っています。

お礼日時:2008/11/27 13:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔読んだ西遊記の本を探したいのですが・・・

20年ほど前の小学校3、4年くらいのときに読んだ西遊記の本を
ぜひもう一度読みたいのですが、どの本なのかがわかりません;
以前にこちらの質問でご紹介頂いた平凡社刊のものは購入してみたのですが、かなり内容が大人向けで私が読んだものとは違うものでした。
ハードカバーのようなしっかりした本で1冊で孫悟空の天界でのお話からおそらく西遊記の最後まで(覚えてないですが;)入っているようなものだったと思うのですが・・・。
小学生のときでも苦もなく読めたので本当に読みやすくわかりやすい内容だったのだと思います。
本はカバーがとれていたので表紙はわからないのですが、中は茶色かもしくは黄緑?っぽい色の表紙になっていたと思います。
挿絵とかがあったのかは覚えていないのですが、少しはあったような気もします。元々私よりずっと年上の人(当時で30すぎ?)くらいの人から借りた本だったので、発行はもっと古いものだと思うのですが;
どなたか思い当たる本がありましたらご紹介くださいますと幸いです。

Aベストアンサー

別に自信はないのですが、うちに子供向けの西遊記の古い本があるのでそれのことを説明してみようと思います。
 ●講談社 少年少女新世界文学全集33 昭和38年発行
ケース付きのハードカバーで挿絵もありますが、西遊記だけでなく中国民話なども一緒に収録されています。
本の表紙は海老茶に青のマス目模様のよう柄なのでちょっと違うかもしれませんけれど、あの長い西遊記の初めから終わりまでの主要な部分がが、簡単な文章で書いてあります。
ご参考までにどうぞ。

Q西遊記の登場人物等について

質問があります。西遊記に出てくる「二郎真君」は、「封神演義」に出てくる「楊ゼン」と特徴がそのものズバリ当てはまりますよね?哮天犬や三尖刀を持っていて、随一の美男子でしかも強い、という設定は、両方に当てはまっていると思います。やっぱり同一人物なんでしょうか?また、なぜ西遊記と封神演義は「ナタク」や「李精」等類似点がいくつかあるのでしょうか??教えてください。

Aベストアンサー

>道教神話というものは、ほぼ同時期に出来ている、ということなんでしょうか

いいえ。そもそも道教の始まりがいつごろか、というのは論争がありますし、一概にこうともいえないでしょう。たとえば女?あたりはひょっとすると漢民族の中国が成立する以前の神かもしれませんし、西王母なんてのも(かつて実在した形跡あり)穆王の時代、というのは西周のころですがどちらかといえば穆王に対する上位者としてふるまっていたと考える向きもあるようです。つまり漢民族が支配する以前の、また統一的な支配というのは実は秦以前にはなかった、というか周の時代の支配関係はかなり多民族的だったと思います。それを楚の勢力が統一して中国を作り出したのが秦漢王朝だったと思うのですね。ですから大体周王朝の後期くらいから、いろいろな民族の神話がまとめられ始め、未だなかった統一国家・統一民族の神話や思想が徐々に作られていくわけです。このあたりは
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121015932/249-7932277-6597123
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061495089/qid=1143076175/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/249-7932277-6597123
にくわしいです。
その後、漢の時代にこういった思想や神話が体系として記録されるわけです。
後漢の末に五斗米道や太平道が起こったのが道教の教団として(少なくとも大規模なものとしての)始まりになります。
その後道士による宗門の道教と民衆の中の通俗的な道教に分裂しながら、神様の数がどんどん増えていくわけです。このあたりは日本でも似たようなことが起こっていますが。
前者の教団は教義上重要な神様、たとえば元始天尊などをつくりだし、後者の民間信仰が関帝聖君や二郎真君を作り出します。もっとも傑作なのがかの斉天大聖・孫悟空で、はじめから講談ないし小説の登場人物なのに、ついには神様になって祀られています。さしずめガンダム神か、いやむしろライディーン神でしょうかね。
というわけで千年以上にわたって連綿と作り出されてきた神様が道教にはいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E9%81%93%E6%95%99%E3%81%AE%E7%A5%9E
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E6%95%99

>道教神話というものは、ほぼ同時期に出来ている、ということなんでしょうか

いいえ。そもそも道教の始まりがいつごろか、というのは論争がありますし、一概にこうともいえないでしょう。たとえば女?あたりはひょっとすると漢民族の中国が成立する以前の神かもしれませんし、西王母なんてのも(かつて実在した形跡あり)穆王の時代、というのは西周のころですがどちらかといえば穆王に対する上位者としてふるまっていたと考える向きもあるようです。つまり漢民族が支配する以前の、また統一的な支配というのは...続きを読む

Q家には漫画をいろいろと並べています。 買ったばかりの新品の漫画でも歪んでしまっているものなどがとても

家には漫画をいろいろと並べています。
買ったばかりの新品の漫画でも歪んでしまっているものなどがとても多いです…
どうすればまっすぐ綺麗な漫画になるでしょうか、家でも出来ることを教えてください。

確実な答えを頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

横に寝かせて積み上げても直らないとは
どういうことでしょうか

いろいろというのはどのくらいの量をいっているのでしょうか

通常でしたら重さで直るはずです

ただし数日ではだめですよ

私の友人なんかは
いままで買った週刊誌や単行本を
アパートの壁すべてに横にして天井まで積み上げて
そこに洋服タンスや机などを置いているので
週刊誌分狭い部屋に住んでいます

角のない週刊誌は
積み上げると斜めになってしまうので
真ん中で開いてから積み上げています

どれもみなきれいですよ

大家からは捨てないと追い出すと言われていますが

愛情が足りないのではないですか

Q森茉莉の『夢の部屋』

初めて質問します。
森茉莉のエッセイ『牟礼魔利の一日』のなかに、
美術雑誌の依頼で『贅沢貧乏』で委しく描いた茉莉の”幻の部屋”を撮影するというくだりがあります。
この写真が掲載された美術雑誌をご存知の方はいらっしゃいませんか?
文面から想像するだけでも十分楽しいのですが、写真を見られるなら見てみたいとも思います。(古本屋の投売りで偶然遭遇!なんてことがあったら理想的なのですが…笑)
情報をお持ちの方がいらっしゃれば、宜しくご回答願います。

Aベストアンサー

もし違ったらごめんなさい。
こちらのHPに載せられているのがその部屋の写真ではないでしょうか?
(雑誌名も出ております)

http://72.14.235.104/search?q=cache:OFxdTCbjmpoJ:byogakudo.exblog.jp/i24+%E6%A3%AE%E8%8C%89%E8%8E%89%E3%80%80%E9%83%A8%E5%B1%8B%E3%81%AE%E5%86%99%E7%9C%9F&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=1

Q『週刊 昭和タイムズ』昭和30年代佃周辺

デアゴスティーニの『週刊 昭和タイムズ 』を購読されている方いらっしゃいますか?

私の母は中央区湊の生まれです。
東京オリンピックの時は中学生で
東京を離れ30年以上になりますが
当時の東京をとても懐かしく思っているようです。

CMで観たらしいのですが
・東京オリンピック(これは創刊号)
・佃(これは何号?)
が載っている号が欲しいとの事。

創刊号に佃周辺の当時(昭和30年代)の様子も載っているのでしょうか?
書店2軒で探したのですが置いていなくて
HPでも何号を買ったら良いのか分かりませんでした。
私自身東京の地理に疎いものでよく分からないのですが
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』はせっかく観に行ったのに「違った」ようです。

生まれ育った風景を懐かしむのは素敵な事だと思うので見せてあげたいので
*昭和30年代 佃、湊周辺の東京の様子が載っている号*
をご存知の方、情報を宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

「週刊昭和タイムス」のことではないのですが、昭和30年代の佃についての写真集がありますのでお知らせします。
「佃に渡しがあった」(岩波書店)という本です。渡しというのは、当時、佃と対岸の湊町をつないでいた渡し舟で、オリンピックを契機として架けられた佃大橋の開通によって廃止された公共の船のことです。
地元の人たちの姿が活き活きと写されていて、インタビューもありますので、当時を知る人にとっては、なつかしい内容の本だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報