出産前後の痔にはご注意!

 59歳になる父の名義の家があります。この家は、来年度に区画整理による家屋の移転の必要が生じ、そのための移転補償金が約4千万円祖父に支払われる予定です。
 この補償金で、父は、移転先に小さな家を建てようと考えています。
 この場合、贈与税は父に課税されるでしょうか。また、贈与税が課税されるようなら、最も節税される方法としてはどのような方法がいいか、どなたか教えてください。
 ちなみに、祖父は現在施設に入所中(療養中)であり先が短いことから、このようにしたいと考えているようです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>新しくする家の名義は、息子である私の名義で建てたいということです。



父の移転補償金を使って
貴方名義の住宅を建築すると
贈与税が発生します。
4000万-110万*50%-225万=1720万円の贈与税額です。

http://oshiete.homes.jp/kotaeru_reply.php3?q=450 …
と言うことになります。

また、貰った人で建築しないと
従前の建物の不動産取得税の控除もありません。
Q8参考
http://www.pref.aichi.jp/zeimu/q_a/08.html

今後発生する相続を心配されていると思われますが
相続税は
基礎控除5000万+法定相続人1人につき1000万
ですから、こっちのが、お得だと思われます。
最後の意見は参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 懇切丁寧なご回答、ありがとうございました。私の知りたかったことがよく分かり、全て解決しました。今後のことは、身内でよく相談していきたいと思っています。添付ののURLまでつけていただき、たいへん参考になります。
 ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/27 07:54

>移転補償金が約4千万円祖父に支払われる予定です。



区画整理事業は
土地の買収はありませんので
物件移転補償金として回答します。

移転補償金は
原則として一時所得の対象となり
交付の目的にしたがって支出した
金額については
収入し算入しないこととされている。
これは、所得税法の44条です。
しかし、交付を受けた者が
実際に建物などを取り壊しを行ったときは
本人の選択により
「対価補償金」として取り扱うことができ
譲渡所得の対象になる。
これが、租税特別措置法33-15、-15です。
この場合、事業用地上にある建物などに対する
移転補償金については
収用等の特例、いわゆる5000万控除の特例を
適用することができる。
よって
移転補償金を対価補償として取り扱うと
例えば
1建物移転補償金3400万
2工作物補償金200万
3立木等移植補償200万
4動産移転補償金100万
5移転雑費補償金100万
計4000万とした場合

譲渡所得計算で
収入金額(1、2,3)ですから
3800万で取得費5%で190万になり
譲渡費用(1、2の取り壊し、3の伐採で合計)で110万とすると
3800万ー190万ー110万=3500万
3500万から特別控除、この場合は3500万
ですから
3500万ー3500万=0円が譲渡所得金額です。
なお、一時所得と成り得るものは
動産補償、移転雑費の合計200万で
収入金不算入金額=引越し、移転諸費用が150万
とした場合
200万ー150万=50万
50万から一時所得の特別控除50万をマイナスすると
一時所得金額は0円です。

>贈与税は父に課税されるでしょうか

上記のとおり
1については
分離の譲渡所得になります。
2、3は総合譲渡所得になります。

読むならこれ

http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/jouto310.htm

この回答への補足

早速、ご回答いただきありがとうございました。折角補償金をもらっても、贈与税でもっていかれては、赤字分は自己負担となってしまうのではないかと心配しております。
 ところで、私の質問ですが、前提に誤りがありました。父の名義の家なのですが、新しくする家の名義は、息子である私の名義で建てたいということです。
 最後のご回答の前提となる「贈与税は父に課税されるでしょうか」は、「贈与税は息子(私)に課税されるでしょうか」の誤りです。
 質問の内容を間違ってしまい申し訳ありませんが、この点についてのみ、補足して再度ご回答いただけないでしょうか。

補足日時:2008/11/27 04:09
    • good
    • 0

移転補償金の税関係は所得税です。


しかし建物の移転補償金は5000万円の特別控除がありますので課税されないことになります。

それとも移転補償金で、あなた名義の家を建てるということですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご質問ありがとうございました。実はご質問のとおり、息子である私の名義で家を建てた場合の贈与税の発生の有無が知りたかったのです。私の質問の内容の誤りでした。ごめんなさい。
 なお、この質問につきましては、別の方からの回答があり、解決しましたので、回答を締め切らせていただきました。重ねてお詫びします。

お礼日時:2008/11/28 07:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q区画整理の補償金について

5年前に主人の実家が区画整理のため移動しなくてはいけなくなったため、これを機に主人の両親と同居、家を建てました(2世帯住宅)。
その時に区画整理の補償金が両親に入ったはずですが、いくら貰えたのか教えてくれません。全然貰えなかったとの理由で建築費は殆ど出してくれませんでした。
それでも、土地(義父の名義)はあげる(主人に)からといわれたので、それで納得してました(今現在も土地は義父の名義、建物は主人の名義です)。

しかし5年たった今、両親が急に土地はあげるがその土地価格の半分相当を義弟夫婦にお金で払って欲しいと言われました。
遺産相続では義弟にその権利はあるのは承知してますが、私たちが2世帯住宅を建てときに殆ど出してくれなかったのに、区画整理の補償金は全部両親が貰い、その上、土地代のお金をやっぱり払えと言うことに納得がいきません。
そこで補償金をいくらもらったのかで両親と交渉しようかと思ったのですが、いくら貰ったのかを私たちに全然教えようとしません。

補償金がいくら支払われたのか確認したいのですが、何か方法があれば教えてください。

5年前に主人の実家が区画整理のため移動しなくてはいけなくなったため、これを機に主人の両親と同居、家を建てました(2世帯住宅)。
その時に区画整理の補償金が両親に入ったはずですが、いくら貰えたのか教えてくれません。全然貰えなかったとの理由で建築費は殆ど出してくれませんでした。
それでも、土地(義父の名義)はあげる(主人に)からといわれたので、それで納得してました(今現在も土地は義父の名義、建物は主人の名義です)。

しかし5年たった今、両親が急に土地はあげるがその土地価格の半分相当を義...続きを読む

Aベストアンサー

私が義父の立場ですと、今は次男には土地を分与しません。離婚するかも知れない次男に資産を与えると、離婚時の慰謝料や養育費を離婚調停委員に高く算定されます。高い養育費を抱える男は給料がその分減るのと同じで、再婚し難くなります。問題が片付いてからで良いのです。

そもそも、私から見ると義父は賢明ではありません。今、長男が借金でもして次男に土地評価額の半分を現金で与えたら、そのお金は兄弟間でも贈与となり、高額の贈与税を次男が納税せねばならない。生前の財産分与は大損します。貰えるうちに貰っておけとの発想は、将来に貰えない者がする発想です。長男がすべきではありません。

さらに、長男が借金をして次男にお金を渡すことも危険です。お金を渡しても、土地が長男のものにならないからです。すなわち、空手形も同然です。

No.5回答の土地分与を今するのは税金対策でも最悪です。父が息子二人に土地を生前贈与すると、長男と次男に生前贈与されますので、それぞれが不動産贈与として多額の現金を納税せねばなりません。たとえば、2000万円の土地評価ですと、それぞれが1000万円の贈与で、税金がそれぞれ500万円となります。土地が手に入っても、現金は手に入れていないので、納税金を借金して支払わねばなりません。次男は土地を他人に売ってしまうかも知れません。売らなくでも宅地を兄弟名義にするとお分かりですよね、将来に大問題が起こります。

土地の贈与は相続時に行えば良いのです。義父の死亡時にはおそらく義母は生きているので、義母の采配のもとで相続税の控除額の範囲内ならばどのように配分しても無税です。長男が土地を全部相続して、その半額分を現金で渡しても無税です。
相続時に土地を義母の名義などにするとまた同じことが起こります。

義父が賢明でない理由が分りましたね。無税で次男にお金を渡すことが出来ないのです。隠してそれを行い、バレたら2倍の追徴課税が次男に課せられます。毎年、義父が次男に年間100万円まで贈与する分は無税です。

義父には、やんわりと上手く説明してあげてください。

今、義父がどうしても次男にお金を渡したい。その方法は、あなたは知る必要が無いので教えません。

私が義父の立場ですと、今は次男には土地を分与しません。離婚するかも知れない次男に資産を与えると、離婚時の慰謝料や養育費を離婚調停委員に高く算定されます。高い養育費を抱える男は給料がその分減るのと同じで、再婚し難くなります。問題が片付いてからで良いのです。

そもそも、私から見ると義父は賢明ではありません。今、長男が借金でもして次男に土地評価額の半分を現金で与えたら、そのお金は兄弟間でも贈与となり、高額の贈与税を次男が納税せねばならない。生前の財産分与は大損します。貰えるうち...続きを読む

Q区画整理で移動費はいくらもらえますか?

私の彼氏が、区画整理が来年ごろあって、今の家をでて、
どこか、区画整理終わって新しい家が建つまでの
間、他に貸家とかかりて、すまないといけないのですが、
その貸家とか借りて住む間の家賃とかの出費は、
お金もらえるらしいのですが、
いくらくらいもらえるのでしょうか?

あと、家族5人なのですが、その区画整理が終わるまでの間は籍を1人でも抜くと、その分1人分もらえるお金が
だいぶ減るみたいなんですが、いくらくらいなのでしょうか?現在のうちは、結構大きい持ち家です。

彼と結婚しようと思っているのですが、彼のうちが
区画整理で、今籍を抜くと1人分のお金もらえないので、
来年の区画整理でお金もらってからのがいいんじゃないか
とのことなんですけど、いくらくらい1人あたりもらえるのでしょうか。もしほんのちょっとだったら、そのために
結婚をのばすのは悲しいので、知ってる方がいたら
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

これも、公共事業の「補償」の問題です。


回答する前に、問題点を説明しておきます。

 「区画整理が来年ごろ」あると、記載していますが、その区画整理事業を行うのは、どこでしょうか?

 1.地方公共団体(市・町・村等)でしょうか?
 2.その地域の土地所有者が、集まって、「区画
   整理組合」を設立し、その組合が行うので
   しょうか?(事務局は、市町村職員が行い
   ますが・・・・)

 その区画整理事業は、来年に実施されることが確実なのでしょうか?
 「1」であれば、市町村の議会に承認され、来年予算が、着くのでしょうか?それも、特に事業費はいくらでしょうか?1000万以下か、数千万以下程度であれば、貴方が想像しているような、事は、予算的に実行できません。
 「2」であれば、組合設立の「会」が、もう、すでに開催され、組合設立の準備が行われている最中でしょう。


 何故、上記のような事を聞くのかは、そのような状態で有れば、貴方の彼氏の実家が、そのような、「お金」をもらえるのは、早くて、現在から、2年以上先でしょう。



 また、貴方の彼氏の実家は、と、言うより、貴方の彼氏が、区画整理についてそのように、貴方に説明しているという事は、私の経験上、「ごねる」地権者で、早期の移転補償契約締結を期待する事が、困難な部類の人たちである可能性がたかそうです。そうなると、今後数年以上先に補償金を受け取る事になりそうです。


 具体の金額は、示すことはできませんが、どのような程度のお金が、少なくなるのかの説明はできます。

 上記の状況を補充していただければ、もう少し、具体的な回答ができそうですが・・・・。

これも、公共事業の「補償」の問題です。


回答する前に、問題点を説明しておきます。

 「区画整理が来年ごろ」あると、記載していますが、その区画整理事業を行うのは、どこでしょうか?

 1.地方公共団体(市・町・村等)でしょうか?
 2.その地域の土地所有者が、集まって、「区画
   整理組合」を設立し、その組合が行うので
   しょうか?(事務局は、市町村職員が行い
   ますが・・・・)

 その区画整理事業は、来年に実施されることが確実なのでしょうか?
 「1」で...続きを読む

Q区画整理地区の立ち退き補償ってどれくらい?

教えて下さい。

区画整理地区で立ち退くことになりました。
土地は代替土地をあてがわれています。

家は、あるメーカーと新築契約予定ですが、
まだ区画整理事務所が補償額を出して
内容が煮詰められない状態です。

補償額は通常、どれくらいもらえるのでしょう?
ちなみに、家は築30年弱の木造33坪です。

知人に聞いた話では、「引き屋相当分」だと
言います。
それでは、あまり額は期待できないと思いました。
また、いわゆる「ゴネ得」は無いよ、とも言われました。

実際のところ、どうなのでしょうか?
おおよその額でもいいので知る手立てが欲しいです。

たとえば、通常の算出方法とか。
ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

はじめまして。
事業に従事しているものです。
少しでも御不安が解消できれば幸いです。
早速ですが、通常個人間での売買の場合は、原価償却を考慮し、2000万の家も30年後には限りなく無価値になるのが通常ですが,区画整理事業の場合極端に言いますと減価分はあまり考慮しません。車にたとえるならば、今カローラに乗っている方であれば、カローラの購入費用くらいは出るというもので、決してクラウン並みの金額はでません。また、今の場所から代替地(換地といいます)へ現存の建物を移動する際にひっぱて移動できれば曳家工法に基づく補償費となり、曳家が出来ない場合には再築工法(新築同等)の補償金額になりますので、質問者様のケースがどちらの工法になるかによっても額が変わります。当然ながら曳家と再築では後者のほうが額としては高くなります。一概に曳家が再築の何割とはいえませんが、約6~8割程度ではないでしょうか。大体の方は、曳家の場合でも補償額に自費追加の上新築している場合が多いようです。
 最後に、補償費の積算においては統一基準がありますので、誰が積算しても基本的には同額になりますので、ゴネ徳は無いと考えた方が良いと思います。
裏技として、庭に雑木、果樹など建物調査前に一杯植えとくとその分も補償の対象となりますよ。

頑張ってください

はじめまして。
事業に従事しているものです。
少しでも御不安が解消できれば幸いです。
早速ですが、通常個人間での売買の場合は、原価償却を考慮し、2000万の家も30年後には限りなく無価値になるのが通常ですが,区画整理事業の場合極端に言いますと減価分はあまり考慮しません。車にたとえるならば、今カローラに乗っている方であれば、カローラの購入費用くらいは出るというもので、決してクラウン並みの金額はでません。また、今の場所から代替地(換地といいます)へ現存の建物を移動する際にひっぱて移...続きを読む

Q用地買収、移転補償費の交渉2

現在の住まいが公共用地(市の都市計画道路)のため買収となります。
市からは、最初の価格提示があり、交渉はしないと言われました。

土地についての提示方法は、ある程度納得できましたが、建物移転補償の方は…
 1、建物移転  ○○円
 2、工作物移転 ○○円
 3、樹木移転  ○○円
 4、動産移転  ○○円
 5、移転雑費  ○○円
     合計  ○○円
といった内容で、A4用紙1枚だけの提示でした。
これだけでは、検討も確認もできません。
内訳は?と尋ねると、頁数も多く、我々には渡さないことになっているとのこと。
それでは、見せてくださいと頼み、持参してもらいました。
ところが、ザッと見ただけで、案の定取りこぼしを発見しました。(FFストーブを移動式のストーブで計算)
指摘すると「すみません、調査間違いでした。10万円位増額になります」とのこと。(あっさりしたものです。こちらは真剣勝負なのに…)
益々不安になりました。

そこで今回の質問は、この内訳資料は、本当に我々に公示しないことになっているものなのでしょうか?逆に我々には、提出してもらう合法的な理由はないものなのでしょうか?
補償額の結果(合計)だけの提示では、納得できません。せめて内訳の確認だけはしたいと思います。
どなたか、詳しい方のアドバイスを宜しくお願いいたします。

現在の住まいが公共用地(市の都市計画道路)のため買収となります。
市からは、最初の価格提示があり、交渉はしないと言われました。

土地についての提示方法は、ある程度納得できましたが、建物移転補償の方は…
 1、建物移転  ○○円
 2、工作物移転 ○○円
 3、樹木移転  ○○円
 4、動産移転  ○○円
 5、移転雑費  ○○円
     合計  ○○円
といった内容で、A4用紙1枚だけの提示でした。
これだけでは、検討も確認もできません。
内訳は?と尋ねると、頁数も多く、我々には渡さな...続きを読む

Aベストアンサー

#1で回答した者です。
 
市を信じることと、
出された内容を確認することは、
全く矛盾しませんので問題ありません。
安心して説明してもらいましょう。
       
まず一覧表がもらえる対象物ですが、
・工作物(エアコンやブロック塀など)
・樹木(樹木や植木鉢など)
・動産(屋外にある物のみ)
 
屋内の動産については、
床面積で単純計算されている可能性が高いので、
一覧表はないと思います。
          
「知り合いに区画整理事業を担当している職員がいる」
とでも言えば、すぐに出してもらえるでしょう。
ただし、注意しなくてはいけないのは、
「飽くまでも確認のために要求するのであって、
それをネタに『ごねる』つもりではない」
という事を強調しましょう。
こんな事で関係を悪化させてはツマラナイですから。
 
そして金額についてですが、
まず個々の値段について明確な数値を聞きだすのは無理でしょう。
それに聞き出したとしても、
その金額が不服だと言って交渉できるわけではないので意味がありません。
ナゼかというと個々の値段については、キッチリとした基準がありまして、一職員がどうこう出来る代物ではないからです。
      
そして、一覧表をもらったら、
漏れが無いか、工作物の大きさが間違っていないか等を確認してください。
問題があれば、再算定してくれます。

私たちとしても本当は、
個々の金額などを全部公開して説明できれば、
スムーズに行くと思っているのですが、
毎年、基準となる個々の金額が見直されているので、
あまり細かい金額を教えてしまうと、
住民間の不公平感を煽ってしまう懸念が・・・
ですから、このような形になってしまうのですよ。
別に悪気があって隠しているわけではないということをご理解していただければと思います。
         
では、また何かありましたら質問してください。
         

#1で回答した者です。
 
市を信じることと、
出された内容を確認することは、
全く矛盾しませんので問題ありません。
安心して説明してもらいましょう。
       
まず一覧表がもらえる対象物ですが、
・工作物(エアコンやブロック塀など)
・樹木(樹木や植木鉢など)
・動産(屋外にある物のみ)
 
屋内の動産については、
床面積で単純計算されている可能性が高いので、
一覧表はないと思います。
          
「知り合いに区画整理事業を担当している職員がいる」
とで...続きを読む

Q立ち退き補償金の遺産相続について

今,緊急を要する場面に直面し,早急に知りたいことがあります。
ぜひ、よいアドバイスを教えてください.

私(既婚)の実家は、母親(60)と祖父(90)の二人ぐらしです。
このたび実家が、市の道路拡張にあたり、補償の査定をうけました。
土地は借りていたので、建物だけの補償金として、名義人である祖父の名で、母がまとまった金額の契約をかわしたところです。契約内容は、建物の補償金についてと、新たな土地を市から購入するという二点です。

祖父は90歳で、最近は入退院をくりかえしていたのですが、市から
「補償金は建物の名義人にしかだせない。」
ということで、祖父の名義で契約までしました。

ところが、入院していた祖父の容態が急に悪化し、予断を許さない状態になってしまいました。
近日中に、市からの補償金が祖父の口座にはいるのですが、もし万が一のことが起こると、その補償金は遺産相続の対象になるのでしょうか?
祖父には実子が3人いました。一人息子が私の父だったのですが、亡くなりました。母は、その後祖父との間に養子縁組みをしています。母の子として、私と妹の二人です。
遺言も書いてないので、非常に困った状態です。
現在の祖父は、すでに字を書けるような状態でなく、意識も日に日に混濁していっています。

現金が口座にある状態で、相続の権利が発生すれば、皆放棄と言うわけにはいかないのではないかと、心配しています。
しかし、口座の金額は全額補償金であって、その中に現在の住まいの取り壊しにかかる費用や、営業補償費などもふくまれているので、それをすべて遺産相続とはならないような方法はないのでしょうか?
また、新たな土地の購入も、祖父の名義で早くにすますほうがよいのか、悩んでいます。

なにか良いアドバイスがあったら、ぜひ早急に聞かせてください。

今,緊急を要する場面に直面し,早急に知りたいことがあります。
ぜひ、よいアドバイスを教えてください.

私(既婚)の実家は、母親(60)と祖父(90)の二人ぐらしです。
このたび実家が、市の道路拡張にあたり、補償の査定をうけました。
土地は借りていたので、建物だけの補償金として、名義人である祖父の名で、母がまとまった金額の契約をかわしたところです。契約内容は、建物の補償金についてと、新たな土地を市から購入するという二点です。

祖父は90歳で、最近は入退院をくりかえしていた...続きを読む

Aベストアンサー

 No1です。もうすでに契約を済ませていますので、その移転補償費は移転のための経費として、所有者である祖父、お亡くなりになった場合は同居されている母に対して、役所から支払われます。

 契約をしていない段階で、不幸にもお亡くなりになった場合は、移転補償契約そのものが相続人の同意が必要となりますが、もう契約を終了していますので、祖父が建物を解体して移転することの意思表示を契約書でしています。したがって、遺産相続の対象にはならないと思います。

 詳細は、市役所の契約担当者や、税務署に確認してください。

Q立退料の確定申告

今年度、住んでいたマンションの立ち退きで、移転にかかる実費・補償金として、立退料をもらいました。そのときの先方の弁護士は「基本的に補償金だから税金がかかることはない」と行っていましたが、最近調べてみると一時所得として税金が発生するようですが、実際のところどうなのでしょうか?
50万円の特別控除を差し引いた額から引っ越しなどの経費を引いた額の1/2が課税対象になるようですが、移転後の家賃も次の住居が見つかるまでの借り住まいとすれば、立ち退くための必要経費として認められないものでしょうか?
サラリーマンなので、確定申告が初めてで、いろいろわからなくて困っています。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>弁護士は「基本的に補償金だから税金がかかることはない」

補償金だから・・・
半分あってて
半分間違ってます。

>住んでいたマンションの立ち退きで、移転にかかる実費・補償金として、立退料をもらいました。

借家人(アパートの住人)が貰う
借家人補償は
対価補償とみなす。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3555.htm
また、措通33-30により、借家人補償金は、対価補償金とみなして取り扱われます。
よって
対価補償金ですから
土地売買と同様の扱いで
収用特例の5000万控除の対象である。

33-30
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/shotoku/sochiho/710826/sanrin/sanjyou/soti33/03.htm
>最近調べてみると一時所得として税金が発生するようですが

間違いじゃないけどね。
移転補償金は、原則として一時所得の対象となり
交付の目的にしたがって支出した金額については
収入金に参入しないこととされている。
これが、所得税法44条
しかし、交付を受けた者が実際に建物などの取り壊しを行った場合は
本人の選択により対価補償金として取り扱うことができ
譲渡所得の対象になる。
これが、租税特別措置法の通達33-14.-15です。

>弁護士は「基本的に補償金だから税金がかかることはない」

補償金だから・・・
半分あってて
半分間違ってます。

>住んでいたマンションの立ち退きで、移転にかかる実費・補償金として、立退料をもらいました。

借家人(アパートの住人)が貰う
借家人補償は
対価補償とみなす。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3555.htm
また、措通33-30により、借家人補償金は、対価補償金とみなして取り扱われます。
よって
対価補償金ですから
土地売買と同様の扱いで
収用特例の5000万控...続きを読む

Q区画整理、補償金

よろしくお願いします。当方区画整理地内で飲食店を経営しております。土地、建物(店舗付住宅)は自己所有で補償金の提示を受けましたが建物(店舗部分含む)、引越し費用、営業補償などは納得できる
金額なのですが厨房設備が当方と40年付き合いのある業者の見積もりを参考にしたにもかかわらず
市役所の提示が数百万の開きがあって、とても納得のいく数字ではありません。しかも業者の見積もりの全項目の半分しか評価してくれません。また業者の見積もりの金額が高額しすぎるのでこんなには見れないと言います。でも40年付き合いのあるこの業者に頼めばこのくらいはするので納得していませんし相場でもこのくらいはすると思っています。
このあと市との交渉で数百万の差が縮まるのでしょうか?
このままでは金額が大きすぎて自己負担でまかなえなく区画整理に協力することはできません。
それでもこの額だとすると相談にのってくれる方とかいるのでしょうか?

Aベストアンサー

補償金の算出は、現状の復元を基本としますので、厨房設備で移動可能な物は移設費用が補償されます。
馴染みの業者が算出した金額は、新品かと思います。
減価償却した分は補償の対象になりませんので、市役所の提示金額とは格段の差が出たと思います。

Q換地後は再登記が必要なのでしょうか?

昨年の晩秋に区画整理事業中(住都公団)につき「仮換地」に建っている中古住宅を購入しました.
その際,土地・建物ともに,登記を行いました.土地面積は従前の値ということで,実測160m2程度なのに対し,1000m2(!)程の値となっています.
最近になり,区画整理事業が終了したとのことで,住居表示が変わり,新しい住所となった旨の通知が市からきました.しかし,通知はその旨のみで,登記のことや権利値額のことなど,一切触れられていませんでした.
購入の際に既に登記をしているのですが,再度登記をしなくてはいけないのでしょうか?
また,再登記をしないと来年度よりの住宅ローン控除を受ける事ができないのでしょうか?実は,現在の登記簿上の面積が異なる為,今年度のローン控除の確定申告の際,かなりややこしく大変な思いをしたのですが・・・
ご回答よろしくお願いします.

Aベストアンサー

 No2です。登記簿も修正はされますが、区画整理事業の終了と同時に修正がされることにはなりません。多少の時間が必要になります。住民票は、転居届けの必要はありません。同様に役所が職務権限で、修正を行ないます。登記簿の住所変更ですが、購入時に現在の整理事業終了前の住所で登記をしている場合には、所有権登記名義人表示変更の必要はありません。ローン控除のための資料は、新・旧どちらの住所地で登記簿謄本(又は登記事項要約書)を請求しても、変更後の現在の住所地の登記内容で証明がされます。

Q土地区画整理の保証金

自分の土地が区画整理にかかった場合、その土地にある木などを切ると保証金がでますよね。
1.その保証金に対して、税金はかかるのでしょうか?
2.確定申告をしなければいけないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 漢字で書けば、「保証金」ではなく、「補償金」と書きます。

 道路拡幅、河川改修等の用地買収の時と同じで、土地区画整理事業で、
自宅敷地用地以外の用途で、必要となる部分にある、「工作物」「立木」「建物」等は、土地区画整理事業施行者が、その物件の現在の所有者に「補償金」を支払にい、移転してもらうことになります。

 これも、この補償金も、税法上は、「譲渡所得」とみなされ、補償金支払い契約の締結、補償金の着手金の支払い、撤去工事完了後の精算の時期等に、「収用証明書」が、施行者から、発行されます。

 この収用証明書があれば、その譲渡所得とみなされる、補償金については、所謂5000万控除が認められます。

 つまり、5000万程度なら、その金額は、課税額から控除(ひかれます)。

 確定申告は、かならずしてください。
 その時期は、契約の日付で、行うのか? 
 補償金の精算金を受け取った日付で行うことになります。

Q協同組合に支払う会費&賦課金の税区分

当社は、同業者の販売目的の協同組合に参加していますが、会費のほかに売上高に比例した賦課金を徴収されています。会費は消費税の「対象外」としても賦課金は「課税」ではないかとも思うのですが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

協同組合などの賦課金に対する消費税の扱いについては、垣間ような通達が出ています。

消費税法基本通達
5-5-3
(会費、組合費等賦課金にかかる消費税)
同業者団体、組合等がその構成員から受ける会費、組合費等については、当該同業者団体、組合等がその構成員に対して行う役務の提供等との間に明白な対価関係があるかどうかによって資産の譲渡等の対価であるかどうかを判定するのであるが、その判定が困難なものについて、継続して、同業者団体、組合等が資産の譲渡等の対価に該当しないものとし、かつ、その会費等を支払う事業者側がその支払を課税仕入れに該当しないこととしている場合には、これを認める。

注1 同業者団体、組合等がその団体としての通常の業務運営のために経常的に要する費用をその構成員に分担させ、その団体の存立を図るというようないわゆる通常会費については、資産の譲渡等の対価に該当しないものとして取り扱って差し支えない。

注2 名目が会費等とされている場合であっても、それが実質的に出版物の購読料、映画・演劇等の入場料、職員研修の受講料又は施設の利用料等と認められるときは、その会費等は、資産の譲渡等の対価に該当する。

注3 資産の譲渡等の対価に該当するかどうかの判定が困難な会費、組合費等について、この通達を適用して資産の譲渡等の対価に該当しないものとする場合には、同業者団体、組合等は、その旨をその構成員に通知するものとする。

詳細は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.aiweb.or.jp/help/qa/other/04.html

協同組合などの賦課金に対する消費税の扱いについては、垣間ような通達が出ています。

消費税法基本通達
5-5-3
(会費、組合費等賦課金にかかる消費税)
同業者団体、組合等がその構成員から受ける会費、組合費等については、当該同業者団体、組合等がその構成員に対して行う役務の提供等との間に明白な対価関係があるかどうかによって資産の譲渡等の対価であるかどうかを判定するのであるが、その判定が困難なものについて、継続して、同業者団体、組合等が資産の譲渡等の対価に該当しないものとし、...続きを読む


人気Q&Aランキング